同人用語の基礎知識

セーブポイント

トップ 同人用語 項目一覧 セーブポイント

今日のゲームはここまでにしとくか… 「セーブポイント」

 「セーブポイント」(Save Point) とは、コンピュータで動作する ゲーム において、プレイ内容を保存 (セーブ(Save) する際に、ゲーム側が用意したそのための機能、および目印のことです。 保存はゲームの一時中断や任意の時点での望ましい セーブデータ を保存するために行いますから、一般的には 「キリの良いタイミング」 に、セーブポイントの 設定 がされるケースが多いでしょう。

 なお特定のセーブするためのポイントがなく、ゲーム画面のメニューなどにセーブの項目があっていつでもセーブできる場合は、通常セーブポイントとは呼びません。 またゲーム側で自動的に保存する場合 (オートセーブ) も、セーブポイントが設けられないケースが多いでしょう。 ただしゲームによってはこれらのいくつかが同時に実装されていて、好きな方法を選んで実行できる場合もあります。

宿屋やダンジョン前、ボス戦後などにセーブのポイントを絞る

 ゲームをプレイしていて、作中での 「キリの良いタイミング」 は色々とありますが、一般的にはプレイヤーが操作する キャラクターHP 回復 などを兼ねて 「宿屋」 に泊まる、「教会」 に赴く (宿屋の親父や聖職者などの NPC に話しかける) 時とか、ダンジョンやフィールドに入る前で 「これから モンスター と戦闘が始まる」 ような時、あるいはボスを倒して物語が進んでひと段落した後などが多いでしょう。

 セーブする場所やタイミングを制限するのには、様々な理由があります。 ゲームのプログラム上の問題や、プレイヤーに適度な緊張感を持たせるためといった理由もありますが、絶対に勝てない戦闘中に誤ってセーブをするとプレイが 詰んで しまいクリア不可能な事態にも陥りかねないため、挽回可能なタイミングでのセーブに留めるとの配慮もあります。

謎の光がセーブへ誘う…

 セーブはゲームをする上で基本的な機能でもあるので、目印となるセーブポイントはわかりやすい形や動作をすることが多いでしょう。 よくあるパターンでは光の柱だったり、発光するクリスタルだったり、書籍っぽい アイコン が回転しながら浮かんでいる…などがあります。

 プレイヤーは操作するキャラなどでそこに触れることで、セーブするかどうかの動作を選ぶことができるようになります。 ゲームによっては、セーブ機能専用のキャラが用意されていて、話しかけるタイプのものもあります (それが女性キャラなら 「セーブ娘」 とか呼んだりします)。

 セーブ自体はゲームの物語や 世界観 とは直接関係がない メタ な機能ですし、あまり目立っても興ざめです。 とはいえ見逃してしまうほど地味でも困ります。 いずれにせよプレイ中に何度もお世話になる機能ですし、同じようにプレイ中に良く使うであろう 回復アイテム などと同様、ゲームによってはその作品を象徴・代表するようなものと認識されるケースもあります。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2007年3月16日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター