《ぱら☆あみ》皿洗い うっ!の近況ぉ〜
近況知りたい人がいるんだろうか日記


●とっぷへ戻る
●つき合ってられん、上へ戻るぅ ●うっ!の自己紹介へ
sp1
戻ろ2009年4〜6月2009年1〜3月2008年9〜12月2008年7〜9月2008年4〜6月2008年1〜3月
2007年下半期2007年上半期 2006年下半期2006年上半期 2005年下半期 2005年上半期
2004年下半期 2004年上半期 2003年下半期 2003年上半期 2002年下半期 2002年上半期
2001年下半期2001年上半期 2000年下半期2000年上半期1999年下半期1999年上半期
1998年以前〜

▼ 1月へ ▼ 2月へ ▼ 3月へ ▼ 4月へ ▼ 5月へ ▼ 6月へ

こんな深いトコまで来て下さってありがと… (;_;)
あなたの でんわ代、ちょっと心配してます…。

更新情報は ぱらあみ RSS で(σ゚Д゚)σゲッツ!!
表示:
 きんきょぉ (2002年上半期)
■ '02年6月30日〜
  ワールドカップも今日で終わりでつか…。 にわかサカーファンだったので、当然のごとく日本戦中心に見ているだけでしたが、世間だけでなく、うっ!的にも予想以上に盛り上がったのは意外でした。 面白かったなぁ。 空席問題とかいろいろありましたが、まずはこの大会、大成功だったんじゃないでしょうか?

 まぁ、日韓友好には、あんまり効果がなかったようですが…(っていうか、かえって逆効果だったような…(笑)。 つか、実況中継で見るのと夜にダイジェストで見るのと、あそこまで印象が違うのも珍しいよなぁ。 疑惑のプレーは一切流れないし、なんであそこまで (共催国とはいえ) 韓国持ち上げなくてはならないのが意味不明。 さすがに素人の僕が見てもおかしいと思うぞ。 サッカーは 11 対 11でやるスポーツだと思っていたが…いかにも怪スィw。

 おおそう云えば、今日はうさぎちゃん、ちびうさちゃんの誕生日ですな。 いちおうセラムン系のホームページだからして、お約束で…お誕生日おめでと〜 (^-^)/

■ '02年6月29日〜
  朝から支払いに飛び回り。 先日受注した画像加工の仕事、単価めちゃ安くなってしまいましたが、取りあえず制作代金の3分の1を来週頭、7月の1日に前払いで貰えるとのコト。 あうぅ〜、これでやっと一息つけるです…。 実際の作業はほとんど手つかずなので、果たして納期に間に合うのか甚だ不安なんですが…なんとかしないとどうしようもないので、死力尽くすしかないですね。 しばらくゲームとか、あんまり出来なくなっちゃうなぁ。 夏コミの準備もしたいんだけど、うむむ…。

 東京練馬の 「としまえん」 でプール開き。 招待された女子大生ら約 200人が一斉に水に飛び込んだらしい。 今日は曇り空で水に飛び込みたい気分でもないですが、う〜ん、ええなぁ…。

■ '02年6月28日〜
 ニュースによると、アダルト系ゲームのダウンロード販売について、18歳以下の青少年による購入防止を目指して、年齢認証システムの構築を自主審査団体 「コンピュータソフトウェア倫理機構」 (事務局・東京都港区、加盟286社) が決めたらしい。 一体全体どうやって確認するんじゃい…って思いますが、詳細は未定ながら、免許証や住民票などのコピーを郵送、ID とパスワードを発行する方法が有力らしい。 電子認証花盛りのこんにち、郵送ってのも凄いですが、エロゲーやるのに住民票ってあなた… (^-^;)。 こら住基ネットにエロゲー情報載る日も近いですな…。

 そういや今年 11月には、3年前に可決成立施行された 「児童ポルノ法案」 の見直しも予定されているし、未成年に見せない云々とは直接関係ないとは云え、あのバカな法律をこれ以上改悪させない為にも、出来る事をやっておくのは良いのかも知れません…。 しかしブロードバンドも普及して、ゲームのまるごとダウンロード販売も、もはや当たり前になりつつありますね。 技術の進歩も良いのか悪いのかって感じです。

■ '02年6月27日〜
  昨日に引き続き、倉庫内作業マニュアル作りの仕事を朝から。 ってか、朝 ATM で確認したらば、若社長の給料支払いがまだで、気分的に落ち着かない1日になってしまいました。 若社長は電話に出ず、専務が不機嫌な声で受け答え。 たかだか 10万足らずの金額で青筋立てたくなかったんですが…、なんか全然支払う気配がないので、「じゃあ、元請けさんにこれから直接請求しに行きますけど、ええと、千代田区麹町の○○ビルの○階だったかな、いいですよね?」 と、ほとんど悪徳金融の取り立てみたいなセリフを吐いてしまいまし(;_;)

 ハッキリ云って、元請けを訪ねても絶対に支払いになんか応じるわけがないので、完全なブラフとしてこっちも喋っているし、向こうもそう受け取ったんでしょうけど、「それだけはしないでくれ」 と急に声のトーンも変わって、今日中に振り込むとの答え。 果たして夕方に ATM を叩いてみると、ちゃんと振り込まれていました。 本来貰うべきお金だし、支払いが約束の日から2ヶ月も遅れて迷惑を一方的に受けているのは僕の方なんですけど、めちゃくちゃ後味悪かったです。 あううぅ…貧乏は人を鬼にしますな…ぐっすん。

■ '02年6月26日〜
  女の子8人を率いての、倉庫内作業の仕事を朝から。 合間に何度か、若社長に給料振込の催促。 電話出ないんだよなぁ…。 そう大した金額ではないんですが、出れば全然楽になるので、ちゃんと支払って欲しいんですが…。

 仕方なく専務の自宅に電話を入れたら、社長は過労で倒れて入院したんだそう。 あの金額でウソつくとも思えんし、たぶん本当に入院したんでしょうけど、2週間後の退院まで確認が取れないから支払いは出来ないとの返答に、こっちも怒りが (金に困って他の支払い全部止まってるんなら待ちますが、あたしにだけ、そう云っているの明白だものなぁ。 既に2ヶ月も遅れているし、同情心も湧きませんでし)。 電話の途中で向こうがかなり迷惑そうな話し方をするので、僕ももういいや、と、縁を切ることを決心。 今日中に振込するよう、かなり強い調子で云ってしまいました。

 こういう仕事ずっとやっているんで、給料やら原稿料やら制作代金やらを踏み倒されたコトも何度かありますが、若社長はわりと信用していたんですけどねぇ…。 人を見る目がないって事なのかなぁ… (;_;) 明日朝、振り込まれた形跡がないようなら、最後の手段を執りますでし…。

■ '02年6月23日〜
  夜はまたぞろゲーム 「PSO」 のオンラインプレイを。 さすがにこの時期になると、発売後1年にもなるし、Dreamcast 用ゲームって事もあって、人が減って来ましたです。 ぬぬぬ…、まだまだやり足りないんだけどなぁ…。

■ '02年6月21日〜
 ぬぬ、梅雨に入って1週間余り…全然雨が降らんでごじゃりまするがな〜もしかしてっ (;_;)/。 営業外回り〜なんて仕事している人にとっては大助かりなんでしょうけど、家でゴロゴロ…もとい、家で懸命に仕事に邁進する、加えてエアコン故障中〜な うっ! 家 としては、もう空梅雨は迷惑なだけですね。 そいや最近 「水不足」 なんてニュースはあんまり聞きませんけど、足りているんですかね? 集中豪雨で間に合うのかも知れませんが…。

■ '02年6月20日〜
  画像加工作業に関して、いっぺん詳しい説明を聞きたいので会社に来るようにと先方から連絡。 売り込みが効いたかな。 早速新宿での倉庫内作業が終わった後、夜7時頃、先方の会社がある池袋へと。 社長と直談判、その場でゴーサインに。 ってか、その会社の元請け会社にそのまま行くことになり、元請けが運営している大手サイトとその周辺の衛星サイト (10ヶ所近くあるでし) で使う画像類も全てこっちに任せたいみたいな話も。

 あうっ、いえありがたい話ではありますが、やりこなせる量では全くないので、取りあえず最初は1ヶ所で使う分だけ発注してもらう事にしました。 ん〜、うっ!家の経済状態逼迫の昨今、ありがたいんですけどねぇ…出来ないものは出来ないのが辛いです。 またアルバイト雇って頑張るかなぁ。 ぬぬぬ。

 ちなみに具体的な業務内容なんですが、多少新しいビジネスモデルチックな内容である上に、守秘義務がガチガチなところなんで、ここで詳しく話せないのが残念です。

■ '02年6月19日〜
 仕事で通りかかった駅前のコンビニで買い物を。 金髪のお兄さんがレジ係をしていたんですが、胸元の写真付きの名札をみて、ちょっとびっくり。 だって胸元の名札の写真、純朴そうな黒髪の青年なのに、その上の顔が、別人のようなイケイケ兄さんなんだもの…。

 コンビニやファーストフード店では、アルバイトの名札に写真付きって割と見かけますが、大学生くらいのアルバイトの場合は、恐らく写真は上京直後に撮影した面接用の使い回し。 数ヶ月、あるいは数年経っているんでしょうから、その変貌ぶりを 「人に歴史アリ」 で眺めるのは、それなりに面白いものですね。

 コンビニでの大人の愉しみと云えば、さり気なく防犯カメラに写り込む、わざとHな雑誌を堂々とレジに出し、女子高生アルバイトの顔色をうかがう等がありますが (セクハラじゃん!)、この顔と雰囲気の変貌を味わうのも、立派な趣味になるくらいの奥行きと趣がありますね(笑)。

■ '02年6月18日〜
  ある大手サイトが画像加工を請け負う会社を探しているとの情報をキャッチ。 単価は安そうながら、かなりの数をまとめて発注したいらしい。 内容と発注数を聞くと、例えば僕1人で行うとすると、たぶん絶対に間に合わないくらいの量でした。 でももし、それだけの数を僕1人でこなせれば、結構な稼ぎになりそうなんですよね…。

 一応建前上は、僕個人ではなくスタッフが存在する事にして、無理を承知で請け負ってみようかな…ってな気分が出てきました。 万が一納期に間に合わなかったらえらい事になるんですが (^-^;)、どのみちこのまま月末を迎えたら、経済的に先月以上の修羅場になるのは間違いないので、肝試し運試し、最後の賭けに出てみるのも面白いかな…とか思ってしまいました。 一応 「こんな感じで作れますよ」ってな試作品をアップロード、担当の方に見て貰う事にしました。

 ちなみにワールドカップ 日本 vs トルコ 戦があった今日は、昼頃起きて、ダラダラとテレビを観ていました。 3時半からテレビ観戦。 あうぅ…いいとこまでいったのに惜敗。 残念でし。 かくなる上はトルコ〜、日本のぶんもガンバってくり…。 うっ!のワールドカップは終わった… (;_;) ところで共催の韓国も未だ頑張ってますが…どうにも怪しい審判はどうにもならんですね。 一昨年のシドニーオリンピックでの 篠原信一 vs ドゥイエ 決勝戦ではあれだけ騒いだマスコミも、今回はほとんど論評も報道もせず。 あの時と違って直接日本戦とは関係のない韓国戦とはいえ、サッカー人気・WCブームで多くの自称サッカー通の評論家がいっぱいテレビ出ているってのに何とも思わないんだろか?

■ '02年6月16日〜
  大河ドラマ “利家とまつ” は、本能寺の変を予兆させる 「赤い星」 (第24回目)。 織田信長が登場する戦国ものでは、信長が紅蓮の炎の中で 「じんせい ごじうねん〜」 って敦盛を舞い踊るのがクライマックスの1つになっているので、いよいよかと、ちょっと楽しみになりますね。

 ところで敦盛に信長の舞い踊りと云えば、KOEI の SLG “信長の野望” シリーズのオープニング&エンディングも連想しますが、新作の 「蒼天録」 では、どこぞの姫が扇子踊りを披露するに留まっているとの事。 むむ…恐らくは、史実的にはあまり表舞台に登場することのない、でも何故か KOEI のゲーム中ではやたら存在感のある正室 帰蝶姫 (斉藤道三の娘) らしいのですが…普通は側室の吉乃の方が信長とラブラブ〜なんで、このこだわりはなんなんでしょうねw。 ま、なにはともあれ、信長ファンとして歴史と光輝ある伝統だけは、曲げずに踏襲してもらいたいものです… :(-_-;):

■ '02年6月15日〜
 昨年8月13日の小泉首相靖国公式参拝への内外の批判を受けて、誰でもが わだかまりなく参拝出来る、靖国にかわる国立慰霊所を設けるべきとの首相談話がありました。 それを発端に1年をめどに結論を出すとか云って懇談会が出来ましたが、その一応の区切りの意見が今日のニュースに。 ワールドカップの真っ最中だし、今年はもう参拝済みだし、あと何だかんだ云って8月15日まで2ヶ月あるし、全くのベタ記事扱いになっていましたが…。 どうやら懇談会自体、自然消滅になって行きそうな雲行きになっていますね。

 にしても、靖国があるのに、どしてそんなものをまた別に新しく作らなくちゃいけないのか理解に苦しみますな。 中国韓国に配慮してるんだろけど、彼らはどれだけ彼らの理想に沿った施設やモニュメントを作っても、あれこれ文句云うに決まってますし、政教分離とか (土着の宗教風俗は政教分離に反しないって考えるのが普通だろって。 だいたい公費を使って宗教行事に首相が云々なら、外国の元首が亡くなった時、葬儀にも行けなくなるがそれでいいのか?) A級戦犯合祀とか、そゆ大事ではあるけれども本質的でないと云うか、形式的な事だけ論議しても、仕方ないと思うんですけど… (要するに彼らにとって、侵略戦争を遂行した極悪人 (A級戦犯以外も) を “神さま” として祀るのが許せない訳でしょう)。 まぁ心情的な…と云うより、ダメモト的にたんなる外交手段として文句云ってるんだろけど。

 どこの国だって、戦争にまつわる国立の慰霊の場は、“国に殉じた” 兵士や軍属を祀るものです (その意味で、“可哀想な戦争被害者への慰霊” ではなくて、“勇敢に戦った英霊への顕彰” であるのは当然です)。 それに 「靖国で会いましょう」 と云って散っていった人たちの魂を、どうやって別の施設に引っ越そうと云うのでしょう。 あげく、後世のごく一時期のあやふやな基準のみで 「あんたは戦犯」、「あんたは英霊」 と分けるなんて、そんなバカな。 第一A級戦犯分祀など認めたら、あのむちゃくちゃな東京裁判を完全に認めることになるし。

 まぁ、こういうホームページなんかで、ことさらに靖国問題なんかで文章書いたりすると、賛成であれ反対であれ、ある種のレッテルは貼られるような気がしますが (あたしゃ別に、ウヨピンではないでし… (^-^;)、普通に考えて、そんなに悪いことしてるんでしょうか、靖国参拝って…。 まぁ田中角栄だって靖国参拝しつつ余裕で中国国交正常化してたりする訳だし、責任のかなりの部分に別のもっと悪い人たち (一部マスコミとか) が、いるんだろうけどねぇ…。

■ '02年6月14日〜
 何やら週に2日3日の倉庫作業以外は、ワールドカップとゲーム 「PSO」 だけって感じの腐りきった人生を驀進中の うっ! ですが、今日も燃えました。 日本 vs チュニジア戦。 下馬評でも日本断然有利って云われていましたし、勝つだろうと安心してのテレビ観戦でしたが、しょっぱなから森島選手がゴールを。 追撃も決まって、いやぁ、面白い試合になりましたね (いや、日本人から観てだけ面白い試合でしょうけど (^-^;)。

 フランス、アルゼンチンが散り、ポルトガルまでもが去った事で、サッカー好きな知人に云わせるとワールドカップ大会自体はだんだんつまらなくなっているようですが、あたしのような にわかファンは、日本代表が勝ってさえいれば、まだまだイケるって感じです。

■ '02年6月13日〜
  昨日12日の話になりますが、消しゴム版画家、辛口コラムニストとして活躍されていたナンシー関さん、亡くなられたんですねぇ。 残念。 テレビウォッチングネタ、結構好きだったんですけど。 今はネットがあるし、テレビも複数の掲示板で実況中継で批評したり、問題箇所があったら即誰かが映像を保存、公開して、別の誰かが細かく検証する時代になってますが、独特の見地からの切れ味の良い論評には定評がありましたし、個人的にもちょくちょく読んでいました。 テレビ界、あるいはサブカルにおける影響力は大きいと思います。 心よりご冥福をお祈りいたします。

■ '02年6月12日〜
 ここ1ヶ月半ばかりやっている、ある人材派遣業から受けている倉庫内作業のマニュアル作り。 本来は1ヶ月間現場に張り付き、フローチャートとマニュアル制作までの間だけ実作業はやるって感じだったんですが…相変わらずズルズルとアルバイト感覚でやっちゃってます… (^-^;)。

 人数は、当初僕を含めて5名だったんですが、いつのまにやら倍増の 10人。 責任者として赴いている僕を除くと残りの9名は全て20代の女の子。 始めた当初は疎外感や気疲れがあってトホホな印象があったこの仕事ですが、さすが2ヶ月近くともなると女の子達とも良い感じに馴染んで来て、なにやらギャルに囲まれ〜な女子校教諭状態を満喫しつつあります… (^-^;)。 
5月9日の日記 では 「なれそうもない」と溜息をついていた帝國華撃団の司令官ですが、なんか、なれそうな気がしてきました…(笑)。
▲このページの先頭に戻っちゃう ▼末尾に飛んでみる


