同人用語の基礎知識

治安

トップ 同人用語 項目一覧 治安

使い勝手が良いものの、差別表現にもなりがちな…「治安」

 「治安」(ちあん) とは、国家や公権力によって社会が統制され、安定的に統治されていること、具体的には国家が定めた法が守られ、それを破る犯罪や統治を揺るがす反乱・暴動が少ないか、あっても有効な取り締まりによって封じられ、混乱のないさまを指します。

 元々は国や警察、軍隊などによる円滑で安定した統治を指し、必ずしも民衆にとって安全で平和な状態を示すものではありません。 例えば封建制や独裁制国家において、民衆がどれだけ国家によって弾圧されていても、為政者によってつつがなく統治が行われていれば治安は良いものとだとされることもあります。 しかし現在では 一般の人たち の間でも、犯罪などがなく自分たちが自由で平穏無事な状態を治安が維持されている状態だと認識されるケースが多いでしょう。

 治安が良く保たれている状態は、静謐とか安寧と呼ぶこともあります。 逆に保たれていない場合は、そのまんまの治安が悪いの他、混乱、政情不安・情勢不安といった言い回しになることもあります。 とくに治安が悪い場合、ネットスラング として 「世紀末」 とか 「ヒャッハー!」(マンガ 「北斗の拳」 に由来)、治安の悪い国としてよく知られる 「南アフリカ」「ベネズエラ」「メキシコ」 などの名称が、「○○の南ア」 のような ネガ比喩 として使われることもあります。

一般民間人の間でも、カジュアルに使われる 「治安」

 一方、俗な日常会話や ネット ではよりカジュアルな使われ方もされています。 例えば会社や学校で暴力や暴言がない状態は当然として、単にその場にいる人間が従順でおとなしく身なりもしっかりしている、あるいは 雰囲気 が良い、清潔感 があり静かな環境であるなども、治安が良いと表現することがあります。 逆に態度が悪い人が多い、ガラが悪い、雰囲気が悪くてギスギスとしている、殺伐 としていることは、治安が悪いと表現されることもあります。

 ほとんど同じ使われ方をする言葉に 「民度」 もあります。 こちらも本来の意味からはやや離れ、治安の良い悪いと同様に民度が高い低いと表現して、その場にいる人間の言動や雰囲気を評価する使われ方をします。

 ただし治安にせよ民度にせよ、個々人の資質を指して評するのではなく、おおむね特定の地域や場所、そこに集う人間を 属性 と皮相的な言動によってのみ評価し決めつけるものでもあるので、容易に差別や ヘイト表現 に結び付きやすく、かつまた良い悪い高い低いの基準も恣意的になりがちで、使い方が極めて難しい言葉のひとつでしょう。 安易に使うべき言葉ではありませんが、使い勝手の良さ、誰でも意味が分かる便利さから、時代を経るにつれよく使われるようになってきているかもしれません。 筆者 を含め、その点は強く留意したいところです。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2009年3月10日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター