同人用語の基礎知識

MIDI

トップ 同人用語 項目一覧 MIDI

なんて豊かな音色…手軽に音楽が楽しめる 「MIDI」

 「MIDI」(ミディ/ みじ/ みじぃ) とは、音楽の演奏データの転送・共有するための規格のひとつです。 電子楽器で演奏するためのデータで、MIDI規格協議会 (JMSC/ 後の 社団法人音楽電子事業協会)と MIDI Manufacturers Association (MMA) によって仕様が策定され、1981年に公開されました。

 一般に音楽のデータは容量が大きく、とくにパソコンなどで音楽データを利用するためには、記憶容量の問題、通信速度や再生するための機器の性能など、様々な問題がありました。 そこで音楽データそのものではなく演奏のデータの形 (シーケンスデータ) にして、やり取りすることが考えられました。

 例えばコンピュータで ゲーム の音楽を鳴らす場合、小さい容量の記憶媒体に巨大な音楽データは入らないので、演奏のデータだけを記録させ、ゲームが稼働するパソコンにデータを演奏・再生する電子楽器 (音源/ サウンドモジュール) を取り付けて鳴らすようにします。 こうすれば、同じ規格のデータであれば、異なるゲームでも同じ環境で手軽に、しかも一定の水準以上の音楽を鳴らすことができるようになります。

 パソコンも初期の頃は音を出す機能がなかたっり、あってもブザーのようなピープ音だけでした。 その後 PSG音源などが搭載されるようになり、規格に沿ったデータであればパソコンで SE (サウンドエフェクト) や音楽を楽しむことができるようになりました (ちなみに筆者が最初に買ったパソコンは NEC の PC-98 でしたが、音はビープ音だけで、FM音源である 86音源ボード (PC-9801-86) を挿して使っていました)。

「標準音源」 とも呼ばれたローランドの SC シリーズ

 その後も、様々な音源が次々に登場。 なかでも 1991年に発売されたローランドの SC-55 は、317種類もの豊かな音色を持ち、同時に16もの音色が使用可能で (16チャンネル)、最大で24の発音ができる高性能でありながら、価格は69,800円と安価なものでした。 とくに 「ミュージ郎」 と呼ばれる MIDI データ制作用のソフトと同梱されたものはさらに割安感もあり、データ制作者も増加。 DTM (デスクトップミュージック) の裾野を広げるとともに、「MIDI = SCシリーズ」「標準音源」 のような圧倒的な存在感を持っていました (他にも MT-32 などもありましたが、こちらもローランドの音源です)。

 パソコン通信 (パソ通) のライブラリの他、インターネット が普及し始めると ホームページ などでデータを公開したり、DTM の ファン が集うコミュニティーやライブラリ・サーチエンジンサイトなども登場。 「EternalWind」 さんや 「COMPUTER MUSIC CENTER」さん、「MUCC」(Midi Users and Composers Community) さんなどは、ファン同士の交流や情報交換の場ともなっていました。

視聴環境の多様化と、JASRAC による、いわゆる 「MIDI狩り」

 2000年代も近くなるとパソコンの性能も上がり、また記憶媒体の用量も大きくなり、データの遠隔転送についても ISDN や ADSL などの登場により通信速度の改善が図られるようになります。 特別な音源を用意しなくても音楽データを音楽データとしてやり取りできる環境が整うとともに、MIDI データのやり取りや音源はマニアックな趣味のものとなりつつあります。 ただし名機と呼ばれるような特定音源の個性豊かな音色が好きで癒される人もいるなど、一定以上の需要をまだまだ持っているといって良いでしょう。

 その後、JASRAC による MIDI データ配布に対する様々な規制や働きかけ (いわゆる 「MIDI狩り」、ただし JASRAC のやり方に批判は多かったですが (誤請求も多かったですし)、著作権 との兼ね合いもあり、仕方がなかった部分もあります)、パソコンやハードウェアが多様化して MIDI データを求める人が減ったり、作成し発表する人の負担が大きくなったことなどもあり、徐々に衰退することとなりました。

 なおこの用語集サイトを運営するうちの サークル には、MIDI を作る人が何人かいて、もっぱらセーラームーンの楽曲やクラシック音楽が主でしたが、「レコンポーザ」(絶大な人気を誇った DTM 用のソフト) などを使って様々なデータを作成し、パソ通のライブラリで公開したり、コミケ で 「MIDI集」 として、当時まだ珍しかった CD-ROM での 頒布 を行っていました。 サイトにも MIDI館 というページがありましたが、JASRAC 問題などもあり、この頃削除しています。

 筆者も頑張ってデータ作成にチャレンジしたものの、全くダメで諦めました。 もっぱら友人らの作ったデータを聞いたり、ゲームで音楽を鳴らす程度の使い方しかできませんでした (いわゆる 聴き専)。 音源はサークル仲間に連行されて 秋葉原 のソフマップで云われるがままに購入させられた SC-55mkII (1993年) と、その後にこれまたサークル仲間に譲られた SC-88VL (1996年) を PC-9821 Ap3 で使ってました。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2004年10月21日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター