同人用語の基礎知識

ピュア民

トップ 同人用語 項目一覧 ピュア民

何度騙されても懲りない純粋民… 「ピュア民」

 「ピュア民」 とは、ピュア (純粋) な人、という意味ですが、ネット の世界では疑うことを知らない 「世間知らず」「無知」「騙されやすい人、カモ」「純真を通り越してただのアホ」 みたいな揶揄の意味で使われる言葉です。

 元から純粋とか純真にはこうした ネガティブ なイメージがありますが、ネットスラング として使う場合には、それがより強調された言葉だといって良いでしょう。 「ピュア民の集まり」 と云えば、「アホの集まり」「烏合の衆」 とほとんど同じ意味となります。

 なお年齢層が低く感じられる場合には、純粋というか幼稚で騙されやすいという意味も込めて キッズゆとりリア厨 (ただし子供特有のひねくれ者・邪気眼逆張り痛い奴 というニュアンスもある) と呼ぶこともあります。

どう考えても騙されているのに、瞳を輝かせて期待している人たち…

 ありがちな使い方としては、開発が遅延して発売が先延ばしになりそうな ゲーム のリリース日を心待ちにしている ファン とか、過去実績でクオリティの低さが予想されているのに開発元の言葉を信じて期待しているファンや 信者 などを揶揄するようなパターンが多いでしょうか。 「何度騙されたら気が済むんだ」 というわけです。

 またアイドルや声優と云った芸能人や著名人のスキャンダルが生じた際に、説得力皆無で嘘がバレバレの釈明しかされていないのに、それを信じて必死に擁護するようなファンを揶揄するために使ったりもします。 このあたりは、ファンの方も薄々嘘だとわかった上で、それでも何とか信じようとすがるような思いでいたりもするので、必ずしもピュアな心で本気で信じている訳ではなかったりもするのでしょう。 しかし外部からそれをおちょくる場合に、この言葉はとても使い勝手が良いということなのでしょう。

 なお似たような言葉に 「純粋まっすぐ君」 という言葉もあります。 こちらは人気漫画家小林よしのりさんの造語で、代表作のひとつ 「ゴーマニズム宣言」 作中で使ったものです。 疑うことを知らず、キラキラと瞳を輝かせて自分の信じるものにまっすぐなだけの愚か者のようなニュアンスの言葉となります。 こうした人は素直過ぎて思い込みが激しく、その結果視野も狭く、上辺だけのきれいごとや正論だけを追求した結果、社会から浮いてしまうような人となります。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2014年2月4日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター