同人用語の基礎知識

胸糞

トップ 同人用語 項目一覧 胸糞

不快で腹立たしい 「胸糞」 な、あれこれ

 「胸糞」 あるいは 「胸糞事件」「胸糞案件」 とは、そのまんまですが胸糞が悪くなること、すなわち胸がムカムカとして不快・腹立たしいこと、場合によっては怒りを通り越して悲しみすら覚えるような内容の事件や話題のことです。 またそうした話をする場合は、事前に 閲覧注意 の喚起として 【胸糞注意】 などと表示される場合もあります。 これは 「心理的・心情的にきわめて不快な表現があります」「見る場合は自己責任でお願いします」 という意味です。

 一般的に胸糞が悪くなるような事件や話題はたくさんありますが、ネット掲示板SNS などでことさら 「胸糞」 と呼ばれて触れられるようなケースでは、いじめ、子供や愛玩動物類への虐待、職場などにおけるパワハラ、差別犯罪など、著しく倫理に反し弱者を虐げるような事件が多くなっています。 また事件や事故の内容に関わらず、それを引き起こした犯罪者や関係者らによる見苦しい責任転嫁、事実関係の隠蔽があった時などにも、「胸糞」 が良く使われます。

 単に善悪という価値判断だけでなく、そこに 「卑怯」「卑劣」「ゲス」「醜さ」「姑息」 といった感情的に許せない考え方や態度が見えると不快感も増大するのですね。 ネットにおける他人や出来事への罵倒表現には様々なものがありますが、およそ最上位に位置するのが、この 「胸糞」 だと云って良いでしょう。

単なる 「悪人探しによるバッシング」 だけではない 「胸糞」

 こうした感情の意見表明は、「自分が正義の側に立って悪を吊るし上げて留飲を下げているだけだ」「正義の暴走だ」 といった文脈で逆に批判がされがちです。 実際に 炎上祭り になるような事件や事故で、個人攻撃や誹謗中傷が行われる中で頻繁に使われる言葉でもあります。

 しかし 叩く べき当事者がもはや存在しない歴史上の出来事、例えば 1768年に人間の乱獲によって絶滅させられたステラーカイギュウの経緯とか、1789年7月のフランス革命によって生じた ルイ17世 に対する処遇、開拓時代のアメリカ軍チヴィントン大佐のインディアン皆殺し、ナチスドイツをはじめ独裁国家の蛮行、旧日本軍の牟田口廉也、辻政信、富永恭次、木村兵太郎、花谷正、寺内寿一、黒島亀人らの悪行などは、2ちゃんねる はじめネットではとくに有名な 「胸糞案件」 となっており、単にニュース報道などで悪人を見つけてネット上で罵詈雑言を浴びせたいだけといった単純なものばかりではありません。

 人間の残忍さや凶暴性、ずる賢さに対するある種の怖いもの見たさの発露や、不快なものをあえて見てやっぱり不快だと感じ心を痛めることそのものに、娯楽や暇つぶし以上のもっと深い意味があるのかもしれません。

 なお例として挙げたステラーカイギュウやルイ17世、チヴィントン大佐、旧日本陸軍のあれこれ (他にもたくさんありますが) に関する情報はネットで簡単に見つかりますが、人によっては強い不快感を覚えるケースがあります。 時として 精神的ブラクラ 扱いされることすらありますので、そうしたものが苦手な人、ストレスなどで神経がすり減っている状態の人は、暇つぶしや興味本位でわざわざ探して見るのはやめましょう。 ここでも詳細は記しません。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2005年10月29日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター