同人用語の基礎知識

ラベル

トップ 同人用語 項目一覧 ラベル

漢は黙って 「ラベル」

 「ラベル」(Label) とは、「札」(ふだ) のことです。

 ラベルというと、ビールや飲料水などのビンに貼り付けてあるパッケージとしての 「商品ラベル」 などが頭に浮かびますが、元々は荷札などと同じものなので、紙でできていて糊で貼り付けるシールのようなもの以外のものでも、ラベルと呼んで間違いではありません。 また 「レッテル」「レーベル」 なども、基本的に同じ言葉です。

 ラベル類が発達した理由として、昔はガラスなどを使った透明な容器が発明されていない、あるいは非常に高価で、多くは木製の箱や焼き物の壷のような容器を使った物流やものの保存だったため、「中身は何なのか」 を外見から判断するために必要だったからです。

 歴史も古く、大昔に壷につけたマークや模様がラベルのルーツだといって良いでしょう。

ビン、缶詰、ペットボトル、レコードやCD…ラベルの進化も

 その後、商業が盛んになるにつれてラベルのデザインや意匠に凝ったり、缶詰やペットボトルなど新素材の容器が登場するごとに、様々なタイプのラベルが登場。 近年では耐久性があり防水にも優れた表面加工を施したものや、プラスチックやフィルムタイプのものも増えています。

 なお 「ラベル」 には内容物の種類や名前のほか、製造者名や連絡先、内容の成分などが入っている場合もあります。 独特の色やマークを 印刷 でつけることにより、それが商品イメージと一致して、例えば 「スープは赤ラベルで」「ビールは黒ラベルで」 といったようにラベルの印象が商品の代名詞となる場合も少なくありません。

 同人 の世界では、郵便物の送り先をシール状にした 宛名ラベル (宛名シール、カード) や、その宛名ラベルの色が白で コミケ の落選通知に使われることから、「コミケ落ちました」 の代名詞となっている 白ラベル なんて言葉もあります。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2001年11月10日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター