同人用語の基礎知識

スーパーダーリン/ スパダリ

トップ 同人用語 項目一覧 スーパーダーリン/ スパダリ

理想のダーリンか、ありがちなダーリンか 「スパダリ」

 「スーパーダーリン」(スパダリ/ Super Darling) とは、もっぱら女性向け作品に登場する非の打ち所がないパーフェクトなダーリン、あるいはその人物が好きな人、パートナーなどが、最大限の称賛表現として行う呼び方のことです。 容姿端麗な美男子・イケメン で、身長も高く体格も細すぎず筋肉質すぎず、また家柄や学歴や経歴も立派で高収入、しばしば都会の一等地に建つ高層マンションやタワーマンションに済み、無限の包容力とやさしさ、周囲への配慮、理解力や社交力を持つ憧れの存在となります。

 男女の恋愛を扱った作品では定番の キャラクター、古い言葉でいえば 「白馬に乗った王子様」 といったニュアンスの言葉ですが、男性同士の カップリング で描かれる やおいBL などでも 鉄板 となるキャラで、言葉自体も BL から生じて使われるようになったとの理解がされるでしょう。 「理想的な男性」 というよりは 「理想的なパートナー」 であり、カップリングの一方に位置することでその真価を最大出力で発揮する 属性 となります。 方向性となる 受け攻め はどちらのパターンもあり、例えば攻めの場合は 「スパダリ攻め」 みたいな呼び方をします。

 年齢的にはパートナーと同じか少し上くらいの大人っぽい男性のケースが多いのですが、本人の スペック の高い低いよりもパートナーとの関係性が重視されますから、腐女子 的な作品や文化が大きく広がり細分化もされる中、年下だったり貧乏だったり意外な欠点もあったりと、完全無欠のダーリンというイメージからはやや離れるようなキャラも時代を経るにつれ増えている印象があります。 また創作物のキャラではなく、現実世界で自身のパートナーを指して使うケースも増え、家事や育児、日々の生活のあれこれなど、時代性を帯びた長所が付加されることもあります。

スパダリ要素のないキャラをスパダリ化

 そのまんまでスパダリの場合もあれば、第三者の見方や描き方でスパダリとして扱われる場合もあります。 マンガアニメゲーム といった既存の コンテンツ や実在アイドル・芸能人や実写ドラマ (ナマモノ半ナマ) の ファン が描く 二次創作 などで、オリジナル のキャラクターを極端に美化して描くことを 「スパダリ化」 と呼ぶこともあります。

 これはこれで、ワイルドだったり野卑だったりおっちょこちょいな部分が魅力のキャラに対するキャラ崩壊・解釈違い案件にもなりそうですが、あばたもえくぼと云うように、意図的に美化しようとしなくても好きなキャラは勝手に美化されて見えるしそう描きたくもなるので、ことさら批判するのも野暮と云う部分はあります。 まあ原作では犬が苦手という 設定 のキャラが、人格美化のために何の葛藤もなく捨てられた子犬を抱き上げて可愛がったみたいな描写なら違和感はありますが。

「ダメンズ」「モラ男」「俺様」…スパダリの対になったり合成されたり

 スパダリの対概念として、性別が男性ではなく女性だったり、女性的な役割を担う男性キャラを 「スーパーハニー」(スパハニ) と呼びます。 一方、同じ男性ながらスペックが低かったり性格や倫理観に問題があってスパダリの対極に位置するような男性に「ダメンズ」(ダメなメンズ) や 「俺様」(独善的でわがままな男性)、「モラ男」(モラルハラスメントをする男性) などもあります。 これらは趣味嗜好の多様化の中、様々なパターンが存在し、また作品の流れの中で当初はダメンズやモラ男だったのが、パートナーとの関係性の中で成長して押しも押されもせぬスパダリになることもあって、判断は微妙です。

 そもそも独善的でわがままで時に強引で暴力的で価値観の押しつけもするようなキャラだけれど、その裏に繊細な部分を持つお金持ちの御曹司などは、少女漫画で女性の 主人公 と中心的に 絡む 男性キャラの お約束属性 でもあるので (出会うきっかけは 食パンダッシュおもしれー女)、時代ごとの社会常識やジェンダー規範などと相互に関係しながら、様々な形となって描かれるものなのでしょう。

陳腐でありがちな設定だとして、スパダリに拒否反応を持つ人も

 一方で、かつて 「モテ男」 の条件として掲げられがちだった 「高収入・高身長・高学歴」 のいわゆる 「3高」 といったスパダリにありがちな評価基準・価値観を陳腐だったり古臭く感じたり、あまりに現実離れしたお金持ち表現とか、そのくせ 作者読者 はそれらと縁がない一般市民のために描写にリアリティがなく ツッコミどころ満載 だったりして、「またスパダリか」「それしかないのか」 といった テンプレ 的な表現への嫌悪を持つ人も少なくありません。

 なお後年になり、本人のスペック度外視で、ひたすらパートナーに寄り添い、ひたすらパートナーにとって都合の良い存在を 「理解ある彼くん」 と呼ぶこともあります。 こちらはかなり揶揄を込めた ネガティブ な表現で、もっぱらコミュニケーション能力や社会生活に不自由を感じている女性が、ありのままの自分の全てを肯定的に受け入れて献身的に 支えてくれる 存在を指す言葉となります。 これはある意味男性から見た 天使 (あるいはお母さん) と重なる部分がある概念でしょう。

 自分と相手の性別が何であろうが、好きあったもの同士ならば献身的、ときに自己犠牲とも呼べるほど自分を理解してくれ、支えたり尽くしてくれる存在は 「理想的だ」「完璧だ」 と思えるものでしょう。 これはこれで実生活で相手にそれを望めば 「自分勝手」「お互い様の気持ちがない」「要求ばかりしている」「幼稚だ」 と批判されたりもするのでしょうが、創作物の中の話、あるいは自分の 脳内妄想 の中での話なら、誰にはばかる必要もありません。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2006年1月20日/ 項目を分離しました)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター