同人用語の基礎知識

一生

トップ 同人用語 項目一覧 一生

生まれてから死ぬまで、あるいは単に長い間を意味する 「一生」

 「一生」 とは、生物が生まれてから死ぬまでの間のこと、あるいは現時点で死ぬまでの残りの寿命 (余命) の全てを意味する言葉です。 一生涯とも云います。 生物以外の物質や物体、道具や組織の誕生から消滅までの比喩表現で使う場合もあります。

 別の言い方をすると 「命」「生命」 のことでもあり、「一生のお願い」 と云えば自分の人生でただ一度だけの大きなお願い、あるいは自分の命と引き換えてでも成就させたい大切な願いという意味になります。 また 「一生もの」 と云えば、生きている限り使えるもの、それだけの価値があるものだとの意味となります。

 これ自体はごく普通の日本語表現ですが、時代を下り2020年頃から、単に 「長い時間」「ずっと」 を意味する過剰表現としても使われるようになっています。 例えば 「今日は朝から一生 ゲーム をしていた」「昨夜は眠れなくて一生ヒツジを数えてた」 といった使い方です。

ちょっとズレた使い方が新しい? 一生の意味の変化

 こうした、本来の意味とは異なるちょっとズレた言葉の使い方は様々あります。 似たような言い回しに 「永遠と」 もあります。 こちらも本来は 「終わりのない無限に遠い未来」「過去・現在・未来の全て」 といった意味ですが、一生と同様に単に長い時間、ずっとの意味として、同じように 「今日は朝から永遠とゲームをしていた」 といった使い方をします。

 いずれも言葉の本来の意味からすると間違ってはいますが、誤用であってもニュアンスは何となく伝わる上に、あえてズレた言い回しをすることに新しさやおかしみも感じられるせいか意図的なものも多く、ネット や日常会話において、もっぱら若い人たちの間で広がっているようです。 このあたりのズレた使い方は 捗る とか 優勝 とか 正義ワンチャン などでも見られるものでしょう。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2020年11月2日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター