同人用語の基礎知識

公衆便所

トップ 同人用語 項目一覧 公衆便所

便所扱いですから、ふしだら女の、ほぼ最上級の罵倒表現ですかね…

 「公衆便所」 とは、どこの誰とでも簡単にすぐエッチ、セックスしてしまうふしだらな女性のことです。 「所」(じょ) を 「女」 に 誤変換当て字 して、「公衆便女」 とする場合もあります。

 公衆トイレが誰でも利用できる 「下」 の処理施設であるのを当てはめた言葉で、女性本人が色情でそうした状況を好む場合 (断り切れない性格である…なども含む) である 「サセ子」「ヤリマン」「ビッチ」「あばずれ」 はもちろん、本人が望む望まないに関わらず、そうした境遇に女性を追いやる場合にも使われます。 「性奴隷」「セックスドール」「精液玩具」、あるいは公衆便所つながりで 「肉便器」 とか 「精液処理専用便器」 などと呼ぶ場合もあります。

 こうした表現は、下品な上にかなり強烈な扇情的いいまわしですが、言葉そのものが エロ の強いインパクトを持っていますので、エロ同人誌や 商業美少女コミック誌 などでも マンガ のタイトルなどで比較的よく見かける表現となっています。 またテキスト リンク でユーザーを誘うアダルトサイトの1行リンク文字列などで、さらに過激に、ある意味で洗練された印象があります (それ以前は、スポーツ新聞なんかのアダルトQ2ダイヤルの広告などでも見かけた文字列ですね)。

女性キャラに喋らせて 「言葉のパワー」 を発揮

 またマンガなどの作品の中で、女性 キャラ に淫語やこうしたセリフを本人の口からしゃべらせる (例えば 「わたしは皆さんの精液処理専用便器です」 など) 場合もあります。 いわゆる 言葉責め の一種でしょうが、これとは別に、女性の顔や体に卑猥な言葉を落書きするもの (便所の落書き) などもあります。 中でも太ももや性器の周辺に 「正の字」 で 「性行為をした回数」 を書き記す (画線法) のは、ある種の 「お約束」 かも知れません。

 これらには、 やストーリーだけでなく、ネーム (セリフ) の字面やイメージで 読者 のエロ中枢を直撃する力がありますね。 マンガ の世界では、「文字」 も絵と同様、視覚的な意味を持ちますから、そのもの自体に意味のある 「文字」「言葉」 は、強いインパクトを元々持っています。 こうした手法は、主に 陵辱系 や、汁系鬼畜系 と呼ばれる作品で、見かけることが多いようです。 その場合、女性自ら自分の性器を くぱぁ っと広げたりもするようです。

 ちなみに言葉自体は 同人用語 と云う訳ではなく、アダルトビデオなどを含むエロの世界一般で使われるスラングとなっていますが、とりわけアダルトビデオ (AV) の世界では、実際の公衆トイレの小便器 (アサガオ) の並んでいる中で、次々と男性とセックスやフェラチオなどを行うような作品が、ひとつの ジャンル のようになっていたりしますね。

 集団輪姦ものなどもそうですが、女性が肉体的だけでなく、精神的にも虐げられる様子をみて興奮する男性も多いようで (サディスティックな加虐趣味というより、自らを女性に投影するマゾヒスティックな被虐趣味の傾向が多い)、一定以上の 需要 はあるようです。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2004年12月21日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター