《ぱら☆あみ》皿洗い うっ!の近況ぉ〜
アキバ系日記 仕事の愚痴など


●とっぷへ戻る
●つき合ってられん、上へ戻るぅ ●うっ!の自己紹介へ
sp1
戻ろ2009年4〜6月2009年1〜3月2008年9〜12月2008年7〜9月2008年4〜6月2008年1〜3月
2007年下半期2007年上半期 2006年下半期2006年上半期 2005年下半期2005年上半期
2004年下半期2004年上半期2003年下半期2003年上半期2002年下半期2002年上半期
2001年下半期2001年上半期 2000年下半期2000年上半期1999年下半期1999年上半期
1998年以前〜

▼ 7月へ ▼ 8月へ ▼ 9月へ ▼ 10月へ ▼ 11月へ ▼ 12月へ

こんな深いトコまで来て下さってありがと… (;_;)
あなたの 睡眠時間、ちょっと心配してます…。

更新情報は ぱらあみ RSS で(σ゚Д゚)σゲッツ!!
表示:
 きんきょぉ (2005年下半期)
■ '05年12月31日〜
  仕事終わらないずら… 。・゚(´□`)゚・。 しかしまぁ、それはそれとしてw、家の掃除やって飾りつけしてやってくる客の準備をしたりして、まあ普通の年の瀬、大晦日となりました。 微妙に忙しく、紅白やらの年末番組を見れなかったのはちと残念。 《ぱら☆あみ》他、自分のやってるサイトの掲示板に年末の挨拶を書き込んだり、ここ5年ばかりオンラインで新年を迎えている PSO のドリームキャスト鯖に愛用キャラを連れてゆくなり、いつも通りの年の締めくくりになりました。 妹が帰ってきたのが夜0時過ぎで、年越しそばは新年そばになってしまいましたがw

 20年近くぶりに親の実家に帰省したり、知人と会社を興したり、サイトがテレビや雑誌に取り上げられたりと、例年とは一味違うイベントがあった年でしたが、何はともあれ無事に1年過ごせました。 皆さんに取ってはどんな年だったでしょうか。 そして皆さんにとって、来年がすばらしい年になりますように。 来年は仕事がんばって、会社おっきくするぞ〜 _| ̄|○ …いやまぁ、家族が健康で、周りの人と楽しく過ごせればそれでいいか…。

■ '05年12月30日〜
  一日中仕事。 コミケまたも行けず。 なんか、年末って感じが全くしない年末だにゃあ。 ふむぅ。 そういやTBS系列の 「3年B組 金八先生」 第7シリーズも、今日で最終回ですか。 郡司あやのちゃんが出ているってのは知ってはいたものの、結局一度も見れなかった…。 ちびうさ姿が脳裏に焼きついている郡司あやのちゃんも、もう17歳か…そりゃわしも年取るわなぁ…。:゚(。ノω\。)゚・。

■ '05年12月29日〜
  コミケ…。

■ '05年12月28日〜
  日本の上海総領事館員が、昨年5月に自殺。 遺書には 「中国政府関係者が日本の機密情報を漏らすよう強要」 してきたが、「国を売ることはできない」 ので、「自殺に至った」 との記述。 日中の新たな火種になりそうです。

仕事先の女の子からこんなの貰いました…  かねてから中国による日本の政財界の要人やマスコミへのスパイ活動や工作活動は疑われていたところですが、これがそうした闇の部分に光を当てることになるんでしょうか。 常識で考えたってKGBのあるソ連と同じ共産党一党独裁政権、どれだけのスパイや工作員がいても不思議じゃないんですが、どう考えても論理破綻しながら徹底して中国を擁護するおかしな政治家や官僚、マスコミ人らの背後を、これで明らかにして欲しいですね。

 それにしても昨年5月と云うと、中国による不法な東シナ海のガス田開発が日本で報じられた前後ですね。 その2ヶ月前には中国の市民活動家とやらの尖閣諸島不法上陸事件がありましたし、その前には中国の原子力潜水艦の領海侵犯事件がありました。 17年連続の軍事費の大幅増強もあって、軍国主義丸出しの中国がどういう動きをしているのか、きちんと調査して対応して欲しいものです。 何しろ一部の政治家やマスコミは、日本の対応は全否定、中国の主張には全肯定、もしくは肯定しようがないところは見てみぬふり。 どう考えたっておかしいですからね。

■ '05年12月27日〜
  あるIT系企業の社長とプロデューサーと、うちの会社のスタッフらと交えて、新宿で打ち合わせを。

日常の風景  当初相手の会社に出向いての打ち合わせだったんですが、先方が都内の大手企業と打ち合わせをすることになり、新宿で合流になりました。 ラッキー。 先方の会社は Yahoo! の年間アワードで部門賞を受賞した会社で、目下急上昇中。 コバンザメできるんだろうかw

 先日起こった特急転覆事故で、毎日が 「特急転覆 安全管理で浮ついてないか」 と題する社説の中で、「尼崎の事故後、鉄道事業者は安全対策に万全を期していたはずだが、年も変わらぬうちに再発させるとは利用者への背信行為だ」 とした上で、「突風とは言いながら、風の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ」 とバッサリ。 風の息遣い…とは、またずいぶんとロマンチックな話ですが、天災で運行者に第六感を使って防げとは、また無茶を云うものです。

 何でも叩けばいいってもんじゃないでしょうに。

■ '05年12月26日〜
  フィギュアスケートをテレビで視聴。 それにしても話題の浅田真央選手、「くるみ割り人形」 の曲に乗って愛らしい演技をしつつ、助走が短く完璧なトリプルアクセル×2を、世界で初めて成功させたのは、見ていて 「おおお」 となりましたね。 そのほかにも、3回転半に2回転トーループを付けるコンビネーションジャンプや、得意の片手ビールマンスピンなどなど、もう世界最高水準の華麗な技を連発。

新世紀エヴァンゲリオン 惣流・アスカ・ラングレー ( 1/5 PVC製塗装済み完成品 )  あたしゃどちらかというと高難易度なジャンプばかりが注目されるスポーツとしてのフィギュアより、優美で優雅な表現競技としてのフィギュアが好きなので、お姉さんの浅田舞さんもかなり好きだったりするんですが (ノーミスながら無難な演技で点数が低かったけど、今回の舞さんの演技も上品ですごく好きです)、妹の真央さんにはもう、誰もかなわない感じ。 他の競技者では、メキメキ調子を上げている中野さんも良かったし、ベテランの貫禄もある村主章枝さんも堂々の演技で魅了されました。

 ただネットなんかでみんな云ってますが、トリノオリンピックの選考基準や、今回の採点にはかなり不信感を持つ内容でしたね。 村主さんの演技は確かに良かったけど、前述した真央さんの世界初、世界唯一みたいな技連発の競技の技術点を、何度かよろめいて大ジャンプもなかった村主さんが大幅に超えていたのは、さすがに無理があるような気がします (つうか、ジャンプだけではないにしても、完璧なトリプルアクセル×2を超える技術点が、現時点で地球上に存在するんだろうか)。 それも世界史上2番目だか3番目だかの高得点だなんて。

 録画中継の間に流れるJOCスポンサー企業、ロッテのCMには村主さん、荒川さん、安藤さんが強化選手として出ずっぱりだし、その3人が協議会の順位や成績に無関係に、当然のように代表に選ばれるのは 「しょせんはスポンサーの金か」 みたいな印象がどうしてもついて回ります。 だいたい、国内で6位、第二グループ最下位だった安藤さんが、過去の実績があるとは云え、何でオリンピックの代表に入るのか納得がいきませんし。

 演技自体はものすごく楽しめましたが、浅田選手のトリノ行きは年齢制限でダメだとしても、楽屋裏のあれやこれやで、なんとも後味の悪い大会になってしまったのは残念です。

■ '05年12月25日〜
  テレビの映像やHDDレコーダーで録画した映像を、インターネットを通じて外出先のパソコンなどで見られる仕組み、「ロケーションフリー」 が人気なんだそう。 発売はソニーで、3万円台。 家に置いた 「ベースステーション」 へネットを通じてアクセス、パソコンだけでなく、PSP なんかでもチェックできるってのは、かなり画期的。 似たような機種は過去にもあったし (ソニー自身も2000年に出しているけど、12万の価格がネックになって普及しなかった)、パソコンで見るのなら、そういったサポートをするソフトなんかもありますが、きちんとしたハードとして出ているのは、面倒臭がり屋なんかにもぴったり。

 まあ、著作権の問題があるし、過去に似たようなサービスを不特定多数に行う試みは裁判で敗れているので、完全に個々人対応の機能なんですが、例えば広島とかテレビ東京系のアニメが見られない地域の人が、関東とかに住んでいる知人宅に 「ベースステーション」 を預けたら、かなり強力なツールになりそうw 何やら久々にソニーらしい、会心の商品なんじゃないでしょうか。

■ '05年12月24日〜
  午前中に歯医者に行き、午後は壊れたテレビの修理を。

テレビの修理  修理しやすいように何年かぶりに 36 インチワイドのブラウン管テレビを移動したら、すさまじい数のスパゲッティ (AV 機器の配線コード) が背後で とぐろを巻いてました。 昔はオーディオとかビデオに凝っていたせいもあり、どれもマニア向けの極太のコードばかりで、取り回しがとにかくやっかい。 どうせ年末だし、大掃除もかねて大幅な配線の処理を行いました。

 アンプやセレクターに刺さっている、もう繋がってない AV 機器用のコードを抜いて、ごちゃごちゃと。 昔、電装関係のバイトをしていた時に、東大とか富士銀行とかのコンピュータルームの床下配線を整理するって仕事をやったことがありましたが、それと同じくらい疲れました…。

 テレビの修理にあわせ、ビデオの調子が悪かったので、パナの S-VHS と DVD が一体化したビデオを新しく注文。 修理と一緒に届けてもらったんですが、意外にスッキリしたフォルムで気に入りました。 これで新しい環境で映画や音楽が楽しめそうです。 この手の一体型機器って、昔は全く興味がなかったんですが…お金がないせいもあるけど、このあたり、まったくこだわらなくなってますねw

 それにしてもこのビデオ、サイズも、10年くらい前に買ったビクターの S-VHS ビデオの体積で3分の1、重さで4分の1で、技術の進歩というか、手抜きというかw、いろいろ興味深い時代と技術の変化も感じました。 結局1時間半以上かかって、やっと整理終了。 スーパーファミコンと初代プレステ、初代プレステのメモリーカードが、ホコリまみれになって、AV ラックの下から出てきました… _| ̄|○

 夜は仕事をした後、忘年会に出て終了。 何やら色気のない、寂しいクリスマスだなぁ。

■ '05年12月23日〜
  仕事を片付けた後、都内で忘年会をはしご。 新宿で盛り上がった後に電車に飛び乗って帰宅。 終電間に合って良かった…。

■ '05年12月22日〜
  仕事終わらないずら…。

 書店を見ていると、「電車男スタイリング・バイブル ファッションオタクより愛をこめて」 なる珍妙な本が。 何でも全国323校のファッション専門学校の生徒による、「2005 秋冬 電車男ファッションコーディネートコンテスト」 の入賞作品の紹介を中心に、「アキバ系」 から 「モテ系」 に変われるファッション指南のスタイリング入門書だそう。 パラパラとめくって絶句。 一部例外はあるものの、多くはブランド品のウン万円もするような洋服ばかりがズラリ。 それを適当に組み合わせて 「ホラ、イケてるでしょ?」 みたいな内容 (実際のイメージ画像はラフ画みたいな感じで掲載されていて、これはこれで面白かったですが)。 それにしても、アニメDVDやゲーム、フィギュア、「同人誌」 その他その他を買わなきゃならんのに、何が哀しゅうて、何万円もするセーターやデニムを買わなきゃならんのだ。 アホか。

 そもそも流行りだから入れたんだろうけど、電車男っつーのは、見た目ではなく中身で恋愛が成就する話だぞ (もっと云うと、掲示板の住人と電車男の友情が本筋であって、エルメスとの恋物語がメインというわけでもない)。 「ファッション」 ってのは、適当なブランド物のパーツを組み合わせてカリスマ美容師にお任せしたら出来上がりのものなんだろうか。 それを着る 「おたく」 が全く理解できていないのに、「似合うファッション」 など提案できるんだろうか。 根本的に何かを勘違いしているというか、 「おたく卒業しろよ、ダセえんだよ」 って空気がプンプンの本でした。

 専門学校生の中には、掛け値なしの本物オタク…は少ないかも知れませんが、プチオタク、なんちゃってオタクみたいな趣味の人もいくらかはいると思いますし、そうした人による的を射たスタイルの提案もあったんでしょうが、受賞作にはほとんどそんなのは選ばれていませんでした。 値段の割に本は薄いし、こんなの、買う人いるのかしらん。

■ '05年12月16日〜
  昨年春に始めたアフィリエイトですが、1年半ばかりやってきて、そこそこ売り上げがあるのはありがたい限り。 基本的にアフィだらけのサイトは苦手ですし、アフィのクリック率や売り上げを上げたいばかりに提灯記事やエントリーを書きまくる人って、ネット上の情報全体の信頼性をも毀損する行為だと思うので好きじゃないんですが (一部のブログがやってるステルスマーケティングなんて最悪ですね)、実際に小銭程度とは云えお小遣いが入ってくると、「もうちょい数字を上げたいな」 って思うのは、もう本能なのかも知れません。

加藤ローサさんカレンダー2006年版  うちの場合は元々アフィとは無関係に持っていたギャルゲー通販サイトリンク集とか動画サイトリンク集なんかに掲載していたネットショップがアフィ募集を開始したら登録みたいな受身のアフィなんで管理もいい加減ですし、日記とかに張ってる amazon のアフィなんかは、ほとんど芸能人やアイドルの画像を合法的に貼ってしょぼい日記を飾るみたいな使い方なんであれですがw、そこそこはアクセス数があるので、サーバ代が節約できるのは嬉しいです。 まぁ面倒だしウザイんで、メインコンテンツとか本文とかにベタベタ貼ることは今後もないでしょうけど。

 知人なんかでもアフィやってる人は多いし (まぁあたしみたいに、アイドルの写真やゲーム、書籍のパッケージ画像を、合法的に貼る手段みたいに使ってる人が多いですが)、あたしも仕事としてアフィをやってる別ハンドルのサイトやブログも実験で持っていたりするんですが、やっぱり余りにもあざといのは見ていて見苦しいというか逆効果と云うか、売り上げもないようです。 やり方は色々あるんでしょうけど、amazon の書評をそのまま転載してスパムまがいのキーワード連呼系のSEOまでやってブログにしてるのなんかを見ると、そこまでしてお金を稼ぎたいのかいな、なんてちょっと思ったりもします。

 アフィ自体は、売り手、広告主側が極めて有利で経済的な広告手段ですが、バナー表示型やクリック保障型は完全に死滅し、もう成果報酬制が花盛り。 Google のアドワーズが現れたら、そのタイプが完全に市場を席巻してしまいました。 また新しいアーキテクチャでのアフィ広告が出てくるんでしょうが、それが出た瞬間、またそれが市場を席巻するんでしょうかね。 失われた 10年とやらも今は昔、プチバブルと云われて久しい昨今ですが、そろそろ次の波には乗りたいものですw

 話は変わりますが、MS-IME、成果報酬制と入力したら、変換は 「性下方修正」。 「幾星霜」 も 「逝く清掃」。 しばらく前に書いた 「季節」 は今のバージョンは変換するようですが、それにしても少しは日本語のわかるスタッフが作れよって感じですね、このアフォ辞書。

■ '05年12月15日〜
  この12月10日に発売されたばっかりの MS 期待の新型ゲーム機、Xbox360ですが、MSN 毎日新聞に次世代 DVD 規格である HD DVD を搭載したタイプが来年にも発売されると掲載されて、昨夜から本日未明くらいまで、ネットでちょっとした騒ぎになってます。 っていうか、発売直後、それもクリスマス前にこういうニュースが出るって、すごすぎますね。 発見した人が2ちゃんあたりで書き込みを始めるや、ニュースソースが次々消え始め、あるいは記事の一部が差し替えられて、すわ情報隠蔽か、なんて騒がれてますが、はたしてどうなんでしょうか。

 さすがに MS がゲーム業界を全くわかってなかったとしても、これはないとは思うんですが。 誤報なら毎日新聞はけっこうな額の賠償なりをしなきゃならなくなるかも知れませんし、事実なら、発売直後に購入したコアユーザーや、商品を信じて入荷した小売店、さらにソフトメーカーは激怒でしょうし、この先どうなるかちょっと見ものです。 まぁ何か事件が起こったら、それで一番利益を受ける人間を疑えってな推理ものの定石で云うと、完全にプレステ2への追い風になってるとは云えますが … (^-^;)。

■ '05年12月14日〜
  仕事柄パスワードを設定したり、他人のアカウントを登録してあげる際に初期設定してあげたりが多いんですが、これ、いつも悩みますね。

日常の風景  銀行のATMのカードの暗証番号なんかだと、誕生日とか電話番号の一部とか、免許の番号の一部とかがポピュラーですが、昨今のカード偽造や詐欺事件の頻発もあり、そういう単純で類推しやすいのは使わないようにしましょうってな風潮。 それではと、ありえない数字やらアルファベットやらの組み合わせをしてみても、いざとなったら忘れてしまったりしていて埒があかなくなったり。

 あたしの場合、昔っから愛用している文字列があって、それを多くの場合に利用しているんですが、それがアルファベット大文字と記号、数字組み合わせの7桁だもんで、特定のシステムに登録しようとすると、「小文字を混ぜてください」「8桁以上にしてください」 とか云われて困ってしまいます。 「ええい、面倒だ」 と、その文字列の末尾に 123 なんて適当な数字を付け足すと、もう次から 「ええと、何だっけ??」 となってわからない 。・゚(´□`)゚・。 まさか紙にパスワードを書いて持ち歩く訳にもいきませんし (財布ごと落としたら一巻の終わりですわね)。 また他人のアカウントの設定をした後に、「ええと、パスワードなんでしたっけ?」 と尋ねられるのも困る。 渡したパスワードは仮のもので、すぐに変えてくださいとは云っているものの、やっぱり相手も面倒くさいんでしょうかね。

 一部の本格的に不正ログインを防がなきゃならないようなシステム (Pマーク認定業者の個人データベースとか) の場合、パスワードが最低15桁とか20桁とかになっていて、しかも最低でも2週間ごとに変更するように…なんていわれると、もう完全にパスワード地獄に陥ってしまいます。 認証制度もパスワードから、やれ網膜認証だの静脈認証だの、パターン識別タイプのものが普及しつつありますが、これらがもっと一般的になってくれると助かるんですけどね。

■ '05年12月13日〜
  中国を訪問中の民主党前原代表がなかなかの健闘を。 その直前に訪米し、中国の軍拡を明確に 「脅威だ」 と発言したのもちょっと驚きましたが、それをそのまま中国でもコメントするとは思いませんでした。 中国の軍拡といや、軍事費も 17年連続で前年比 10%以上の伸びを示しているんですが、これは氷山の一角。 人件費をまともに計上していない上に戦車を農業用トラクターだと云って農務省が購入したり、戦闘機を持っている武装警察があったりで、実際はその数倍の金がつぎ込まれているようで、装備の近代化も急ピッチで進んでます。 隣国として当然の懸念だと思いますし、それは政権党だろうが野党だろうが同じだと思いますね。 他国に行って相手国の主張を全て肯定した上で、自国の総理をボロクソに貶していた管直人や岡田克也よりはずっと良い印象です。

日常の風景  笑ってしまうのは、それに対する中国の反応。 前原さんの発言に不快感をあらわにし、これまで小泉さんにやっていたのと同じように、胡錦涛国家主席との会談を突然ドタキャン。 中国は靖国問題さえ解決すれば全てが解決すると云ってましたが、前原さんは靖国参拝反対派なんですが… (^-^;)。 その後前原さん、「靖国問題が解決しても、その他の問題が解決する訳ではないのがわかった」 とコメント。 靖国だけが問題だなんて、さすがに本気で思ってる人間はいないとは思うんですが、改めて民主党代表として出したコメントは重いですね。 それと中国側の 「反論」 で、ものすごいのを引き出したのも大手柄ですかね。

 秦剛外務省副報道局長いわく、「中国は歴史上、他国を侵略したり、他国の領土で殺人・放火をしたことはない」「中国は永遠に平和を擁護する」 だそうで。 すごいっすね、これ (^-^;)。 歴史上というとどの範囲なのかわかりませんが、じゃあ日本にやって来た元寇は、どこの誰なんでしょうか。 まさか 「あれはモンゴル帝国であって、我々は関係ない」 というつもりなんでしょうか。 チベットやウィグルへの侵略を 「自治権拡大」 と主張し、その根拠となっているのがモンゴル帝国の版図ですが、侵略はモンゴルで、得た領土は中国 (漢民族) の物? もう唖然とするしかないですね。 それより以前、三皇五帝はまぁ伝説としても、夏 (これも怪しいですけど) や殷、春秋戦国、秦、前漢後漢と無数にあった戦乱は全てなかったんでしょうか。 日本人になじみの深い三国志の時代にも、辺境異民族を散々侵略してますが、あれも全部作り話なんでしょうか。

 百歩譲って現在の共産党政権になってから…という主張だとしましょう。 そうだとしても、東トルキスタン共和国 (ウィグル) への侵略 (1946年)、北朝鮮を支援して韓国への先制攻撃 (1950年)、チベットへの侵略 (1951年)、インドへの侵略 (1962年)、中ソ国境紛争 (1969年)、ベトナム侵略 (1974年、1979年)、フィリピンへの侵略 (1992年)、その他 領土領海の侵犯などは数え切れないくらいありますが、これらは一体どこの国がやったと云うんでしょうか? こういう非歴史的な嘘八百を公式の場で抜けぬけと並べる国と、どうやって 「共通の歴史認識」 とやらを持てと云うんでしょうか。 その同じ口が云う日本軍の蛮行とやらが、どうやったら信じられるんでしょうか。 バカも休み休み云って欲しいものです。

 もっとも 「他国の領土で」 となっているのがポイントで、近隣諸国は全て大中華の領土であるとするなら、嘘じゃないかも知れませんけどね (あ、でも、モンゴルの時代にヨーロッパまで攻め込んでいるから、これは無理かw)。  

■ '05年12月12日〜
  ここんとこ歯医者行きまくりんぐなんですが、診療してくれるオバちゃんとの不毛な会話が弾んで困ってます。 もともと世間話は好きだし、おじちゃん、おばちゃんとの話も合う方なんで、行きつけの店とか隣近所のオバちゃんあたりとは顔なじみになってしまうんですが、仕事柄時間が自由になるせいもあり、比較的暇な午前中に通っているからなのか、口を空ける前に数分間、世間話をするのが日課になりつつあります。 まれに、歯医者の後に都内に打ち合わせで出かけたりする際は、微妙に話が伸びるとちょっと心配 (口を閉じた後にも世間話があるので、都合15分とか20分とかが飛んでゆく…)。 いやまぁ、楽しいからそれはそれでいいんですが、美人揃いの若い歯科助手のお姉さんが、妙に遠慮して世間話してくれないのは寂しいw

■ '05年12月11日〜
  本日納期の仕事を全力で書き上げ、CD-ROM に焼いて都内に。

日常の風景  12月だしあちこちで予定が押せ押せになっていて、池袋では1本目の打ち合わせの後、2時間余り暇を潰すことに。 その後居酒屋で、半分忘年会チックな打ち合わせを夕方から。 ギリギリ六本木のテレビドラマロケに間に合いそうだな…と地下鉄で移動したら、既にスタッフのみで、石原さとみさんほかはいなかった…。 だから最後の湯豆腐だけはイヤだったんだ。 カキ鍋のおじやまではよかったのに、あの湯豆腐が、湯豆腐が…。・゚(´□`)゚・。 っても、まあミーハーな感じで見物するか…って感じなだけなんで、まあ仕方ないですけどw

 仕事の方は何とか順調に進みそう。 やることは爆発的に増えるけど、何とか人員揃えて頑張らないとなぁ。 うぬぅ。 仕事の割り振りで云えば、あたしの担当分野になるんで、人が入って楽になるのはいいんだけど、1年余り実質自分だけでやっていたのを、人手に渡すのはちょっと抵抗感が。 仕事も回らなくなってきているし、そろそろ何でも抱え込む癖をやめて、大人にならないといけないんだけど…。

 そういや寒い寒いと思ったら、新宿で雪がチラチラ。 初雪かぁ…。

■ '05年12月10日〜
  一日中、自宅で仕事。 追い込みだから仕方ないけど、目が痛い眠い腰が辛いです…。 そういや明日に石原さとみさんのロケがあるらしい…。 明日は都内で打ち合わせが2本あるんで、都内に行くことは行くんだけど、うまく時間はあうのかな。 うにゅ〜。

通りすがりの風景  話題となっていたドンキホーテ六本木店の 「終夜営業 絶叫マシーン」、どうやら営業運転は断念した模様。 報道によると無駄になったお金は 10億円だそうですが、ドンキが作った12月8日付け関係者向け PDF 文書の 「ハーフパイプ開業延期のお知らせ」 がすごいです。 「裏づけもなく感情論を繰り広げておられます」「見当違いの反対運動に、弊社はほとほと辟易としております」「思いもよらぬ (弊社から見てきわめて不毛な) 議論」…。

 普通こうした問題の最後の局面では、己が敗北を認めればなおのこと、せめて良いイメージくらいは残そうと、心にもない形ばかりではあっても 「住民の方々に対する説明が不十分で誤解を与え」「誤解によりご心配をおかけして」 とか、お詫びのような文言は入れるもんですが、ここまでふて腐れた、攻撃的な文書ってのは珍しいですね。 担当者のインタビューでも、「地域活性化にと考えていたが、理解もされない上に、遊戯施設が本業でもないのに一部団体からバッシングまでされたのではたまらない」「根拠もなく一方的に文句を言ってくる住民の相手などしてられない」 と、ほとんど喧嘩腰。

 まあ、そこら中で住民トラブルを抱えているだけに、どこか一ヶ所でイモを引いたら、「六本木では住民に配慮したのに、なんでこっちは配慮がないんだ」 と、際限なく引き続けなくちゃならなくなると考えているからなんでしょうけど。

 ドンキと云えば、新宿歌舞伎町店ができた時、乾電池を買いに行ってありえない対応をされた (何度レジの前で通り過ぎる店員を呼び止めても返事すらせず対応しないで、キャバクラのお姉さんらしき女性がレジ前に並んだら、若い男の店員2人がレジにすっ飛んできて、あたしより先にそっちの対応を始めた) ので、二度と行くかボケ! と心に誓っているんですが (すいません、その2年後くらいに秋葉原店に行ってしまいました…と云うか、府中の一号店時代から、相当利用してます…_| ̄|○ 、なんにせよ、こういう姿勢の会社には、あんまりのさばってもらいたくないものです。

■ '05年12月9日〜
  Windows Mobileを搭載したこの 14日に発売予定の WILLCOM の端末、「W-ZERO3」 の予約受付が開始。 注文が殺到しているらしい。

仲間由紀恵さんカレンダー2006年版  PDA は日本ではほとんど普及せず (以前パームのアプリ開発に参加したことあったけど、当時からかなり死にかけの印象があったです)、その後継のようなスマートフォンがやっと来始めたって感じですが、ドコモやらボーダフォンやらで出たミニ PDA フォンのような端末も不発続き。 本格的なシグマリオンも消えつつある中、ここまで人気が集中しているのは、やっぱり WILLCOM だからなんでしょうね。

 日本の移動端末の本流、ザウルスのファンは多いし根強いですが、先日も H" 端末とザウルスをつなぐ試みが人気を得たばかり。 にわか WILLCOM ユーザのあたしも、なんかちょっと食指が動くアイテムだったりします。 まあOSが Windows Mobile って時点で、ちょっと不安ですけど。

 会社の人間が興味を持っているので、あたしもほしいなぁ…としゃべったら、「あんたは引きこもりなんだから、いらんでしょう」 と云われてしもた…。 あたってるだけに、非道い話ですw そういや AirH" が刺さったノートも、週に2、3度起動したら多い方だな…。

 もうすぐ有明の東京ビッグサイトで開催される 「コミックマーケット 69」 に合わせ、東京都交通局が 29、30の両日に江東区都バスや首都圏の路線バスに乗れる記念のバス共通カードを発売するとのこと。 デザインは人気アニメ作家、みつみ美里さんだそうで、限定 5,000枚の発売。 一瞬で売切れそうですね、これ。

■ '05年12月8日〜
  早朝に起きて仕事をしつつ、昼前に打ち合わせ1本、ダラダラとネットを見つつ仕事して、夕方から新宿でパソコンの機材を買い物しつつ、原宿で打ち合わせを2本。 移動の電車は座れたんで、ほとんど一日中座っりっぱなしって感じなんですが、妙に疲れた…。

 朝方2ちゃんをつらつら見ていたら、「ジェイコムwww」 みたいな単発の書き込みとともに、スレの URL が。 何気に覗いてみたら、本日東証マザーズに新規上場した 「ジェイコム」 の株が、発行数1万4,500株しかないのに誤ってその40倍に相当する61万株も売り出され、株価はストップ安となり、その直後誤りに気づいた みずほ証券が買い戻しに走ったため、今度は猛反発してストップ高に。 その興奮を株式板で実況しているものでした。 市場は大混乱、ないものを売っている訳ですから、今後みずほ証券は時価で売買約定した客に現金を払うか、徹底した買い注文を出し続けなければならない訳で…なんかもう、すごいことになってます。 その後の報道では、損失は300億円に達する規模なんだそう。

日常の風景  異変に気がついて即座に買い注文を入れた人は、ほんの数分間でボロ儲けができましたね。 一方、ミスしたみずほ証券はもちろん、上場と同時に買って、直後の大暴落ストップ安で慌てて売ってしまった人も大損害な訳で、株はギャンブルとは云うものの、これぐらいスケールの大きいギャンブルも、ちょっとない感じです。 以前株に関するネットの記事を書く機会があり、似たようなケースである電通事件ってのを調べたことがありますが、あの時の大騒動が消し飛ぶ大騒動。 あたしゃ株はやってないですけど、すごい世界があったもんだと驚いてしまいます。

 それにしても、「ない商品を売る」 なんてシステムが、何で放置されてるんでしょうね。 これもいわゆる 「空売り」 ってやつの一種になるんでしょうけど、個人だと信用余力内の借株分しか売買できない制限がある上に高額の逆日歩という実質罰則まであるのに、証券会社の自己売買部門は賃借でもないのに信用や発行済み株式数やロックアップすら無視して、まるっきり無制限にやれることが、これで誰の目にもはっきりしちゃいました (過去にも、ありえない見せ板があったりして、そういううわさは散々ありましたが…システム上、それが可能であるのを、ここまで明々白々にしたことはなかったような)。

 例えば特定の株を証券会社が怪しまれない程度の規模で徹底して空売りし、売り浴びせに嫌気がさした投資家が売りに出した株を別の誰かが底値で買い集め、その後空売りをやめて株価が上昇したら…その別の誰かは大もうけできる訳で、システムを通して、何だか証券会社の裏の顔を見たような感じがします。

 こないだの東証のシステムダウンも酷かったですが、日本の証券市場に対する信頼性が揺らぎそうな出来事です。 せっかく株価も上がってきて、景気回復か? なんて云われているのに、それに何度も株式関係企業が冷水を浴びせかけるのはやめて欲しいものです。

 韓国の国会で、「親日反民族行為者財産帰属特別法」 が全員賛成で可決成立。 日本統治時代の先祖まで遡って、日本に親しみを表明したり協力したり日本から勲章を授与されるなどした人間を 「反民族的な裏切り者」 と規定し、本人やその子孫が築き上げた財産を国が没収すると云う、ちょっと信じがたいすさまじい法律。 法の遡及適用禁止の原則をまるっきり無視しているのもすごいですが (日本とかでも事後法はたまにあるけど、災害被災者なんかの救済のための時限立法が稀にあるくらいで、処罰として使うことなど当然ながら皆無)、親日=反民族行為って、あなた…。 先日 「対日宣戦布告記念式典」 とやらを挙行した韓国ですが、いやはや、「日韓友情年」 の締めくくりがこれですから、すごいもんです。

■ '05年12月7日〜
  姉歯建築事務所の耐震偽装事件がニュースで連日取り上げられていますが、欠陥マンションの撤去と建て直し、さらに住人の引越し費用にも税金が投入されることがものすごいスピードで決定してビックリ。

日常の風景  税金投入と云っても、いずれは建築士なり建築士に偽装を強要したり偽装を見抜けなかったりした建設会社なんかに請求するんでしょうけど、倒産やら破産やらされたら取りっぱぐれ。

 マンションなんかだと、崩れたら近隣の無関係な住宅や住民が巻き添えを食らう可能性も高いし、税金投入しないと撤去や立て替えに賛同しない住民が出る可能性もあるやらで、やむをえない判断なのかも知れませんが、戸建の欠陥住宅はずいぶん前から問題になってるのに完全に 「自己責任」 とされて、泣き寝入りせざるを得ない状況になっているのに、不平等と云うか、割り切れなさを感じます。 そもそもかなりの格安で販売されたこれらのマンション、俗に 「不動産に掘り出し物なし」 なんて云いますが、値段だけにつられて購入した住人に瑕疵はなかったんでしょうか。 住民に全く落ち度のない阪神大震災やらのマンションの立て替えに融資以上の支援が行われたなんて報道も聞かないし、徹底した責任追及なしに、安易に税金を使わないで欲しいものです。

 そういや先日証人喚問された建設会社、ヒューザーの社長も、逆切れがすごかったですね。 というか、国会であんな風に切れる人、初めて見ましたよ。 姉歯建築士の発覚直後のテレビインタビューも神経逆撫でするものだったし、悪いことはやったもん勝ち、みたいな風潮があるのはイヤなものです。

■ '05年12月6日〜
  朝日新聞に、「外国人が 「自衛隊.com」「国会.com」 などのドメインを取得しているので注意しましょう」 との報道が。 もうすぐ本格的に普及すると云われている日本語ドメインですが (IE なんかも正式サポートするようですし)、好き好んで日本の公的機関のドメインを取り捲るなんて、どこの外国人だよ…なんて思う人はいないでしょうけど (まあ、どこの国かすぐにわかりますわなw)、さっそくこの手の語句の一覧とドメイン所有者を調べてネットでアップしてる人がいて、当然のごとくそこには韓国がズラリ。

日常の風景  takeshima.com とか、竹島関連のドメインを軒並み取得してプロパガンダサイトを多数立ち上げているのも彼らですが、せっかくの日本語ドメインが、これじゃ台無しですね。 日本人が嫌がることをスピーディーにやることに長けているってのもどうにも。 朝日も全部韓国人なんだから、外国人じゃなく、韓国人と書いて欲しいものです。

 ところで嫌がらせでは済まないのが、日本の経済水域で違法操業する韓国漁船。 6月に違法操業漁船を日本と韓国どちらが拿捕するかで大騒動を巻き起こしたのも記憶に新しいところですが、今度は韓国の海洋警察が、日本の経済水域内での 「捜査権の譲渡」 を要求して来たらしい。 FNNのニュースによると、日本の領海や経済水域で違法操業した韓国漁船を、日本の海上保安庁は発見したら逮捕すべく追跡している訳ですが、停戦命令に従わず韓国領海内に逃げ込もうとする漁船などに、証拠として投げつける発光塗料入りのカラーボールなどが当たったりして危ないと、韓国内で反発が広がっているからなんだそう。

 カラーボールと云うと、銀行なんかにもあるあれですが、あんなの、ぶつかってどれだけのケガになるんだろ。 と云うか、違法操業して逃げようとするから投げられているのに、すごい云い分ですわね、これ。 領土や領海、経済水域での捜査権ってのは、その国の主権そのものなんですが、それを譲渡しろって、ほとんど黒船来航のペリー提督以来の他国主権を無視した驚くべき要求ってのが、わかってんでしょうか。

■ '05年12月5日〜
  歯医者に行ってから、一日中家で仕事を。 今年も残り少なくなってきて、歯医者も年内の予定をどうしましょうと細かく聞いてくるようになりました。 年の瀬が押し迫った感じはまだ全然しませんが、都内の繁華街なんかはクリスマスイルミネーションがピカピカ光っているし、なんか師走気分も多少は出てくるような気も。 毎週末の忘年会もそろそろ始まるなぁ。 例年のこととは云え、さすが年末は身動きが取れませんな。

■ '05年12月4日〜
  韓国と北朝鮮共同で調査中だった、安重根の遺骨発掘が頓挫し、日本に協力依頼が来ているらしい。

日常の風景  安重根と云えば、日本の初代総理大臣、伊藤博文を暗殺したテロリスト。 そのテロリストの遺骨の調査を、日本に依頼するってすさまじいですね。 おまけに拉致被害者の偽遺骨で日本に散々迷惑かけている北朝鮮も名を連ねている。 ブラックジョークにしてもここまでのものは作れないっつ〜か、もう日本人の感性では理解不能です。 そもそも安重根が刑死した後、誰もその墓に参らなかったんでしょうか。 英雄とされているのに、墓所の位置がわからなくなるってのも本当に理解不能 (ちなみに墓所は中国国内のはずで、本来なら中国に聞くべき話)。

 ところで伊藤博文と云えば、1910年8月22日に調印された、いわゆる朝鮮併合に最後まで反対していた人間。 別に人道的に反対していた訳ではなくて、日本側から国力を超えたあまりに莫大な資金が、朝鮮建て直しのために半島に注がれているのを見て、日本の貧しい東北地方などの惨状と見比べて 「金をかけるべきは朝鮮半島などではなく、日本本土の方じゃないか」 と主張していたんですよね (まぁ今も、国債として毎年40兆円もの借金してまで他国にODAばら撒いているんだから、似たようなもんですが)。 そういう伊藤を彼が暗殺したことにより、日本国内の併合派や朝鮮の併合派が勢いづき、朝鮮併合が決定的になったのは少しでも歴史を知ってる日本人なら誰でも理解してる。

 やぶにらみ、斜め上の思考でこういうテロリストを英雄だと賛美するのは勝手ですが、だったら墓をちゃんと管理して、仇敵日本に助けを求めるようなことにならないようにすればいいのに。 しかもこの遺骨、どうせ発見されたら、そこにソウルにある 「安重根義士記念館」 よりでかい 「抗日闘争義士記念館」 あたりを作って、ますます反日教育に精を出すんでしょうし。 とにかく彼らの思考回路は全く理解不能です。

■ '05年12月3日〜
  仕事で徹夜明けの後、昼頃に打ち合わせのため渋谷へ。 無事終わって事務所に顔を出してから帰宅。 電車内で熟睡したら乗り越しました…。 眠い。 もうだめぽ…。 「マンガ嫌韓流」、amazon の年間売り上げランキング 「Best of 2005」 で1位を獲得。 発売が7月の末だから、4ヶ月ほどで年間1位に輝いたことになります。 2位は 「 ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門」、3位は 「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」。 う〜ん、さすがにこれは、すごいですね。 10位には 「ちびくろ・さんぼ」 がランクイン。 差別的だとして発売禁止、絶版となった児童書の復活ですが、これでまた子供たちが、「なんで虎がぐるぐる回るとバターになるねん! 黄色つながりか?」 と小さい頭を悩ませるんでしょう。 めでたしめでたし。

通りすがりの風景  そういや韓国がらみの書籍が、恐らくは嫌韓流の大ビットもあって相次いでいますが、「コリアンジェノサイダー nayuki」 ってのも書籍化するそうで。 タイトルはかなり危なげですが、これはネット掲示板上で彼らを徹底論破する様を 「ジェノサイド」 としているだけで、実際は韓国掲示板で日韓友好を願う nayuki と、それを阻止? する、韓国ネット住人と nayuki の友達とのバトルを描いた物語だったりします。

 nayuki = 名雪ってのでわかるように、大元は 「Kanon」 の SS で、まぁタイトルや設定なんかは多少変わるのかも知れませんが、相手側の捏造史観や根拠のない日本の誹謗を、nayuki の友人、香里が痛快無比に論破する爽快感は活かして欲しいところ。 すでにネットからは当該コンテンツが削除されていますが、アップロードされてすぐの頃に読ませてもらい、声を上げて笑ったり、いろいろ勉強になったり。 う〜ん、どんな感じになるのか楽しみです。

 そういやどうでもいいけど、出版が決まったネットコンテンツって、何で多くの場合削除や一時閉鎖になっちゃうんでしょうね。 うちのサイトのコンテンツも書籍化してますが、版元さんも別に削除しろとは云わなかったし、あたしもするように云われても削除するつもりは全くなかったんですけど…やっぱりネットにコンテンツがあると、書籍の売り上げに影響が出たりすると考えるのかな。 著者や担当が良くても営業がいい顔しなかったり、版元が良くても取次ぎから注文があったり。

 権利関係とかでもめないようにって事なのかも知れませんし、いずれ復活するんでしょうけど、ネットで見れないのはちと残念。

■ '05年12月2日〜
  日経新聞によると、来年3月のスクウェア・エニックスの人気ゲーム 「ファイナル ファンタジー (FF)」 シリーズ最新作、「FF 12」 の発売時期にあわせ、同ゲームに登場するアイテム 「ポーション」 をサントリーが飲料として発売すると発表したんだそう。 FF をプレイしていると何度も何度もお世話になる回復アイテム、ポーションですが、こういう形でのコラボってあるんですね。 まぁ、ゲームに登場するアイテムの商品化は珍しい話ではないんですが、マニア向けのコレクターズアイテムとしてとか、一発ギャグ的なものではなく、ここまで本格的で大規模なものは、これまでなかったような。

 意地悪な取引先や嫌な上司、不快な友人や隣人など、世にモンスターはたくさんいますが、削られたHPをこれで回復してくれるんでしょうか。 とりあえず、よく切れる 「ほうちょう」 とか、「みんなのうらみ」 だけは、商品化して欲しくないものですがw コレクター性のある飾りを施したプレミアムボトルなども出すそうで、ちょっと話題にはなりそうです。

■ '05年12月1日〜
   今日からいよいよ12月。 今年も早かったなぁ…。

石原さとみさんカレンダー2006年版 石原さとみさん写真集「たゆたい」  とりあえず1こ、難物の仕事が終わった…しかしホッと一息つく間もなく、次の仕事が山のように…。 携帯で打ち合わせの電話していたら、別の携帯からも仕事の電話。 両手両耳で受け答えしてたら、宅電が同時に鳴り出しました。 完全にキレそうw 時期が時期だけに仕事がかぶるのは仕方ないけど、このままじゃ辛いっす…。 明日は夕方から終了した仕事のデータ持参で打ち合わせがあるし、ギリギリのケツが決まっている仕事が目白押し。 今夜も眠れないな…。

 そういやうちが仕事を請け負ってるある飲食店が、来年 2006年1月10日(火) 午後9時スタートのドラマの舞台になるそうで、いろいろ調整しているようです。 その店は過去にも何度かテレビのロケをやってる割と有名な店なんですが、ドラマの内容を聞いてびっくり。 フジテレビ系の ドラマ 『Ns'(ナース)あおい』 というタイトルで、主演が石原さとみさん。 ま…まじですか?

 ううむ…取材と称してロケには絶対行かないとな…。
▲このページの先頭に戻っちゃう ▼末尾に飛んでみる


■ '05年11月30日〜
  元々 「さぁ寝るぞ」 といって寝るほうじゃないんで、いつも眠りに落ちる時は気絶に近いのが あたしの日常なんですが、最近はそれも割りと頻繁に。 2徹とか3徹とかは、もうさすがに無理っすねぇ…。 で、気がついたらゴロ寝してた…やばっ …ってな起床が多いんですが、そのまま携帯の着信みたら、「着信12件です」…。 ダメだ…寝よう…もう少し寝よう…なんか、そんな感じの毎日です…。

■ '05年11月26日〜
  首相の私的諮問機関 「皇室典範に関する有識者会議」(座長/ 吉川弘之元東京大学長) が24日、女性・女系天皇の容認を柱にした報告書をまとめ、首相に提出しました。 女性・女系容認を 「社会の変化に対応しながら、多くの国民が支持する象徴天皇制の安定的継続を可能にするうえで大きな意義を有する」 と結論づけたこの報告書、万が一このまま通ったら、125代、およそ 2,000年間以上続いた世界一長い皇統が次の次の次からは完全に断絶され (男系の婿をもらえば別ですが…)、さらに 「皇室典範の改変をすれば、皇統外の誰かを天皇にするのも可能になる」 実例となる訳で、二重三重に禍根を残す結論だと思いますね。

日常の風景  そもそも女系と女性とは全く違う概念だし、政治システムである 「国家元首としての天皇制」 と家系である 「皇統」 も本来は別の問題。 それを意図的にごっちゃにして 「女性天皇は過去にも例があるし、男女平等は世の趨勢、女性も女系も認めるべきだ、それが安定にもつながる」 ってのは、あたしの無学のせいかも知れませんが、全く理解不能です (^-^;)。 これまでは、父親をずっと辿れば歴代の天皇が全て辿れ、その出発点に神武天皇があって、万世一系とされる血筋が保障されていた。 父系が皇統そのものであって、女系やら母系やらは皇統ではない=天皇ではないと思うんですがね。

 父系 (男系) なんて古い考え方だ、時代にそぐわないと云っても、それが皇統の概念そのものなのだから、その根本を変えたら意味がなくなってしまうと思うんですが。 そもそも女系でも 「血筋」 は見ている訳で、父系が悪くて血統は守るって意味不明です。 そもそもこうした父系世襲は日本の伝統芸能や文化には欠かせないものとなっていますが、その大元であり守護者でもある天皇でそれがなくすと云うのは、日本の伝統とか文化とかの概念を一新する日本史上初の大転換な訳で、そこまできちんと理解できている人がどれほどいるのやら。

 まさかいまどき、南北朝時代みたいな争いごとはないでしょうけど (と云っても、熊沢天皇騒ぎがあったのはほんの 60年前ですが)、これまで天皇とか、いわゆる天皇制とかを否定し廃止すべきと叫んでいた人たちが、この女系・女性天皇容認には賛成しているのも気がかりです。 まやかしの制度的な正当性と引き換えに 「歴史的な正当性」 を失わせれば、後々、「今の天皇には歴史的な正当性がない、形骸化している」 と云いだして、廃止しやすいとでも思っているんでしょうか。 それとも、弓削道鏡とか足利義満とか織田信長みたいな、自らの一族が皇位に列せられるのを狙う人でもいるんでしょうか (信長はちょっと違うような気もしますが)。

■ '05年11月25日〜
  先月に続き、「同人用語の基礎知識」 ページ、テレビ朝日系列 「爆笑問題の検索ちゃん (ぴおん)」 でクイズの元ネタとして紹介されました。 今回使われたページは 「ランドセル」 の項目。 というか、今日は月に一度の 「朝まで生テレビ」 の日だったのね。 放送時間が変わってて、録画失敗してました… 。:゚(。ノω\。)゚・。

■ '05年11月24日〜
  東京新聞のコラム 「洗筆」 で、昨今の鳥インフルエンザ騒ぎを発端に特効薬とされる 「タミフル」 の人気が異常に急上昇していることを皮肉った文章が載りました。 それ自体はまぁ問題がないと云うか、あたしも 「ちょっと騒ぎすぎじゃないの?」 と思ってる方なんで同意しなくもないんですが、その結論にいきなり、これまた巷を騒がせている寄生虫の卵混入騒ぎのキムチを持ち出し、寄生虫の卵の入ったキムチを食べても 「なぁに、かえって免疫力がつく」 と締めくくっているのが話題になってます。 と云うか、2ちゃんあたりだと、この 「なぁに、かえって免疫力がつく」 が流行語の兆しすらw

日常の風景  左巻きマスコミの迷言と云えば、「(仮に北朝鮮や中国からミサイルが飛んできても)1発だけなら、誤射かも知れない」 とか、人権擁護法案に絡み、恣意的運用でかえって人権侵害になるのでは? との危惧に 「だが、心配のしすぎではないか」 なんてのがありましたね。

 雪印食品の不祥事の時には、これらのマスコミは決して 「なぁに、かえって免疫力がつく」 とは云わなかったし、自衛隊が領空侵犯の他国機に威嚇の信号弾を発射した時は、誤射の可能性も云わず 「やりすぎだ」「無用の緊張を生む」 と云い、憲法改正では絶対に 「だが、心配のしすぎではないか」 などとせずに 「軍国主義国家、戦争のできる国に一直線だ」 と云うのに、相手が韓国の食品メーカーだったり、中国や北朝鮮だったり、在日外国人の人権問題に関しては、ものすごく寛容なのは笑っちゃいます。

 東京新聞と云えば、一部からは朝日新聞、その病める妹、毎日新聞に勝るとも劣らない左巻きとの評価がしきりですが、左=中国韓国北朝鮮大好き、って、わかり易過ぎて乾いた笑いしか出てこないですね。

 マスコミの奇行と云えば、この11月19日にニューヨークタイムズの一面に 「アジアのライバルを醜く描いた本が日本でベストセラーに」 という記事が掲載されました。 その本とはここでも何度か触れた 「マンガ 嫌韓流」 や 「マンガ 中国入門 やっかいな隣人の研究」 で、記事を書いたのはネットではきわめて有名なニューヨークタイムズ東京支局 (築地の朝日新聞の本社の中にある) の記者、NORIMITSU ONISHI 氏。 カナダ国籍のこの大西さん、名前が日本人風なものの、正体はいまいちわかってないようですが、海外のメディアでことさらに日本を悪く伝えるのは本当にタチが悪いっすね。 すでに方々のブログなんかでも検証されてますが、記事内容は事実誤認だらけで悪意に満ちているし、これらの本を持って醜い民族差別をする日本人を醜悪だと簡単に切って捨てている。 本の 「内容」 に関する検証なり反論なりはまったくなく、ひたすら日本人の悪口ばかり。

 かつてこの新聞は、「日本の受験生は性的欲求を母親で解消している」、「援助交際と呼ばれる売春は青少年の大半が行っている日本ならではの文化だ」 とブチ抜きの記事で書き連ねていましたが、こういう手合いはどうにかならないんでしょうかね。 欧米のロビー活動に中国やら韓国やらの政財界人やら工作員やらが多数動いているのは周知の事実ですが、「いちいち反論しなくても、わかる人はわかる」 なんてのんきなことを云ってないで、外務省なりしかるべき立場の人なりが、毅然と対応して欲しいものです。

 もっともこの大西さん、すでに過去、外務省から抗議を受けていたりするんですが。 NYT と提携し日本支社の場所を提供している朝日新聞は、事実誤認をたしなめるでもなく、「NYT の報道によると…」 と、こうした偏向報道を自らのプロパガンダに利用する始末。 記者にだって娘や息子はいるだろうに、「日本の受験生は性的欲求を母親で解消している」、「援助交際と呼ばれる売春は青少年の大半が行っている日本ならではの文化だ」 なんて報道、よく受け入れられるもんです。 それとも、日本人じゃないんですかね?

■ '05年11月23日〜
  TBS の 「NEWS23」 で、「ネット時代のジャーナリズム論」 と題する特集が放映されました。 「テレビやジャーナリズムとブログ」 と云うテーマに興味を持って見てみたら、なんのことはない、匿名のブログは信憑性も何もない、不健全なナショナリズムを煽るだけの俗悪なメディアだ、これからの時代も、きちんと責任を取るメディアやジャーナリズムは必要だ、と云う、いつものお手盛りの結論でした。

ジンキ・エクステンド 2006 COMIC BLADE カレンダーコレクション(A2壁掛け) 2006年度用カレンダー  それにしても 「ニュースを厳しく選別するプロはこれからも必要」 ってな締めのセリフには、声を上げて笑ってしまいました。 靖国やら日本の過去の蛮行とやらは嘘、捏造まみれで報道しまくって、中国やら韓国やらの一方的な裏づけのない主張だけを正しいことのように伝えるのが 「ニュースを厳しく選別するプロの目」 だなんて、噴飯もいいとこ。 そういうインチキプロの目がイヤで、ブログやネットにみんなが注目しているのが、何でわからないんだろうね。 いや、わかってるんだろうね。 わかってるから、ネットは無法地帯だ、匿名の嘘ばかりだと叩いているんでしょうから。

 それにしてもブログでの告発が元で捏造報道の責任を取って降板したアメリカのニュースキャスター、ダンラザー氏を自分になぞられる筑紫さんの厚顔無恥には恐れ入るばかり。 N23の捏造や悪質なミスリード、イメージ操作は散々ネットで弾劾されているのに、それに対して一度でもまともな対応をしたのかね。 パソ通時代に学生に論破されて 「ネットなど便所の落書きだ」 とおっしゃった筑紫さんに、期待するだけ無駄でしょうけど。

 どうでもいいけど、「不健全なナショナリズム」 があるのなら、「健全なナショナリズム」 ってのもどこかにあるはずですが、それはいったい、どんなもんなんでしょうか。 日の丸を燃やしたり日本の大使館にゴミを投げ入れる愛国無罪みたいなのが、「健全なナショナリズム」 なんでしょうか? それに嫌悪感を示すのは 「不健全」 だと。

 具体的にどういうのが 「健全な」 ナショナリズムで、どういうものが、「不健全」 な、あるいは未熟で幼稚で皮相的な 「プチナショナリズム」 なのか、きちんと定義して欲しいものです。 香山リカも大嫌い。 リカちゃん人形が好きだからとペンネームとして名前をもらうのはいいけど、一文字くらい変えろよ。 本当に好きなら一字一句同じ名前にはしないぞ普通。 香山リカでイメージ検索すると、あんたの顔ばかりでるんだよ (っていうか、イメージ検索するなよ 。:゚(。ノω\。)゚・。

■ '05年11月22日〜
  なんか10年くらい使ってるあたしのメインのテレビ (パナの36インチワイド) が壊れました…。

日常の風景  ブラウン管の映りがおかしいみたいな 「もう寿命」 チックな壊れ方ではなく、どうやら電源系統の不調らしく (電源が入ったり切れたりする)、たぶん通気口あたりから入り込んだゴミやホコリが悪さしているようで修理すれば直りそうですが、テレビっ子ヒッキーと化しているこの時期に壊れなくても…。 このテレビ買った頃のあたしなら、「おお、ちょうど薄型大画面に換えたかったんだよな」 って感じなんでしょうけど、今はお金がないからとてもとても。 このテレビもワイドが出始めの頃に一番でかいのをえらい金額で買ったので、もう少し持ってもらわないとな。

 それにしてもこのテレビの前に使っていた三菱の29インチも10年くらい持ったし、やっぱりテレビは長持ちしますね。 うちみたいにタバコは吸うわ、年中つけっぱなしだわの環境でこの耐久力はすごいです。 その前に使っていた SONY の21インチはすぐ壊れましたがw

 年内には直したいところですが、どのくらい費用かかるのかな。 うぬぅ。

■ '05年11月21日〜
  歯医者に行った後、事務所で仕事。 久々の出勤は疲れるにょ…。 仕事で FLASH を作らなきゃならなくなったので、帰宅途中、新宿で FLASH 作成ソフトを購入。 当初人気の 「Flash MX」 が欲しかったんですが、どこも品切れ。 どうせ費用は会社持ちなので 「FLASH Professional 8」 あたりを奮発して買うか、とも思ったけど、ネットであれやこれや調べると、やっぱりかなり難しいっぽい。

 実は以前、「FLASH 4」 だかにチャレンジして (何年前の話だよ…)、途中で挫折してるんですよね。 廉価簡易版の 「FLASH BASIC 8 Commercial」 は店にあって、それが現時点での売り上げ No.1 とのことですが、納期も迫っているし、紙芝居+α 程度のしょぼい FLASH でOKっぽいので、作るのが簡単そうな初心者向けソフトの 「In A Flash」 と 「FlashMaker 3」 を両天秤に。 結局店員が 「これが一番簡単です」 と云う、 「FlashMaker 3」 を買うことにしました。

 で、家で使ってみると、うわ、すげー簡単。 紙芝居とかスライドショーと云うと、これまでは GIF アニメか Java スクリプト利用でサイトに載っけていた あたしですが、今後はこれを使うかな。 まぁ、サイトが重くなるんで、よっぽどクライアントから要望がなきゃ、FLASH にしようとは思いませんけど…。

■ '05年11月20日〜
  知人が新しいパソコンを組むと云うので、その手伝いで秋葉原へ。

ミスター珍  知人とやってる会社の関連企業でデザイナーさんやってた人で、あたしの知り合いがいるネット関連の会社への転職とやらで、そこの上司 (あたしの友達) に、とりあえず自作パソコンくらいは組めと云われたらしい。 いろいろ怪しい店を案内しつつ、無事すべてのパーツをゲット。 と云うか、いつものパターンでかなり予算はオーバー。 いろんな店を見ていると目移りして、ついつい高いやつ、良いやつにしたくなるんですよね。

 石やマザボ、HDD はともより、ケースやキーボード、17インチ液晶まで、ほとんどフルコースの買い物でしたが、夕方になる頃には良い感じで揃って、アキバデパートのミスター珍で晩御飯を食べて終了。 無事済んでよかったです。 後はちゃんと組んで動くといいね。 時間がなくて アキバ系 スポットには行けずじまいでしたが…。

 頑張ってくださいませ ヾ(´▽`)ノ゙

■ '05年11月19日〜
  新宿で飲み会を。 一緒に仕事してる知人の師匠筋にあたるゲーム作家さんの集まりとかで、mixi のOFF会との触れ込みでしたが、あるゲームクリエーターの専門学校の同窓会みたいな感じになっていたり。 以前あるハードのゲーム開発の時に何度かお会いしたことがある方で、アニメ 「怪盗セイント・テール」 の脚本も書いていた結構有名な方。 2人以外は初めて会う人ばかりでしたが、いろいろ業界の裏話が聞けて面白かったです。 2次会ではマンガの原作者さんとかアニメのプロデューサーさんとかが集まってのさらに濃く、面白そうな催しだったんですが、終電の関係で中座。 うぬぅ…残念です… 。:゚(。ノω\。)゚・。

■ '05年11月18日〜
  風邪がぜんぜん治らない…もうだめぽ…。

■ '05年11月14日〜
  中学時代の友人が勤める会社で打ち合わせを。

日常の風景  半分仕事、半分ヨタ話って感じでしたが、うまくまとまるといいのぉ。 まぁ、お金はほとんど貰えないでしょうから、うちの会社に仕事にするのは無理がありますが (^-^;)。

■ '05年11月13日〜
   事務所でずっと仕事を。 もう疲れたずら…。

日常の風景  ひとしきり仕事をやった後、新しいクライアントさんになりそうな会社に仕事のパートナーと一緒に訪問。 会ってみたら…以前、一緒に仕事したおっさんでしたw なんつ〜か、この業界、広いようで狭いっすね…。

 仕事の内容はサイトを安価で何個か作れないか…みたいな内容なんですが (一緒に行った知人は金にならね〜とボヤいてた)、ポータル系のサイトがメインなんで (しかも利用するエンドユーザは大手が多い)、「実費はほとんどもらわないようにして、うちの会社が選んだバナーや独自コンテンツをページに貼る権利みたいなのをもらうようにし、複数のエンドユーザから広く薄く稼ぐようにしたらいいんじゃね?」 と提案すると、現金なもので 「おお、その手があったか」 と大盛り上がり。

 まぁ、そううまく行けば、少なくともあたしゃ、もうとっくに大金持ちになってるはずなんで、何か落とし穴がありそうなんですけどね。 う〜む、どうなることやら。

 家に着いたら午前1時。 疲れたっす…。

■ '05年11月12日〜
  「美少女戦士セーラームーン」 はじめアニメの楽曲やCFソングなどの作曲や編曲をしていた音楽家が覚せい剤所持容疑で現行犯逮捕。 ずいぶん前に、何万円か出して全曲集 CD 買ったですよ…。 セラムン楽曲を作っていた当時に手を出してなければ、あたし的にはスルーな話題ですが、なんかちょっとがっかり。 スポーツ選手のドーピングが問題になるように、アーティストがドラッグの助けを借りるのは卑怯だと思いますし、そもそも覚せい剤は違法。 こういうニュースでセラムンの名前が出るのも切ないですね。

■ '05年11月10日〜
  量販店 「ドン・キホーテ」 が港区の六本木店の屋上に絶叫マシーンを建設中ですが、9日開いた地元への説明会で、午前11時から翌朝7時の営業時間と同じく、夜通しの運行を検討していると明らかにしたらしい。 しばらく前から話題になってるネタですが、これすごいよなぁ。 テレビとかで建設中の絶叫マシーンを見ると、周りはマンションばかりがズラリと並んでいるし、住民はたまったもんじゃないですわね。

通りすがりの風景  ドンキと云うと、大店法の規制を逃れるために小さい建物をつなぎ合わせて店を拡張したり、24時間営業が禁じられている地域では、早朝5時に1分間だけ閉店 (一瞬だけシャッターを下ろしてからすぐ上げる) して規制をすり抜けるなど、ド派手な外観の店や騒音、違法駐車問題などで、地域住民と揉め事ばかり起こしている会社。 この手の規制のすり抜けを、硬直化した規制の盲点を突いた手柄のようにマスコミも伝えているけど、先日の火災事故なんかで明らかになったように、モラルのなさに嫌気を感じる人も多いと思います。 脱税で摘発された事もありました。

 絶叫マシーンはすでに完成しているらしいし、運行時間に多少の配慮はされる可能性もありますが、こういう会社に目をつけられた地域は、本当にお気の毒だと思いますよ。 そういや秋葉原も、それまでその近辺では見かけなかった渋谷にいそうなギャル男みたいなのが徘徊しだしていて、ちょっとイヤな感じです。

 まぁデパートの屋上に遊技場やちょっとした遊戯施設があるのはお約束ですし、子供の頃、こうしたプチ遊園地に胸をときめかせた事もありましたが、真夜中に大騒ぎしたいとは思いません。 深夜に浜辺でロケット花火を打ち上げ奇声を挙げる連中みたいな真似を、企業がやらないで欲しいですね。

■ '05年11月9日〜
  昨年の幼女殺害事件を受けてか、奈良県で制定された県の 「子どもを犯罪の被害から守る条例」 で、初の書類送検。 児童への付きまとい行為や児童ポルノの 「単純所持」 までを禁じたこの条例、今回は児童ポルノの所持での摘発。

 報道によると摘発された男性は自宅の部屋に 13歳未満の女児を撮影したポルノ DVD を1枚持っていたらしく、家宅捜査によってほかに百数十点が押収されたらしい。 自宅に隠し持っていただけで警察が家宅捜査をする訳がないんで、おそらくは外部から疑われるような行動なり情報なりがあったんでしょうが、「児童ポルノ」 を持っていただけで摘発ってのは、さすがにちょっと怖いっすね。 DVD みたいな形あるものなら、本人の所持する意思が感じされるのでまだしも、ですが、HDD 内に画像がある…くらいで摘発されたら、どこかのリンク踏んで画像がキャッシュされた人とか、画像貼り付けたアダルトスパムが大量に届く人なんて、もうどうにもなりません。 まぁ、さすがに実写児童ポルノでは、あんまり擁護する気もしませんが…それとても、どのレベルの 「ポルノ」 なのか、わかりませんし。

 二次元に規制が広がるのだけは、勘弁してもらいたいものです。 そうなったら完全な、出版の自由の制限ですから。

■ '05年11月8日〜
  国連の人権委員会に北朝鮮の拉致問題が出されましたが、人権非難決議は北朝鮮や中国、ロシアなどの反対が相次ぎ 反対 22票、棄権62票で、賛成が 84票があったものの否決されてしまいました。 その同じ日、対抗措置として北朝鮮の意を受けて出されたと思われる 「日本の人権問題」 を非難する決議 (日本国内の外国人差別など) は、北朝鮮や中国やアフリカ諸国の賛成が 97票もあり、反対はわずか4票、棄権63票で採決。 日本はどうやら北朝鮮より劣悪な人権侵害を国ぐるみで行っている、地球上で最低最悪の非人道的国家だと云うことになってしまいました。 暗礁に乗り上げている常任理事国入りと合わせ、日本外交の完璧な敗北ですね、これ。

日常の風景  ちなみに国連人権委員会の委員国はどこかと云えば、リビア、スーダン、ジンバブエ、中国、キューバなど、年がら年中国内で虐殺が起こっている独裁制や恐怖政治体制の人権抑圧国家がズラリ。 ようするに人権非難決議を回避するために委員の座を占めている訳ですが、こういう国連に日本は額面上ではアメリカに次ぐ世界で2番目の巨費を (日本は滞納を一切しないので、実質的にはアメリカを抜いている) 税金から分担金として収めている訳で、何だかもう絶望的な気分になってきます。

 日本の非難決議に賛成した国の多くがアフリカなどの発展途上国ですが、これらの国に日本は莫大な支援をしてきているんですよね。 ところがいざこういう採決をすると日本の敵に回ってしまう。 日本からODAなどの支援を受けている中国が、アフリカ諸国に支援をして手なずけているからですがw、こういうギャグみたいな図式が堂々とまかり通るのはなぜなんでしょうね。 日本の支援は井戸を掘ったり道路を作ったりのインフラの整備なんかが主で、主なターゲットはその国の国民。 一方中国の支援は宮殿の増改築とか美術品の寄贈、そして機関銃や対人地雷、弾薬などの武器輸出なんかがメインになっていて、いわば主なターゲットはその国の指導者。 国連には国の指導者の代表が行くわけですから、こりゃもう、結果は見えているようなもんです。

 なるほど日本の支援は人々の役に立ち、あたし的にも好感が持てるやり方ですが、それによって 「日本人は世界で一番人権侵害をやってる野蛮な連中」 と世界中から非難されても困ります。 かつては災害緊急支援に中国の物資と中国の貨物機、韓国の救急車に韓国の貨物船を送っていた日本ですが (国産を送るより、同じ金でたくさんの物資を送れるからなんですが…これ、支援された方は、中国や韓国が支援してくれたと思ってしまいますよ (´□`)、あたしたち国民の税金を使って支援してんですから、日本の地位やイメージが向上する使い方をして欲しいものです。

■ '05年11月7日〜
  雑誌 「ダカーポ」 に 『反オカルト講座』 と云ういかにもの連載を持っている、おなじみの大槻義彦教授ですが、ダカーポ誌上でフジTV系列のオカルト番組、「奇跡体験 アンビリバボー」 プロデューサーに宣戦布告を叩きつけ、ちょっとした話題になってます。 自身のブログ (→ こちら) でも追撃と、容赦がありません。 透視少女ナターシャの科学的な検証実験について、「インチキをするように指示があった」 と云うものですが、まぁ…超能力とやらがインチキなんですからw、そら、そういう指示もあるでしょうね。

相武紗季さんカレンダー2006年版  個人的にはオカルト番組は、「信じるほうがアホ」 と云うスタンスで、むしろ 「どういう無茶な論拠で心霊現象やら超能力やらUFOやらを実証するのか」、その面白手口を楽しむのが本来の魅力だろって感じなんですが、どういう訳か意外に本気で信じる人も多く (占いとか変な宗教とかまで含めたら、そうとうな裾野でしょう)、それがかつてのオウムのような深刻な犯罪や社会不安に発展するケースもあるから、安易にバラエティ番組だからと、乗るわけにはいかなくなっちゃう。 という訳で、もっぱらアンビリーバボー側がどういう幕引きを演じるのか、ちょっと意地悪に見てみようかなと思います。

 そういや超能力と云えば、スプーン曲げのユリゲラーってのがいましたが、彼が任天堂のポケモンに、自分をモチーフにしたと思しきモンスターが登場しているのを 「無断使用だ」 と、総額100億円もの賠償を求め裁判に訴えたって事件がありましたね。 この時の任天堂側の弁護士の法廷闘争がすこぶる振るっていて、「ポケモンに出ているユンゲラーはスプーン曲げができます、さてユリゲラーさんもスプーン曲げができるそうで、それがイメージの無断使用の論拠となっている、ではこの場で、このスプーンを超能力で曲げてもらえますか?」 とやったんですよね (有名な話なんで知ってる人が多いでしょうが)。 結果、曲げられず、ユリゲラー訴え取り下げ… (^-^;)。

 アンビリーバボー自体はお笑い番組的な切り口だし、あまり目くじらを立てるのもどうかって感じがしますが、さてどうなるんでしょうか。 「大槻教授の何でもかんでも火の玉で説明するのも一種のオカルトだろ、おい」 ぐらい、逆切れしてくれたら面白いんですが。

■ '05年11月6日〜
  歌手の本田美奈子さんが白血病のため他界しました。 アイドル時代はどちらかと云うと苦手なタイプだったんですが、その後ミュージカルにも進出。 アイドル時代とは打って変わって本格的な歌唱となっていて、ああ、こちらが本田さんの本来の姿なんだな…なんて感じていたり。 しばらく前から闘病生活を送っていると報道がありましたが、ガンと同様、完治して復帰する人も多い病気だけに、なおさら残念な気がします。 合唱。

■ '05年11月5日〜
  フランスでしばらく前から続いている移民の暴動ですが、欧米のメディアは 「市街戦」 とか 「内戦」 とか表現して、かなり危機感を抱いているようですね。 朝日などリベラルw な日本メディアによると、フランスは日本などと違って、お互いの文化を尊重し合う成熟した大人の国なんだそうですが、「安い労働力」 を野菜や油みたいに野放図に 「輸入」 した国の末路がどうなるのか、ものすごい反面教師になってますね、これ。

 最近では日本の失業問題もどこへやら、バブル期なみの人手不足感が企業に蔓延しているようですが、外国人労働者も、日本人であっても安くて保障しなくていい派遣労働者も、子供が生まれたり家族がいたり、ちゃんと人権もある 「人間」 なんですから、彼らの老後はどうなるのかまである程度見据えた労働環境を整えて欲しいですね。 末端の各企業が自社の利益だけに汲々とするのはやむをえないとしても、経団連みたいな団体がやたら外国人労働者をどんどん入れろ、派遣で労働者の流動性を確保しろ、とか云うのは、ちょっと違う気がします。

■ '05年11月4日〜
  ロシアのプーチン大統領が来日するらしい。 懸案の北方領土問題はどうなるんでしょうか。 何かソ連やらロシアやらの首脳が来日しても、妙な期待感だけ盛り上がって結局何も決まらず終了…みたいな流ればかりなんで、何もなかったかのように日程を終了するんだろうなぁ。 北方領土問題が片付けば、日本とロシアはそれなりに接近する訳で、中国も尖閣などで違った対応を取るようになるかも知れない。 事大主義炸裂の韓国の竹島問題などそのまま解決するかも知れない。 そう考えると少しでも前進して欲しいものですけど。

日常の風景  ソ連・ロシアから北方領土を取り返す千載一遇のチャンスといえば、ソ連崩壊の1991年末から迷走した92年、そして93年でしょうかね。 この時期にそれなりの規模の経済支援と引き換えに 「20年後に返還」 とか 「25年後に返還」 とか、道筋をつけることはできたんじゃないかなとは思います。 領土問題は 「道筋をつけて」 から未来に 「先送り」 しなくてはいつまで経っても解決しない。 このときの内閣は宮沢でしたが、92年の流行語が 「褒め殺し」。 その翌年宮沢は 「嘘つき総理」 と呼ばれ不信任され内閣は総辞職。 自民党が割れて細川内閣になってしまった。 バブルは崩壊し、北方領土どころではない、日本の政治も経済もどん底に陥りつつあった。

 これがアメリカやイギリスだったらどうだったでしょうね。 おそらく国内の政治は 「領土問題解決のため臨時休戦」 となり、与野党ともに 「手柄競争」 とばかりに失地回復のために馬車馬のように働いていたでしょうね。 領土の問題はその国の歴史そのものであり、政治家にとっては歴史に自らの名を刻みつけるチャンスでもある。

 日本の政治家や役人は、このチャンスに何もできなかった。 そろそろ真面目にやってくれないと、そのうち 「軍人にチャンスを与えるべき」 なんて声がでないとも限らない。 戦前の軍部の暴走が政治家や一部の官僚、財界の癒着と腐敗を正すという名目から始まったのは忘れてはならない教訓だと思うんですけどね。

■ '05年11月1日〜
  昨晩から妹が泊まりに来て、そのまま朝に。 母の一周忌もようやっと無事に終わりました。 葬式の時に手伝ってくれた知人らが電話して来てくれたのも心強いです。 未だに実感はほとんどないし、そういやご近所さんとの会話が増えたかな、程度なんですが、夢枕に母が立つこともなく、あっという間だったけど、平和な1年でもありました。 とりあえず一周忌までは毎日線香を炊くってのは決めてたんで、なかなか外泊のできない1年でしたが、それから開放? されるのはちょっと気が楽に。 影膳くらいは続けますけど、仕事も忙しくなってるし、事務所もできたんで、ここらで気合を入れたいところです。 来年の三回忌までにはお墓と仏壇は何とかするから、う〜、それまでは我慢してねん。
▲このページの先頭に戻っちゃう ▼末尾に飛んでみる


■ '05年10月30日〜
  妹やら顔見知りやらが集まって、昨年他界した母の一周忌法要を自宅で。 なんつ〜か、早いねぇ。 これまでずっと法要をしてくれているお坊さんにも来ていただき、無事済ませられたのは良かったです。 もっとも、ありがたい説法でもしてくれるのかと思ったら、うちの前にやった法要が893屋さんだったらしく、「○○会系の□□組の組長さんの法要で、黒塗りの高級車がズラリと並んでコワモテの…」 みたいな話ばかりで萎えましたがw

■ '05年10月29日〜
  杉村タイゾー議員の教育係として名乗りをあげ、すったもんだの騒動を巻き起こしている大仁田議員がネットでウザがられてますw うぬぅ…それなりに一時代を築いた人だし、個人的には一種の 「名物男」 として許容範囲なんですけど、これ以上やっても、イメージを落とすだけだと思うんですけどね。 そばにきちんとしたブレーンはいないんでしょうか。 自業自得とはいえ、ちょっと気の毒に感じます。

日常の風景  どうでもいいけど、FMW 全盛期に、雑誌の取材で2時間ばかり対談したですよ…この人。 当時あたしゃ雑誌で対談の企画を持っていて、そこのゲストとして出てもらったんですよね。 その頃は大仁田さんと云えば飛ぶ鳥を落とす勢いの人気者で、アンチもそれなりにいたんでしょうけど、時代のカリスマとして大注目の存在でした。

 雑誌の取材でもインタビューとかなら、出てくれる人は多いんですよ。 でも 「対談」 となると違う。 対談相手がそれなりのレベルでないとタレントとしての自分のレベルが落ちちゃうと考える事務所はすごく多くて、当時無名の漫画家崩れの売れない雑誌エンターティナーみたいな存在だったあたしと対談してもメリットなど全く感じられないのか、どれだけオファーしても良い返事が返ってこない状況でした。 でも大仁田さんは二つ返事で出てくれた (取材は一切断らない主義だったそうな)。

 大仁田さんと対談したおかげで、その後のオファーは大仁田さんとの対談の記事を資料として渡すだけでどこでもOKになりました。 大仁田さんによって、あたしのレベルが上がった訳ですね (その後、つんくさんとか間寛平さんとか大物数人と対談して、掲載していた雑誌の力 (月刊誌でしたが40万部売ってる雑誌でした) もあり、誰に申し込んでも断られなくなりました)。 その意味ではあたしにとっては恩人でもある訳で…この状況は見ていて歯がゆい。

 元プロレスラーや元スポーツ選手の議員は何人かいますが、自分たちに果たせる役割が何であるのか良く考えて行動してもらいたいですね。

■ '05年10月28日〜
  知人の知り合いが立ち上げた会社の事務所の LAN 工事を手伝いに新宿へ。 一応有料で仕事として請け負ったんですが、実質作業は友人のアベル鷹仲っちに丸投げ。 ううっ… LAN はよくわからないのだ…すまんにょ〜。 しかし HUB、ネットワーク HDD、プリンタサーバ、その他ごちゃごちゃを買っても、3万切る金額で済むってのはすごいっすね。 新宿は東急ハルクのビッグカメラで全部揃えましたが、この手のハードの進歩と値下げは驚くばかり。 うちも勉強がてら、買ってつないでみようかなぁ…。 接続が終わった後は、事務所で仕事。 なんか久々に歩いてしゃべって、疲れたです。

ミクロマン2005:ミクロアクションシリーズ「綾波レイ」(制服Ver) ミクロマン2005:ミクロアクションシリーズ「惣流・アスカ・ラングレー」(私服Ver)  ちょっと前からテレビ朝日系列で金曜深夜に始まったインターネット検索バラエティ番組、「爆笑問題の検索ちゃん (ぴおん)」(→ こちら) で、うちの 「同人用語の基礎知識」 ページがクイズの元ネタとして紹介されました。 クイズの内容は 「海外で日本製の 18禁アニメを何て呼ぶか」。 答えは 「HENTAI」 で、こちらの 「同人用語の基礎知識/ HENTAI/ ヘンタイ」 がそのページです。

 実はこの番組が始まるちょっと前からスタッフさんから打診があって、事前に知ってはいたんですが、検索ネタでうちのページが選ばれるのはちょっとうれしいですね。 まぁ、ネタが HENTAI ってのがあれですが…。 今後も何度かうちのページが出るようなんで、視聴エリアの方は見てみて下さい。

 タカラのミクロマンシリーズに、「新世紀エヴァンゲリオン」 より 「ミクロマン2005:ミクロアクションシリーズ「綾波レイ」(制服Ver)」 と 「ミクロマン2005:ミクロアクションシリーズ「惣流・アスカ・ラングレー」(私服Ver)」 が登場。 ミクロマンは初代を子供の頃玩具として思いっきり楽しんだ世代ですが (バカでかい秘密基地とかも持ってました)、その後フィギュアやアクションフィギュアブームに乗って復活、さらにミクロレディとやらが出たり、アメリカのアクションフィギュアのジャンルそのままに、BATMAN とかロボットもののキャラが出ていたまでは知っていたものの、今はこんな萌えっぽいのも作ってるんですね。

 それにしても、造形的にもギミックやデザイン的にも、プラグスーツの方がしっくりくるのに、何で制服や私服バージョンなんだろうか…。 やたらゴツイ感じに見えるのはご愛嬌としても、スカートが邪魔になって他のミクロマンアイテムと組み合わせて遊ぶことが出来ないんじゃ、面白さも半減だと思うんですが。 組み合わせて遊ぶんじゃなくて飾って楽しむだけのフィギュアですか そうですか。 他に 「ガオガイガー 卯都木 命」 や 「ガオガイガー スワン・ホワイト 」 なんかもあるようですが…くれぐれも魔改造はしませんように…。

■ '05年10月27日〜
  調べ物があってダラダラとネット徘徊。 ペット関連のサイトを回ってますが、やっぱりペット飼育系のサイトはどこも面白いですね。 なんかペットサイトがらみの話はしばらく前にもここに書いた覚えがありますが (飼っていたペットが亡くなるちょい前あたりからの、飼い主のペットへの愛情表現が泣ける…みたいな話だったような)、今回は爬虫類やら魚やらのサイトを回っているんで、それとはまた違った面白さがありました。

日常の風景  たとえば爬虫類なんかだと、餌として生きた昆虫やらを与えるケースがあるんですが、その餌となる昆虫で検索すると、今度はその昆虫を愛してやまないペットサイトが次から次へと出てくるんですよね。 魚なんかだと、例えば肺魚あたりの大型魚の飼育サイトを見ると、メダカとか白コリドラスとかゴールデンアップルスネールとかザリガニとか餌として飼育というより養殖されていて、その名前で検索すると、今度はそれぞれの飼育家が餌ではなく愛するペットとしてそれらの飼育日記をつけていたりします。

 ネットで、こういう形で食物連鎖を意識するのは、ちょっと面白かったです。 ところ変わればって感じなんでしょうかね。 中には餌として小型魚や昆虫を飼い始めたものの、今度はそちらの魅力にもはまって (まぁ根本的に動物好きなんでしょうからね)、にっちもさっちもいかなくなってる人もいたりして、なんとなくほほえましくなってしまいます。

 一方で不安になるのは、成長すると体長が1メートルを超えるような大型爬虫類や大型魚を飼っている人の日記が、中途半端で終わっている時。 しかもそれまでの日記の途中に 「やばい、もうこんなにでかくなった」、「思っていた以上に成長が早い、大きい水槽にしなくちゃ」 みたいな、「予想に反した」 という状況がつづられている時でしょうか。

 以前の日記では、ペットの死か死を暗示するような成り行きのまま日記が途切れているケースが結構あるって話をしましたが、そういうのもなくいきなり途切れていると、「おいおい、どこかの公園の池か、そこらの湖、川に、放流してないだろな?」 なんて、余計な邪推もしちゃいます。 ここんとこ、ガメラみたいな大型亀がそこら中で見つかったり、サソリやらの昆虫が見つかった、なんてニュースが多いですが、きちんと最後まで飼って欲しいですよね。 日記が途中で終わってる人が、途中でやめたのが日記だけならいいんですけど。

■ '05年10月26日〜
  歯医者に行って、家で仕事。 なんか連日行ってるって感じだにゃ。 保険が利くから一回の診療費や治療費は何百円とか千数百円って感じなんですが、差し歯やら奥歯のブリッジやらも含めたら、ちょっとした金額にはなるのかな。 来年の確定申告に向け、領収書ちゃんと取っとかないとにゃ。

 さて、ダラダラと続くこの日記ですが、日常のあれやこれやを別にすると、当初はアニメとかセラムン関係の感想とか、ちょっとオタクっぽいと云うか、サイトのコンセプトにそれなりに合致した雑文が多かったりしたんですが、最近はめっきり、政治外交社会ネタを扱うようになってしまいました。

日常の風景  何年か前に、初めて靖国問題とかの話題に触れた時は、それなりに慎重に文章を書いていたような気がしますが、昨今の政治外交社会ネタ満載のブログの影響もあって、最近はかなりラフにその手の話題に触れるようになってきてます。 この手の話題って、ものによっては書き手のポジションがなんとなく分かるもんだったりするんで、ことさらにそれを外部に書き連ねるのもあれだなぁ…とか思ってる方ではあるんですが、やっぱりブログ人気の 「ネットの空気」 に、ちょっとは触発されているのかも知れません。

 まぁ、あたしのようなパソコン通信時代からつまんない雑文を外部に出している人間ってば、多少慎重さがあったりするんですが、最近の若い人 (おっさんくさw) は、ネットの匿名性とか話題の伝播力の強さを存分に活用して、云いたいことが云えるのはちょっと羨ましい気がします。 まぁ、ぁゃιぃとか あめぞう とか2ちゃんとか、そこらにパソ通からずっと付き合っているあたしらからすると、そういう空気作りに多少は貢献してきた自負もあるんで、何となく頼もしく感じたりもするんですが。

 で、あたしと同じような境遇の人、もっと云うとパソ通時代からの知り合いとかが、突然ブログを始めて、思いっきり2ちゃん風味な政治外交社会ネタの論評をつけ始めるケーるってのがここのとこちょくちょくあったりして、やっぱりそういう 「空気」 には、だんだん染まっていくものなんだなと思ったり。 まぁ、読むと自分の立つポジションとはかなり違った位置からの論評をする人もいてw、長い付き合いですから 「それはそれ、これはこれ」 で、「その認識はちょっと違うんではないか?」 なんて論争なんかには全くならないんですが、逆に自分とほとんど同じ立ち位置で論評している知人なんかには、なんかよりいっそう親近感が沸いてきたりして不思議な感じです。

 ネットの匿名性云々はこのダメ日記でも折に触れてダラダラ書いていたりするんですが、匿名と云えどそれなりに几帳面な考えや文章を書く人が多い日本のネット。 というか、一方の既存のメディアが匿名とは違う権威やら既得権益で持っている影響力やらをバックに、適当なことを書き連ねているのは腹に据えかねてる人が多いので、こういう流れは止まらないんじゃないでしょうか。 ちなみにあたしは別ハンドルでまとめサイトとか blog なんかをいくつかやってたりするんですが、そういうところに知人が、それと知らずにトラバやリンクしてるのを発見したりするのは楽しいですw

■ '05年10月25日〜
  午前中に歯医者に行って、家で仕事。 いつもは喉元過ぎればなんとやら…で、痛い歯がなくなったらプッツリと歯医者通いをサボるあたしですが、今回はかなりまじめに通ってます。 見た目最悪になってた前歯の手入れもして貰えて、にっこり笑っても大丈夫になったのがかなり影響してます。 子どもの頃から歯はコンプレックスの元凶になっていたんで (しかも完全に自業自得だしw)、人生折り返しのここらで、徹底的に取り除きたいと強く思ってるのかも知れません。 まぁ去年までは、時間的にも経済的にも、歯医者に通ってる余裕なんか全くなかったんですけどね。 それにしても咳が止まらない。 喉が痛いのを通り越して肺が痛いって感じです。 はぁ、やっぱり、とっとと病院行くべきなのかなぁ。

■ '05年10月24日〜
  歯医者に行って、家で仕事。 

■ '05年10月23日〜
  テレビ東京系列の深夜バラエティ、「給与明細」 を見ていたらば、「小学生さあや11歳」、入江紗綾さんが登場。

紗綾 11歳 DVD 紗綾 11歳 写真集  なんかしばらく前の反日で荒れ狂う中国のウェブサイトに、2ちゃんねらがこの子の画像を貼り付けたら、荒ぶる中国人も静まったという伝説の美少女ですがw、名前や顔は知ってましたがテレビで見るのは初めてで、ちょっと面白かったです。

 まぁ確かにすごい美少女っぷりだし、Fカップ小学生との掛け声はデマだった…ってのも知りましたが、U15アイドルの生活がかいま見れて興味深かったですね。 まぁ性格や、ファンであるオタクを 「キモい (レポーターの執拗な誘導があったにせよ)」 と云ってしまうのは、普通の小学生って感じでしたが (ちなみに昔、塾のバイトで小中学生を教えたことがありますが、このくらいの生意気さは持ってるもんですわな)。

 ネットではかなりの人が知っているけど、世間ではどうなんだろうか。 とりあえず欧米の日本のオタクやロリコンを解説したページでは、この子の画像はよく使われているようですけど。 良い意味でもそうでない意味でも、今を象徴するアイドルなのかも知れませんね。

 お菓子系アイドル が絶大な人気を得ていたのも今は昔。 ジュニアアイドルも低年齢化する一方ですが、この子が成人する頃にはどんな世の中になってるんだろうか。 …このサイトはしぶとく残ってそうですがw

■ '05年10月22日〜
  例によって午前中に歯医者に行って、そのまま家で仕事。 しかしめっきり寒くなりましたねぇ。 空気感と云うか、風の匂いと云うか、去年の今頃のことがものすごくはっきりと冷風に吹かれるとよみがえってきます。 1年ってやっぱり早いね。

 愛野美奈子さん、お誕生日おめでと〜ございますっ (^-^)/。

■ '05年10月21日〜
  午前中に歯医者に行って、家で仕事。 なんつ〜か、抜いた歯の周辺が腫れあがってイヤ〜ンな感じ。 つか、ほとんど おたふく風邪みたいな有様になってます。 なんか膿が中にたまってそう。 若いときは火であぶったデザインカッターで自分で歯茎切って抜いていたりしたんですが、もう若くないし歯医者に激怒されそうなんで、薬でごまかすかのぉ…。 風邪もひいてんですけど、抜歯の麻酔の関係で、風邪薬を飲まないようにきつく云われているんで全く好転せず体調もかなり悪め。 早く落ち着かないかにょ〜。

 仕事の方は順調に遅れていて、体調の悪さは確実に影響しているんですけど、じゃあ体調万全の時に締め切り守ってバリバリ仕事してんのか、というとしてないので、完全に単なる言い訳になりそうなので、体調の悪さも云えず仕舞い。 日ごろの健康と信用は大事だね、と身にしみる秋でした…。

■ '05年10月19日〜
  あ〜なんかまたズキズキと歯が痛いです。 というか、もう完全に腫れあがってます。 風邪も悪化の一途だし、こう体調が悪いとヤケクソになるっていうか、どうにでもなれって投げやりの気持ちになりますね。 あうう…仕事山ほどあるんだが…どうしたものか…うぬぅ。

■ '05年10月18日〜
  歯医者に行って、家で仕事。 これを機にまとめて治療してもらうつもりではいるんですが、虫歯抜きすぎ (;_;) 3日に通い始めてから、すでに5本か6本、虫歯と親知らず抜いてます…。 もう少し早く医者に行ってれば抜くまでは行かなかったんでしょうけど、そう考えると不憫ですね、あたしの歯ちゃん。 そういやこないだ抜いた歯の近辺が腫れて痛いなぁ。 うぐぅ。

■ '05年10月17日〜
  朝起きたら喉が痛い…風邪貰ったっぽい… (つ_;) お天気も雨で、いや〜んな感じ。 午前中に歯医者に行って、あとは家でダラダラと仕事を。

パソコンくんの上にBbaつきのドリキャスくん  テレビつけっぱなしで寝ていたら、「首相が今日、靖国参拝か?」 というニュースをやってました。 10時に首相が官邸を出て参拝に向かうと、テレビ東京以外は全て報道特別番組に。 なんつーか、騒ぎすぎw 首相の公的・私的参拝については参拝賛成派がやや多いものの、国民世論も真っ二つという感じですが、マスコミの論調は否定ばっかりだったのもすごかったです。 テレ朝では 「総選挙での自民圧勝の “驕り” ではないのか」 と評してましたが、あんたら、昨年やそれ以前の参拝では 「落ちてきた支持率を右傾化の波に乗って上げるためのパフォーマンスだ」、「日本遺族会の票を狙った選挙目当てのポーズだ」 と云ってませんでしたか?

 「アジア諸国の反発」 ってのも意味不明。 アジアじゃなくて、中国、韓国、そして北朝鮮だけでしょうよ、批判してるのは。 欧米は元より、東南アジアの国の多くの要人がとっくに靖国には参拝しているよ。 中国、韓国の反日デモの理不尽さ、暴力性は、気が狂ったように日本料理屋や商店を襲う暴徒や、政治と無関係のサッカーの試合で日本人に襲い掛かったり、さらには日本の議会にまで来てカッターナイフで指を切るクレイジーなやり方で誰だってウンザリしてますよ。 北朝鮮に至っては、もはやまともな国ですらないでしょうよ。

 中国、韓国の要人が 「こちらは未来志向でやっているのに、それに逆行するなんて…」 とかコメントして、それをさも正しく前向きなありがたい言葉かのようにマスコミは伝えていますが、靖国参拝などしなかった小泉以前の首相の時代だって、やれ教科書だ、やれ慰安婦だと、散々 「歴史認識問題」 をぶち上げて過去の問題ばかりに汲々としていたのはどこの誰だったのか。 「せっかく好転してきた関係に水を差す…」 なんて意見も意味不明。 どこに好転の兆しなどあったのか。 中国人は 「先の大戦の恨みは100代忘れない」 とテレビで散々喋ってるじゃないですか。 あの社会党の村山総理時代ですら、何度も何度も謝罪させられているのを忘れてしまってるのだろうか。

 テレビの中継を見ていたら、お賽銭を入れて参拝する小泉に、そばのお年寄りが手を合わせて深々と何度も頭を下げていました。 国のために散華した英霊を、国のリーダーである首相が弔い顕彰しなくて、いったい誰がするんでしょうね。 雨に濡れながら、平服で一般人と同じ参道を歩いて、ポケットから小銭を出して拝殿で参拝。 首相がここまでやって、それでも 「私的参拝を装ってごまかして、侵略戦争と植民地支配を賛美している」 なんて極端な話、よくも出てくるもんですね。 もはや平和団体とかじゃなく、「反日カルト」 って言葉がぴったりですよ。

 それにしても TBS ニュース23 は司会者 筑紫以下 「参拝反対派ばかり」 で 「議論」 をして、さらに東條さんの孫が 「礼儀作法をわきまえないお参りのような気もしますけれどぉ、よく参拝してくれた」 という趣旨の発言を、「礼儀作法をわきまえないお参りのような気もしますけれ どぉ」 でブチ切って、テロップに「礼儀作法をわきまえないお参り」 とやった上で、「アジアの人々だけじゃなく、A級戦犯のご遺族もご立腹です!」「いったい誰のための参拝なんですか!」 に仕立て上げたのには笑いました。 全く同じ時刻にインタビューされた映像が他の局では 「8月15日にお参りして欲しかったけど、歴代首相の中では断トツに立派だ」 と云ってるんですが、TBS にだけ、違うことを云ったんでしょうか? って云うか、「○○ですけれど」 の後には、普通○○の反意が来るんじゃないですかね。

 石原都知事の発言の捏造事件では、「あれは間違いでした」 と形ばかりとはいえ謝罪までしたのに、全く反省してないんですね。 大きなニュースでは同じようなコメントや報道は他局でも同時に流れるし、すぐにネットで検証もされるってのに、いまだにこんな幼稚な印象操作が通用すると思ってるんだろうか。 報道機関の信頼性が揺らいでいるって実感や危機感が全くないんですね。 このぶんじゃ、靖国参拝に賛成する一般人が激増しそうです。

■ '05年10月16日〜
  昼頃に出社。 終電近くまで打ち合わせと作業やらをごにょごにょ。 午後4時頃に地震がありましたが、震度4だったのか…事務所がビルの11階でえらい揺れたんですが、たいしたことなかったんだにゃ。

■ '05年10月15日〜
  一日中、だらだらと家で仕事。 何やら現在取り掛かってる仕事を中断して別の仕事をしなきゃならないっぽい。 取り掛かってる仕事より面白そうなプロジェクトなんで、ちょっと気が楽にw

■ '05年10月14日〜
  さて、2ちゃんでしばらく前からソーシャルネットワーキングサイト 「2ch SNS」 の実験をやってますが、知人から招待状が来たのでログインしてみました。 「mixi」 も1年くらいほとんど放置状態なんですが…システムが全く同じで笑いましたw

日常の風景 日常の風景  まぁ 「mixi」 は SNS として完成していると思うし、それの真似するのが結局は早いですわな。 ただ2ちゃん上でも 「2ch SNS」 の話題が急速に盛り上がっている時期だったようで (だからうちにも来たんでしょうけど)、サーバが激重でログインがやっとというありさまでした…。

 しかし実験中の立ち上がったばかりの SNS だけに、コミュニティは参加1名とか数名程度の新しくできたものばかりだし、言葉は悪いけど 「目立ちたがり屋」、「仕切り屋」 が新しい自分のコミュニティを立ち上げるのには打ってつけって感じですね。 あたしも誰かが作った人気コミュニティにお願いして参加させてもらうような感じより、自分で立ち上げちゃう方が好きなので (ただし運営能力もカリスマ性も皆無なんですぐに寂れます(;_;)もう少し若く、サーバも軽かったら、ノリノリで参加しちゃいそうです。

 掲示板としては絶大な人気を誇る2ちゃんですが、いろいろ立ち上げたサービスは必ずしも上手くいってない2ちゃん関連サービスですが (オークションとかw)、これはどうなんでしょうね。 「mixi」 の 100万人超ってのは、問題なく気軽に利用するには、ちょっともう限界のような気がするし、小規模の専門性に特化した SNS が複数立ち上がるようになるんでしょうけど、2ちゃんやそこらの掲示板と違い、紹介だのログインが必要なのが SNS の面倒なところ。 いくつも参加するものが増えたらかなり面倒な気がしますし (ログインなどない普通のサイトや blog ですら、巡回先が増えるとかなり面倒ですし)、どのくらいが適正規模になるのか、しばらくはネット全体で試行錯誤になるのかな。

 それはそうと、また一ヶ、年を取ってしまt(ry

■ '05年10月13日〜
  TBS の株式を楽天が大量に取得、筆頭株主に。 楽天 三木谷社長と TBS 経営陣が記者会見し、またぞろホリエモンのフジテレビ騒動のような騒ぎになってます。 しかし当初から敵対的買収を全面に押し出していたライブドア 堀江社長に比べると、楽天 三木谷さんはやり方が上手いですね。 買収ではなく、持ち株会社を設立して 楽天と TBS を平等に傘下に入れましょうってんだけど、株式総額では楽天が TBS の倍だし、影響力もそうなる訳で、紳士的な手を差し伸べて実利は取るみたいな手法はちょっと唸ってしまいます。 TBS といや、何ヶ月か前に村上ファンドが株式取得を進めて防衛策を講じたはずですが、ぜんぜん効果がなかったようですね。 フジと違ってニッポン放送のようなクッションがないし、いきなり本丸の TBS 本体だもんなぁ。 焦土作戦もできない (^-^;)。

日常の風景  それにしても、ホリエモン騒動の時にはニュース 23 の筑紫をして 「メディアを刷新する若い力だ」 と絶賛しまくったテレビ局の IT 企業買収劇ですが、自分が当事者となった今回は、前回と同じ論調は張れるんでしょうか? マスコミからコソコソ逃げるフジテレビやニッポン放送の社員を 「なぜマスコミの前に出て説明しないのか、マスコミはいつもそれをやっているのに卑怯ではないか」 とまで云った TBS、さぞや社員一同、マスコミの前で堂々の論陣を張ってくれるんでしょうね。 今夜のニュース 23 の筑紫は、「これからどうなるかわからないので、今はあれこれ云わないほうが良いでしょうね」 とダンマリでしたが。 「報道と経営とは違う」 とフジテレビに苦言を呈したジャーナリストとは思えませんw

 ところでライブドアと楽天といや、ライブドアが正面突破して、その後に楽天が実利を得るみたいなパターンが続いていますが、最下位爆走の楽天イーグルスに加え、キー局では視聴率最下位爆走中の TBS まで傘下に収めてどうするんでしょ。 確か TBS、独立局のテレビ東京にすら肉薄されてかなりまずい状況にあるはずですが。 というか、TBS の傘下には横浜ベイスターズがある訳だけど、1社が2つの球団は持てないはずですが…。 そもそも TBS の社員平均年収 1,500万円オーバー、楽天 500万円となると、必然的に TBS の社員はリストラ対象でしょうし、年収 1,500万円で 「庶民の味方」 と主張している TBS 社員がどういう行動を取るのかちょっと興味があります。

 個人的には親しい人が TBS にはいるし、まるっきり縁のない局でもないんで、一部の呆れた偏向報道番組がなくなるのなら、今のままの TBS であって欲しいんですけどね。 全体で見たら、楽天よりは TBS の方が好きです、あたしw まぁコンテンツが金にならないのは周知の事実だし、ケーブル中心のテレビショッピングで急成長している QVC あたりを睨んで、デジタル地上波時代のショッピング枠の確保が狙いなのかな。

 ホリエモンの時と同様、外資による陰謀説まで出ている TBS 買収劇ですが (つうか、どっちにも村上さんが出てるのは出来すぎですね)、またしばらくはこのニュースばかりになるのかな。 それもちょっとウンザリな気も…。 それにしても孫+マードックに買収されかかって総務省に泣きついて救われたテレビ朝日が、フジテレビ ホリエモンの時と同様、今回の三木谷 TBS も茶化して報道していたのには呆れました。

 鳥取県で可決成立した 「人権救済条例」 が波紋を広げています。 かねてからネットで問題視されていた国の 「人権擁護法案」 の地方条例版とも云えるこの条例、「人権侵害」 とやらの定義もろくにないまま罰則付きの制裁を伴う条例で、しかも行政の人権侵害は除外するというお粗末なもの。 批判に耐えかねたのか、片山知事は 「マスコミも除外する必要があるかも…」 と発言しましたが、行政、マスコミの人権侵害は罰則なしで、個人が掲示板や blog などにちょっと微妙な表現をしたら 「差別者として公表」 するつもりなんでしょうか。 個人は表現の自由など認められず罰せられて、行政やマスコミはスルー。 日本は主権在民の国だったはずですが、相変わらず気が狂ってんじゃないでしょうかね、この知事 (おっと…やばい! もうこの条例は可決してるんだし、施行されたらこの発言も問題発言として摘発されちゃうかも… (;_;)

■ '05年10月12日〜
  昼前に会社に到着。 一日中作業やらを。 ある居酒屋の雑誌1面広告の版下の制作だったんですが、先方の指定フォーマットがほぼ mac 対応で、うちの環境ではどうにもならず。 Photoshop で素材となる画像類の加工をしつつ、実際の版下は同居する会社の mac 使い2名にほぼ丸投げになりますた…。 すまんねぇ。

特急「かいじ」くん  いわゆる 「のまネコ」 問題で、ついに・エイベックス・グループ・ホールディングスがほぼ全面謝罪の様相に。 「のまネコ」 の商標登録出願を取り下げるとの発表に続き (ただし 「のまネコ」 の著作権と商標持っていたのは著作権管理会社 Zen だったはずなんですが…実態のないのがはっきりしちゃいましたねw)、今度はライセンス契約で同社が受け取ることになっていたキャラクター使用料を一切受け取らないと発表しました。

 状況としてはかつてのギコ猫のタカラと同じ状態にまで追い込まれた格好ですが、タカラの場合は苦情が殺到するや、即座に謝罪と商標登録申請の取り下げを行ったのに対し、avex の場合は発覚、苦情殺到から1ヶ月以上経ってしまっている上に、途中で出した公式コメントは 「オリジナルだ」「モナーとは別物だから、モナーは使ってもかまわない」 など、ネットコミュニティの住人の神経を逆なでするものばかり。 おまけにライセンス契約を結んだ会社はすでに中国でのグッズ生産ラインを稼動させてしまっているし、街中には UFO キャッチャーのようなプライズ系グッズは大量に出回っている始末 (ネット住人の苦情や告発で撤去が相次いでいるようですが)。

 この期に及んでも 「のまネコ」 のオリジナル性にはかたくなに固執しているし (まあ、剽窃したとかモナーそのもの、みたいなコメントは、したくでもできない状況なんでしょうけど)、mixi の社長の日記には一部上場企業の経営者とも思えない文章がザクザク。 なんつ〜か、タカラの轍を踏まないよう事前に対応できたものを、拙速に版権ライセンスに踏み切ったのが全ての間違いでしたね (自社だけの問題だったら、avex もここまで突っ張らなかったんだろうな…)。

 これが通るなら極論すれば、あたしが avex の著作物を勝手に名前だけ変えてペーパーカンパニーに売り渡し、「あたしは利益は放棄します、でもペーパーカンパニーの利益はあたしの手を離れたので尊重して下さい」 が通ることになるもんなぁ。 つうか契約内容知らないけど、この手のビジネスではアドバンス (印税の、みなし前払い) が慣例だから、もう貰えそうな金額はすでに貰ってるんじゃないの? ってな疑惑はぬぐいきれないし。 いわゆる 「祭」 はまだまだ収まりそうもない気配ですし、avex が一部の利益と責任を丸投げしてしまった以上、各ライセンス企業が 「ライセンス丸儲け」 でのまネコグッズを販売できるわけで、今度はそっちの対応もよりいっそう、問題になりそう。 その責任は avex 側に回りまわってついて行く訳で、まだまだ地獄は続くんでしょうか。

 中国2回目の有人宇宙船 「神舟6号」 が打ち上げ成功、地球周回飛行を続けているそう。 借金してまでこんな国に援助し、大使館を襲われても資源を奪われても犯罪者が大勢不法入国しても、「粘り強く理解を求める」 としか主張できない日本は、なんか本当に狂ってますね。 それはともかく、この有人宇宙船 「神舟号」、ゆくゆくは長期滞在型の宇宙ステーションへの発展も計画しているんだそう (まあ本当は、単なる ICBM の発射実験なんでしょうけど。 でもそれじゃ批判されるから、人間を乗せてみましたって感じ?)。 月面着陸も視野に入れているようで、第二次世界大戦以降、ほとんど唯一他国への侵略を続け懲罰を受けていない中国が、地球でやっているのと同じように、月面の侵略も開始するんでしょうか (^-^;)。

 南極とともに月面も国際法上、どこの国にも属さない 「土地」 な訳ですが、国際法などまったく無視の帝国主義丸出しの一党独裁国だけに、月面に五星紅旗を突き刺すやいなや、「月はわれわれのものである」 くらいは云いだしそうなのが怖い。 プラスチックゴミや重金属まみれの汚水をバンバン海に流す国だからして、宇宙空間にも大量のゴミを撒き散らしてくれるんでしょう。 もううんざりですね。

■ '05年10月11日〜
  のほほんと自宅で仕事。 何やら急ぎの仕事が入って、明日は早くから会社に出なきゃならなさそう。 ふみゅ、うまく終わればいいんですけど。 知り合いの知り合いの会社で事務所の LAN 接続のアルバイトチックな仕事も。 セキュリティレベル高めの会社っぽいから、あたしの手に余るな…知り合いに頼まないとにゃあ。

日常の風景  郵政民営化法案、賛成 338、反対 138票で可決。 前回の衆院ではわずか5票差での可決→参院で否決、でしたが、今度は 200票差で可決ですか。 こらまたずいぶん圧倒的な差がついたもんです。 前回は反対票を投じた多くの議員が落選したし、当選した議員も無所属では平沼さん他わずかが反対したのみで、あれだけ大騒ぎして小泉と郵政民営化を批判していた野田聖子やらはあっさり転向して賛成票を。 いっそ意固地に反対票を投じた平沼さんだけ復党させて、手のひらを返した野田をバッサリ斬って捨てたら面白いのにね (曹操あたりならやりそうです)。

 それにしても、2ちゃんあたりでは、野田は 「(● ●)フンガー」 と表現されているようですが、うまい書き方だとちょっと感心してしまいました。 創作物規制を盛り込んだ 児ポ法 や、人権擁護法案、夫婦別姓法案などなど、わけわからん法案にばかりご執心の野田ですが、このままとっとと消えてくれたらいいのになぁ。



■ '05年10月10日〜
  月に一度の役員会に出席。 その他打ち合わせを少々。 事務所には昼過ぎに行って、細かい作業をあれやこれや。 前の日寝てないから、ちょっと眠いっす…。 それにしても売り上げはほぼ順調に上がっているようですが (ただし限りなく平行線に近いスパン… (;_;)こう…ぐあっと盛り上がってくれんかのぉ…。

日常の風景  会社の回線の方は辛うじて復活。 というか、3社共同の事務所なんですが、うちとは別に1回線来ていて、それをしばらく分岐して使わせてもらうことにしました。 本来の回線が 12メガとか来ていたんで、ちょっとそれに比べると遅いような気もしますが、 AIR-EDGE のダイヤルアップに比べたらかなり快適。 年末商戦やクリスマスに盛り上がるクライアントさんが多いんで、売り上げ伸ばしてステップアップが欲しいところです。

 ビッグサイトで DreamParty 開催。 誘われたけど行けんかった…萌え系は一般に拡散しすぎてピークを超え、キャラクターコンテンツ系は伸び悩み頭打ちとも云われるけれど、たまには見に行かないと完全にわからなくなるな…。 仕事で漫画を最後に描いたのは8年くらい前、本を出すのも数年に1冊ってペースだし、趣味の同人でマンガ誌やゲームもどきを作る気力が著しく落ちているあたしですが、まだまだこのジャンルで見たいもの、やりたいことは未練がたっぷりあるんで、リンク集やら用語集やらまとめサイトやらを作ったり見たりで情報収集だけでなく、震源地に直に自分の足で立ち続けたいものです。

 薄毛に効果があるとされる脱毛予防薬 「PROPECIA (プロペシア)」 ってな薬が明日 日本でも認可されるらしい。 養毛剤や毛はえ薬と云えば頭皮に塗るタイプが主流でしたが、今回のは飲み薬で、男性にしか効果がないとのこと (ようするにハゲ薬か…)。 患部に直接つけるタイプでない薬と云うと、水虫薬の内服薬が出始めたころはびっくりしましたが (まぁ感染症の薬なんでしょうし、足に届けばいいんでしょうけど)、頭痛歯痛で薬を飲むのはポピュラーだから、とりたてて違和感はないのかな。 飲み薬だと簡単だし人知れず続けやすいし、値段によっては人気がでるかも。 あたしゃ幸い薄毛体質ではないので切実には感じませんが、かつら使ってる知人が2人ばかりいますし (うち1人には、「かつらってどう思う…?」 みたいに相談されたっけ (^-^;)、あたしゃ 「歯が抜けたら差し歯するようなもんじゃね?」 と励ましたもんですが)。 う〜む、これで少しでも改善して悩みの減る人がたくさんでるといいですね。

■ '05年10月9日〜
  スラドの記事を見て知りましたが、MS-DOS 時代の有名な高機能ファイラー、「FD (File & Directory tool)」 の作者である A.Idei 氏 (出射厚さん) が昨年11月に亡くなっていたんだそう。 一瞬にして10年前の 「FD」 の画面が目の前に現れて、なんだか懐かしい気分がして、ちょっと悲しくなりました。

FD画面  DOS 時代にパソコンを触っていた人にとっては忘れられない便利ツール…というか、革命的なソフトで、あたしも PC-98 時代にパソコン通信で知り合った友人らに薦められ、NIFTY-Serve のフォーラムに行ってダウンロードして使い始めましたが、DOS コマンドを打ち込まなくてもファイル操作が簡単にできるんで (おかげでコマンドほとんど忘れましたw)、かなり愛用していました。 というか、これがないと DOS パソコン使えない人は多かったような気がします。

 Windows 3.1 を使っていても、アセンブラで組まれていたこのソフトはとにかくサクサク異常なくらい軽快に動くソフトだったので、DOS 窓で使うほか、Windows 起動前や起動後に DOS モードで立ち上げて、まとめてファイルの整理をしていたものでした (DLは → こちら)。

 突然 Windows が起動しなくなったり、HDD が物理的に壊れた時なども、「FD」 さえ立ち上がれば、後はなんとかなる!」 という、ものすごい安心感がありました。 サボってバックアップを余り取っていなかったあたしにとって、このソフトによって救われたデータはたくさんあります (このサイトの原型である初期の《ぱら☆あみ》ウェブサイト のローカルデータもこれでサルベージできたことがあります)。 たまに冗談で 「詩織FL」 使っていたのも良い思い出。 ATOK と VZ、Lhasa、MIEL、他に WTERM や Aircraft あたりの通信ソフトとまぐろーだーとか画像ローダがあれば、何でもできたなぁ。 まあヘロヘロパソコンユーザだったあたしの場合、頼もしい助っ人が家に来てくれた時に、彼が颯爽と使いこなしているのがこのソフトだった…ってな思い出もあったりするんですがw

 DOSSHELL の拡張性のある超軽快 超高機能版とでもいうべきソフトですが (といっても、若い人は DOSSHELL 自体がわからないかも…せめて Explorer か… (;_;)、パソコンの構造を視覚的にわからせてくれ、あたしのような へっぽこユーザには神様みたいなソフトでしたね。 現在も Win 版である 「WinFD」(作者は別の方) を愛用している人間は大勢います。 すばらしいものをこの世に残して下さり、感謝しています。 謹んでご冥福をお祈りします。

■ '05年10月8日〜
  小雨そぼ降る中、歯医者さんに行った後、恵比寿の事務所に顔出し。

日常の光景 事務所では ADSL を使っているんですが、突然接続不能に。 土曜ってことで同僚に NTT の 116 へと問い合わせしてもらいましたが、完全にたらいまわしモードw 結局2時間ほどでつながったんですが、またすぐに接続不能に。 なんでも局内の切り替え機の調子が悪いとかで、連休明けの来週火曜にならないと完全復旧は無理とのこと。

 せっかく事務所ができても、自宅の外では相変わらず AIR-EDGE のダイヤルアップカードでしばらく仕事することになりました。 それにしても、あたしの回線運の悪さは神の領域に達しつつあるな…。 自宅の ADSL 回線も何度も切れてますし。 うぬううぅ。 そういやライブドアがやるとか云ってた、23区内格安無線 LAN 網はどうなったんだろうか。

 軽く打ち合わせと作業をした後に帰宅。 微妙に抜歯後の出血が止まらないんで、風呂に入れないのが辛いところ。 そういや免許の書き換えももうすぐなんだよな。 いつ行こうかなぁ。

■ '05年10月7日〜
  久々に良い天気。 朝から歯医者に行き、虫歯と親知らずを抜歯。 一度に2本抜いたってことで縫合までしてもらいました。 怪我や病気らしい病気をせずにきたので、わずか数針とはいえ、縫ったのは初めてかも (でも子供の頃、なんどか足をパックリ割ったことがあるんで、覚えてないだけかも知れない)。 しかし若い時には虫歯を抜いても 「ああ、これでせいせいしたわ」 ってな具合でしたが、この年になると、40年ずっと体の一部だったものを取るのは何か不憫な感じがして、抜いた歯をしげしげと眺めてしまいました…。 これでもう、左の奥歯が痛くなることは死ぬまでないんだなぁとか思うと、感慨もひとしお。 長い間ご苦労様、あんまり手入れしてやれなくてごめん(;_;) ちなみに親知らずはもう1本あり、虫歯も他に数本。 うち2本は抜かなきゃならなさそう。 今回を最後の歯医者通いと思って、徹底的にきちんとやってもらおうと思いました。 まぁ、喉もと過ぎたらどうなるか、わかりませんけどw

日常の光景  国会中継をダラダラと見ていたら、片山さつき&佐藤ゆかり両氏が、異例のはやさで新人議員として国会論戦デビュー、民主党議員を追及しているところが映りました。 片山さつき 怖えぇぇぇ (^-^;)。 こりゃ元ダンナの枡添の頭が寂しくなるのも分かるわって感じw メモや資料をほとんど読まず、民主案の矛盾点や選挙中の主張との差異、数字の間違い、さらには他の民主議員の矛盾するコメントまでどんどん出して質問攻め。 仙石はタジタジになって 「マニフェストを読んでください」 と選挙中みたいなことしか云わないし (で、そのマニフェストとの矛盾点を突かれる始末)、民主の若手、永田はふてくされてるし、役者が違うって感じでしたね。

 どうせニュースじゃカットされるだろうけど、片山からバトンタッチした竹中が、「我々の案は 590ページですが、民主党さんの案は 10ページですね」 と云ってたのが印象的。 もちろんページ数が多ければ良いってもんじゃないけど、27万人が働く巨大省庁を民営化するって話で、A4の紙10枚の案って考えられないですわな (うちがクライアントさんに出すインチキ企画書だって、もう少し頁数がありますよ)。 やる気がないなら、なんで国会議員になったんだろ。 一方の佐藤ゆかりはちょっと緊張しすぎてかわいそうな感じでしたが、どちらもプロだったとは云え、初めてでここまで堂々と論陣を張れるのはすごいと思いました。

 東シナ海の中国による不法な油田ガス田開発ですが、パイプを満載した中国輸送船が航行中なのが発見されたらしい。 こないだ中国基地で炎が確認され、採掘が始まったって話が出ていましたが、今度はそれを中国本土に運ぶためのパイプラインの敷設に着手するようで、これが終わったら完全に数百兆円ある日本の天然資源は中国が吸い取ることになりますね。 先日日本で日中の実務者協議が日本外務省の音頭で開催されましたが、話合いは物別れ。 外務省は 「今後も粘り強く交渉してゆく」 とコメントしてましたが、相手はものすごいスピードで作業を進め既成事実を積み上げつつ、あからさまな 「時間稼ぎ」 をしているだけなのに、もうホントに真性のバカなんじゃないだろうか。 日本も昨年調査をやりましたが、その間中、中国は音波を発する船を貼り付けて妨害しまくっていたし、最近では軍艦を基地の周りに配置したり、日本の P3C 哨戒機に艦砲を向けて威嚇までしている。 試掘すらまだいつになるか分からない状況。

 なんつ〜か、どこまでダメになってんだろうね、外務省は…。 というか、もうこれは外務省の能力云々以前に、彼らの業務範囲を超えているんだろうな。 業務範囲の友好関係促進ですら全くできないんだから、丁々発止の国益ぶつかる交渉などもう全然無理でしょうよ。 だったらとっとと手を引いて欲しいよ。

■ '05年10月6日〜
  寒い1日でした。 すっかり空気も入れ替わって季節の変わり目って感じですが、風邪をひかないようにしないとなぁ。

日常の光景  電車男の番外編を視聴。 完全に蛇足の見なきゃよかった時間の無駄無駄ドラマかと思ったら、思いのほかデキがよくてびっくり。 劇団ひとり、この人すごいなw お笑い出身とは云え演技力もあるし (とくに微妙なラインはすごい)、この先さらに伸びそう。 お笑い出身で後に本格俳優になったと云えば、竹中直人さんあたりがパッと頭に浮かびますが、そのレベルの個性派俳優にはなってくれるといいなぁ。



■ '05年10月5日〜
  歯医者に行った後、秋葉原へお買い物に。 JT の Smokers’style 秋葉原店 (模様替えしてイスが増えてて良かったです) あたりを基点に適度に一服休憩しながらの買い物でしたが、思った通りのブツが予算内でだいたい揃って大満足。 スイッチングハブやら 19インチ液晶やらケーブル類やらを買い込んで、そのまま事務所に。 だいぶIT企業モドキの事務所っぽくなりました…。

秋葉原 電気街口右の景色 日常の風景  そういやアキバはちょっと久しぶり…と云うか、ヨドバシカメラが出来てから初めてだったんですが、いつもの習性で電気街口からあっさり降りたんで、ヨドバシは駅をはさんで向こう側になる、建物の上の方しか見れませんでした。 小雨も降っているし、今度時間のある日にゆっくり探検するかにょ〜。

 それにしてもすっかり寒くなりましたね。

■ '05年10月4日〜
  テレビ朝日系の報道ステーションで、ついに 「のまネコ」 の報道が。 もっぱら報道の軸足は avex および松浦氏に対する脅迫文に置いていましたが、モナーはじめ AA (アスキーアート) の解説もきちんとされ、2ちゃんは悪の巣窟だ、みたいな決めつけ報道ばかりの世相にあって、思ったより中立的な報道じゃないかな、と印象を受けました。 VTR で登場した平岡敦弁護士は 「著作権法上、著作権侵害とされる場合は元となった著作物をマネしたという要件があるが、今回はそれに該当するのではないか」 と述べていたし、一般人には分かりやすい説明だったのではないかと思います。

電話くん  まぁモナーをまねた…ではなく、本当は 「モナーそのものだった」 が正解ですし、マイヤヒのヒットと2ちゃんは無関係ではないので、発端からの経緯の説明はかなり歪んではいましたが (脅迫状前のフジテレビの報道でもそういう扱いだから、マスコミから見た認識はそうなんでしょうね)。

 それにしてもネットで検索すると のまネコ問題糾弾サイトやブログばかりが出てきますし、きっかけが脅迫状だったとは云え、報道ステーションはじめ大手マスコミが大きく報道するようになってきて、ますます 「のまネコ」 は追い詰められているって感じですね。 版権ビジネスとしてすでに多くの企業からライセンスフィーを貰っているようだし、11月の本格展開に向け、「avex グループが総力を挙げて認知度アップします」 とうたっているし、どこらへんに落としどころをつける気なんでしょうね。 Google で "のまネコ" で検索すると、検索結果 約 1,960,000 件、この1日に新しい検索エンジンに正式に積み替えた Yahoo! では約 4,770,000件。 問題が騒がれだした先月4日の検索結果が確か 300件ほどでしたから、その大半が糾弾サイトでしょう (少なくとも上位はほぼ全てがそうなってます)。

 認知度アップは十分図れたとは思いますがw、う〜ん、この状況を 11月までにプラスイメージに転じるのは、ほとんど不可能じゃないでしょうか。 事態の収拾に積極的に行動せず、形ばかりのパブリシティーとキャンペーンを行って、「告知に努力しました」、「契約通りです」 と強弁するにしても、ライセンスを買って商品を生産ラインに乗せた企業はたまったもんじゃないでしょう。

 この問題は東証一部上場の押しも押されもせぬ音楽とエンタテインメントの大企業 avex と、巨大掲示板群である2ちゃんねる (と、それを中心としたネットコミュニティ) とがガップリと四つに組んだ、これは横綱相撲だとあたしは認識しています。 ネットでの著作権と著作物の取り扱いは、デジタル時代に入った頃に起こっていながら 「先送り」 していた訳ですが (というか、技術の進歩に法が追いつけないでいる)、それがいよいよ様々な軋みを生み、ここに来て大きな動きになった。 その中心に、可愛らしい 「ネコ」 のキャラクターがいるのは、救いのある話だと思います。 これをきっかけにして著作権の概念や法そのものが大きく変わる可能性があります。 何しろマイヤヒ、次のプロモーションは、天下のディズニーのリトル・チキンですし (リトル・チキンのCF見ましたが、平然とマイヤヒに乗って踊っていて笑いました…w 大物役者が揃ったこの問題、広い視野と、場合によっては誰かが損して得を取るくらいの心意気で解決に向かってくれるといいんですけどね。

 「CHOKKA」、「電光石火」 他、格安電話サービスを提供していた平成電電が民事再生手続を申し立て、実施的な破綻となりました。 高橋克典を起用したCFをバンバン流していた目立つ会社ですが、内情は火の車だったんですねぇ。 株価も高かったようだけど、投資家は気の毒。 うちの会社は電話代節約にあれこれ悩んだ結果、固定電話は NTT のまま (ほとんど使わない) にして、ネットはフォーバル、それと移動端末は WILLCOM の 京ぽん を持つことにしましたが、大正解でしたね。

■ '05年10月3日〜
  寝付けないまま朝に。 早速チャリンコ飛ばして国勢調査調査票を提出してから市役所に行き、健康保険証を受け取り、その足で子供の頃から通っていた歯医者に。 15年ぶりくらいに行きましたが…建物が消えて駐車場になってるでおじゃりまするがな〜もしかして! (;_;) 仕方がないので、またチャリを飛ばして家のそばで最初に見つかった歯医者に飛び込み。 予約なしでの飛び込みでしたが、平日の午前中ということで、1時間程待ったらあたしの番に。 レントゲン撮って早速治療。 麻酔…麻酔かけて下さい… (涙がでる程痛かっ(;_;)

日常の風景 お花いただきますた  結局45分ほど格闘していただき、なんとか痛む歯の神経を抜いてもらいました (麻酔も2度かけてもらいました)。 元々虫歯がいくつもある状態だったので、一番痛い歯の周辺の虫歯もつられて痛くなって激痛の輪唱状態になっていたんですが、親玉がおとなしくなったおかげで、だいぶ楽に。 歯医者さんは素晴らしいお仕事です。

 その後、麻酔で感覚が麻痺してクチビルがめくりあがっているかのような感触を抱えたまま、先日引越しをした新しい事務所に初出勤。 ルータを買ってきて設定して、無事全ての パソちゃ! が LAN 接続できるようになりました。 届いたばかりの事務机2つを組んで、やっと仕事部屋らしくなりました。 メインのパソコンは自宅に置くつもりなので (でないと、連日出勤せにゃならんようになるです… (;_;) ノートメインでの仕事になりますが、液晶ディスプレイはそのうち買おうかな。 それにしても、ここに通うとして、定期代1か月 18,580円、3か月 52,970円、半年で 89,210円か…。 高っ。

 と云うわけでバタバタした1日が終わりました…。 口の中の地形が変わって変な感じだし、まだあちこちがズキズキするんですが、久々に固形物 (ローソンの牛丼弁当) を食べました。 美味い…とっても美味いです…。

 東トルキスタン (新疆ウイグル自治区) の独立派組織が、中国共産党に宣戦布告。 実際に武力闘争が発生した場合、中国はテロとして対応するんでしょうけど、平和が大好きでイラクの人たちの痛みを自分の痛みのように感じる民主党や社民党、共産党のみなさんは、どうするんでしょうね。 チベットの認識も聞きたいものです。 NHKは 「新シルクロード」 と称して両地域をロマンチックな平和都市のように扱っているけど、いったいどこを見て回っているんだろう。 ウイグルやチベットだけでなく、朝鮮戦争に介入するわインドと武力紛争するわソ連と衝突するわベトナムと戦争するわフィリピンを侵略するわ台湾や日本を脅すわ、もう周辺諸国を侵略しまくりなのが中国ですが、何十年も前のあったかどうかわからない旧日本軍の蛮行とやらを得意げになって叩く前に、現在進行している侵略をきちんと伝えて欲しいですね。

■ '05年10月2日〜
  歯が痛いずらよ…早く明日にならんじゃろか…。

日常の光景  そういや手持ちの健康保険証の期限が切れてるんだよな… (なんか数週間前に配達記録の手紙が来ていたが…たぶんあれがそうだったんだな…どうせ必要になったら取りに行けばいいやと思ってましたが…)。 食事は全く喉を通らず、ヴィダーインゼリー 豆腐 ヴィダーインゼリー 豆腐 ヴィダーインゼリー …ってなありさま。 さすがに飽きてきたので、エネルギーインやビタミンインだけじゃなく、ファイバーインやコラーゲンインとか美容っぽいのにも手を出しました。 豆腐も木綿→きぬ→木綿って感じ。 体に力が入らなくなってきました…。 たかが歯痛で…クアールに即死くらった気分…。

 ありえない裁判と判決だとネットでも話題になっていた ジャストシステムのワープロソフト 「一太郎」 およびドローソフト 「花子」 の機能 (バルーンヘルプ) に対する松下電器産業の特許侵害裁判、どうやら高裁で逆転し、ジャストシステム側の勝訴となったようです。 知財裁判ではトンデモ判決を連発しているという札付きの裁判長、東京地裁の高部真規子の判決が覆ったのは当然とはいえ、めでたい限りです。

 先月 30日、判決では原告敗訴としながら、無意味な意見、判断では首相の靖国参拝は違憲だとした大阪高裁の裁判長、大谷正治とか、こういう 「不良裁判官」 の罷免制度はなんとかして欲しいもんですね。

■ '05年10月1日〜
  ここしばらく歯が痛いのが続いているんですが…今日はまた強烈な痛みでした… (;_;) 最初の2日くらいは薬に頼るのもイヤなんで、なるたけ我慢してたんですが、昨日あたりから我慢の限界を突破。 やむなく痛み止めを飲み始めたんですが、今日はもう全く効かなくなってしまいました。 仕方なく飲み慣れない強烈に強い痛み止めを薬局で貰って、ついでに昔懐かしい 「今治水」 まで買い求め、熱冷まシートも頬っぺに貼り付けてウンウン唸る日々。 新しい薬もあんまり効かなくて、1日4錠〜6錠までのところ、10錠くらい飲み続け。 今度は胃が痛くなってくるし、吐き気がしてくるしで最悪でsqあwせdrftgyふじこlp

 しかし今日が土曜、明日は日曜、歯医者いくまでに2日もあるよ…まさか歯痛で救急車呼ぶわけにもいかないし、しかし痛みで全然睡眠も取れないし、困った困ったって感じです。 今度歯医者にいくとしたら 15年ぶりくらいになるんですが、その時は親知らずだったんですよね。 今回のもどうやら親知らずっぽい (つか、痛みにわりと耐性がある あたしが泣きたくなるくらいの痛みです)。

トラックくん トラックくん  それはともかく。 さて売り上げも伸びないまま停滞している我が会社ですが、新宿で実質的な親会社の事務所の一角を間借りしていたのを改め、恵比寿に事務所を構えることになりました。 といっても、似たような小っこい会社3つが集っての集団生活ですけど。

 引越しは経費節減のため、それぞれ2名ずつ人を出しての手作り移転。 あたしゃほんの数年前までバイトで引越しやってたりしますし、小さい事務所移転で男が6人、かなり楽チンな引越しでした。 車は2トン車だってので、気軽に運転手を申し出たんですが、ワイドのロングの箱車で、かなりでかくてびっくり。 しかしまぁ、そこは手馴れたもの、車幅感覚もすぐに得て、すいすいUターンしつつ4時間あまりで終了でした。

 引越しの終わった後は楽しい打ち上げなんですがw、アルコールが入ると車を返しに行けないし、歯痛が限界を超えているので焼き肉食べに行く気もまったく起こらず。 しずしずと車を返し、今日3つ目か4つ目のヴィダーインゼリーを飲み干してウンウン脂汗流してました…。
▲このページの先頭に戻っちゃう ▼末尾に飛んでみる


■ '05年9月30日〜
  歯が痛いっす… (;_;) 朝からずっと痛み止め飲んでますが…何をするにしても、どうにも考えがまとまりません。 もうしばらく痛みが止まらないようなら、歯医者に行くかな… 子供の頃から行き着けの歯医者があるんですが、前回行ったときも 「こいつめ、なんでここまで放置してんだ、こいつめ こいつめ」 と叱られたんですが…今度は殴られる可能性が高いな…うぐぅ。 プンプン何を怒ってるの? いつものスマイルどこどこどこ?

のまネコキャッチャー のまネコキャッチャー  明日は事務所の移転の運転手やります。 うちの会社もとうとう都内に事務所ができますか…通勤したくないっす… (;_;)

 しばらく前からネットで話題になってる 「のまネコ」 問題ですが、三度に渡る avex 側の意味不明なコメントのほか、2ちゃんで殺人予告の脅迫スレが立つなど、いよいよ混迷の度を深めているようです。 イメージが大切なキャラクタービジネス、ことここに及んだら、もう出す意味がないと思うんですけどね。 avex さんもずいぶん粘るものです。

 繁華街では のまネコ の UFO キャッチャーもずらりと出揃い、キャラグッズも量産体制に入っているとのこと。 もう後戻りは出来ないんでしょうが…ネットだけでなく、大手マスコミもこの問題に触れてきているし、最終的にどちらかがぶっ倒れるまで戦い続けるのではなく、大人の対応をしてもらいたいものですね。

 キャッチャー人形の収集もやっているので、こういう 「話題の人形」 は手に入れたいところなんですが…カメラに収めるだけでお金は使えませんわな。 実際、実物はけっこう可愛いんですよね、のまネコ。 というか、モナーやモララーが可愛いんで、当然なんですけどねw FLASH の時点では、全てとは云わないけど、少なくとも多くのネットコミュニティの住人にも喜ばれていた存在だったんですが、残念ですわね、これ。

■ '05年9月29日〜
  原宿でクライアントと打ち合わせ。 いろいろごちゃごちゃした話で疲れたにゃあ。

原宿 竹下口  それはそれとして、微妙に歯が痛いです。 歯医者に行ってないわりに、痛くなってもしばらく放置すると治る…わきゃないんですが、痛みがなくなってしまうんですよね。 その繰り返しをずっと何年もやってるんですが、今度の痛みはどのくらいで引いてくれるんだろ。 トホホです…。 それにしても今年も残り3ヶ月ちょいですか。 うぬぅ…。

 ニュースによると、オンラインショップでまたまた商品価格の付け間違いが発生。 18万6,900円の HDD カーナビを、1桁あまり少ない1万3,100円という激安価格で誤って掲載、注文が殺到したらしい。 すごいのは、焦った業者側が誤った価格を直そうとした拍子に、注文した顧客 3,000人分の個人情報を流出させてしまったこと。 値段の付け間違いと情報漏えいはネットで大騒ぎになるネタなんですが、それがコンボで来たのは珍しいです。

 それにしてもどうやったら個人情報が漏れるんだろうか…と思ったら、どうやら商品ページのインデックス (index.html) ファイルを削除し、ディレクトリが丸見えになってしまったかららしいんですが…これもすごいな (^-^;)。 まぁうちも商用サイトの運営をやっていたりしますし、初期の商品登録なんかはこちらでやったりするんで、個人情報漏洩はともかく、値段の付け間違いなんかは明日はわが身と恐ろしくもありますが、それにしてもこの種のトラブルはしょっちゅう起こっていますし (丸紅のパソコンとかソニーの液晶テレビとか)、他山の石としなけりゃいけませんね。

 しかし仮に値段を付け間違えたにしても、せめて商品の在庫数の設定やら販売数のキャップつけくらいは、やっとけばいいのにと類似のトラブルが起こるたんびにいっつも思うんですが…そんなにボコスカ売れる商品なんでしょうかね。 これが販売数10個とかでキャップ被せていれば、10個は大損の価格で売らなければならなくなるけど、3,000人にお詫びの金券 500円ずつ配っても 150万。 だったら間違いを認めた上で 「お客様のご注文を一方的に取り消すことはできませんので、その価格で販売致します」 の方が、雨降って地固まるというか、信頼度も高感度もアップするのにね。

 まぁうちも人様の失敗を笑える立場では全くないので (さすがに ウェブサーバ上にプロテクト掛けずに個人情報ファイルを置いたりはしてませんが)、う〜にゅ、気を引き締めてやらにゃいけませんね…。 何せ大手さんと違ってうちの場合、一度でもあったら即、倒産ですから 。・゚(´□`)゚・。

■ '05年9月28日〜
  テレ朝の報道ステーションにおいて、コメンテーターの加藤千洋 朝日新聞編集委員は 「東シナ海の日中中間線は、日本側が一方的に主張しているだけ」 で、「国際的にもなんら支持されていない話だ」 と発言。 唖然としました。 日本が元々主張しているのは、国際的にも認められている 200海里だけであって、ただ海域によっては中国の 200海里とぶつかって重なり合う所がでてしまうから、そこだけは 「仲良くお互いの “中間” に境界線を引きませんか」 と云ってるにすぎない。 あくまで譲歩した上でのギリギリの線が 「中間線」 なんですが、それわかってんでしょうかね? この加藤千洋とやらは。

日常の風景  じゃあ加藤千洋が大好きな中国共産党はどう云っているか。 彼らは 「洋上の 200海里など問題ではない、そもそも東シナ海は中国大陸の大陸棚がせり出して形作られている海域」 なんだから、「全て中国のものだ」 と云っている。 それは東シナ海という海の話だけでなく、沖縄と九州の陸地の一部まで含む、もうむちゃくちゃな主張なんだよね (これが通るなら、朝鮮半島は全て中国の領土になるし、そもそも半島国家や島国の大半が地球上に存在しなくなってしまうよw)。 それを裏付けるように、「沖縄がアメリカから日本に返還されたのは歴史的に見て問題がある」 なんて最近は云い出しているし、沖縄近海の日本領海を原子力潜水艦で不法侵入した時も、説明も謝罪も一切してない。 これ、完全にあなたの領土もらいます宣言じゃないですか。

 そもそも中国が東シナ海の日本の排他的経済水域に文句をつけ始めたのは、この海域に莫大な油田ガス田などの資源があるとハッキリ分かった時から。 日本と中国が争っている…かのように云うけど、実際は日本のものだったものに、後から中国が横槍イチャモンをつけているに過ぎない。 国際法上遵守しなくてはならない海洋調査のルールを全て無視して (そのルールに則った日本側の要請も全て無視して)、勝手気ままに資源の強奪を行い、一方的に非があるのは向こうの方なんですが。

 朝日新聞といや、こないだも韓国に不法占拠されている日本の領土 「竹島」 を、「韓国にプレゼントして友好島にしよう」 と主張したり、民主党と組んで日本主権の委譲を含む東アジア共同体を目指そうと主張したり (憲法に書いてある日本の主権者は日本国民ってのは何なの?)、支離滅裂な論説で冷笑を浴びている新聞社な訳ですが、もういい加減にして欲しいですね。 ちなみに加藤千洋の経歴は、元北京特派員、元中国総局長、元アジア総局長です。 現地でどんな接待を受けたのか知らないですが、恥を知れと云いたい (まぁどうせ、他の知識人がみんなそうであるように、日本軍に家族を殺されたとかいう農村の人のよさそうな老婆が温かいお茶を出して 「昔のことは忘れないが、日本人を恨むのはやめました」 とか云いつつニッコリ微笑んで励ましてくれたのかね…でもそれ、情報宣伝部の役者さんですから)。

 45年にわたって愛用されてきた 「図書券」 の発行が9月末で終了するらしい。 発行済み図書券が使えなくなる訳ではないから、すぐに身の回りから消えてしまう訳ではないけど、なんつ〜か、ちょっと寂しい感じですね。 今後は図書カードに統一されるらしいです。

■ '05年9月27日〜
  朝夕はすっかり涼しく…と云うか、肌寒い感じになってきましたね。 今日は久々に部屋着に長袖シャツを着ましたです。 昨日はちょい早めに寝たんですが、今朝は微妙な時間に目が覚めてしまい、そのまま二度寝したらば、かなり寝過ごしてしまって目が痛い&頭も痛い…。 体調最悪に近いです。 うが。

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ VOL.1  こないだ買ったばかりの WILLCOM の端末、京ぽんこと AH-K3001V ですが、どうやら後継機が出るらしい… (ここ)。 まあ先行情報なだけで、実際に発売されるのは11月中旬以降、人気ある機種の後継だから、あたしのような のんびり屋には初期出荷は手に入らなさそうだし、初期不良やバグもありそうで、すぐに飛びつくつもりもないんですが…買って直後って、ちょっと悲しい… (´□`)。 っていうか、4xパケット方式対応ってのもいいにゃあ。

 もっとも4xパケット方式の 「WX310K」 って、いったいいつのモデルだよ? ってぐらい古臭いデザインだし、K3001V と同じようなデザインの 「WX300K」 は 4xパケット未対応で 「WX310K」 が実装している Flashプレイヤー やら Word や Excel やらの閲覧機能もないので、その点少し慰めになりますか。 って云うか、PDA 機能使いたければ PDA 買って手持ちの AIR-EDGE のカード、AH-S405C を刺した方が快適な気がしたり。 元々貧乏性なんで通信環境なんかは 「つながればいい」 人間なんですが、ちょっと新しい環境を手に入れたばかりなので、欲が出てしまいますね。

 自民党の一年生議員、小泉チルドレン 83人中でも異彩を放っているタイゾーこと杉村太蔵氏(26)が自民党本部で単独記者会見を。 神妙な面持ちと態度、言葉使いとなって、ちょっとかわいそうな感じ。 しかし 200人もの 「揚げ足取る気、満々」 のマスコミ取材班を目の前にして (どこも各社の看板記者を投入)、メモもカンペも見ずに堂々と40分以上に渡って質疑応答するのは素直にすごいと思いますね。 ひょっとしたら化けるのかも…w

 「この週末は何をしていましたか?」 と質問した記者がいて、タイゾーくん 「勉強会に出たり、本を読んで勉強していました」 と返答。 さらにこの記者は 「では何冊読んだんですか」 と突っ込み。 タイゾーくんはバカ正直に 「…1冊です」 で、記者から失笑が。 ネットではあちこちで叩かれていますが、この質問と失笑を送ったテレ朝の平石直之アナウンサーはうざかった。 この人、ニュースステーション終了後はニューヨークの支局勤務になってたはずだけど、いつ日本に戻ってきたんだろ? 週末=土日=2日。 本なんて1冊読むのが精一杯じゃないのかね。 それとも平石直之アナは、速読かなんかで一日に3冊も5冊も毎日読んでいるのかね。 ハメ質問はウザイですよ。

■ '05年9月26日〜
  原宿でクライアントと打ち合わせ。 ちと揉め気味のクライアントさんなんですが、何とか一緒に頑張りましょうという結論に。 でも条件面では色々変更もありそう。 うにゅ。

ラムステーキ食べますた…値段の割りにマズイ…  なんつーか、ゆうべ変な時間に寝たせいか、頭がガンガンしますです。 今日は早めに寝るかのぉ…。

 テレビでCFを流してますが、「三丁目の夕日」、実写映画になってんですね。 つか、建設途中の東京タワーのCG、大画面で見てみたいなぁ。 三丁目の夕日っつ〜と、マンガもアニメも割りと好きだったりしたんですが、実写はどんな感じなのかな。

■ '05年9月25日〜
  家でダラダラっと仕事。 明日また打ち合わせで都内に出なくちゃいけなくなってもうた… (´□`)。

 「のまネコ」 問題では、2ちゃんねる管理人がエイベックスに公開質問状を。 そろそろマスコミあたりも報道がチラホラ出てきて、どう転がるか見ものになってきました。 9月1日にのまネコグッズの大規模な販売がされることがわかり、翌2日から4日あたりにかけて騒がれだしたこの問題ですが、一気に状況は加速しそうです。

 加速と云えば、東シナ海の油田ガス田の問題ですが、いよいよ日本側も本格的に対抗措置をとるようです。 といっても外務省はかやの外、もっぱら中心になっているのは中川大臣率いる経産省のようですが、帝国石油の試掘許可に続き、当該海域での安全確保のための施策を今国会中に審議する予定もあるとのこと。 一説には 350兆円分もの原油と天然ガスが埋蔵されているとも云われる東シナ海、みすみす他国に奪われるようなマヌケなことにはしないで貰いたいですね。 まぁ外務省の無能役人は、復活した鈴木宗男対応にてんてこ舞いでしょうから、とりあえず何もしなくていいですよ。 というか、余計な口は出さないで欲しいですね。

■ '05年9月24日〜
  先週仕事で見れなかったので、NHK 大河 第37回 「平家最後の秘密」 の再放送を。 義経が出家した建礼門院徳子のもとをたずねるシーンが良かったです。 建礼門院徳子役は中越典子さんて女優さんなんですが、感情を押し殺した演技が渋く光って素敵でした。 この人って以前 NHK 連続テレビ小説のヒロインをやってたな…程度の認識しかなかったんですが (んで公式サイト見たらアイドルみたいな扱いで違和感がw)、凛とした雰囲気があって役柄にピッタリだと思いました。 壇ノ浦以降は華がなくなって苦しいだろうなと思った大河 「義経」 ですが、こういうエピソードは奥行きがあっていいですね。

音うるさい…  そういや NHK と云えば、受信料不払いが加速度的に増加して、来期の減収は 500億円にも達するのではと予想されているようです。 それを受けて海老沢勝二氏より新しく会長を継いだ橋本元一会長は、20日に発表した 「新生プラン」 において、視聴者の信頼回復にまい進するとした上で、受信料不払い世帯への対策として、民事手続きによる支払い督促の導入などを検討すると発表。 苦情が殺到しているようです。

 海老沢前会長のグダグダ感は NHK 離れを加速させた元凶だとは思いますが、それ以前に NHK の経営姿勢や放送内容に不満が元々あって、それがきっかけになって一気に噴出、不払いに走ってる人が多いと思うんだけど、そこらへんを NHK は認識しているんでしょうかね。 朝から晩まで 中国 韓国 中国 韓国 の報道にいい加減ウンザリしている視聴者は多いと思うんですが。

 イギリスで同時多発テロがあった日のニュースのトップが 「チェジウさん入院」(しかも単なる過労でその日のうちに退院)、ヨン様ファンが転倒して怪我したら速報のテロップ流して通常放送の一部を切り替えて緊急中継、中国で反日暴動が繰り広げられ東シナ海で違法な資源奪取をしている真っ最中に 「中国の農村部の若者の最新流行事情」 がトップ項目扱いで特集。 なんですか、これ。 冬ソナばかり狂ったように宣伝して再放送しまくって、不祥事が韓国ソウル支局長の横領だなんて、なんぼなんでもバカにしすぎですよ。

 不透明な外郭団体の乱立もイヤな感じですね。 NHK の番組が好きで、ビデオや DVD を買おうと思った人はみんな同じ印象を口にしますが、受信料で作られた番組のメディア化のはずなのに、民間のビデオや DVD より割高な価格設定、レンタルにもほとんど出回らないし、それらの映像メディアが 「なんとか NHK プライズ」 みたいな名前の電通子会社の発売になってて、そこの職員は NHK からの出向や横滑りばかり。 NHK は国営ではないけど、やってることは省庁の天下り特殊法人そのものになってる。 議員年金を問題だと云うなら、NHK の企業年金の実体はどうなっているのか。 民間と同じだと云えるのか。 受信料が純粋に放送事業にのみ使われていると断言できるのか。 それ以外に使ってるなら、それは何のためなのか。

 NHK は民放に比べるとずっと良質な番組を作っているとあたしは思っているし、現に NHK の番組をたくさん見ているし、そもそも子供の頃から NHK が好きだったので受信料を払うのは全く苦になりませんが (実質税金みたいなもんだしね)、こうまで日本の視聴者をないがしろにして不透明な金儲けに走るなら、その気もなくなってしまいますよね。 NHK を解体せよとか民営化せよとかは、かつて世界三大通信社と云われた同盟通信社が敗戦によって共同通信と電通に解体されて以降の迷走ぶりを見るとすべきではないと思うけれど (海外向けのラジオ放送 「NHK WORLD ラジオ日本」 の維持なんかは民営じゃ無理ですし)、もう少し安心して受信料を払える環境を整えてもらいたいですよ。 というか、料金そのものも高すぎですわ。

 NHK には素晴らしい番組がたくさんあるし、児童向け番組や地味なドキュメンタリーにも素敵なものがたくさんあります。 アニメも良質なものがたくさんありますし。 稀に 「奇跡の詩人」 とか 「ゲーム脳」 とか、おいおい勘弁しろよボケ! ってのもあるにはあるけど、平均点で見たら他局の追随を許さない内容を持っている。 というか、あたしみたいにお笑い芸人が何人もズラズラ出てきて内輪ネタでバカ騒ぎするだけの下品でつまらないバラエティ番組 (笑い声のエフェクト外したらどれだけお寒い内容か、作ってる本人も分かってるんじゃないの?) が大嫌いな人間はかなり多いと思うし、そういう人の受け皿には今のところ NHK くらいしか安心して見れる地上波はないと思います (衛星とかCSなんかにはたくさんありますがw)。 こういう揚げ足取られて反発必至、短絡的でバカげた新生プランを作る前に、自信を取り戻し原点に帰った誠実な番組作り (と無駄の排除) をやって欲しいものです。 あたしゃ当分は受信料払いますから、ほんと、頼みますよ…。

■ '05年9月23日〜
  仕事中、足が痛いんで、低反発素材の座布団に取替えました。 前の座布団がせんべい状態だったんで、ふっくらした New ザブは分厚くて座りが悪いですが、慣れたら楽になりそう。 一頃本気で苦しんでいた腰痛は、ここんところ良いあんばい。 夏に海で体を動かしまくりましたが、あれって少しは効果があったんだろうか…ピタリとやんできてます。 海から帰った翌日は完全にくたばっていましたがw

 天気は相変わらず曇り空で時々パラパラと雨が降る感じ。 もうすっかり残暑もなくなって夏が終わったって感じですね。 終わると云えば、愛・地球博ももうすぐ終わり。 名古屋には友達も結構いるし、この手のイベントが好きなだけに絶対に行きたいと思っていましたが…もったいないことをしました。 当初予想を上回る入場者数で、しかもここ数日は駆け込み来場で会場はすごいことになっている様子 (しっかし、人気パビリオンの行列待ち時間8時間ってのはすごいっすねw)。 並びのプロが揃っていると云われるヲタにも、これはちょっと辛そうです。

 さて、相も変わらず大量のスパムメールが到着している我がメールボックスですが、しばらく前からものすごい数が届き始めたメールを転載してみましょう。 こいつだけで日に 10通は届きます。
赧靉 靉霙鉅?廾勾W算
当サイトの大きく分けて四つ強みが活かされ、Nョアに輝きました。
コッックーカーキョッッョ
○はじめてのサイトに登録するお客様には最初に一万円分のメール(約一ヶ月分)を無料で体験する事ができます
○女性会員に限り、男性と会う際に一定の金額を男性に払える人を絞り会員登録してもらってます。
○サイトが始まり五年になりますので数多くの幅広いタイプのお客様が会員にいます。

コッックーカーキョッッョ
○経験の少ない男女同士を結びつける事に対してもサポート行ってます。

まずはこちらでお試ししてみてください。
コッックーカーキョッッョ
ュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュ
<ホマョノ ァ >⇒ ゜゜キキ゜キキタョ
<今後、受信を拒否する場合は>⇒ ゜゜キキ゜キキタョ
ュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュ
 文字化けがすごいっすね。 というか、「コッックーカーキョッッョ」 って何じゃらほい? 何年か前に件名が 「シコタホア」 ってのが大量に届いたことがあって、それがハングルの文字化けだってのがわかってネット上でちょっとした流行語になったことがありましたがw、新しいムーヴメントをこの 「コッックーカーキョッッョ」 からは感じ取れます。 文章の前後のつながりを見るとこの 「コッックーカーキョッッョ」、たぶん URL の文字化けだと思うんですが…これじゃせっかくスパムを送っても効果ないじゃろが (^-^;)。 Google で検索したら 46件しか出なかったので、比較的新しいスパムなのかしらん。 しかし半角英数字 (URL だとしたら) で文字化けって、どういう環境で送ってんだろうか。

赤い羽根募金  そういや知人から、「日記で政治ネタを扱っているからスパムが来るんじゃないですか?」 というメールを貰いました。 確かに一部の政治 (とりわけ外交ネタ) を扱った blog とかには、大量のエロいトラックバックスパムやスパムコメントが、あたかも嫌がらせのようについているのは良く見かけますし、エロメールやウィルスメールなんかが大量に届いているってのも良く聞きます。 blog 主さんが 「こういうネタだとエロTBスパムが大量につきますねw」 みたいにコメントしてて、そう認識をされているのかな? とはかねてから思ってました。 けれどうちの場合は政治ネタを扱う はるか以前から大量のエロスパムメールを貰ってましたし、人気 blog なんかと違ってこんな地味な場所の HTML 日記にたまに書いている程度なんで、少なくともうちに関しては、嫌がらせも何もないんじゃないかな?

 今は政治ネタを扱う blog はどこもたくさんのアクセスを稼いでいますし、単に人目に触れやすいからそうしたキーワードで探してTBしているような気がします。 もっとも同一 blog 内のエントリーでも、話題によって極端にエロTBスパムの数が違っているケースもあったりするんで、一概にはいえませんけど。 うちもそろそろ本格的にスパムメールの対策考えないとにゃあ。 いくらかはキーワードやドメインで拒否設定をしているんですが…きりがなくて困ってしまいます。

 秋葉原は石丸電気で、「第1回!時東ぁみの秋葉原メガネ祭り」 開催。 偽メガネイラネ…とか、何かと叩かれているぁみさんですが、う〜んどうなんだろ。 個人的には…3次元の分際で萌えなどと1京万年早いわ! って感じなんですがw、人気は出るんだろうか。 赤い羽根募金、今年は石原さとみさんがイメージキャラ。 いいな、このポスター…。

■ '05年9月22日〜
  アメリカでまたしても超巨大なハリケーンが発生、本土を直撃するようです。 こないだのカトリーナもすごい被害でしたが、今度のリタはそれを上回る規模だそうで、市民の避難する様は、ほとんどパニックスペクタクル映画 「ディ アフター トゥモロー」 のような状態になってます。 それにしても、9.11 の同時多発テロからこっち、スペースシャトルは空中分解するわ、異常気象には見舞われるわ、神罰が下ったかのようなすごい状態になってますね、アメリカ。 今年は日本も台風では散々でしたし、少しでも被害が小さく収まると良いのですが。

畑  ところで先発のハリケーン、カトリーナの復興費用は、およそ 22兆円だそうです。 すごいな、22兆円。 日本の国家予算の4分の1ですか。 テレビでは水浸しの映像なんかが流れていますが、実際、どれほどの被害なのか想像すら出来ないな…。 付近にはワニも多く生息しているそうで、救助も命がけ。 略奪暴動なんかも頻発し、警察官が職場を放棄して逃げ出しているっていうからすさまじい。 リタが直撃したらどうなるんでしょうか。

 もっとも現地では人気ラジオお天気キャスターが、自身のラジオ番組で 「これは原爆の恨みを晴らすため、日本のヤクザがロシア製の気象兵器で発生させたテロ攻撃だ」 なんてバカな話がまことしやかに流れているのはともかく、日本も的確で早い支援をして欲しいものですね。 環境破壊による海水温上昇が原因だ…ってな排ガス規制とハリケーン被害との、ちょっと怪しい因果関係はともかく (100年以上前にも大規模なハリケーンがあったようですし)、これでアメリカの環境問題に対する認識も、これで少しは変わるかも知れません。 石油関連施設が集中する地域が直撃ってのも、ある意味象徴的ですし。 また原油価格は高騰するんでしょうか…。

ケロロ軍曹KERORO PLATOONS ケロロ軍曹  民主党が党の政策決定機関である「次の内閣」の閣議の際に呼称として使っていた 「大臣」 をやめるらしい。 次の内閣という名目でお互いに 「総理」、「官房長官」 とか呼び合って使っていた呼称ですが、「ままごとみたいでみっともない」 と云うのが廃止の理由。 しごくごもっとも (^-^;)。 これを 「前原流」 と持ち上げるのも寒い話ですが、一歩前進じゃないでしょうか。 あとはお題目のように政権交代だの政権準備政党だのと云わず、対案や法案の提出で実績を示してもらいたいものです。 まぁ、次の内閣ってのは、完全に廃止する訳じゃないようですが。

 フジテレビ系列で放映していた人気ドラマ 「電車男」 の最終回を視聴。 クライマックスである電車男のエルメスへの告白、そして大人ちゅう…これが前半の盛り上がり、そして間にどうでもいい登場人物wのどうでもいい結末を加えて、後半は電車男の毒男板のスレからの卒業=顔も知らないどこかの仲間との別れ…の、2段構えの構成になっていました。 原作通りと云えばそうなんですが (まぁ初期の頃の評判のよろしくないエピソードは書籍版どうよう削除されてますが)、やっぱりジーンと来てしまいましたね…。 あたし的には電車男がオタクであるのをエルメスに告白するエピソードが一番胸をえぐられたんですが、全体として良くまとまった無理のない作りだと思いました。 まぁちょっと冗長な感じはしましたし、毒男の持つ独特な自虐的厭世観はコミカルに描きすぎでしたし、なんぼなんでもモザイクはやりすぎでしょうけどw

 ここしばらくは何かと話題の ヲタクアキバ萌え2ちゃん ですが、極端に一般化しすぎず、でも外部の人間にも多少は理解してもらえる、そんな環境になるといいですね。 宮崎事件の頃の迫害が夢のようですじゃ… 。:゚(。ノω\。)゚・。

■ '05年9月21日〜
  小雨まじりで涼しい1日でした。 仕事は相変わらずゴタゴタと。 スケジュール管理しっかりしましょうとは常々云われることなんですが、自分自身が訳分からなくなってきているので、何とかしたいところです。 1こ1この作業はたかが知れていても、数が多くなってあっちこっちグチャグチャになると、それだけプレッシャーになって襲ってきますし。 本業以外にも色々な話がまわってきているんですが、どれも連絡すら取れなかったりとトホホの状況。 もったいない気もしますが、何より不義理が申し訳ないです。 誰か力のある、けれど仕事はあんまりない…ってな若い人を捕まえて、丸投げしたい気分。 どこかにいい人いないですかね?w (こないだまで期待していた大学中退した若い人は、どういう訳か学校の先生になっちゃいました…_| ̄|○

日常の光景  9月16日に開店した秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディア Akiba は、連日すごい人出のようです。 あたしゃまだ行ってませんが、知人でもチラホラ偵察に行ったってのが出てきました。 とにかく人ごみがすごいらしい。 日曜なんかは近隣のショップや飲食店なんかも人があふれている状況で、どうやらアキバの活気付けに一役かっているよう。 日本橋なんかだとヨドバシ一人勝ちで他の量販店なんかは軒並み苦戦、撤退なんて話を聞いていますが、アキバははるかに規模が大きいし、人も集まります。 元々新宿とか池袋、ヲタに関しては中野あたりとも競合していた街ですし、ヨドバシがアキバの膨大な商品の全てを網羅できない以上、アキバ内で共存共栄するのかなとか思ってみたり。 むしろ新宿や池袋なんかの地盤沈下がありそうです。

 もっとも、人がたくさん入ってきて売上が多少上がったとしても、その反動で地価が上がってテナントビルなんかの家賃が高騰したら、薄利多売でやってる店が多いアキバ、ちょっと辛いかも知れませんが…。 再開発でアキバの浄化作戦も力が入ってきているし、客がソッポを向いて商品が売れなくなって店が潰れるのなら仕方がないですが、家賃だの街の雰囲気だのが 「ヨソ者」 の乱入でガラリと一変して店の顔ぶれが違ってくるのは悲しいですね。 秋葉原デパートやパーツ街の空気は、残して欲しいものです。

 っつっても、「電車男」 の爆発的な人気あって、街を行く人の顔ぶれも変わってきているようですけどね。 純真無垢な アキバ系 の青年目当てのお姉さまがうろついているとか何とか…本当かねw

 第三次小泉内閣発足。 しかし 340票ってすごいっすね。 改革の継続や景気対策、特定アジアへの毅然とした対応を、ぜひ実行で示してもらいたいものです。

■ '05年9月20日〜
  家で1日仕事した後、夕方に原宿で社内の打ち合わせとクライアントとの打ち合わせをダブルヘッダーで。 久々に大粒の雨が降ってきて、打ち合わせも都合4時間半に及ぶ超大作で、終電近くの帰りの電車では熟睡しまくりでした。 売り上げあがらんかのぉ…。

打ち合わせ〜  Opera Software が本日から Webブラウザ 「Opera」 無料版の広告をなくすと発表。 有料版のメールによるサポートは有償で継続するものの、実質的な無料配布になったといっていいでしょう。 日本国内ではライブドアから販売している有料のパッケージ版がありましたが、順次販売を停止、本日以降に購入したユーザは返金にも応じるんだそう。 そういやちょっと前に、「Opera」 の誕生 10周年を祝うオンラインイベントが公式サイトであり、そこでも期間限定でライセンスキーを無料で配布していたので、いずれ完全に無料になるのでは…なんて云われてはいたものの、う〜ん、ずいぶんと早い無料化でした。 あたしゃずいぶん前に有料でパッケージ版を購入した上に、そのオンラインイベントでも10個くらい無料のライセンスキーを取得してしまいましたよ… _| ̄|○

京ぽんくん充電中  「Opera」 と云うと、感染するようなウィルスが少なかったりカスタマイズ性に富んでいたりで、一部のファンからは強い支持を受けているブラウザですが、動作にもっそり感があり、あたし個人ではちょっと微妙なブラウザなんですが (そのくせ前のページに戻るのは激速という…京ぽんでも同じだったので笑いましたがw)、IE独占になりつつあるブラウザ界、風穴を開ける起爆剤になるといいですね。

 中国が日本政府からの度重なる中止要請を無視して東シナ海の日中中間線付近で開発している天然ガス田、「天外天」 の掘削施設の煙突から、生産開始に伴うとみられる炎が出ていたことが確認されたんだそう。 経産省の中川大臣が発表した後、外務省が 「電話で抗議」 したらしい。 同海域の違法な地下資源開発では、軍艦5隻を配備巡回させるなどして挑発的な態度を取っている中国ですが、むき出しの覇権主義・資源強奪を目の当たりにして、それでも外務省は 「電話で遺憾の意を伝えた」 ですか、そうですか。 外務省の毎度毎度の無能っぷりは、逆にすごいと感じますね。 というか、中国外交部の日本支部だと思えば、極めて有能で優秀だと云えなくもないくらい。

 かつて瀋陽の日本領事館に武装警官が許可なく力ずくで立ち入った時、あるいはサッカーアジアカップで日本公使の車が反日暴徒に襲われ壊された時、日本外務省は電話で抗議したんですが、その時は 「中国側から謝罪があった」 と発表されました。 しかしその後の反日暴動による日本領事館や商店の破壊、さらに原潜の領海侵犯でも、中国スポークスマンは記者会見で 「我々はこれまで、日本と日本人に対し、申し訳ないことは一度もしたことがない」 と開き直って謝罪も遺憾の意すら表明しませんでした。 外務省が 「電話で抗議したら謝罪した」 って、もっと云えば 「電話で抗議した」 ってこと自体、はたして本当なのかと疑いたくなります。

 経産省は 「近隣諸国を刺激しない」 ために40年凍結していた試掘権の許可を日本の帝国石油に与えているし、帝国石油は長崎までパイプラインを引いても採算に合う埋蔵量だと太鼓判を押している。 イギリスが北海油田の開発で不況から脱したけれど、毅然とした態度で日本側の権利は守れないんでしょうかね。 このままでは資源を奪われた上に、省エネやら環境やらの概念がほとんどない中国で大量に燃やされた石化燃料が、日本に酸性雨として降り注ぐだけです。

 大手スーパー、ダイエー創業者の中内功氏が脳梗塞のため83歳で死去。 英雄が英雄のまま死ぬにはどういう振る舞いが必要なのか、後継者の育成やら引き際の鮮やかさはどうあるべきなのか、色々考えさせられる巨人の最期でした。 晩年は経営不振に直面、失意の退陣の際は、次にニュースに出るとしたら亡くなった時だと云われてましたが、あれから3年ですか。 こんなに早かったのは残念です。

■ '05年9月19日〜
  ぱっとしない天気。 しばらく曇り空が続くようで、すっかり涼しくなりました。 今年はエアコンがフル回転したので電気代が心配でしたが、いつもより2,000円高い程度。 温度設定が高めだったからかな。 明日はクライアントと大きな打ち合わせがあるんで、一部の仕事は目処をつけたいところです。

駅の自販機  マスコミの選挙戦後の報道が花盛りですが、やっぱり多くの反自民、反小泉系の放送局や新聞で、「国民は小泉の劇場の観客になってしまった」「催眠術にかけられて未曾有の勝利を与えてしまった」 と、ある意味では小泉以上に小泉に票を与えた有権者を批判する内容になってますね。

 そういや日経だかがしばらく前に、「即門即答 賛否分かれる靖国参拝問題、日本の価値観だけで良いのか?」 と題したコラムで、自社で行ったアンケートの結果があまりに 「靖国は参拝すべき」「外国の文句に屈するべきではない」 との意見ばかりで、「ネットのアンケートなど信用できない」「賛成派は歴史を良く学んで反省すべき」 と逆ギレしていたことがありましたがw、今回の選挙もしかり、投票率が跳ね上がって、すなわち政治への関心が高まって、その結果、票の多くが自民に行ったのを本当に腹立たしく思っているようで面白い反応になってます。

 朝日あたりは紙面で、ネットでの小泉自民の支持率がものすごく高く、「若者は主にネットで偏った情報だけを仕入れているから歪んだ投票行動になったのだ」 と云わんばかりの論調ですが、少なくともあんたのとこの紙面よりは、まだしもネット全体の方が客観的で平等な情報の収集ができると思うんですが。 そもそも多くのネットユーザが既存のマスコミを 「突っ込むためのボケ、ネタ」 としてしか見てないのが分かってない。 一昔前は 「一億総評論家時代」 なんて云われていたもんですが、いまやもう、「一億総ツッコミ時代」、マスコミのおかしな偏向報道のボケに、「おいおい、そりゃ違うんじゃないの」「なんでやねん!」 と笑いの対象としてしか触れていないのはもう少し自覚したらいいんじゃないでしょうか。 かつて視聴者が 「ツッコミ」 を入れるとしたら、矢追純一のUFO特集とか川口浩探検隊あたりのオカルトバラエティぐらいだったのが、プライムタイムのニュース番組でそういう状態になっているのは、実はものすごい恥かしいことなんですよ。

 権力のチェック機能を持つという点では、マスコミはある意味、最強の 「野党」 な訳ですが、今回の有権者は民主党だけでなく既存の一部マスコミにも 「NO」 を突きつけているってのは、しっかり自覚して反省してもらいたいものです。 まぁ、「小泉劇場にやられた」 ってのは、民主党もマスコミも異口同音に発する敗因なんで、こういう自分の悪いところを見ずに やぶ睨みの分析をしている以上、反省などないんでしょうけどね。

 「のまネコ」 問題は進展せず。 つか、このまま逃げ切られたらイヤですね…。

■ '05年9月18日〜
  仕事はいまいち捗らず。 うぐぅ。

お寺さん  気分転換という訳でもないんですが、体がなまりまくりなんで、チャリに乗ってちょっと遠出を。 地元に散策コースやサイクリングコースが整備されているのは、さすがセミ観光地チックな田舎の我が多摩ですが、暑いくらいの良好な天気の元、フンフンと鼻歌交じりにペダルを漕ぐのも気持ちの良いものです。

 ついでに何度かお世話になっているお寺さんに行って、もうすぐやってくる母親の一周忌法要のお願いを。 何とか予定していた日に来てもらえそうでなによりです。 しかしもう一周忌か…時間が経つのは本当に早いですね。 昨年の今頃のこのページを見ると、悲壮感が漂いながらも しょうもない話題で埋め尽くされているショボい日記ですが、あの頃は、来年自分がこんな風になっているとは全く予想できませんでしたね。 そういや会社を立ち上げるって話もまだ出ていなかったですし。 人生はどうなるか分からないって実感しますな。 そろそろ一発大逆転をお願いしたいところです (いやまぁ、自分でホームラン打てばいいんですけどねw)。

 その後、パソコンショップやゲーム屋あたりをはしごして (もう少しアウトドアライクな場所に行けよw)、2時間半あまりのサイクリング終了。 さてエアコンがガンガンに効いた部屋で仕事でもやるかな…と思ったら、猛烈な睡魔が…。 居間のソファーに横になってダラダラやってたら、いつの間にか熟睡。 気が付いたら夜中になってました… (;_;) たかが2時間ちょい、チャリで出かけただけで疲労困憊かい! もうだめぽ… _| ̄|○

 小泉首相に続き、町村外相が国連で演説。 日本の常任理事国入りがなければ、国連の分担金のカットもありうると重ねて発言。 こういう発言は 「日本的でない」 というか、はしたない感じに聞こえますが、これまで散々、それこそ借金してまで他国や国連に援助や支援や協力をしてきて、常任理事国入りはないわ、旧敵国条項の削除はしないわじゃ、さすがにやってられませんわな。

 そういやこれまで散々、日本から援助されていながら、中国がちょっと賄賂を渡したら、日本支持に反対の立場を表明するアフリカ諸国も何だかなぁ…って感じ (日本の支援は貧しい国民の生活や教育に関するものが中心で、中国のそれは、支配層への支援 (宮殿の寄贈とか武器弾薬の支援とか) だから、そら支配層の代表がやってくる国連じゃ勝ち目はないわけですが)。 実直さは日本人や日本政府の長所ですが、ここぞという場面では、もう少し狡猾に動いてもいいんじゃないかと思います。 外務省職員が自分のポケットマネーで支援するのなら慈善事業として勝手にやってもらって結構ですが、税金を使って国益を担ってやってる訳ですから。

 当初から常任理事国入りは難しいという評価がしきりでしたが (4ヶ国で一緒にってのもかなり謎でしたけど)、どうせ無理なら、過大な国連への分担金の減額や、ODAの削減くらいは意思表示としてやって欲しいもんです。 どれだけ援助しても感謝すらされない中国やら一部の独裁恐怖政治を敷いているアフリカ諸国やらに垂れ流している援助の一割でも国内で使ったら、どれだけの産業が育つかってもんですよ。

 この16日に新規開店した秋葉原のヨドバシカメラに客が殺到しているようです。 目玉商品はこれといったものがなかったようですが、新しいもの好きな日本人の特性がモロに出たって感じなんでしょうか。 そういうアタシも同じ日本人なんでw、早く見に行きたいもんです。

■ '05年9月17日〜
  仕事を一緒にやってる友人が、生まれて初めて OFF会 に参加したそうです。 どこの OFF会じゃい? と聞いたら、ソーシャル・ネットワーキングサイト mixi (ミクシィ) のゲーム関係のコミュニティのものなんだそう。 彼は元々ゲーム制作の仕事をやっていて (プレステの 「聖闘士 星矢」 が最後の仕事だったらしい…)、師匠に当たる作家が結構有名な人 (流れたけど、あたしも以前一緒に仕事をしたことがあります) で、その師匠の作ったゲームのファンの集いに参加したんだそう。 なるほどど。

モナーはみんなのものです  それにしてもパソコン通信の OFF とか 2ちゃん系の匿名掲示板の OFF なんかと違って、ちょっとオサレな印象がある mixi ですが、さすがにゲーム系 (しかもかなりマニアック) のコミュニティだとキモヲタ度がかなり高かったそうで、カラオケは辛かったとこぼしてました。 セーラームーンの曲を入れて熱唱しているヨコヲタク系のキモヲタがいたそうで… って、セセセ、セーラームーン? しかもヨコヲタですか? なぜわたしを呼ばない? 呼べ呼べ漏れを! 独り占めはずるいぞ! 手渡せマイク、歌わせろセーラームーン!!1! きんもーっ☆

 そういやあたしも一応 mixi はやってるんですが (1年ちょい前くらいに仕事先で知り合った絵本作家の女の子に誘われました…っていうか、それ以前にも何度か誘われましたが、新手のマルチかなんかだと思って放置してたりw)、未だにマイミクはその女の子と前出した友人の2人だけ…。 っていうか、全然ログインしてないしなぁ…。 友人には 「っていうか、マイミク2人だけなんて見たことないですよ、どんだけ知り合いいないんですか?」 と叩かれますがw、うちのネット上の人脈は完全にパソコン通信時代のと、あとはネトゲ関係で固まっているしなぁ。 中には mixi やってるのもいるんだろうけど、わざわざ mixi を経由して連絡しようとは思わないし、知り合いをネットコミュニケーションに誘うにしても、普通の掲示板とかに誘っちゃうしなぁ。 日記もここでつけちゃうし、更新のしようがないです。 うぐぐ。

 解散総選挙で64議席減という歴史的大敗北を喫した民主党ですが、辞任した岡田代表の後任に、若手のリーダー格の前原誠司さんが選出されました。 「党の立て直し」 のため代表を取り替えるにしても、過去2度代表をやり、女性スキャンダルと年金未納で2度とも辞任した管直人を話し合いで一本化して代表に、なんて寝ぼけた調整をやっていた民主党ですが、きちんと選挙を行い、結果、若手が選ばれたのは良いことですね。 前原さんて、改憲論者だし中国韓国に毅然としているわりに、靖国は解体すべきとか、つくる会の教科書はデタラメだとか、防衛力は削減すべきとか、外国人参政権は賛成とか、北朝鮮への支援や中国へのODAは継続すべきとか、いまいち立場が分からない人なんですが…。

 あちこちの番組で持論を堂々と展開している姿はお馴染みなんで、支離滅裂で もはや乾いた笑いしか取れない管さんよりはずっと良い代表だと思いますが、しばらくは様子見でしょうかね。 もっとも前原さんて、岡田さんとイメージが同じような気もするんですがw そういや選挙できちんと選ばれた代表というと鳩山さんがいましたが、結局、密室談合そのものの鳩山下ろしで代表辞任。 前原さんはどのくらい続くのかな。 それにしても民主党代表が43歳の前原さんになったために、自民党のポスト小泉に 「まだ早すぎる」 と云われ続けていた安倍さんの目も出てきましたか。 若い、早すぎるといっても、安倍さんももう50歳、中二階と云われる麻生太郎や谷垣禎一はもう60歳代なんで、世代交代が進むかも知れませんね。

 仕事は低調。 追い込まれるのは嫌いなほうじゃないんですが、ちょっと辛いです。 一頃よりは失速した感じがしますが…レイザーラモンHG、結構好きです。

■ '05年9月16日〜
  ダラダラっと一日中 自宅で仕事。 朝夕はめっきり涼しくなって、いよいよ秋って感じになってきましたね。

ヲタグッズ置き場の部屋  結婚情報会社オーエムエムジーの調査によると、男性の結婚したい理由の第一は日本全国ともに全体の約6割を占めた 「愛する人と一緒にいたいから」 だったらしいですが、その他の理由では地域差があったんだそう。 で、報道によると東京は 「寂しい」、大阪は 「世間体」、そして名古屋は 「子供が欲しい」 だったんだそうな。 この手の民間の調査ってのは、自社の宣伝と自社の業務の話題作りに過ぎないってのは重々承知ですが、この地域差の傾向は何となく 「ああ、ありそうだな…」 と思わせる絶妙なものがありますねw

 あたしゃ孤独癖がある方なんで、好きとはいえ四六時中一緒にいるのは御免蒙りたい感じなんですが、そろそろ年も年なんで、身の振り方を考えないといけないにゃ (´□`)。 趣味が同じじいさん同士で集まって暮らすのも楽しそうな感じがするけど、うっ!家 の墓守がいなくなるのも困るし…ぬうぅ。

 マイクロソフトが運営するポータルサイトMSNにおいて、 ネットでマナーある安全で楽しいコミュニケーションをするためのツールにしてもらおうと、「会話セーフティ機能」 の体験版を実装した MSN Messenger を正式リリースしたらしい。 さっそく2ちゃんにユーザリポートが上がってますが、「白人」 や 「黄色人」 はよくて 「黒人」 はダメとか、「日本人」「米国人」「ドイツ人」 はじめ多くの 「国名+人」 はよくて 「朝鮮人」 だけはダメとか、「東シナ海」、「China」 は良くて 「支那」 はダメとか、基準がさっぱり分からない仕様になっているようです。

 それにしても国名や民族名 + 人が 「差別語」 になるって、どんだけすごいんだよ、朝鮮の人たち… (^-^;)。 そのうちカナ表記 コリアンも差別語になって消されるんだろうか (そのくせアルファベット表記の Korean はOKとか)。 そうなったらどう云い換えるんでしょうね。 そもそも現在は差別語の代表みたいになってる 「三国人」 だって、戦勝国でも敗戦国でもなく、我々は The third nartional である、第三の立場の国の人間であると彼ら自身が自称した言葉だったはずですが。

 人権擁護法案とかが通ったら、こういう恣意的で根拠が全く分からない基準で言葉や言葉を発した人間が圧力を受けるようになるんだろな。 こないだの選挙では、人権擁護法案に反対の立場の人が何人か落ちているんで心配です。 ちなみにこのソフト、「倭人」 や 「倭奴」、「日本鬼子」、「チョッパリ」、「ウェノム」、「小日本」、「JAP」、「NIP」 は使ってもOKでした。 おいおい、日本人を罵倒する言葉はOKですか? すごいっすねw 差別語だけでなく、トラブルの元になる罵倒語も削除対象となってますが、「バカ」 がダメだから 「親バカ」 も使えなくなってる。 日本語は奥が深い言葉なんだから、検閲するにしても、せめて日本語の分かる日本人をスタッフに使って下さいよ。

■ '05年9月15日〜
  作業をしつつ、夕方から打ち合わせ。

■ '05年9月14日〜
  史上最年少で当選した120% 小泉チルドレン、杉村太蔵がマスコミで引っ張りだこになってます。 比例35位というほとんど当選県外の数合わせ候補だったものの、爆発的な小泉人気に小選挙区重複立候補者が比例枠を使わずに次々当選、東京では候補者の数が足りず社民に1議席譲るほどでしたから、ほとんど何もせず当選しちゃったらしい。 「棚からぼた餅ってのは私のためにあることわざですよ」 …って、あんた…。 しかしまぁ、言葉使いはちと下品でそのうち舌禍問題の1つもやらかしそうですが、純朴そうな嫌味のない性格なのはわかるんで、伸びていってくれるといいですね。 破天荒なマンガの主人公っぽいキャラだと思います。  マンガだと最後は総理大臣になれたりしますが…まあ体育会系のノリってことで。 マスコミもこういう議員に密着して揚げ足とるのはやめなさいw

ペプシのおまけ  選挙も自民圧勝を受けて様々な分析が行われていますが、「有権者がアホだから自民が勝った」 式の、小泉のパフォーマンスだ劇場だ催眠術だってのを勝因だと主張しているのは、マスコミも民主ほか野党も、国民をなめすぎな気がします。 中曽根や宮澤みたいな総理経験の長老議員や、橋本派ほか金権自民を代表する巨大派閥の領袖たち、野中やら亀井やらの利権べったり族議員などを次から次へと引退に追い込んだり放逐したり更迭したり、あるいは名誉職的に派閥順送りで行われていた大臣ポストを首相権限で決定したり。

 一頃は毎日のように報道され10年以上放置されてきた銀行の不良債権は激減しニュースにすらでなくなったし、これが単なるパフォーマンスでできることかできないことか、常識で考えればわかると思うんですけどね。 まぁローマ皇帝のコロッセオの剣闘士のショーに熱狂する市民…みたいな盛り上がりがあったのは否定しませんが、それの片棒を担いだのは他ならぬマスコミだった訳で。

 だいたい 「衆愚政治」 は民主主義のある意味当然の帰結で、だからそれの対義は 「独裁政治」 な訳で、「小泉は独裁者だからダメだ」 、けれど 「国民は愚か者ばかりだからダメだ」 では、じゃあどうすりゃいいのよと云いたくもなる。 民主主義が衆愚政治に陥らないための唯一の方法は 「国民が正しい判断を下せるよう、公正で客観的な情報を提示する」 ことだと思うけど、じゃああんたらマスコミはそれをきちんと義務として果たしてきたのか。 新聞はともかく、テレビやラジオは共有の財産である電波周波数を割り当てられている許認可事業で、国民の知る権利を守るよう義務を課せられているだろうに。

 今回の自民はさすがに勝ちすぎだと思うけど、自民に替わり得る野党がないのも国民の不幸ですわな。 派遣社員とかフリーターの増加で就労環境は悪化している一方、企業はバブル期を超える空前の利益を上げてる。 所得の格差は広がる一方だし、勝ち組 負け組と分けてはみても、狭い日本、結局税金をろくすっぽ払えない人々のお尻は、勝ち組が拭くことになるんだから、勝ちも負けもないのが本当のところ。 こういう世相では、本来は革新系・社民系の政党が党勢と議席を伸ばしてしかるべきなのに、保守的な政党が票を伸ばす。 支持されないのは、自分たちの政策が間違っているからだと、はっきり認識して反省してもらいたいもんですよ。

 中国・韓国などのアジア諸国 (と云っても2ヶ国だけ) や、あるいは不法滞在外国人なんかに対する腰抜けの政策を見たら、怖くて民主党なんかに票を入れられる訳がないです (沖縄に中国人を数十万、数百万単位で移住させて一国二制度にする沖縄プランとか (しかも外国人参政権付与を推進)、国家主権の委譲を伴う東アジア共同体構想とか、もう正気の沙汰じゃないですよ)。

 野党の中には、個別では、支持できる政策もあるんだけどね… (例えば共産党は大嫌いだけど、サラ金規制とかの政策は (マスコミが全然報道しないけど) ものすごく納得できるです)。

 それはそれとして片山さつきのおでこのシワは何とかならないか。 このオバさん、潜水艦は時代遅れとかいって、自衛隊予算のものすごい大幅削減をやった人なんですよね…。

■ '05年9月13日〜
  「京ぽん」、メールに広告がつくのウゼーーー (´□`)。 どうやって消すんだ、これ…うぬぅ。 「京ぽん」 を1年前に買ってる友達に色々聞いてみるか…。

お部屋  こないだ発売されたばかりの 「iPod nano」 が猛烈な売上を記録しているらしい。 音楽関係は著作権問題もからんで日本の家電メーカーは散々ですね。 本来ならこんなの、SONY が世界に先駆けて発表しててもおかしくない商品ジャンル。 まあ著作権云々以前に、SONY のスピードやセンスもかなり劣化しているのが原因でしょうけど。 うちは初代ウォークマンを買ったほどの SONY 信者でしたけど、今部屋の中を見渡すと、SONY 製品がほぼ死滅してますな。 あ、一応、プレステ2だけはあるか…。

 アメリカのハリケーンの被害がえらいことになってます。 単に自然災害の被害が甚大ってだけではなく (つか、事前に大統領から避難勧告が出るってのもすごいと思いましたが)、アメリカの一種お家芸とも云える略奪暴動も起こっているようで。

 アメリカほどの先進国、超大国でも、なるときはこうなっちゃうんですねぇ。

■ '05年9月12日〜
  電話に出たくない憂鬱な日々が続いてます。 借金取りの電話はほとんど掛かってこなくなったんですが、仕事の催促は増える一方。 借金と違って仕事は頑張り次第でなんとかなるんで自業自得ですが (まぁ借金も自己責任だけどさw)、なんともトホホですわ。

 数日前にゲットした京ぽんですが、接続スピードが 32k しか出ない割りに表示が速い気がします。 余計な画像とかを非表示にすると全然実用の範囲ですね。 ノートの 128kの AIR-EDGE が激重なんで、これはちょっと意外。 できれば京ぽんでノートも稼動できたら安上がりなんですが、それはさすがに無理か…。 そういやライブドアが都内でやるとか云ってた格安のホットスポットサービスはまだなのかな。

■ '05年9月11日〜
  一日中自宅で仕事。 なんかやってもやっても仕事が減りません…つか、増える一方。 パソコンのメーラーが怖くて開けません…携帯が鳴るとビクッとします。 もうだめぽ… _| ̄|○ 夕方、ダラダラと仕事してたら雨が降ってきました。 とっとと投票に行きゃよかった。 コンビニにエサを買いに行きがてら、投票所へ。

るんらら〜  いつもよりちょっと早い大河を見た後、選挙速報へ。 自民、歴史的な大勝っすか。 世論調査で自民有利と云われていても、蓋を開けるとジリ賓とか辛勝みたいな状態がしばらく続いていたんで、そう思ったほど勝ちはしないだろうと思ってましたが…300議席を伺う勢いってすごいっすね。 TBSの選挙速報では、筑紫が開口一番 「今回の選挙は乱がありうると言われていましたが、乱どころか、大乱の結果となりました」 ってのが笑えました。 与党が多数を占めるってのは、普通は 「安定」 と評価するもんですが。

 苦戦する自民党の造反組の苦境は自業自得で笑えますが、ホリエモンが質問に軽く逆ギレ気味なのは少し意外。 公示期間中にも意地悪な質問でイメージダウンさせられまくりのホリエモンでしたが (とりわけ報ステの古舘伊知郎は酷かった…)、ここまで本気でイラつくってのは、ひょっとしたらガチンコで当選しようと思ってたんでしょうか。 話題作りのパフォーマンスだって意見も多かったですが、こりゃちょっと見方を変えないとダメかも。

 すごいのは刺客第一号として志願して小林興起に戦いを挑んだ小池百合子。 大臣職にありながら比例順位を大きく下げて背水の陣で落下傘したってのもすごいっすが、圧倒的勝利じゃないですか。 選挙事務所は通いなれた池袋の駅前だし、一回くらいは見物に行きゃよかったな。 ちょっと惚れそう…。

 ここしばらくは選挙の分析なんかがずっと流れるでしょうから、テレビが楽しくなりそうです。 仕事ははかどりませんが…。

 東シナ海の日中中間線付近で、中国が開発を進めているガス田 「春暁」 周辺を中国海軍の軍艦5隻が航行しているのが確認されたらしい。 日本からの工事・採掘中止要請を無視して日本側海底にも渡って続いているガス田・油田を盗掘する気 満々の中国ですが、軍艦を押し出して 「中国側はうちで勝手にやる、日本側は中国にも参加させろ」 とは、軍国主義丸出しでウンザリします。 日本が総選挙中に観測気球的に軍艦を押し出しているのも不快だし不気味ですね。

■ '05年9月10日〜
  仕事の打ち合わせと会社の役員会と、その他雑用あれこれ。 仕事の打ち合わせは1時と聞いていたんですが、13時ではなくて夜中の1時でした… (´□`)。 仕方ないのでせめて夜8時にしてもらって (家に帰れないずら…)、新宿の家電街をフラフラしたりして情報収集というか暇つぶし。 仕事仲間と新宿に2つある安い軽食屋 AYA、両方行っちまった。 そういや新宿駅の上空をヘリが何機も旋回してますが、誰か街頭演説でもしてるのかな? まぁ明日は総選挙投票日だし場所は新宿だし、誰かやってますわな。 小泉は首相のうちに見ておきたいなぁ…人ごみで身動き取れそうもないから駅前はパスしましたがw

初の京ぽん こと AH-K3001V  仕事上の電話代がかさむと云うことで、通話定額制が話題の WILLCOM の端末を持つことになりました。 買ったのはパソコン用ブラウザとして知られる Opera を搭載、パソコン向けのサイトもそのまま閲覧できる、京ぽん こと AH-K3001V (
→ 公式サイト)。 知人で持っている人がいて 「おお、いいなぁ」 と思っていたんですが、それにしても携帯でパソコンと同じサイトが見れるって、やっぱすごいですねぇ。 うちのサイトは未だにフレーム使ってるのばかりなんで、いきなり 「貴方のブラウザはフレームに対応してません ゴルァ」 画面になってトホホでしたがw

 動作がもっそりした感じがするのは機種の特徴らしいですが(パソコン用の Opera ももっそりしてますが、それ以外の機能もなんか動作が緩慢)、ちょっと機体に高級感がないのも残念なところ。 何かと使う携帯のカメラも、10万画素でボケボケだし (3年前に買った SHARP 製 J-SH51 (J-PHONE) は31万画素でかなりキレイ)、SD カードが入らないのも何とも。 PDA機能も積んでないですね。 でもバッテリが新しいせいか、やたら長持ち+頼りないくらい機体が軽いのはかなりポイント高いですね。 ネットヲタに大人気の 「京ぽん」 だけに情報やらは色々出回っているし、いろいろカスタマイズできるそうなんで、弄んでみようかにゃ〜。

 つか、携帯を2こ持ち歩くのは約1年半ぶりなんですが (以前はドコモとボーダフォンでした)、やっぱ面倒っすね。 あんまり経費削減にならん気がするる…。 それはそうと、ボーダフォンの端末ももう3年も前のなんで、これもそろそろ替えようかな。 バッテリが全然持たなくなってますし。 愛着がある機体なんで、出来れば使い続けたいんですが、簡易留守番に消したくないデータもあるし、完全に壊れる前に取り替えたいにゃ。 それとパソコン用の AIR-EDGE も、AH-S405C から 8×パケット対応の AX510N にしたいにゃ。 ここらは仕事に便利っつーより、単なる趣味に近いですが… (´□`)。

■ '05年9月9日〜
  ぐふっ…仕事が捗んないにゃ。 明日までには新しいサイトの作成は目処をつけたいところなんですが…。 むぅ。

 さて予想通りというか、「のまネコ (DISCO-ZONE 〜恋のマイアヒ〜)」 関連のネットニュースが本格的に流れてきて、2ちゃんでの 「のまネコ問題」 が加熱しているようです。 過去に似たようなタカラのギコネコ騒動ってのがありましたが、今回はそれに輪をかけて悪質な感じで、のまネコをオリジナルキャラだと主張したり、さらに 「アスキーアート (→ AA) にインスパイヤ (ア) されてキャラクター化したもの」「ネット利用者が今後もネットで使う分には構わない」 と開き直りとも思える主張をしたりでは、ほとんど全面戦争の雰囲気ですね。 ヲタコンテンツにも触手を伸ばしているエイベックス、間違えたら大変なことになりそうです。

大きいモナー 大きいモララー(わくわく&全裸待機)ー  でもこれって、ネットの本格的な普及もあって著作権問題がクローズアップされている現在、単に 「AAは誰のものか」 なんて問題を飛び越えて、いろんな示唆を含む問題ではあると思いますね。

 例えば 「のまネコ」 がこのまま何もなかったかのように販売を続けて人気が仮に出たとしましょう。 その場合でも、さすがに2ちゃんグッズを贋物だといって排除することはできんでしょうから、結果、ほとんど同じキャラが 「名前だけ違う」 状態で複数出てくることになる気がします。

 モナーやしぃグッズが問題ないのは当然だけど、のまネコが人気になれば、のまネコのパクリ商品だってそのうち出てくるでしょうし。 しかしエイベックスはそれを取り締まれない。 相手から 「いや、これはモナーです、しぃです、モララーです」 といわれたら、反論できんもんね。

 結果、どれが本物かわからない、さらには 「トロ」 あたりも巻き込んでw、事実上この手のキャラのグッズでは、著作権無法状態になる気がします。

 ファイル共有ソフト Winny の作者が捕まったとき、「これでネットを著作権違反が当たり前の無法状態にして、硬直した著作権の概念に風穴をあける」、みたいな意見がありました。 法的な是非ややり方の良し悪しはともかく、このままだと 「のまネコ」 は、日本でも屈指の著作権にうるさい会社を巻き込んで、グッズやキャラ造形に関しては、それに近い無法状態になってしまう可能性は十分にあります。 決して良い話ではないし、かなりのリスクも伴いますが、著者不明のコンテンツが数多く飛び交い、何となく共有されている…そんなネットの世界を、ある意味象徴するような状態とは云えそうです。

 確かに現状ではエイベックス側がパクリを謝罪して商品を破棄するのが最善でしょうけど、そうなったとしても、タカラ問題収束の時のように 「元の状態に戻るだけ」 で、モナーたちがいつパクられるかって問題は残ったままです。 そもそもエイベックス側も、これだけの企業を巻き込んでの版権ビジネス、グッズも量産体制に入っているし、後には引けないのかも知れません。 逆説的な話になりますが、エイベックスが今後もとことんネットコミュニティの住人の意見を無視し、張り合えば、前述した無法状態の出現も相まって、かえってネット上の著作権問題について 「急がばまわれ」 的な急展開になるかも知れません。 そろそろコミュニティ共有の資産、コモンズの取り扱いについて、明文化した指針やら法整備やらは難しいんですが、おおよその方向性くらいは決まってもいい頃かも知れません。

 問題提起を兼ねてちょっとした場所に貼れるシンプルなモナー画像が欲しかったんですが、フリー素材を拾ってくるのも面倒だったんで、モナーAAをそのまま GIF にしてみました。 欲しい人はダウンロードして適当に持っていって下さい。 著作権フリーですw 「同人用語の基礎知識、同人おたく年表」 も更新しました。 小林亜星さ〜ん、出番ですよ!w

■ '05年9月8日〜
  台風すごすぎ。 アメリカのハリケーンもものすごいことになっているようですが、災害は怖いもんですね。

■ '05年9月7日〜
  選挙報道が面白いです。 ホリエモンがホントに立候補するとは思わなかったけど、テレビで選挙運動の様子を見る限り、かなり本気でやっているっぽい? これもちょっと意外でした。 刺客候補とやらが話題になっていますが、これくらい選挙や政治に関心が向くのも珍しい気がしますね。

最近、細かい家電製品の掃除にはまってまつ  それにしても民主党にはがっかりです。 郵政民営化の議論に乗るのは、相手の用意した土俵に上がることだ、ってな理屈は分かりますが、争点ぼかしにしか見えないのはなんとも。 過去に野党は、例えば消費税の導入とか、消費税率のアップとか、非常に分かりやすい1つか2つの論点のみを必要以上に持ち上げて、論点はここだといわんばかりに選挙戦を戦って、時には勝利している訳ですが、「改革をとめるな」「自民党をぶっ壊す」 というキャッチフレーズともども、完全に野党と与党の主張や姿勢が入れ替わっているかのような印象すらあります。 これじゃ勝てないですよ。

 そもそも対案となる法案すら満足に出さないで、文句ばかり、それも人格攻撃みたいなものばかりじゃ、聞いていてイヤになります。 岡田代表はやたら 「マニフェストに書いてあります」 を連呼してるけど、先のマニフェストは 「政権が取れなかったから実現は無理」 と開き直って白紙撤回してるくせに、またぞろ持ち出して来てるし、書いてある内容を分かりやすく伝えるのも政治家の仕事ではないのかしら? 散々 「総理は説明責任を果たしていない」 と連呼していたのは誰だったんでしょうか。

 選挙は最後の3日で決まるんだそうですが、どういう結果になるんでしょうかね。

■ '05年9月6日〜
  断続的に雨が降ったり降らなかったり。 まだまだ残暑も厳しい9月ですが、朝はちょっと涼しいし、季節は移ろっている感じですね。 知り合いから貰ったチャリンコに乗るのが楽しい毎日ですが、自分の足でペダルを踏んでいると、爽やかな風が流れて気持ちがいいです。 秋だにゃあ。

 DeAGOSTINI から 「週刊 戦艦大和を作る」 とか云うのが発売されるようで (→ こちら)、ちょっと前からテレビCFが流れてます。 クラフトマガジンシリーズの1つで、毎号付いてくるキットを組み立て、250分の1のスケールの戦艦大和の模型を作るんだそうです。 欲しぃ…でも作れな〜い (;_;) シリーズは90号で完結の予定らしいから、たっぷり2年近く。 こういうの見ると、細々とした老後の生活も楽しいんだろうなぁ…とか思っちゃいますね。

 そういや中国は香港の新聞が、「日本の極右勢力が戦艦大和を復活させている!」 と報道した 映画 「男たちの大和/ YAMATO」 (→ こちら) の実物大 大和セットも観に行きたいにゃ (2006年3月31日まで)。 うぐぅ。

■ '05年9月5日〜
  オリコンチャート1位となった話題曲 「DISCO-ZONE 〜恋のマイアヒ〜」 ですが、例の FLASH のネコが大規模に商品展開されるようで、ちょっと話題になりそうな予感。 あたしゃてっきりあの FLASH の登場キャラは 「モナー」 や 「モララー」 だと思っていたんですが、どうやら全く新しいオリジナルキャラ 「のまネコ」 だと avex 側は主張しているようで 「パクリじゃないか」 と昨日あたりから2ちゃんで騒がれ始めてます。

小さいモナー 小さいモララー  元々が2ちゃん内の空耳スレで盛り上がった曲& FLASH だと記憶しているんですが (あたしが FLASH 自体を知ったのは結構後のほうなんですが、そういや先日のTBS、ブロードキャスターでも 「2ちゃんねる」 の紹介と一緒に掲示板で火がついて生まれたヒット曲だと紹介してましたし、ドラマ 「電車男」 の BGM にも曲が使われていたしなぁ)、かつてタカラのギコネコ騒動なんかもありましたし、先行きどうなるかちょっと興味津々です。

 つか、AA (→ AA) とイラストとは違うとは云え、すでにAAのキャラ化自体はそこら中でやられている訳ですし、モナーやギコネコの発祥が2ちゃんにあるかってのは誤りだし2ちゃんのキャラだってのは微妙なところですが (あめぞうやぁゃιぃで生まれたはずだし、その源流はパソコン通信だし)、ネット利用者全体の共有財産みたいなものを、いち企業が独占するようなことになったら (法的にはどうであれ) ちょっと許されないと思うんですけどね。

 元々音楽業界は著作権保護にやたらうるさく、何かにつけて自分の権利ばかりを主張する業界なんですが、avex はその中でも悪名高いCCCDを強烈に推進して一般ユーザのCDプレイヤーやドライブを壊しまくった企業。 今後どういう対応を取るのか、成り行きを見守ってみようかと思います。 場合によっては、かなり大きな 「祭」 になるんじゃないでしょうか。

 日本テレビ系列の深夜枠、「月曜映画」 で1983年のアメリカ作品 「V <PART I> 宇宙からの来訪者」 放映。 懐かしいな、これ…。 当時はこれのビデオがレンタルビデオ店の棚を占領、アメリカ連ドラのビデオブームの走りみたいな作品なんですよね。 当時夢中になって見ていた…って訳ではないんですが (SFの割りに特撮はしょぼいし、ナチス時代のユダヤ人を地球人になぞらえた抵抗と戦いの物語でした)、それでも細かい部分部分で 「ああ、このシーン、あったよな」 と思い出しては懐かしく見ました。 しばらく続くんだそう…そういやビジターの乗る巨大母船は 「インディペンディンスディ」 のそれの元ネタだったのかな。 ちょっと楽しみ。

■ '05年9月4日〜
  台風14号の影響か、東京は豪雨。 うちの方で振っていた時、友達からの電話だと都内はさっぱりだったらしいですが、その後中野、杉並あたりは住宅や店舗が2,000世帯も床下・床上浸水するほど増水の豪雨になったようで、おっそろしいですね。 明治通りも冠水で通行止めになってるそう。 日曜で会社が休みなのがせめてもの不幸中の幸いでしょうか。 しかし東京でこれでは、沖縄やら九州やらは今後大丈夫なんでしょうか。

 NHK大河 「義経」 は、ついに源平合戦の天王山、壇ノ浦の合戦に。 先週の予告編で 「ネタバレ」 しまくりでしたがw (いや、壇ノ浦の結果なんて、日本人ならだいたい誰でも知ってるんだろうけど、あそこまで見せなくても…)、滅び行く平家の入水のシーンでは思わず涙が…。  タッキー義経は相変わらず存在感ゼロ。 阿部寛さん演じる平知盛はかっこよかったし、両者一騎打ちは金粉ショーΣ(´`lll) の演出まであったのに、なんつーか、剣舞が 「汚い」 んですよね。 八艘飛びも、それと知ってなければ意味不明な空中飛揚だけ。 船団はいかにも数が少なく、華麗な合戦絵巻とは程遠い内容でした。 弁慶が投げる巨石も、思いっきり 「発泡スチロール」 丸出しだし、大船団同士の天下分け目の大合戦って雰囲気が全くなかったのは残念。

 それにしても阿部寛さん演じる平知盛はよかったな。 強さと優しさを兼ね備えた武将って感じで、平家の苦悩を良く表現してました。 単なる人気イケメンモデルだったデビュー当時からそれとなく見ていた役者さんでしたが、これほど良い役者になるとは予想外。 松坂慶子さん演じる時子も良かったし、平家陣営ともう会えなくなるのは寂しい。 来週から見るのがますます辛くなりそう。

タイ雑貨の店で思わず買ったカエルの木彫り  テレビでは選挙報道が花盛りですが、サンデープロジェクトに出演した岡田代表がすごかった。 田原から 「岡田さんは靖国参拝は反対だというが、いま国民の間では靖国賛成派が多くなっているんですよ」「中国韓国に配慮してばかりではダメだといってる、それについてはどう?」 との質問を受け、「そんなの絶対許さない、そんなことを思っている国民が増えているというなら、身体を張って戦いますよ」 と断言。 日本は思想信条と言論の自由があるんだから、個々人の国民が先の戦争をどう思おうがどう評価しようが勝手だろうに、国民の中に自然にわき上がってきた世論と 「戦う」 って、そんなあなた。

 一度でいいから見てみたい、岡田党首の中国韓国と戦う姿。

 まぁしかし、ちょっと前の中国の反日暴動→しかも謝罪一切なし、を、「不信を招いた日本側が悪い」 と云った岡田ですから (韓国に行った時は、日韓関係が悪化したのは日本が悪いからとまで云ってたし)、そりゃ無理なんでしょうけど。

■ '05年9月3日〜
  「ダイエットふりかけ 〜視覚に訴えかける7日間のダイエット〜」 っつ〜のが話題になっているらしい。

フォード モデルT ツアラー '15 日産 R89C レースカー '89  味は普通の塩味なれど、「視覚に訴えかける7日間のダイエット」 と称しているように、思わず食欲がなくなる気持ちの悪い青い色をしていて、美味しそうなご飯にふりかけるとアラ不思議、毒々しい青色の不気味なご飯に見た目が大変身。 それをしばらく続けると、そのうちご飯そのものに嫌悪感を覚えるようになり、食べる量が劇的に少なくなるそうな。

 なんつ〜か、パスタとかの麺類やパン類、菓子ばかり食べていると思われる肥満体の人には何の効果もない上に、素朴に 「ご飯に嫌悪感を覚えるようになるって、日本人としてどうなのよ?」 って感じがしますね。

 ダイエットと云えば、あえて白塗りの顔にして当時流行していたガングロ (肌に悪い) を撲滅し美白ブームを巻き起こした鈴木その子さんの 「やせたい人は食べなさい (ご飯をたべるダイエット法)」 ってのが昔ものすごく話題になりましたが (炭水化物摂って痩せられる訳がないだろって感じで当時はマスコミに叩かれていましたが)、食べるべき食事、ご飯をしっかり食べて栄養を摂って、無駄な間食を減らして健康的に痩せるって考え方はずっとまっとうだと思います。

 元々過度なダイエットは健康を害するだけな訳ですが (その子さんのダイエット法も、息子さんが拒食症で亡くなったのを原体験として作られたもの)、視覚効果まで動員してご飯が嫌いになるようにするってダイエット法は、あたしがご飯好きなこともあり生理的にイヤな感じです。

 なんつ〜か、食べ物を粗末にするなよ…。

 ゲームGT4はひと段落。 欲しい車はほとんど手に入ったし、誰かと対戦やりたいにゃあ。 フォトドライブ撮影による写真もたまってきたので、ちょっとまとめてみました。 「グランツーリスモ4 /GT4/ プレゼントカーほか写真館」 へどうぞ ヾ(´▽`)ノ゙ ( この画像はグランツーリスモ4フォトドライブによって撮影されています)。

■ '05年9月2日〜
  何かとトラブル? 続きの我がサイトの掲示板ですが、場違い板違いの書き込みはまぁ個人的には構わないと思っているんですが (常連さんにはご心配お掛けしてます…本当にごめんなさい (>_<)、どうにも我慢できないのはワンクリック詐欺サイトとか、画像 (それも児童ポルノまがいの実写パッケージとか) を貼り付けての裏DVD通販とか、そういう系統の宣伝カキコですね。

家具  うちのリンク集には一部アダルツな内容があるし、エロ用語満載の同人用語集なんかがコンテンツにあるから、それであちこちから寄って来てるんでしょうけど、どっちも完全に犯罪だし、もう勘弁して下さいって感じ。

 掲示板の書き込みでは、よほどのことがない限り削除はしない方針でやってんですが (おかげで同人用語関係ではご迷惑をお掛けしてます…申し訳ないです)、さすがにワンクリック詐欺サイトへのリンクとか児童ポルノ画像を放置する訳にはいかず、しかも相手はスクリプトで自動書き込みしているようで、削除しても削除してもきりがない。 IPで一部の絨毯爆撃は弾いているんですが、プロバイダに ぷらら を使ってるのがいて、さすがに ぷらら を規制するわけにもいかず、困りんちょん状態です。

 つうか、クソアダルトスパム業者、とっとと死ねよ。 スパムメールも大迷惑なんじゃボケ! アダルトスパム業者のサイトに 「田代砲」 をぶちかます人は結構いるようですが、その気持ちがわかりますよ。 ログに残ったIPからホストへの通報なんかはやってますが、とっとと対応して欲しいもんです。 ぷんぷん。

■ '05年9月1日〜
  もう9月っすか。 今年の夏も早かったにゃあ。
▲このページの先頭に戻っちゃう ▼末尾に飛んでみる


■ '05年8月31日〜
  報道ステーションを視聴していたらば、キャスターの古舘伊知郎、何か悪いものでも食ったのか…と思うぐらい普段の迷司会ぶりとは打って変わった直球勝負、その相手が自民党ではなく、野党に向かっていたから面白い。 民主党はじめ野党の論客は、まさか報ステで正面から攻撃を食らうとは思ってなかったのか、返答はしどろもどろ。 大いに笑わせてもらいました。
共産・造反組「郵政民営化は小泉とブッシュの密約で、外資に350兆円を渡すためのものだ」
古舘「いまどきそんなバカな陰謀論を信じるやつはいませんよ。 日本人はバカじゃないんですから」
共産「無駄遣いをやめるべき、軍事費を減らしたらいい」
古舘「ではどのくらい減らしたらいいんですか?」
共産「いや、今すぐにはいえないけど、減らすべきです」
古舘「だから具体的に数値を云って下さいよ、具体的に。 共産党の考える適正な軍事費はいくらなんですか? ねぇ、いくら?」
共産「いや、だから…ええと、だから、半分くらいですよ」
 共産党は野党としてはかなりマシな部類に入ると思うんですが (サラ金への対決姿勢など)、それでこのザマ。 野党の人たちがいかに日ごろ政策など全く考えずに、与党の批判だけしかしてないのがよく分かります。 民主はよりによってバカ発言しまくりで墓穴堀まくってる管直人だし、もう、爆笑ですよw 先日の番組で安倍から 「自民党は小さい政府を目指してますが、民主党は小さい政府、大きい政府、どちらなんですか?」 に、「民主党は小さい政府でも大きい政府でもない、第三の政府を目指す」 と迷答を吐いた管さんですが、もう少し分かりやすく話さないと負けますよ? 造反組の人たちも政党批判や政権批判じゃなく、もう小泉の人格攻撃一辺倒。 やたらヒトラーだのヒトラー以上の極悪独裁者だの云うけど、ヒトラーに例えることが国際的に見てどれほど非常識なのか、少しはわかって喋ってんだろうか。

地元の風景  それにしても民主党が 「小泉劇場には付き合わない」 と称して最大の争点に挙げている 「年金改革」 ですが、これがもうお粗末で噴飯ものでしたね。 少子高齢化や年金積立金の未納率が下がらない点を踏まえ、消費税で財源を賄う…って点まではよく聞く話ですが、さらに最終的には全て税で賄い、年金積立金は廃止する方向なんだそう。 さらに月額4万円程度の年金額を段階的に引き上げ、最低でも7万円程度の給付額に引き上げるとのこと。

 消費税率3%上げれば財源は十分に賄えるってなデタラメ計算はともかくとして、要するに民主党は、これまでまじめにきちんと積立金を納付した人と、これまで全く納付金を支払わず踏み倒した人々と、今後待遇は同じにするべきだと云う訳ですか。 さらに40年だの45年だのの間に渡って年金積立金を納めた挙句、60歳やら65歳になって給付が始まったら、それまでまじめに払ってきた人はその中から毎月消費税の形で2重に納付金を取られる訳ですか。 もうね、思いつきのデタラメ改革とやらはウンザリですよ。

 年金一本化も意味不明ですね。 厚生年金や共済年金は国や企業が半分を負担、国民年金だけは現時点でも、将来も、全額本人負担なんですが (おまけに夫を亡くした妻は国民年金の人だけ、夫の分を貰えず払い損)、この3つを一本化するとして、この不平等をいったいどうするのか。 年金積立金の未納が増えているのは 「どうせ貰えないから払っても仕方がない」 というモラルハザードだけが原因じゃなくて、複雑怪奇なシステムと無茶苦茶な無駄遣い、さらに正規社員でも公務員でもない、国民年金の枠に入ってしまった低賃金の派遣やアルバイトが増えているからだってのを、なんでハッキリ云わないんだろうね。 あんたら労働者のための党だろうに。

 そういや在日外国人が年金を貰えないのを 「差別だ」 とか主張して日本人以上に手厚い支給をするべきだとも主張してるのが民主党だけど、彼らが年金を貰えないのは、年金積立金をただの一度も支払ってないからですよ。 日本人だって未納してる人は貰えないのに (あたしのような自営業者は、ちゃんと納付していてももらえる額は平均額よりさらに少ない)、それの一体どこが 「差別」 なのか。 「いずれ祖国に帰るから日本の年金は払わない、払えというならそれは詐欺だ」 とまでいって支払いを拒んでいたのに、受給年齢に達した途端、「やっぱり払え」 ですか? 在日だろうが在韓だろうが在北だろうが、国籍が韓国や北朝鮮なら、韓国や北朝鮮から年金を貰うのが筋でしょうに。 日本人はちゃんと年金を納めていれば、アメリカに行ってもどこに移住してもちゃんと給付を受けられますよ。 こういうデタラメがいつまでもバレないつもりでいるのが痛い。

 それにしても、いつもの総選挙報道だと、[公示期間前 → 自民党持ち上げ] [公示期間中 → 自民に冷ややか 民主に好意的] [投票直前 → 自民叩き民主絶賛] を繰り返してきただけに、今度もそうかと思っていたんですが、何となくこれまでの選挙とは雰囲気が違うような気はしますね。 報ステの後のTBS N23は相変わらずで笑いましたがw (郵政を選挙の争点としている国民は少ないから議論しても意味がない、くらいにいっておきながら、さらに争点としては弱い靖国問題で一番時間を取っていたのは笑ったです)。 これじゃよほどのことがない限り、小泉圧勝じゃないでしょうか。

■ '05年8月30日〜
  アニメ 「タッチ」 再放送、弟 あぼん 。・゚・(ノД`)・゚・。 涙クン、彼に告げて、彼に超告げて〜。

 昼間のテレ東の映画では、懐かしい 「戦略大作戦」 を。 カットされまくりでしたが、やっぱ面白いな、これ。 こういうコメディタッチでの反戦映画 (脚本の段階ではかなりそれが強かったものの、映画化と同時に娯楽色が強くなったらしいですが) が成立するところが、アメリカのすごいところですわな。 まぁ邦題の 「戦略大作戦」 ってのは謎ですが…w タイガー戦車、かっこいいな (改造モノですけどね)。

 東京都千代田区の首相官邸にワゴン車が突入し、犯人はその場で首を切って自殺を図ったそうな。 首相官邸ともあろう場所が、ずいぶんと警備が手薄なこと。 犯人は女とだけ報道で、名前も何もでず。 車内にはパスポートと反小泉のビラがたくさんあったそうですが…どうせろくすっぽ続報は出ないんだろうな。

■ '05年8月28日〜
  NHKスペシャル 「日本の群像 再起への20年 第4回 極小コンピューター 技術者たちの攻防」 を視聴。 トロン敗北から早15年…日本は今、次世代のコンピューター社会の核になるともいわれる超小型コンピューター 「ICタグ」 の世界標準をつかもうとしている…ってな内容。 NHK が大好きなネタと云うと幕末の榎本艦隊とトロンですが (そうか…?w)、今回もアメリカに潰されたトロンの恨み節をひとしきりやった後に、新技術の世界標準にかける技術者の姿を詳しく紹介してくれています。 Windows に PC の世界標準 OS の座を奪われたものの、トロンは家電や携帯のプロセッサには不可欠なものとなったし、資源も国土も何もない、あるのは人材と技術力だけだという日本の奮起を促す佳作と感じました。

■ '05年8月27日〜
  家でダラダラ仕事。 っていうか、ほとんど寝たきりに近かったです。 背中の皮がむけてます…結構日焼けしたんだにゃ。 疲れた…。

 テレビドラマも高視聴率でとどまるところを知らない人気の 「電車男」 ですが、第8話 「復活!!涙のオタク激白」。 ビデオがあったんで視聴。 思わず声を挙げて泣いたです (ぉ

 いやしかし、電車男もエルメスも可愛くてまっすぐで、いい感じにまとめられた回ですね、これ。 初期の頃見損なってから 「再放送かビデオでまとめて見ればいいや」 とスルー気味の電車男ですが、テレビは実話とされるエピソードを骨格として良い感じに話を膨らませていて好感が持てます。 美女と野獣路線というか、「あなたが好きだから、ぼくは死にまっしぇええぇぇん!」 な 「101回目のプロポーズ」 路線のドラマとなってますが、先の展開が (結末は分かっていながら) 楽しみです。 チビノリダーもいい役者さんになったね…(ホロリ)。

■ '05年8月26日〜
  という訳で、台風14号も無事に通過して、なんとか快晴に。 さっそく海に繰り出してチャプチャプ海水浴。 台風通過直後だけに波は大きいし、思いっきり遊泳禁止なんですが (腰くらいまでの深さなら監視員さんも文句を云わない)、うちはサーフボードをいくつも持ち込んでいたんで、遊泳区間から外れると普通に泳ぐことができました。

台風一過の大快晴〜☆ 台風一過の大快晴〜☆  まぁさすがに台風直後に海で遭難なんてしたら誰も同情してくれませんしw、そもそも大迷惑なんで、無茶はしませんでしたが。 というか、久々に泳いだら、完全にクロールが出来なくなっていました…。

 それにしても若いのが多いグループだったせいか、ビーチバレーとかビーチフラッグとか、若者らしい遊びがてんこ盛りで、かなり疲れましたわ…。 女の子も一緒だったんで気を使うし…。 うぬぅ…寄る年波にはかないませんなぁ…ううっ。

 家に着いたら筋肉痛とかはありませんでしたが、年を取ると疲れや痛みはすぐには出ないんですよね。 明日以降が心配ですじゃ…ごふっ。

■ '05年8月25日〜
  台風接近中の折、豪雨と強風のさなか、車2台連ねて千葉県は勝浦へ一泊旅行。 面子は会社の人間を中心に男4人、女3人。 気が重い… (^-^;)。 うちの社のスポンサー会社の社長が所有するリゾートマンションの一室を根城にしての夏休みヴァカンスでしたが、食材を大量に買い込んでバーベキューしようにも雨と風でどうにもならんし (結局マンションのテラスで無理やりやりましたが)、冴えないバカンスになってしまいました。 車で移動して久々にカラオケに行ったのは楽しかったですけど。 このまま海も見ず花火もできんのは哀しいのぉ。

■ '05年8月24日〜
  小泉首相が秋葉原で街頭演説。 まじっすか… (´□`。)。 見たかった… _| ̄|○

■ '05年8月23日〜
  友達と映画 「スター・ウォーズ エピソード3/ シスの復讐 (Star Wars Episode III: Revenge of the Sith)」 を観ました。 こないだテレビでやったエピソード2は観れなかったので、できればDVDとかで見てからにしたかったんですが、人に誘われでもしないと結局観に行けなくなったりしますんで…。 最後のスターウォーズだし、絶対に劇場で見たかったので、誘われるまま観覧することに。

日常の光景  物語としてはアレなところもかなりある映画ですがw、やっぱSWは面白いっすね。 というか、しょっぱなの大艦隊の空中戦シーンでは圧倒されるし、とにかく画面一つ一つがこれでもかってくらいの迫力で堪能できちゃいました。 CGっぽさ全開ってところが多いのは、もう仕方ないでしょうし。 にしても、後半、耳慣れたエフェクト (タイファイターの飛行音とか) や音楽、建設中のデススターの映像なんかが流れると、生まれて初めて最初のスターウォーズを劇場で見たときの記憶が鮮明によみがえってきて、なんかそれだけでもちょっと感動もの。 観終わって劇場の扉から出たら、母親に手を引かれた20ウン年前の子供の頃のあたしが外で待っていて 「続編」 を観ようとしているんではないか、そんな感じすらしました。

 物語後半の3部作を見てから前半の3部作を振り返るってのが、スターウォーズシリーズの珍しいところですが、間に流れる20ウン年の月日の重さと共に、映画とも思えない、不思議な感触と感動を得られました。 ワグナーのリングなんかもそうですが、天才が人生をかけて作った大作は圧倒的ですね。 作品から湧き出る作者の 「わがまま」 も、それはそれとして納得できてしまう。 やっぱりスターウォーズはいいですね。

 しかし映画を観る場合、一緒にいく人間は重要ですな。 劇場から出て開口一番、「や、ダースベイダーさん、大変なことになってましたねwww」。 もうだめぽ… _| ̄|○

■ '05年8月22日〜
  仕事仲間がうちに来て合宿開始。 眠いっす…。

離れ  Google Earth (世界地図を衛星写真を基にした3D画像で表現するソフト) において、「日本海」 が 「東海」 表示になってしまったらしい。 東海といえば韓国が官民一体で世界中の地図から 「日本海 (Sea of Japan) 」 を消し、替わりに 「東海 (East Sea)」 に書き換えようとしている問題の表記ですが、2年くらい前に盛り上がったものの、日本外務省が珍しく公式の見解を出して日本海表記を消した欧米の大手地図会社も元に戻り、ひと段落した印象がありました。 韓国の民間のネット活動家の地道な運動の成果だそうですが、未だにしつこくやってんですね。

 詳しい内容は外務省のページ (→ こちら) に譲るとして、もういい加減に日本に関わるのは勘弁してくれないですかね …(;´Д`)。 過去に 「東海呼称の根拠」 として韓国側から出された古地図は偽造したものだったのがバレたりしてんのに、嘘も100回云えば本当になる式の圧力にはウンザリですよ。 だいたい明の古地図 (1602年制作の 「坤輿萬國全図」) に日本海と出ている上に、朝鮮は属国だと出ている。 宗主国の公式な地図に日本海と出ているのに、どうして属国の名称がそれを全否定して歴史的正当性があるんだと主張できるんだっての。

 Google も思想的な変更理由なんかはなくて、抗議が来たからああそうかと直しただけなんでしょうけど、国連の世界地図とかイギリスの海図とか参考にしたらこんなバカな結果にはならないだろうに、何やってんだろうか。 日本人が太平洋を 「東海だ」 と主張したら、太平洋は東海表記になるんでしょうかね。

 どうせ日本側からの抗議が増えたら元に戻すんでしょうけど、Google もとんだとばっちりですね。 まぁ日露戦争の時の 「日本海海戦」 が、「東海海戦」 になるようなことはないんだろうから、常識で考えれば分かる話なんですけど。

■ '05年8月21日〜
  すっかり面白みの欠けた展開の大河ドラマ 「義経」 ですが、松平健さん演じる武蔵坊弁慶と、阿部寛さん演じる平知盛だけはいい感じ。 キレた演技が光る鶴見辰吾さん演じる無能な棟梁、平宗盛もいいっすね。

沢井美優写真集 KISS 小松彩夏写真集「Summer Date」  今日の放送 (第33回 「弁慶走る」) のような内容だと、弁慶以外の出演が少なくなるのは当然としても、滝沢演じる義経の存在感がここまでないのは何とも。 それにしても熊野水軍あたりが出てくるところを見ると、再来週くらいにいよいよ壇ノ浦の合戦になるのかな。 これを終えたら華々しい合戦絵巻はなくなってしまうんで、少しは引っ張るのかも知れないけど。

 「国民」 の印籠も恥かしい偽水戸黄門が痛々しい綿貫新党 「国民新党」 に続き、またまた新党結成。 「新党日本」 だそうですが、代表に長野県知事の田中康夫、代表代行に小林興起、副代表に荒井。 なんすかこれ? これで支持が集まるんだと本気で思ってるんだとしたら、ずいぶん有権者もなめられたものです。

 実写版セーラームーンのキャストの写真集の発売が続きますが、沢井美優さんの写真集 「KISS」 の清楚なイメージに対し、小松彩夏さん 「Summer Date」 はずいぶん大人のイメージ。 ちょっと微妙…。

■ '05年8月20日〜
   TBS系で土曜深夜にやってる情報バラエティ番組 「ランク王国」 で 「好きな萌え系キャラランキング」 をやってました。 順位はこんな感じ。
順位









10
男性が選んだ萌えキャラ
朝倉音夢/ D.C. ダ・カーポ
綾波レイ/ 新世紀 エヴァンゲリオン
白河ことり/ D.C. ダ・カーポ
ミルフィーユ・桜葉/ ギャラクシーエンジェル
木ノ本桜/ カードキャプターさくら
水越萌/ D.C. ダ・カーポ
メイリン・ホーク/ 機動戦士ガンダム SEED DESTINY
鳥丸ちとせ/ ギャラクシーエンジェル
雪城ほのか/ ふたりはプリキュア
惣流・アスカ・ラングレー/ 新世紀 エヴァンゲリオン
女性が選んだ萌えキャラ
寺島伸夫/ NANA
本城蓮/ NANA
三井寿/ SLAM DUNK
孫悟空/ ドラゴンボール
桜木花道/ SLAM DUNK
道明寺/ 花より男子
モンキー・D・ルフィ/ ONE PIECE
流川楓/ SLAM DUNK
高木やすし/ NANA
ロロノア・ゾロ/ ONE PIECE
 ダ・カーポ強えぇぇw 放映開始から10年経過のエヴァの健闘も見逃せません。 セーラーム…いや何でもない、何でもないといっている! 後はギャラクシーエンジェルとかCCさくらとかガンダム、プリキュアと、なるほどなって感じのラインナップ。 一方女性向き萌えキャラには、NANA が抜群の強さを発揮。 NANA が人気があるのは知ってますが、男性の萌えキャラの傾向から、いわゆる 腐女子 系の萌えキャラがズラリかと思ったら、むしろ普通のキャラが多いようでちょっと意外。 まあスラダンとかワンピからはきちんとランクインしているところからして、やっぱり腐女子の影響力は強いんでしょうけど。

 さてこのランク天国、実は土曜の放送、それも深夜だと云うこともあって、パソコン通信時代から、ネットのチャットなんかで実況しつつ見る定番の番組だったんですよね。 そのちょい前の 「チューボーですよ」 なんかも、「腹減った…」 なんてキーボード叩きながら見ていたものです。 当時はアニメ版セーラームーン (一部地域除き、土曜放映) がありましたから、その感想なんかを、チャットやRTでやってた訳ですが、エヴァでいくぶんオタクが一般化したとは云え、当たり前のように 「萌えキャラランキング」 が地上波でやる時代になったは、ちょっと感慨があったりしたり。 時代はどんどん進んでいくなあ。

■ '05年8月19日〜
  以前仕事していたところから、忙しいので手伝ってちょうだいとのメールが何通か。 仕事とはいえ同じような作業を連日こなしている身としては、そろそろ飽きてきて毛色の違った仕事もしてみたいもんなんですが…さすがに無理ぽ。 勤め人になんかなるもんじゃないっすね。 って云っても、そうとう自由気ままにやらせてもらっているので、もう少しシャンと仕事しろって感じですが… (;_;)

■ '05年8月18日〜
  韓国、中国、日本など3カ国が世界金融不安の可能性に対応するため、共通貨幣の創設を真剣に検討するべきだという主張が韓国で提起されて話題になってます。 東アジア共同貨幣構想だそうですが、EUみたいな比較的国の経済が近しい国同士の共通貨幣ユーロだって導入までに散々もめて、運用開始した今でも問題山積なのに、どうやって東アジアで共同の通貨なんか作れるんだろう。 世界三大機軸通貨はドル、ユーロ、そして円ですが、中国や韓国はなんとしても自国通貨を機軸通貨にしたいんだろうな。

日常の風景  経済格差や統制経済と自由経済など制度の違いはともかくとして、世界中の紙幣の偽札作りまくってるリアル カリオストロ公国である韓国や中国、北朝鮮が、これで 「本物の偽札」 w を、自由に刷れるようになるってことですかね。 日本資産の価値が暴落、スーパーインフレになりそうですが、もう素人が考えても無茶な話をするなってのw 共同ファンドを創設して資産の保全を図る構想もあるらしいですが、いったいどこまで日本の金を盗めば気が済むんだろうか。 日本はもう借金して他国の支援をしている国。 そろそろ勘弁してくださいよ…。

 もうひとつ。 日本の関東軍が第2次大戦当時、中ソの国境に極秘裡に建設した大規模な地下要塞の全貌が明かされたらしい。 総延長 4,700km、うち 1,700Km は地下に建設された巨大な要塞だったらしい。 建設には 11年間もの期間と 320万人の中国人労働者が強制動員され、駐屯する軍人たちのために数万人の朝鮮人慰安婦も動員されたそうな。 建設途中の過酷な労働や機密保持のための口封じで、少なくとも100万人が死亡したり殺害されたんだそう。

 万里の長城が総延長 2,400Km、強固で有名な独仏国境に築かれたマジノ線が確か 140Km。 もっと分かりやすい話だと、地球の円周の 1/8 程の長さになりますか、4,700km と云えば。 民間人限定での中国人被害者数が 5,000万人だったって中国の報道がこないだありましたが、もうね、バカも休み休み云えっていうの (^-^;)。 こういうオカルト雑誌 ムーも真っ青のデタラメ話が、新聞紙上にまことしやかに流される国と、まともな話が通じるんだろうかねぇ。 腹が立つと云うより、ウンザリと云うより、笑いがこみ上げると云うより、ちょっと怖いですよ。

 マンガ 「嫌韓流」、どうやら発売一週間で20万部突破したらしい。 amazon のランキングも途中2度、合わせて2日間ほど首位を陥落しただけで、未だに1位をキープしているし、すごいベストセラーになったもんです。 お盆休み前には印刷所の進行調整があるから、次の大増刷が入るのは確実。 30万部も見えてきました。

■ '05年8月17日〜
  子供の頃から選挙報道やら政権放送やらが好きだったんですが、ここんとこテレビは衆議院選挙の報道、一色になってますね。 小泉自民党がやたら持ち上げられているのはいいとして (たいてい公示前には自民党を持ち上げて、公示期間中は民主党を絶賛するのがマスコミのいつもの手なんですよね…)、小泉の選挙戦略も劇場型というか、すごいド派手な感じですね。

サボテンちゃん  橋本派を叩き潰し、次は亀井派を叩き壊そうという小泉さんですが、ケンカが強い指導者は見ていて面白いですね。 それにしても、ライブドアの堀江さんは選挙に立候補するんだろうか。 するらしいとの話が出ていますが、だとしたらすごいことになりそうですね。 さすがに堀江さんが自民から出るからって、楽天 三木谷さんが民主から出たりなんかはしないでしょうけど。 これでライブドアの知名度もさらに上がって、株価も上昇って感じなんでしょうか。

 有明で開催していたコミケ会場内にて、ケータリングカーでホットドッグを売っていた 「ネイサンズ」 アルバイトの女の子が、自分の blog にてコミケ参加者を 「大量オタ。 これほんの一部ですからね。 これがぶぁぁぁぁあっているの。 怖い! きもい!」 と写真つきで紹介。 早速2ちゃんねるで話題になっているようです。 萌えるるぶを指して罵倒した 「きんもーっ☆」 なる言葉 (気持ち悪いという意味らしい) は、「もうだめぽ」 なんかと同じネットの流行語になりそうですね…。 とばっちりを受けたネイサンズはご愁傷様。

 日記以外の更新が止まりまくりのこのサイトですが、リンクページ を若干更新。

■ '05年8月16日〜
  仕事しつつ、昼頃に 「ふうぅ〜」 っと横になったらいきなり体が揺れている… ぬぅ、息が荒い訳でもないのに、なんだこれ…と思ったら、地震でした。 ゆっくり目の長い地震で、結構揺れた印象。 テレビを見たら東京は震度3でしたが、宮城では6弱あったようで、かなり大きい地震だったんですね。

キューティーハニー  NHKやTBSは地震速報番組に切り替わり、日テレは日本地図が出て津波の恐れのある宮城の沿岸に黄色いマークを付けて注意喚起、しばらく遅れてテレ朝でも同様の放映になり、12時廻った頃には全て特別編成番組になったけど、フジテレビとテレ東はテロップで震度を流した後は無視。 テレ東はいつも通りですけどw、とりあえず大地震がおきた時にフジテレビ見ていたら、間違いなく命に関わりそうです。

 名作アニメとして名高い 「キューティーハニー」 のコンプリート DVD ボックスが9月に発売。 あたしの初めて買った (親に買ってもらった) アニメグッズは、確かど根性ガエルのぴょん吉のTシャツと、朝日ソノラマのキューティーハニーのレコード付の絵本でしたよ… _| ̄|○ 本放送って、確か土曜の夜8時、すなわち 「ドリフの 8時だよ全員集合!!」 の裏だったので、あたしが本格的に見るようになったのは夕方あたりの再放送だったと思うんですが、独特のエロかわいさに、子供ながらにグッと来ていたのを覚えてます。 今じゃ、家にフィギュアも転がってるよ…。 値段は DVD だけにかなり安いし、ちょっと欲しいところですが…。

 そういやアニメ版のセーラームーンの後番組が、リメイク版のキューティーハニーFってやつでしたが、いろんな意味であたしの人生に関わっているアニメだなぁ、これ。

■ '05年8月15日〜
  妹と近所のショッピングセンターへ買い物に。 田舎から送ってもらったお供え物のお礼を買って返送しつつ、あちこちに連絡を。 最初のお盆ではありますが、なんかあっけない感じでした。 時間が経つのは早いなぁ…。

タイ雑貨の店で思わず買ったカエルの木彫り  NHKの終戦60年記念番組、「日本の、これから」 視聴。 夕方5時からの第一部から深夜の第三部まで、中途休憩を挟んで一気の放送で、討論形式の番組としてはかなり力の入ったものでした。 NHKのこの種の番組では珍しく?、コメンテーターも市民の皆さんもバランスがそこそこ良くなっていて、いつものような、中国韓国側からの一方的な日本批判になってなかったのは良かったです。

 しかし 「アジア」 の外国人留学生の大半が中国人、韓国人なのはまぁいいとして、ベトナムやらタイやらインドネシアやらミャンマーの人たちに発言の機会が全くといっていいほどなかったのはなんとも。 ベトナムなんて、ベトナム戦争では韓国軍にボロクソに攻められているし、中越戦争では中国に一方的に侵略されているし、テーマは日本なんでそこまで突っ込んだ話はしないだろうとしても、発言させてくれたら面白そうだったんですけどね。

 内容的には 「NHKでここまでやるか」 というぐらいの内容。 やっぱり 「生放送」 だと、捏造や編集はできないんでしょうね。 コメンテーターでは櫻井よしこさんが圧倒的な強さ、一般視聴者では自営業の女性が堂々と 「南京事件は幻である」 と主張、さらに村町外相も 「日本の学校教育では近現代史を素通りするというが、これは教員にマルクスレーニン主義の人が多く、無茶苦茶な教育をしてしまうから、あえて近現代はじっくり教えないようになっている、これは事実です」 とバッサリ。 教科書問題やら反日やらが 喧しい昨今ですが、溜飲の下がる内容となっていました。 視聴者アンケートも、日ごろNHKが流している 「中国韓国に親しみを感じる」「お詫びすべき」「日本が歩み寄るべき」 な内容と全く異なる数字になっていて、ちょっと痛快でした。

■ '05年8月14日〜
  お盆ということで親戚がやってきて、妹も帰ってくるので、家の大掃除を。 散らかっているのは平気なものの不潔系は苦手なんで、それなりに掃除はしているんですが、やっぱりちゃんと拭き掃除とかやると、ほこりがたくさんとれますね。 それにしても暑いですねぇ。 コミケはサークル参加する友人がいるし一般参加する知人もいるしで、顔見せくらいはしたったんですが、どうにも都合がつかず。 哀しいっす…。

 NHK 大河ドラマ、那須与一は今井翼ですか。 タッキー&翼だか何だか知りませんが、大河ドラマを見る層はそんなの全く期待してはいないんですけどね。 呆。

■ '05年8月12日〜
  ここんとこ打ち合わせが殺到してます。 仕事の仲間が大半の打ち合わせやクライアントからの問い合わせの処理をしてくれているので、それほど引っ張りまわされる訳ではないんですが、会社を起こす前の個人で遣ってた仕事の残りもあるし、どうにも憂鬱。 引きこもりてぇぇ…。 そういや今日から夏コミが始まるんでしたっけ。 コミケも久しく行ってないにゃあ。 うぬぅ。

■ '05年8月11日〜
  だらだら続く日記ですが、携帯の写メールをつらつら眺めていて、せっかく撮ったんだからここの日記に差し込もうとゴチャゴチャと。

お庭  画像のタイムスタンプ見て過去の同じ日の日記あたりにペタペタ。 ブログでもモブログをうたった携帯端末対応のとかだと当日すぐに貼り付け → 更新完了! なんでしょうけど、手動だとどうにも更新が面倒ですね。 っていうか、どうでもいいショボい写真ばかりだから (というか、日記自体どうでもいい内容ですけどw)、完全に自己満足ですけどね。

 しかしこの携帯を買ってから3年くらいですけど、その間に色々ありすぎるくらい色々あったんで、何とはなしに撮った風景とかが今見ると特別な意味を持っていたりして、感慨深げ。 ふうぅ。



■ '05年8月10日〜
  しばらく前に拉致被害者を救う会を騙った偽募金活動ってのがありましたが、「○○ちゃんを救う会」 (海外で高額の手術を受ければ助かるかも知れない難病を持った子供のための募金) みたいな方は、どうなんでしょうね。 収支明細を出してないところがほとんどだったり、出していても余剰金が出ていてその使途が不明だったり。 マスコミで取り上げられるものの他にもたくさんあるんでしょうけど、試しに Google で 「ちゃんを救う会」 で検索したら、「ちゃんを救う会 の検索結果 約 301,000 件」。 ぬううぅ…何ぼなんでも多すぎでないかい?

最前線 vol.1  昔のこの手の会って、やつれた両親が 「家も売った、車も売った、貯金も全て崩した、金も借りられるところからは全て借りた、でもどうしても○○円足りない…誰か助けてください!」 みたいな切羽詰まった感じが多かったのに (赤の他人に支援を求める以上、ギリギリまで自助努力をするのは当然でしょうし)、最近じゃ海外での手術費用だけでなく両親や支援者らの渡航費用や滞在費用、街頭募金のためのボランティアのそろいのジャンパーやのぼりの製作費用なんかも募金から捻出しているようで、「そりゃ ちょっと違うんでないかい?」 って感じがします。

 もちろん難病なのは事実でしょうし、詐欺とまでは云わないけど、多くの場合 「救う会」 とやらを結成してるのが両親や親戚ではなく 「知人」「善意の第三者」 ってのが引っかかります。 難病の子供を抱えた両親を探して 「私たちが募金活動してあげますよ」 みたいな話を持ちかける 「半業者」 みたいな 「プロボランティア」 のグループがいるような気がものすごくします。 組織的に駅前で偽募金をやってる完全な詐欺グループがいるくらいなんだから (インチキな街頭募金やってる人たちは債権者に動員された多重債務者らしいですね)、こういうのがいても、ちっともおかしくないですよね。 だから 「○○を救う会」 じゃなく、「○○ちゃんを救う会」 とか、「○○さんを救う会」。

 まぁ両親からしたら、経済的にあきらめかけていたのに、「これでもしかしたら○○ちゃんが助かるかも」 と思いますから、そりゃ飛びつきますわな。 人の弱みと善意につけこむ連中がいるんだとしたら残念です。

 わずかでも余剰金が出たらユニセフ (日本ユニセフ協会じゃない方のユニセフ) や赤十字、あるいは別の困ってる人に全額寄付するとか、善意を善意のままにする方法を取ってもらいたいものです。 でないと 「募金」 というシステム自体の信頼性を毀損し、人の善意が荒廃してしまいます。 あたしゃごくまれに気まぐれの募金をする以外は、自治体からくる募金とネット上のクリック募金くらいしかやってませんが、所詮募金は自己満足の偽善だとしても、せめて善意は善意のまま届けさせて欲しいものです。

■ '05年8月9日〜
  グランツーリスモ4はダラダラと継続中(この画像はグランツーリスモ4フォトドライブによって撮影されています)。

日産 R92CP レースカー '92 ポリフォニーデジタル フォーミュラグランツーリスモ '04  やっとF−1カー、ポリフォニーデジタル フォーミュラグランツーリスモ '04 も 「ニュルブルクリンク 24時間耐久」 制覇で手に入ったし、ゲーム中、最強のCカーと呼び声も高い 日産 R92CP レースカー '92 も 「Fuji 1000 km」 優勝でゲットできたし (にしても、どちらも耐久レースとはいえ、クリアに時間かかりすぎです…)、エンディング見ちゃおうかのぉ…。

 まぁ見てからも上級レースが待ってるし、まだ達成率は 30%程度。 でも見るとそれなりに萎える気もするので、もうちょい地味なレースを潰そうかにゃ。

 しかしめっきりゲームへの集中力がなくなりましたな。 1このゲームで済むから安上がりっちゃ安上がりなんですがw 車の写真館は こちら です。

■ '05年8月8日〜
  参議院で郵政民営化法案否決、廃案。 解散総選挙となりました。 それにしても小泉総理の演説は良かったなぁ。 思わず応援したくなるくらい。 自民党主体での選挙でこれほど争点が明確なものはかつてなかったですし、首相の意気込みが伝わりますね。 それにしても反対票を投じた造反議員は見苦しいですね。 「郵政だけで解散なんておかしい」 と云うけど、あんたら省庁再編でも道路公団民営化でも、過去の改革案は全て反対してたじゃないですか。 郵政民営化を改革の本丸だと何度もいってる小泉をリーダーに担いでいたくせに何をいまさらですわな。

良い天気  抵抗勢力も見苦しいですが、民主党も見苦しいですね。 過去のマニフェストでは郵政民営化賛成だったくせに、労働組合に突き上げでも食らったのか、批判のための批判で民営化反対に。 自民党が改革を唱えて、野党が利権にまみれてそれを止めるなんて構図、かつて国鉄の民営化、電電公社や専売公社の民営化でも散々見たことがありましたが、手当て合わせて平均年収が 1,200万円を軽く超える特定郵便局長みたいな 「世襲制」 の公務員職なんて、普通に考えて 「おかしい」 と思わないんでしょうかね。 郵政省全体では 38万人以上の公務員がいるけど (繁忙期にはさらに膨大なアルバイトが雇用される)、公務員削減が叫ばれる中、ほとんど狂気の沙汰ですよ、この人数。

 民営化したら地方が切り捨てられる、外資に乗っ取られる、なんて話はよく聞きますが、国鉄の民営化では慢性赤字体質だったものがサービス向上してコストも削減されたし、鉄道の線路なんかのインフラと違って、郵便や郵貯や簡保の業務なんて、コンビニの窓口やATMやらで代用が利く訳だし (コンビニがないなら役所でも一般商店でも農協でも学校でも何でもいい訳で)、マル優の廃止の時にも外資にやられると云われて、果たしてやられてしまったんだろうか。 既得権益べったりの人々がいう、ためにする議論は聞いていて疲れます。

 しばらくテレビ報道なんかは選挙一色になるんでしょうけど、国家予算80兆円のうち税収が40兆円で公務員の給料に40兆円まるまる消えて、残りの40兆円は国債で借金まみれなんてバカな財政、そろそろ直してもらわないと困ります。 年金やNHK受信料もそうですが、払っている人がバカを見るような政治はもうウンザリです。

 それにしても昨日の 森 元総理の 「チーズが硬くて食べられない」 というぼやき記者会見。 そこまで露骨にやるかというぐらい、分かりやすく小泉の決意を代弁していましたが (ほとんど恫喝ですわな、あれw)、ああいうシグナルが読めない政治家は致命的ですわな。 亀井ももう68歳だし、綿貫もいい加減いい年だし、そろそろ引退したらいいんじゃないでしょうか。

■ '05年8月7日〜
  久々に晴海に行きました。

 2年くらい前に仕事で来たのが最後でしたが、今回の目的は海上自衛隊の汎用護衛艦 DD111 「たかなみ」 への乗艦。 イージス艦は来なかったんですが、ミサイル護衛艦 DDG168 「たちかぜ」 と汎用護衛艦 「たかなみ」「おおなみ」 の3隻がズラリ。 最新鋭のステルス護衛艦に乗って東京湾を好き者の友達と一緒にクルージング。 こないだ屋形船に乗ったばかりですがw、やっぱり船はいいのぉ (って、軍艦と宴会船を同列に並べるなって話ですが…)。

海上自衛隊護衛艦 左「おおなみ」右「たかなみ」
東京湾を航行する海上自衛隊護衛艦「おおなみ」
東京湾を航行する海上自衛隊ミサイル護衛艦「たちかぜ」
艦橋横のデッキから航行する 「たかなみ」 の艦首を望む
埠頭に展示されていた装甲車
SH-60J ヘリコプタ


 ▲ ヘリコプタ以外の画像はクリックすると大きくなります
 実は知人が自衛隊にいたり、自衛隊がらみの仕事をちょっとやっていたりして、ヘリや護衛艦、戦車の一般試乗は誘われていたんですよね。 けれどなかなか都合が付かなくて行けなかったんですが、今年は映画 「亡国のイージス」 やら 「戦国自衛隊」 やらの公開もあって興味も高まったいましたし、うまく調整がついてよかったです。

 ひとしきり艦内を散策した後、出航と航行時は艦橋横のデッキの先頭に陣取りましたが、速度は速いし (っつっても10ノットくらいでしたけど)、威風堂々たる感じで、気持ちが良かったです。 接岸の際には別の護衛艦が目の前で回頭、迫力満点の雄姿をかぶりつきの目の当たりで見ることができました。

 いわゆる現役の軍艦って乗るのは初めてだったんですが、思いのほかコンパクトな印象を持ちました。 旧日本海軍の艦艇だと駆逐艦クラスのサイズなんで (基準排水量 4,650t/ 151m x 17.4m x 10.9m)、当然といや当然なんでしょうけど、ごつい風貌はさすが軍艦。

 雨ざらしの船体なのに、ちょっと陰になったような箇所を指でぐいぐい触っても、全然手が汚れなかったのはすごかったです。 さすがは海上自衛隊、手入れが行き届いてますね。

 家のそばに在日米軍基地があったりで、ミリタリーなオブジェクトが好きな あたしですが、いくつになっても好きなものは好きですね。 緊迫する国際情勢ですが、これらの装備が抑止力となって、平和が保たれるといいですね。 揉め事を武力で解決するのが大好きな、野心丸出しの独裁国家が隣にいくつかありますが…もはや日米同盟はNATO以上の世界最強同盟でしょうから、無駄な争いはしないで欲しいものです。

 NHK 大河ドラマ 「義経」 では、ついに継信ちゃ! に死亡フラグが…。 だからあれほど、大河ドラマでは主人公としんみり語り合ったらダメだと云ったのに…。 那須与一は誰がやるのかと思ったら…来週はMXの西遊記の再放送見るかな…。

■ '05年8月6日〜
  コミケも近いと云うことで、地方の知人の夏休み中の所在地情報がちらほらと。 東京に集まる人が多いし、うまく合流できるとええなぁ。

■ '05年8月5日〜
  ほえほえ。

■ '05年8月3日〜
  郵政民営化法案の報道が過熱してますね。 衆議院を僅差で可決したこの法案、参議院では否決の方向のようですが、小泉さんはどう考えても否決されたら 衆議院解散 → 総選挙 に踏み出すでしょうから、そうは云ってもギリギリで可決するのかな。 道路公団民営化でも反対しまくった 抵抗勢力=造反組 ですが、いい加減まともな改革に踏み出して下さいな。

■ '05年8月2日〜
  中国誌に 「沖縄の日本帰属には疑問がある」「戦後の沖縄の返還は根拠を欠く」 との記事が出たんだそう。 東シナ海の尖閣諸島を自国領だと主張したり、沖ノ鳥島は島じゃなく岩だから日本の領土じゃないと云ってみたり、軍国主義ならではの時代遅れで不気味な領土拡張政策を推し進める中国ですが、ついに沖縄の日本領の正当性にも異議を唱えだしましたか。

キティの蚊やり キティの蚊やり後ろ  今にして思うと、故小渕総理の沖縄サミットと2千円札の沖縄首里城の図案は、時代を先取りしていましたね…。

 ネットで調べると、中国は17年連続で軍事費の10%以上の増額をやっているし (実際はその2〜3倍の規模で10兆円を軽く超えているらしい、ちなみに日本は4兆円弱)、一党独裁、人権無視、言論統制のおかしな国な訳ですが、そろそろまともにこの国の危険さを認識しなきゃダメなんじゃないだろうか。 左の人はやたら沖縄の米軍基地問題を叫ぶけど、中国にとって沖縄のアメリカ軍基地は、本当に目の上のタンコブなんでしょうねぇ、云ってることが全く同じなんで笑っちゃいます。

 平和市民団体の人たちにはぜひ、「歴史認識の共有」 でもって、この中国のおかしな主張をぜひ擁護して欲しいものです。 無理でしょうけどw

■ '05年8月1日〜
  いよいよ夏本番〜って感じですね。 仕事しながらテレビを見れば、ルパン三世やらタッチやらのアニメの再放送も始まってて、学生時代の夏休みなど遠い昔のあたしでも、何となくウキウキしてきます。 去年まではエアコン故障で自分の部屋が灼熱地獄だったんですが、今年はエアコンも付け替えたし、少しは余裕がありそう。

 市谷の弁護士事務所に妹と打ち合わせに。 またお金が飛ぶです… (T-T)
▲このページの先頭に戻っちゃう ▼末尾に飛んでみる


■ '05年7月31日〜
  NHK 大河ドラマ 「義経」、今日は第30回 「忍び寄る魔の手」。 どうでもいいけど、いま東京ローカルのMXテレビで、堺正章さん主演の 「西遊記」 (夏目雅子さんや岸辺シローさん、西田敏行さんが出てるやつね) の再放送を大河ドラマの裏番組でやってるんですが、ここんとこサッピング状態で、むしろそっちメインで見ていたりしますw どう考えてもそっちの方が面白いです。

 大河と海外局のドキュメンタリー、NHKスペシャルがなくなったら受信料の支払いをやめようと思っているんですが、今年の大河は、うちではなくなる寸前で(;_;)

■ '05年7月30日〜
  土曜も日曜もなく、朝から打ち合わせの梯子。 まぁ普段うちでのんびり仕事してるんで、仕事だしたまの外出はイヤじゃないんですが、帰ってきてからグッタリしちゃいますね。 一緒に仕事してるパートナーは事務所を渋谷あたりに借りたいらしいですが、通勤したくねーなぁ。 ぬうぅ。

■ '05年7月29日〜
  なんか疲れて一日中、ぐったりした感じ。 ぐばばばば。

■ '05年7月28日〜
  新宿で知人らと待ち合わせした後、浴衣に着替えて両国の屋形船の乗り合い所まで。

屋形船 屋形船船上より  屋形船に乗るのはこれで二度目ですが、前回は寒い時期だったので景色を楽しむのも程々に、船内にこもって鍋をつつくような船旅でした。 んが今回は、足立区の花火大会を楽しみつつの船宴会で、貸切の船内には同業者や仕事仲間がたくさんで、大いに楽しめました。

 もっとも参加メンバーに飲食店の経営者なんかが多く、「♪ 社長が飲むって ウ ワ サ …ワサワサ ベイビィ ワサワサ フォフォ」「♪ 社長が飲んで〜 常務が飲まない訳がないっ! オイッオイッ オイオイオイッ 瓶だ瓶だ〜瓶だ瓶だ瓶だぁ〜あぁ」 …な、思いっきり体育界系一気飲みのノリで、かなり疲れましたがw

 船宿さんが力のある人みたいで、花火大会の場所取りでは最前列、おまけに花火待ちの間、テレビとかでも活躍しているとかいう手品師のマジックショーなんかがあったりして、かなり豪華な感じの船遊びでした。 女の子もたくさんいたんですが…最近そっち方面はまったく興味がなくなってきてたりするんで、オッサンと地味な話ばかりをしていましたがw

 主催者が居酒屋やらグルメ食品の物販やらをやっている人で、出てくる料理が超豪華なのもすごかったです。 天然モノのタイの活け造りとか天然モノのうな重とか伊勢海老汁とか。 うなぎは季節じゃないような気もしますが、そこらの専門店よりは旨かったです。 う〜ん、今年一年分の豪華なご飯って感じでした。

 花火はさすがにきれいでしたね。 っていうか、こんなにまん前で (ほとんど火の粉が降ってくるような場所)、障害物のない川の上から見たことはなかったので、それだけでかなり感動してしまいました。  そういや何年か前、バイトの帰りの電車で隅田川に浮かぶ花火大会見物の屋形船の船影を見て、「いいなぁ…」 とか思ったものですが…ううっ、ついにあたしも、ここまで来たか… (大げさ、っていうか、飲み代高すぎw)。 でもまぁ、大いに楽しめる一晩でした。

■ '05年7月27日〜
  いや〜暑いっすね。 今日は仕事をちょこちょことやりつつ、明日、仕事先の主催で浴衣着用での参加を義務付けられた屋形船宴会 (花火大会) に着てゆく、浴衣ゲットで潰れました。 っていうか、浴衣高す(;_;)

愛車  いや、浴衣、帯、草履と合わせて 18,000円程度だから、それほどの散財でもないんですが、明日の飲み代は 20,000〜30,000円だし、あれやこれやを考えると、都合5万は飛ぶ計算。 この時期の出費は痛いですわ…。 時期的に浴衣販売のピークはもう過ぎているようで、かといって投売りする時期でもないためか、どこも高いものばかりだったのがトホホです。 一応古着屋や安売り店なんかも廻ったんですが、甚平はあっても男向けの浴衣って置いてある店が少ないんですね。 でもまぁ、いい感じに地味〜な柄のものが手に入ってよかったです。



■ '05年7月26日〜
  と云うわけで、話題のマンガ、「嫌韓流」 をとりあえず買ってみました。 ネットではあっさり手に入った人もいる一方、全く手に入らない人もいるようで、さっそく Yahoo! オークションでは高値を呼んでいます。 仕事柄、書籍類は欲しいものが欲しい時に手に入るのは役得なのかな。 第一印象は 「この本、重っw」 。 思ったより分厚く重量感たっぷりの本ですね、これ。 以下、内容のざっとした感想などを。

 絵は同人誌レベルですかね。 ネットで見て知っていたから絵に関してはそれほど違和感もなく読めましたが、書き下ろしの時間がなかったのか白コマも多く、ネームの配分もいまいち。 序盤はそうでもないですが、後半はややダレる印象があります。 内容自体には、ネットでちょっとこの手の話題に親しんだ人にはお馴染みのエピソードばかり。 ただそれが一冊の本にうまく纏められていて、初心者や全くこの種の話題を知らなかった人向けとしてはかなりいいデキだと思いました。

麺が2こ入ってる…さすがにでかすぎ  プロ市民とのディベートシーンは、あまりにも日本側の一方的勝負すぎ (まあ、理屈でいやその通りなんだけどさw) で、事情を分からない読者ほど、「一方的すぎて嘘があるんじゃないか?」 と邪推されそうな印象があります。 例えば姜尚中さんみたいな 「切れる論客」 キャラをライバルとして出して、彼らの常套手段のレトリックを再現しつつ、主人公に挫折と成長を入れるなど、マンガのストーリーとしての盛り上げは欲しかったと思いました。 まぁ作者の目的はそこにないんでしょうから、そういう読み方をするべきなんでしょうけどね。

 コラムは読み応え十分。 マンガも含め、部分読みを何度も繰り返せる体裁で、一通り読んだら終わり、みたいな内容じゃないのはいいですね。 エピローグ 「日韓友好への道」 は、それがおためごかしのエクスキューズだとしても、あってよかった。 多くの読者はあまりに一方的な試合や内容、勝負は好まないし、相手が仮に絶対悪でも救いを求める優しさがありますから、こういう救済措置は必要です。 あたしゃこれがあったおかげで多少は救われました。 作者自身がキャラとして登場する特別編 「冬のソナタと韓流ブーム」 は蛇足だと感じました。 ない方が良かったかな。

 総論としては、マスコミ批判が多く、あまり韓国を木っ端微塵に叩きのめすような内容じゃなかったですね。 相手側の主張の 「おかしいところ」 を淡々と論破している感じで、マンガとしての盛り上がりはあんまりないです。 ただマンガや書物は、それ自体が持っている価値だけが全てではないですし、出版された時代性やメッセージの広がり、与える影響も含めて評価すべきだとするなら、十分に 1,000円の価値はあると感じました。 どうでもいいけど予約開始した16日頃から、amazon のベストセラーランキングはずっと1位なんですよね。 初版は以前の予想に反して3万だそうですが (マンガとはいえ、書き下ろしでこの数はすごいっすね)、こりゃひょっとしたら、10万部くらいはいくかも知れないですね。

 スペースシャトル 「ディスカバリー」 が米ケネディ宇宙センターから打ち上げられました。 前回の事故、それを受けての慎重な打ち上げ→打ち上げ時期の延期などで心配の多いスペースシャトルですが、無事帰還できるといいですね。

■ '05年7月25日〜
  と云うわけで、スパム界…もとい、ネットアイドル界の人気者、「井川りかこ」 ちゃんのメールですが、無事続編が届いております。 日記代わりに転載してみましょう。
何だか日課になりつつあります。井川です(^-^)
昨日色々考えてたんですが。男の人ってどういう感覚で女性を見るんでしょう?
やっぱり素敵な女性はどんな状況でも結婚していても一番好きな人がいても抱きたいって思うんですかね?
男の人と女は違いますよね。
逆に綺麗じゃない女性でも抱かせてくれるならそれはそれで受け入れてしまうのでしょうか…。
私自身、22歳で結婚するまでは男性とお付き合いした経験が無かったもので(^-^;
別れた主人が最初の恋人であり、生涯の相手だと思ってたんですけどね…。
写真、撮ったの送ってみたりしたいのですがウィルスとかやっぱり私自身添付ファイルには怯えているので機会があったら見せたいと思います。
今日はなんだか少し脱力していてずっと本を読んでいました。
川北義則著、いちばん大切な生き方 ひとりになって、見えてくることわかること
と言う本です。
本屋さんで見かけてついつい買ってしまったのですが。
正直文字が頭に入って来ないので眺めてる程度でした。
昔は漫画ばかり読んでた自分がこういう本に手を出すのは変化なんでしょうか。
 前回に引き続き、今度もかなり長いメールです。 作家…もとい、井上さんもノリにノッているって感じなんでしょうか。 川北義則さんてダイヤモンド社とか PHP研究所とかからビジネス書とか自己啓発系の本を出している人でしたっけ? 意外な本を読んでいるんですね。

 そしてついに運命(?) のラストレダーが…。
井川です。勇気のいる告白ですが…。
このメールアドレスが明日には使えなくなってしまうみたいなんです。
私、メールをしながら錯覚してしまったのかもしれませんが、以前はメールだけの関係と言ってましたが。
正直な意見として会ってみたい。そう思ってしまいました。
勇気がないので…直接伝える勇気の出ない言葉と私の写真を住んでる地域情報サイトに載せました。
サイトの「お相手検索」から「恋人募集」にして、私の血液型「O型」を入れたら検索できるはずです。
名前はそのまま「井川りかこ」で待っています。
http://www2.***************
このURLから見る事が出来ます。
もし、そういう出会いを求めてくれるのであれば私の携帯の番号を教えます。
私のフリーアドレスでも平気だったので簡単に使えました。
それでは、待っていますね。
 …さようなら、井川りかこタン… 。:゚(。ノω\。)゚・。

■ '05年7月24日〜
  エロゲメーカーとして知られている 「LIBIDO」 が、制作中の 「花々の想ひ…。」 の完成を持って制作チームとしては解散するらしい。 がっかり。 というか、悲しい。 確かにここんとこゲームなんかぜんぜんやってないし、したがって 「LIBIDO」 のゲームも全く手を出していない…どころか、直近の作品は知らないものがあったりする体たらくなんですが、NEC の PC-98 が現役だった頃はソフトを色々買っていたし、「LIBIDO 7」「なる麻雀」 なんかはかなり気に入ってプレイしていましたよ。

 というか、「LIBIDO 7」 に至っては、パソコンショップで買うときに間違えて 5インチフロッピー版をレジに持っていってしまい、
レジの女の子「お客さん、5インチでよろしいですね?」
あたし「あ、間違えました、3.5インチ版です…取り替えてきます…」
レジの女の子「いえ大丈夫です、ええと、(突然超大声で) ○○さ〜ん (聞き取れず、なにか女子高生バイトっぽい名前)、このソフトの 3.5インチ版持ってきて〜、そうそう、リビドー7〜!」
遠くの○○さん「え〜どれですか〜?」
レジの女の子「これこれ、このゲーム (といってパッケージを振りかざして大声を張り上げる)」
あたし「ぎゃあああぁぁぁぁ、結構です! 結構です! 自分で持ってきます!」
レジの女の子「これこれ、アニメキャラの裸の絵がついてる…そうそう、おしっこするゲーム!」
後ろの客「( ´,_ゝ`)プッ」
あたし「いっそ殺してくれ! もういい、殺せ!」
という、あたしの人生の中でも10指に入る恥辱の瞬間を与えてくれたゲームでした (パッケージのイラストがすごいんですよ、このゲーム…)。

 美少女ゲームもジャンル全体ではそこそこの規模を維持しているものの、メーカーやソフトハウスはかなり厳しい経営状態のところが多く、潰れたりどこかとくっついたり突然消えたり…が当たり前の世界なんですが (あたしゃ知り合いにそういうソフトハウスで仕事している人間がいたりあ、あるいは
美少女ゲームメーカーリンク なんかをサイトに持っているので実感できます)、慣れ親しんだソフトハウスさんがこうして解散してしまうのは、ちょっと悲しいですね。 まぁ 「LIBIDO」 はもはや老舗の域に達しているし、新作制作中の発表だけに、売上や販売が解散の理由ではないようですけどね (人がいないらしい…w)。

 栄枯盛衰は世の習いとはいえ、ちょっと悲しいニュースでした…。

■ '05年7月23日〜
  トイレに入っていたら急にグラグラっと地震が。 思ったより大きいんでびびりました。 まぁ家具が倒れたり中のものが落ちたりってな実害は皆無でしたけど、出た後テレビつけたら 「ガンダムシード」 の画面は選挙速報の時のように情報の枠が右と下に出て、延々被害状況を表示。 うげ、そんな大きい地震だったのか? 確かに震度5強って、字面で見るとすごそうですね。 って云うか、「ガンダムシード」 のEDの途中で 「モリゾー&キッコロ」 アニメに飛んで、そのまま 「ツバサ・クロニクル」 を見ているあたしからすると、そういうタイミングで地震起こすんじゃないって感じですが。 名古屋や大阪の友人から 「地震大丈夫でしたか?」 ってなメールが来たのは笑いました。 まぁテレビ見てると、ものすごい大地震みたいな感じですものねぇ。

■ '05年7月22日〜
  また 「なめ猫」 復活ですか。 今度は上手くいくのかな?

■ '05年7月21日〜
  相変わらずスパムメールがなくなりません。 業務メールを装うスパムも増える一方で、こんなのも来ました。
私のアドレスにメールした記憶はありますか
私のメールボックスにエクセルらしき添付ファイル付きでメールが来てたんですが…どんなご用件でしょうか?
送信者アドレスが私の知らないアドレスだったので、何か間違いかと思って。
添付ファイルの内容はもしウィルスだったらと思って開いてません。
4458_sumi_15.xlsと言う名前のファイルです。
もし重要な書類だったらと思いメールしたんですが…。
 焦点のファイル名 「4458_sumi_15.xls」 で検索したところ、これもかなり有名なスパムのようでw、差出人の 「井川りかこ」 さんて方はちょっとした有名人 (ただし架空の人物でしょうが) のようです。 エクセルデータなんかは頻繁にやり取りしますし、うちみたいな個人経営的なちっこい会社ならともかく、大企業なんかだと 「もしかして…」 なんて思う人もいるのかも。

 ちなみにこの 「りかこ」 さん、一度だけメールって訳ではなく、続きのメールが送られて来たりします。
添付ファイルの事でメールした井川りかこです。
私の方でもパャRンに詳しい知り合いに聞いてみたりして調べたんですが、多分いたずらかウィルスじゃないかと言う結論になりました。
ただ、開かなかったのでウイルスに感染してはいないようです。
お騒がせしてごめんなさい。
 「パャRン」 というタイプミスが、パソコンに不慣れな、ちょっとおっちょこちょい…テヘッ…な感じがして、少し萌え萌えな感じです。 さらに…
井川りかこです。何度もメールしてしまって
無神経かもしれませんが…もし良かったらメル友とまではいきませんがメール交換でもしませんか?
実は先週離婚して今、実家に居るんです。
近くに誰も話相手もいないし。突然届いたメールに返信してしまったと言うのもあるんです。
もし暇なお時間とかあるんでしたら、お話し相手にでもなってくれませんか?
無理にとは言いませんので。気が向いたらでいいです。お返事下さい。
 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 いわゆるバツイチなんですね。 新人OLかと思ったのに…ショックです… (違う)。

 次はちょっと長いメールです。
メール楽しいですね。井川です(^-^)
実家に居るからと言って親に甘えようと思ってたのですが…出戻りなんだからと言う理由で家事は私がさせられています。
離婚後の良い気分転換だとは思うんですけど。
親には毎日、毎日、言われるんです。
早く恋人の一人でも作ったら?って。
確かにこっちに戻って来てから私の周りには異性の気配がしませんが…気分なんてそう上手に切り替えられないですから…。
それと、思ったんですがやはり私が何処に住んでいるのか気なりますよね?
実は実家と住んでいた家は隣の県なので(^^ヾ
戻っているとは言えない感じです。
ただ、あくまで今はメールでの関係ですからあえてそこは知らなくてもいいのでは?そう思って言わないんです。
もし、これが実際に会うと言う話になるのなら少しは違いますがそれは私は今は考えてないので。
こっちに戻って来てから少し変わったと言えばデジカメを買って色々と写真を撮るようになりました。
風景の写真、空の写真、自分の写真。日記の様に撮っています。
別に何でもないんですが。
新らしい事を始めるのって少しですが違いますよね。
何か今興味あってしてる事ってありますか?
長くなってしまってごめんなさい(^-^;
 物好きな知り合いの話では、この手のメールに返信すると、こちらの内容に対応したメールの返信があるそうで、何度かはやり取りができたりもするんだそう。 まぁ途中で、「私の登録している出会い系はこちらです…これからのメールはこちらでやり取りしましょう」 なんて正体が出てきたりするんだそうですが。

 オレオレ詐欺 (振り込め詐欺) も相変わらず多いようですが、リフォーム詐欺も後を絶たない様子。 そのうち 「オレオレ、事故にあって家をリフォームしないとシロアリで住めなくなるから早く会員登録して空メールして」 とか、何でもありになるかも知れません。

■ '05年7月20日〜
  デザイナーさんとクライアントさんとの打ち合わせで原宿に。 もうすっかり夏ですね…。 打ち合わせは順調に進み、仕事はますます増えそう。 最近やる気が萎えて来ているのを察知したツレに色々突っ込まれてしもうた…すまんのぉ… 。:゚(。ノω\。)゚・。 帰りは JR 中央線が人身で止まっているとかで、新宿で立ち往生。 やむなく振り替え輸送で込み合う西武線へ。 疲れが倍加しますです…。

■ '05年7月19日〜
  以前ここでも紹介した 「マンガ 嫌韓流」 が、ネット上の書籍通販サイトでベストセラー爆走中のようです。 元々出版社が出版社だし、メッセージ性の強い内容で自主規制されがちなテーマという作品の傾向からしてネット通販向けではあるんですが、amazon でマンガ 「鋼の錬金術師」 あたりを押さえて1位をずっと取り続けているってのはさすがにすごいです。 J Book でも1位ですし、その他のネット通販で予約を受け付けているところは軒並みベストセラー街道を独走している様子。

嫌韓流  で、びっくりしたのは、なんと韓国の連合通信が 「日本で我が国を侮辱するマンガが大手書籍販売サイトで売り上げ1位を記録している」 と東京発のニュースとしてこのマンガを取り上げるや、朝鮮日報、東亜日報、中央日報の3大紙もそれに追従、さらに現地のテレビニュースでも大きく報道されている点。 解説によると 「このマンガは日本を席巻している韓流ブームを妬む内容」 で、なぜか発売前なのに内容を熟知し 「嘘や捏造で韓流と我が国をけなす内容である」 と断定。 扶桑社の歴史教科書もそうですが、「読んでもいないのに批判」 という相変わらずの状態となっています。

 それにしても一夜にして、下手すりゃ日本人より多くの韓国人が知るマンガになってしまったってのはすごいですね。 そのうち韓国でより強い批判が巻き起こると、日本側マスコミも取り上げざるを得なくなるかも知れません。 小林よしのりの 「戦争論」 は、日中に関するさまざまな一般人の認識を一変させる効果がありましたが、広く誰にでも読まれるのがマンガの最大の特徴。 出版社側がどれくらいの規模の増刷を掛けているのかは分かりませんが、きちんと流通に数が載れば、ひょっとしたらひょっとするかも知れません。

 一般の人にとっては韓国ってのは元々、あんまり興味のない国だったと思うんですよ。 それが日韓共催ワールドカップや韓流ブームとやらでいくらか身近になって、身近になってみるとさまざまな 「あれ? ちょっと変だぞ?」 ってなところが見えてくる。 別に無理に関係を悪くしてケンカする必要もありませんが、無茶な要求や理不尽な干渉にはノーと云える毅然とした態度が必要です。 ここまで話題になると、それが本格的に始まる第一歩なのかなとか思えてきます。 早速注文しないとなぁ。

 って云うか、ここまで売れるんなら、そのうち 「萌える嫌韓流」 とか 「萌え萌え反韓主義!」 とか、そんな本が二匹目のドジョウ狙いで出てくるかも知れない…いや出ないなw 逆にあっちから 「知れば知るほど嫌いになる国、日本…マンガ嫌日流」 なんてまんまパクリのマンファが出てきそうです。 NHK がやたら 「日本では韓流、韓国ではジャパンフィール」 なんて云ってますが、「嫌ジャパンフィール」 じゃ、日本人も韓国人も意味不明だろうな…。

■ '05年7月18日〜
  役員会議で新宿へ。 いよいよ梅雨も明けたそうで、暑いですねぇ。 本格的な夏が始まりますです。 うちのサイトの掲示板の CGI が壊れているのを発見。 ぐふっ。 なんだかスパム書き込みのスクリプトの URL リストにうちが入っているようで、年がら年中おかしな出会い系やワンクリック詐欺っぽいサイトへの宣伝カキコがあるんですよね。 さすがにその手のカキコを放置するわけにもいかないんで、せっせと削除してついでに IP やドメインをはじく設定をやっているんですが、ミスったのかも知れない…。 ううっ…今すぐに直している時間が取れないのが哀しいところ。 ご迷惑おかけしますです…。

■ '05年7月17日〜
  昨年 10月19日の石原都知事の 「フランス語は数を勘定できない言葉だから国際語として失格しているのも、むべなるかなという気がする」「そういうものにしがみついている手合いが反対のための反対をしている、笑止千万だ」 との発言が物議をかもしています。

digi+Girls kishin NO.4 栗山 千明  この発言のそもそもの発端は、4都立大を統廃合し、首都大学東京の支援をする組織 「the Tokyo U-club」 の設立の総会で、強硬にフランス語学科の教職員がリストラ案に反対していたのが原因。 で、石原の 「過激な」 発言になったんですよね。

 フランス語学科を希望する学生も激減し、フランス語を専攻する学生がほとんどいない大学すら、10数名の教授、助教授らを雇用しています。 無論大学には学術の研究所としての側面もあるから、学生が一人もいなくても、それだけを持って無用の学科とまではいえませんが、フランス語学科にありながらフランス語やフランス文学に関する論文などまったく発表せず、印税稼ぎの個人的な著作の発表のみの教員や、反日に染まった政治的な活動ばかりしている教員もおり、指導者としての役割も果たしていない彼らに 「都税で給料を払う」 のは無駄ではないのかってのが石原の持論なんですよね。

 それに対してフランス語学科の連中が、「フランス語は世界でももっとも重要な言語のひとつで、国際語として習熟すべきである」 としてリストラ案に反対したから、石原のこの発言になった訳で、全体の一部の言葉尻だけを捉えて、面白おかしく繰り返し報道するのは大筋に合致した報道姿勢なんでしょうかね。 石原発言で被害を蒙ったとする人たちが裁判を起こしているようですが、マスコミはもうこちらに完全に肩入れした報道姿勢になってます。

 石原の乱暴なものいいは批判されてもやむを得ませんが (実際にフランス語で数を数えるのが他の言語に比して無駄に難解なのはさておき)、こういう都政の無駄遣いを改革しているってのは伝えるべきじゃないですかね。 背景がわからないで単に言葉尻だけを捉えた批判は的外れだと思います。 で、言葉尻を捉えた批判報道で、テレビ朝日の番組に出ていたフランス語に詳しい論客とやらが 「全然難しくないです、数の数え方はこうです」 と説明して、CF明けに 「さっきの説明は間違いでした」 なんてやってたのは笑いました。 難しいじゃんw

 例えば日本語だって無数の同音異義語や慣用からくる例外があって、外国人から見てとても分かりやすい言葉じゃありません。 歴史のある言語はどれも長い歴史の中で入り組んで分かりにくいことになってるもんなんですよね。 だからこんな 「過激な発言」 には、まともな人間はいちいち反応しないし、フランス人もユーモアで返すか、あるいは鼻で笑って問題にすらしないでしょう。 日本で 「フランス語でご飯を食べている人」、あるいは 「フランス語学科を隠れ蓑に、税金で給料を貰いながらおかしな運動している反石原の人間」 だけが大騒ぎしてるんじゃないでしょうかね。

 そんな暇があったら、フランス語の面白さを世間に伝えて、学生を増やす努力をしなさいなと思ってしまいます。 そういや日本の原発やアメリカの核兵器には反対しているくせに、フランスの核実験には沈黙していたフランス語学科の教授もいましたね。

■ '05年7月16日〜
  今月28日に都内で花火大会があるらしく、仕事仲間と屋形船で花火見物することに。

日常の風景  浴衣限定の催しらしく、楽しそうだけど、浴衣を準備するのが面倒だと思ったりもしたり。 ここ15年くらい買ったことがない浴衣ですが、いったいいくらぐらいするんだろ。 ピンキリでしょうけど、偉い人がいっぱい来るらしいので、安物のツルツルテンなのは着れそうもないな。 草履か雪駄も買わないと。 うむ〜大変じゃのう。 暇を見て近所の西友かダイエーにでも行くか。

 でもあれですね、浴衣ってある程度、恰幅が良くないとサマにならないもんですが、気がついたら身長 171cm で体重 65Kg と、丁度良い感じに肥えたのは不幸中の幸いw 若いときはいきがって浴衣とか甚平とかを良く着ていましたが、当時はガリガリでほとんど昆布巻きみたいなシルエットになってましたからにゃあ。 会うたびに人に 「あれ? また痩せましたか?」 と云われたのも今は昔。 もうどっから見ても普通のおっさんですね…。

 それはそれとして、ちょっと調べたら隅田川花火大会は 30日みたいですけど、どこの花火大会なんだろう… (屋形船は思いっきり隅田川の船主です)。

■ '05年7月15日〜
  ごちゃごちゃと打ち合わせをあれこれと。 出て歩くのは疲れますね…って、完全にオッサンモードですが。

■ '05年7月14日〜
  かねてからネット上で公開されていた日韓関係のさまざまな問題を取り扱ったマンガが、今月26日に商業出版されるようです。 タイトルは 「マンガ 嫌韓流」。 2年間、あちこちの出版社から単行本化を蹴られ続けていた作品らしいですね。 あたしは竹島切手騒ぎの頃、だいたい1年半くらい前に公開されて少しくらいの時に作者さんのサイトを見させてもらったことがあったんですが、当時から出版の計画があるとか書いてあったのを記憶してます。

離れ  2ちゃんなんかを見ていると折々で風の噂は聞いていましたが、あれから幾星霜…やっぱりいろいろ苦労があったようですね。 でもその1年半の間に、韓流ブームとやらがあって竹島問題がさらに加熱して、昨今の反日デモのニュースがあって…。 今年は日韓友情年wですし、ある意味で 「ドンピシャのタイミング」 での刊行となったような感もあります。

 内容はかなり加筆・差し替え・修正があるようで、以前あたしが見た内容とはだいぶ違っているのかも知れませんが、かなり真正面から切り込んだ内容になっていると記憶しています。 マスコミも完全に無視でしょうし、ネットで反響があるだけなのかも知れませんが、一石を投じる作品として盛り上がるといいですね。

 それにしても版元は晋遊舎 (→こちら) ですか。 「COMIC ポプリクラブ」 は、この手の雑誌の中でも単なるエロだけではなくそれなりにきちんとした物語を持つマンガが多くて、以前はかなりの愛読者でしたよw

 それに雑誌 「Windows100%」 には、かなり前ですが、あたしの作ったフリーウェアデータが収録されたこともあったような。 無名の新人の書き下ろしだし初版はいっても4〜5千ってところでしょうから、ネットで通販しないと手に入らなさそうですが、う〜ん、なんだか応援したくなりますね。

■ '05年7月13日〜
  ここしばらく 「お粥」 ばっかり食べてます。 別に病気になった訳でもお粥の魅力に取り憑かれた訳でもなく、昨年母親が自宅療養してた時に大量購入していたものの賞味期限がそろそろ切れるので、もったいないから食べている訳ですが。

キーボくん  しかし自分が健康なせいもあるけど、美味いもんじゃありませんね、これ (^-^;)。 当時母親も嫌がってあんまり食べてくれませんでしたが、その気持ちも分からないではない気分。 1度ならいいけど、しょっちゅうでは辛い。 食べないと元気が出ないと無理やり食べさせようとしてたけど、ちょっと反省してますです。

 実はこの他にも、ローヤルゼリーとか深海鮫の生肝油とかアガリスク茸のエキスとか 10年熟成ブラジル産ユーカリ系プロポリスとか、他にも色々あるけど、ダメ元で買ったサプリメントや民間療法チックな健康食品も結構あるんですよね。

 どれも目が飛び出るほどの値段でしたが、口にして美味しいものじゃなし、かと云って無駄にするのもあれだし、ちと気が重い…。

■ '05年7月12日〜
  頭がフットーしそうだよぉ…。:゚(。ノω\。)゚・。

■ '05年7月11日〜
  相変わらずスパムメールがなくなりませんが、脅しや騙し、すかし、いろんな手を考えるもんですね。 最近やたら来るのはこんな内容です。
現在、お客様は仮登録状態にあります。
至急、本登録をお済ませ下さいます様お願いします。
仮登録の状態のままですと、当サイトのサーバーに影響
がでてしまい、損害賠償請求する場合もございます。
また、退会希望でしたら、無料にて退会手続きができますので
登録をお済ませ下さいますようお願いします。
下記へ空メールにて送信下さい。登録メールを送ります。
 サーバに影響って、どんだけ脆弱なサーバだよw 件名で多いのは 「一万円分プレゼント♪」 とか 「女は30から」 とか 「仕事しすぎないで!」とか 「履歴の確認をお願いします」 とか。 出会い系とかワンクリック詐欺とか、未だに騙されて大金失う人が多いんでしょうかね。

■ '05年7月10日〜
  しばらく雨降りで涼しい日々でしたが、今日はお天気で暑かったですね。 土曜も日曜もない仕事をしてますが、やっぱり日曜にこういう天気だと、だらだらしたくなってしまいます。

お部屋  「ジャーン! ジャーン! ジャーン!」「げぇっ! 義経っ!」 …と云うわけで、NHK 大河はいよいよ一の谷の合戦です。 歴史のヒーローとして理想化された義経の姿はおなじみですが、なんか今回のドラマの義経は、目的と云うか信じているものと云うか、しょった業が感じられない薄っぺらい作りですね。 あんまりジメジメしたのもあれですし、史実に忠実すぎて、例えば武士の美学をまったく無視した卑怯な作戦ばかりで勝ったというイメージのどんでん返しもなく、ただエピソードをなぞっている感じ。 テーマ曲を被せたスローモーションの戦闘シーンは演出として好きな方ですが、合戦絵巻でも人間ドラマでもない、普通のドラマでした。

 どうでもいいけど鵯越の逆落としにしては、崖がずいぶんなだらかでした。 合戦シーンもエキストラの数が少なすぎて、とても 10万対6万の合戦とは思えない。 もう少し上手くCG使いましょうよ。 まぁ合戦シーンにお金掛けないのが大河の伝統w とはいえ。

 9時からは先週に引き続きスターウォーズのテレビ放映を。 シリーズ No.1 の呼び声も高い、「帝国の逆襲 特別編」 でした。 テレ朝、変なタイミングでCF入れ過ぎ。 声優のチョイスもいまいちだったなぁ。 でもやっぱり楽しめちゃったのがなんとも。 それにしてもこのエピソードのルークは役に立たんなw 全編通して、結局はダースベイダーを引き立てるための脇役にすぎないのがルークですが (最後の最後に皇帝をやっつけるのもベイダーだしなぁ)、このエピソードでは役立たず度もひとしお。 あたしゃ結構好きなんですけどね (^-^;)。 それにしてもスターウォーズファンはみんな口を揃えて云う事ですが、やっぱりとんでもない家族ですわな、スカイウォーカー一家w

■ '05年7月9日〜
  ほぼ一日中雨降り。 涼しい1日でした。 昨日大雑把な買い物は済ませていたので、ずっと自宅に引きこもりで仕事やら雑用やらを。 クライアントのサイトの検索対策なんかもやってるんですが、数十万件あるキーワードで余裕の Google 2位3位を獲れているサイトがある一方、数万件のキーワードで20位あたりをウロウロしていたり。 仕事とはいえスパムまがいの検索対策はしたくないし、普通に Yahoo! カテに登録して真面目にやってれば固定客もつくと思うんですが、「目に見える結果」 を求められるだけに、きついですねぇ。

■ '05年7月8日〜
  クライアントと打ち合わせのために六本木へ。 六本木のアマンドなんて 20年ぶりに入ったです。 六本木にはクライアントが他にもいるので ちょくちょく来るんですが、金曜夕方のの人ごみは格別。 歩くだけで疲れますな…。 なんかまた忙しくなりそう…とほほ。

 元外務省職員で、外務省が機密費20億円を内閣官房に上納しているなどの疑惑を暴露した著作 「さらば外務省!」 が話題になった作家、天木直人氏が、自身の blog でさらに衝撃的な事実を暴露しています。 いわく、
「メディアを創る」 情報操作とネットメディア

2チャンネルの書き込みが、当初と違って右傾化、政権擁護的になってきているのは、権力者がネットの影響力に気づいて、機密費を使って役人や「さくら」に書き込ませ、世論誘導をはかろうとしているからだ。これはもはや知る人は知っている。実に卑劣な手口だ。
 マ…、マジっすか!!1! 2ちゃんは時間的な体力がないとなかなか読み続けられないので、何か大事があった時に覗くのがやっとですが、右向きのレスをつけると機密費から給料がもらえるんですか…。 うぬぅ、だとしたら、あたしなんか論調からして完全に貰えるはずなんですが…なぜか未だに東京三菱の口座には1円も振り込まれたことがありません。 ええ、多摩信用金庫の口座にもです。 知人の在宅ワーカーの主婦Aさんも知らないそうです。 はい、知人のカリスマ アフィリエイターのB氏もです。 ズルイぞ、内閣官房! よこせ機密費。 払え払え 機密費。

 いやもしかしたら給料を貰うためには、総務省に 「ネットウヨ登録センター」 みたいなのがあって、事前登録しなきゃいけないのかも知れない。 登録してみようかな…でも1日中、2ちゃんに張り付く必要があるんだろうか…それはさすがに無理だ…いやひょっとしたら、窓口で 「ウヨ助成金」 みたいな申請をウヨレスを添付して行う必要があるのかも知れない。 もしくは確定申告のときに 「ウヨ控除」 があるとか。 ぬぅ…受給資格があるのかないのかわからないけど、貧乏をこじらせている折、貰えるものは貰わんと。 支払いの都合もあるんで、今月25日までには振り込んで下さい! え〜と、とにかく情報求む!

■ '05年7月7日〜
  久しぶりに洗濯でもするか…と洗い物を集めて洗濯機に。 脱水も終わってさあ干すぞと物干しにTシャツやらタオルやら下着やらを干したら、何やら遠くから雷鳴が。 つうか、ぶっちゃけ豪雨でごじゃりまするがな〜もしかしてっ 。・゚(´□`)゚・。。 とことんついてないのぉ。 仕事は相変わらずノロノロと。 保険屋さんが来たんで、入院保険に入りました。 今日はそれくらいかのぉ…。

日常の風景  中国では、中日戦争期間に日本軍の残酷行為によって甚大な人命・財産被害が生じ、社会発展が半世紀遅れたという主張が提起されて、政府要人や市民から強い支持を受けているらしい。 注目すべきは被害者の数。 日本軍によって、少なくとも民間人 5,000万人以上が殺されたんだそう…。 こないだまで江沢民が主張した軍民あわせての死傷者数は 3,500万人以上だったはずですが、民間人限定での死者でついに 5,000万人以上。 こりゃまたずいぶんと増えましたね。 大虐殺件数も 4,000件余りにのぼり、犠牲者は女性と子供が多くいたんだそう。 彼らにしてみると、あの 「南京」 ですら、「氷山の一角」 なんだと主張したいんだろうなぁ。

 あの 「勝者が敗者を一方的に裁く単なる復讐劇」 の東京裁判ですら、中国側の被害は 「約 130万人」 だったはずですが、ついに 5,000万人突破ですか。 戦争は約14年間続いたので、1年あたり357万人、1日あたり約1万人か…。 普通死者の数倍の人数が負傷者として出るから、死傷者としてカウントすると1億5,000万人くらいが被害に遭った計算でしょうから、こりゃ大仕事ですね。 中国共産党の主張では、その頃は共産党軍が抗日戦線の先頭に立ち破竹の連戦連勝をしていたはずですから、日本軍は大打撃を食らい惨めな敗退を続けながら、毎日1万人の民間人を殺害していたんですね。 しかも証拠を残さないよう、死体は豊富な重油で骨が残らないほど焼き尽くし、あげくちゃっかり、百数十万人の慰安婦とは連日連夜たわむれながらです。

 うちのじいちゃんは父方も母方もどちらも亡くなっているけど、あたしが子供の頃はずいぶんと優しくしてくれて、いろんな話をしてくれたもんでした。 「戦場や戦争はそういう善良な人間を、突如として鬼畜に変えるのだ」。 子供の頃はそう思った時期もありました。 けど高校あがる頃には、いくらバカなあたしでも、「こりゃ なんぼなんでもおかしいぞ」 と気がつきました。 それから20ウン年…ここまで水増しされると更に分かりやすくて、「日本はアジア全体で 2,000万人もの尊い命を奪った」 と叫んでいた日本の平和市民団体の人たちも大変ですね。 そろそろ 7,500万人くらいにしとかないと、アジア全体で計算が合わなくなってしまいましたよ。 あ、でも、第二次世界大戦での世界全体の総戦死者数のワク (およそ 5,000〜5,500万人) を、中国ただ1国だけで使い切るのはまずいですね。 ユダヤ人団体はナチスが 600万人以上のユダヤ人を殺したと主張してますし、ソ連も独ソ戦で 2,000万以上が死亡したと主張してます。 いやはや苦労お察しします。

 日の丸に唾を吐きかけ、大使館や領事館にゴミや石を投げまくって、それでも謝罪すらしない国のいうことより、あたしゃ自分ために暑い盛りに山に登ってセミをたくさん取って来てくれた田舎のじーちゃんのことを信じるよ。 それにしても、絨毯爆撃や原爆投下で焼け野原にされた日本も、20年ほどでオリンピックを開けるほど復興して、その直後に世界第二位の経済大国にまでなったのに、50年も社会発展を遅らせる被害って、どれほどのもんなんでしょう。 というか、アメリカと全面戦争をしつつ中国人を 5,000万人も殺し、社会発展を 50年も遅らせる被害を与えるって、当時の日本はどんなものすごい秘密兵器を持っていたんでしょうね。 そんな武器を持っていた日本が、何であちこちで兵士を餓死させながら、あれほどこっぴどく負けてしまったんでしょうかw 嘘をつくにしても、いい加減もう少し辻褄の合う話をして欲しいものです。

 サミット開催中のイギリスでは、首都ロンドンで同時多発テロが発生。 少なくとも死者 35名以上、死傷者 1,000名以上の大惨事に。 昨夜ロンドンオリンピックも決まったというのに、えらいことになりましたね。 またどこかでドンパチが始まるんでしょうか…。 そんなさなか、NHK の定時のニュースはトップ項目が 「冬ソナで人気のチェ・ジウさんが過労でダウン…今日予定していた日本での日韓友情年記念イベントは不参加になりました」 だってさ。 いったいどういう基準でのニュースの優先順位なんだろう…。 そういやヨン様も小泉総理が訪韓した時に過労でダウンしてましたが、あれだけ反日が盛り上がってるってのに、わざわざ来日して 「日韓友情年の記念イベント」 なんて、出られる訳がないじゃないですかw 案の定、入院したその日のうちに退院。 それにしても親日認定されると芸能人として終わる恐れがあるなんて、本当にすごい友好国ですね。

■ '05年7月6日〜
  尼崎のアスベスト被害のニュースがちょっと怖い感じですね。 アスベストに発がん性があるってのは割りと知られていて (ずいぶん前に社会問題にもなって、段階的に禁止になっていったはず)、あたしも極貧時に解体のバイトをやっていた時期に (やるなよw) 吸い込んだら嫌だなぁ…と漠然と思っていたりしましたが…。

庭の立ち木  どうせ外食で中国産の野菜を食ってるだろうし、吉野家で牛丼もさんざん食っていたし、そもそもタバコもやってるし、マーガリンやショートニングが入りまくりのパンも食べているし、この手の健康被害物質は気にしたらきりがないとはいえ、う〜ん、何とも気になるニュースです。

 それにしてもこの期に及んでも前面禁止にはなってないんですよね、これ。 ダイオキシンとかどうでもいいのは大騒ぎして大金かけて対応して、それよりはるかに危険なアスベストがそのままになっていたってのが不信感を高めます。 一時期は建築になくてはならない資材でしたし、ブレーキに使われていたり、理科の実験でアルコールランプとセットになってたり。 色々と利権も絡んでいるのかな。 血液製剤による薬害 HIV なみの恐ろしいことにならなきゃいいんですが。

 日本道路公団の副総裁、内田氏が、民営化委の猪瀬氏に嘘つき呼ばわりされたのを 「名誉に関わる」 として非難の記者会見。 しかしどう考えても嘘でしょうに、あれw

■ '05年7月5日〜
  眠い…。 スターウォーズアニメも全部見れんかった…。 一日中自宅で仕事でした…。

 郵政民営化法案、衆議院でわずか5票差で可決。 最近は小泉バッシングの風潮も手伝って 「何で郵政民営化なの?」 なんて論調になりがちですが、本来は郵貯を原資とした財政投融資で税金無駄遣いに拍車が掛かっているのを止めるのが、昔っから首尾一貫した小泉の主張なんですよね。 だいたい特定郵便局の局長職の世襲とかおかしいと思わないでしょうか。 反対のための反対はやめてもらいたいものです。

 それにしても、自民党議員の造反が出るたびに、野党が大歓声でそれを称える。 こういう風景、10年ちょっと前に見たことがありますよ。 宮澤内閣不信任案可決の時がそうです。 その後国政は迷走を重ね、景気も外交も停滞しまくり。 総理は猫の目のようにクルクル変わって、大はしゃぎしたのはマスコミだけ。 ああいう悪夢は繰り返して欲しくないものです。

■ '05年7月4日〜
  昨夜からけっこう激しい雨。 明けて今日もずいぶん涼しいですぁ。 梅雨だから雨が降って当然なんですが、空梅雨激暑だっただけに、なんか空梅雨の中休みみたいな逆転した印象ですね。 一日中、合宿仕事で終わりました。

キティシャンプー  スターウォーズの新作映画が出るってんで、テレビの映画枠はスターウォーズ歴代作品が目白押しになってますね。 ビデオやLDを持っているあたしとしては、どれも何度か観たものばかりなんですが、一部の特別編ってのは未だ観ていないものがあったので、新鮮な気分でまた結構楽しめます。 そういやアニメ版のものも見たことがなかったんですが、丁度日本でも放送するってんで、深夜に日テレ系でやっていたSWのアニメ、「クローン大戦 vol.1」 というのを観ました。

 第一印象 「な…なんじゃこりゃ〜、このキャラデザありえん…それに数分おきに入るキャプターがウザい… もうだめぽ。:゚(。ノω\。)゚・。」。 キャプターは、本来これが3分だか5分だかの帯番組として流れていたのをまとめているだけと聞いてちょい納得ですが、シリアスドラマでこういうキャラデザになるのはなんでなんだろうか…。 手塚アニメの例もあるから、別に表現力があれば問題はないんだけど。

 とはいえ、しばらく観ているとだんだんアメコミ風のありえないキャラデザはともかく、動きまくる画面に結構普通に楽しんでました。 まぁあのキャラデザだから、ぐいんぐいん動かせるんだろうけど (それに、動き方がやっぱ日本のアニメに比べるとかなり変…殺陣のコンテもありえない感じ)、でも紙芝居と化している日本の一部萌え系アニメに比べると、結構新鮮な感じもしました。 それにしてもキャラデザで比較的近い(?) カリカチュアライズをされた、例えば日本の 「ドラゴンボール」 や 「ワンピース」 なんかも、これに比べるとはるかに緊迫感や迫力があるから、日本のアニメ技術はすごいんだなぁ…と思ってしまいました。 世界中で日本製アニメが流行る訳 です。 日本のぉ アニメ技術はぁ 世界イチイイィィィィィィィィィイイィィッッッッ!

 宇宙といえば、人工衛星から切り離した衝突体 (インパクター) を彗星に衝突させ、その様子を観察するというディープ・インパクト探査計画ってのがありますが (→こちら)、本日決行、無事成功したそうです ヾ(´▽`)ノ゙。 テンペル第一彗星から噴き出した彗星内部の物質が観測されて、またさまざまな分析結果が出るんでしょうね。 わくわく&全裸待機。 計画の責任者は NASA のマイケル・アハーン博士… (*´Д`)アハーン。 テンペル星人の恨みを買わなきゃいいけど。

■ '05年7月3日〜
  雨降りで涼しい感じです。 エアコンが来てからこっち、部屋を閉め切ってエアコンかけっぱなしの毎日でしたが、その部屋が一番暑かったのは笑いました… (温度調節高めだしなぁ、うち)。 エアコン切って窓とドアを開け放したら涼しいの涼しいの。 電気代もしゃれにならない感じがするし、節約せんとのぉ。

 夜は大河を見て、スターウォーズの特別編を視聴。 子供の頃親に連れられて映画館で見て以来、それこそビデオでLDで数え切れないくらい見た映画ですが…実は特別編を見るのは今日が初めて。 なんか後のCGがちょっと違和感があったりしたのは、旧版が頭に染み付いているからなんだろうな。 声優さんは過去のものと比べるとかなり替わっていましたが、C-3PO が野沢さんだったのは良かった。 それだけで安心して見られますw 帝〜国〜は〜とても強い〜、戦〜艦〜は〜とてもデカイ〜、ダ〜スベ〜ダは黒い、トル〜パは白い、デス〜スタ〜丸い〜。

愛用のゴム草履  大河ドラマ 「義経」 はますます迷宮に入っている印象が。 一の谷の前夜となるエピソード、第26回 「修羅の道へ」、いったいぜんたい、どこらあたりが 「修羅への道」 なのかさっぱりわからん…。 昔世話になった坊さんに 「修羅の道じゃな」 と云われ、「はい」 と答えて終わりですか? タッキーも、眉間にシワをよせてればいいってもんじゃないっつーの。 静役の石原さとみも単にかわいいだけの演技なしだし、全然盛り上がらないですよ。

 原作の 「宮尾本 平家物語」 は女性に焦点を当てた作品らしいですが、脇役のうつぼ役の上戸綾だけがものすごく輝いて見えてしまいました。 これは原作者の意図した内容なんだろうか…。 元々少ない義経のセリフと出番ですが、もう限界ギリギリまで減らして、史実をそのまま時系列で流して欲しいですね。 演技のできない役者の出番は時間の無駄です。 脚本と演出によっては、昨年の香取慎吾のように化けるかもしれないけれど。

 それにしても、人物の掘り下げ方として、理想主義に燃えた若者が清濁併せ呑む中で汚れたりしながら成長してゆくってのが下世話な話だとすると、汚れながらも心の中で理想をいつまでも失わないで突き進んでゆくってのは理想像、身も心も汚れて人間の愚かさを浮き彫りにするのはやや高尚な話かな。 ここんところの大河では、そのどれでもない、すなわち主人公が汚れもせず、葛藤すらしないで上っ面だけ耳障りのよい理想論をグダグダ呟いてオロオロしているだけの造形が多いんですよね。 2年前の 「武蔵 MUSASHI」 とか、「利家とまつ」、「北条時宗」 あたりがそうでした。 それで原作や史実にそれなりに忠実ならばまだわかるけど、たいていは無茶苦茶な解釈でもって捻じ曲げてまでそういう筋立てに仕立てている。 いったい何を訴えたいのか、さっぱり意味不明です。

 成績、試合のテレビ中継視聴率の低迷が続くプロ野球 巨人ですが、リハビリ療養中だった長嶋茂雄・終身名誉監督が野球場で観戦してファンサービスを。 巨人も緊急事態なんでしょうね。 プロ野球全体がそうなのかも。 そんな長嶋さんの期待に応えられず負けてしまう巨人が哀しい。 ミスターも老いたというより、プロ野球界全体が老いたんだろうな。 だからあれほど堀内はあれだと。

■ '05年7月2日〜
  CD や MP3 ファイル、WAVE データなどのボーカルパートのみを消してカラオケのように再生できる音声プレイヤー 「Vocal Cancel」 v5.05 に、個人情報を収集する 「トロイの木馬」 が含まれていることが明らかとなり、大手ダウンロードサイト、ベクターのライブラリページでのDLが停止されたらしい。 作者によると、誤ってトロイが紛れ込んだファイルを登録したのではなく、自作ソフトをシェアウェア料金を支払わず、不正シリアルキーで利用する者の個人情報を得て、不正に使用した対価を徴収するために意図的に仕込んだものらしく、「さすがにやりすぎでは?」 とあちこちで話題になっているようです。

デスク周り  この手のシェアウェア不正利用者に対する作者側のアタックとしては、NIFTY-Serve 時代からインターネット初期頃にかけての ソフトウェア MIDI 音源 「Win Groove」 なんかが有名ですが (不正シリアルを入力するとハードディスクを全消去!、あたしも使ってましたが、問題なかったです)、せっかく作ったソフトを無断利用されて腹が立つ作者側に同情する向きもあるものの、どちらも 「さすがにやりすぎ」 って感じがして、何ともはやです。

 あたしはソフトウェアは作っていませんが、ちょっとしたスクリプトだとかデータ類はいろいろパソ通時代から作ってライブラリに登録していました。 全てがフリーなんですが、これは 「趣味で作っているんだから」 って意識があったからなんですね。

 それは今でもあんまり変わってなくて、「まぁ、無断利用できるもんなら、やってちょうだいな」 ってな感じなんですが、ネットでの海賊版同人誌DLサイトの跋扈などもあって、「そういうヌルいことをあんたみたいな古いところがずっとやってるから、海賊同人なんかの状況がどんどん悪化してるんだ」 と云われると、う〜んとうなってしまいます。

 でも、趣味なんてもんは、本来持ち出しでやるもんであって、「ソフト開発環境にお金がかかるのでカンパして」「スクリーントーン代がかかるから印刷代金にちょっと上乗せさせて」 くらいならまだ分かるけど、原価とかけ離れた価格を吹っかける同人やシェアウェアソフトとその作者は、あんまり好きじゃないんですよね。 ここらへんは、著作で飯食ってるくせになんとかせいよ、と、周りからも云われることだったりするんですが…。

 「Win Groove」 の作者は、「あれはミスだった…」 と、それが本当かどうかはともかく、後に結局謝罪していましたが、「Vocal Cancel」 の作者はどういうスタンスを取るんでしょうか。 フリーウェアやシェアウェアソフトといわゆる 「ウィルス」 との違いは、自己増殖するかどうか、役に立つのかどうかってな機能的なところ以外は、要するに作者に 「悪意があるか、ないか」 にまとめられるのかも知れませんが、こういう、技術的には割り切れない部分に、今後はよりウェイトが掛かってくるのかな。 フリーやシェアのソフトを作っている人には、ものすごく大きな影響を与える事案になるかも知れませんね。

■ '05年7月1日〜
  前日から雨降りで、深夜から朝方は涼し気。 んが、昼になったらなんか蒸し暑い。 ついに7月。 もうすぐ夏ですねぇ。 今日は恒例の我が家での合宿。 仕事終わらねぇ…。 眠いずらよ。 今年も半分終わったか…ぬぅ。

memew vol.21 (21) デラックス近代映画  「日経BP」 の 「即門即答 賛否分かれる靖国参拝問題、日本の価値観だけで良いのか?」 と題する6ページにも及ぶ巨大コラムがネットで話題になってます。 元々は日経BPがウェブサイト 「nikkeibp.jp」 で実施している週刊アンケート 「即問速答!」 の、第9回目の結果発表をするためのもの。 テーマは首相の靖国参拝の是非についてだったんですが、あまりに 「参拝すべき」「外国の文句に屈するべきではない」 との意見が多く、編集長 田邊俊雅と立花隆は

「最近のマスコミのアンケートでは、参拝を中止すべきが増えてきているのに、この結果はおかしい」
「ネットアンケートなんてそもそも正確ではないし、あまり意味もない」
「賛成派は若者が多いが、日本の若者はよく歴史を学んでいい加減 目を覚ませ」

と、逆ギレ。 アンケート主催者が、自分の思い通りの結果が出なくて発表を見送ったり、数字を捏造して開き直ったりはよくありますが、逆ギレして投票した人間に説教を垂れたなんてのは、生まれて初めてみました (^-^;)。

 傑作だったのは、次の一節、
》 いま日本の若い世代には偏狭なナショナリズムがどんどん浸透しているようだが、
》 このままいくと近い将来、面白くない近隣諸国に対して、戦争やるべしの声すら出てくるだろう。
 え〜と、そりゃ日本の若者ではなく、中国や韓国の若者に向かって云って下さいよ、日経さん。

戻ろ2009年4〜6月2009年1〜3月2008年9〜12月2008年7〜9月2008年4〜6月2008年1〜3月
2007年下半期2007年上半期2006年下半期2006年上半期 2005年下半期2005年上半期
2004年下半期2004年上半期2003年下半期2003年上半期2002年下半期2002年上半期
2001年下半期2001年上半期 2000年下半期2000年上半期1999年下半期1999年上半期
1998年以前〜

▲このページの先頭に飛ぼ
スペース
皿洗いの間へ戻るぱら☆あみトップへ