■ '02年6月9日〜
  またまたワールドカップ、日本 vs ロシア戦をテレビで。 試合運び自体は日本の完勝に近い内容で、後半の守勢一方のスリリングな展開を除けば、まぁ全体的に淡々とした内容ではあったんですが、やはりそこは日本戦。 稲本選手が初戦に続き先制決勝弾を叩き込むと、ついつい、盛り上がってしまいますね。

 後半 25分、鈴木選手が倒されて中山選手がピッチに立つと、どよめきとも応援ともつかないもの凄い声援が場内全体から。 スゲー、さすがにこれには、燃えましたですよ (^-^;)。 ロシア選手は中山選手が入るや、ボールを上手く回せずに選手全体が後退するような形に何度も。 ベテランの凄味と云うか、圧倒しているって感じで、中山選手めちゃくちゃかっこいいです。

 試合後、お買い物でちょっと地元の駅の方に行けば、「ニッポン! ニッポン!」ってな、例のかけ声があちこちから。 こんな片田舎の駅でもこれですから、都内の方に行ったら、えらい大騒ぎになっているんだろうなぁ…と想像しました。 取りあえず日本代表が試合に出続けている間は、にわかサポーターになろうかな (^-^;)。 仕事の方は…なんか…なんもする気になれないですなぁ…。 むむ、こんな事ではいけないのだけれど…。

 ところでテレビ朝日の日曜洋画劇場では、映画 「十戒」 のデジタル・リマスター版 をW杯の裏番組として放映。 ハリウッド黄金時代のスペクタクル映画の好きな うっ! は、こちらも観たい作品だったんですが…しかしパレスチナにイスラエルが不法介入(ってか、侵略)しまくっているこの時期に、どして 「十戒」 放映なのかしらん…。

■ '02年6月7日〜
 暑いっすね〜。 昨日も暑かったですが (東京は、今年初の真夏日だったんだそう)、今日も外出歩くのがイヤになる暑さです。 天気予報によれば、1週間は真夏日が続くらしいですが…梅雨もそろそろですし、あぁ、うっとうしいですね。

 タカラがギコネコの商標登録を申請だってさ。 まじっすか…。

■ '02年6月6日〜
  何とか5月分の支払いを全て終了。 しかし、1ヶ月 30日のうち、アルバイト先からの 「今日は仕事がないでし…」 との理由によって不本意ながら休んだ1日以外、まるまる 29日間、朝から夜、日によっては夜勤バイトも入れて働きづめに働いていながら月末に支払い不能に陥ったのは精神的にかなりの打撃で、正直、緊張の糸がぷっつりと切れてしまいました…。 この感触は、かなり久しぶりな感触です。

 原因ははっきりしていて、要するに単価の低い仕事ばかりをやっていたから…なんですが (あと当てにしていたギャラが振り込まれなかったってのもあるんですが)、今後も現在の取引先との取り引きをメインにしてゆく限りこれ以上の発展は望めないとはっきり解ってしまったのは最後通牒突きつけられたに等しく、抜本的に仕事の種類とやり方を、変えなきゃならない瀬戸際に追い込まれてしまったって感じです… (薄々気づいてはいたんですが、これまでは運良く、ピンチ時にデカイ仕事が舞い込んで来たりして、乗り切ってこれたんですよね (^-^;)。

 考えてみると、ここ数年は買い物らしい買い物もしてませんし、2台あった愛車のうち1台は今年春に廃車、もう1台は、車検が切れたまま、放置に近い状態になっています。 遊びに行く回数も極端に減り、借金とその利息だけを払う為に生きているような感じになってきてます。 身から出た錆とは云え、生きてて楽しいって感じがなくなってきました… (てか、最初の借金は自分でこさえた訳じゃないんだよ〜って誰かに文句云いたいけど、それも今となっては泣き言だなぁ、ぐすん)。

 なんか、かなりやけくそ投げやりな気分になってますでし、今。 地道に生活再建を考えるべきなんでしょうけど、性格的に一発大逆転を狙うタイプなんで、どうにもこうにも…。 今月は、何年かぶりに総力戦体制に移行しよっかな。 この期に及んでもまだ、のんきな考えが浮かぶ性格でもあるので (だから、こんな状況でもキレずに生きていけるんだけどさ(笑)、ちょっと自分を追い込んで行かないとなぁ…。

■ '02年6月4日〜
 ワールドカップ日本 vs ベルギー戦をテレビで観ました。 取り立ててサッカーファンって訳ではないんですが、興奮しましたねぇ。 結果は2-2の引き分けでしたが、テレビで云っているように次に繋がるドローですし、なにやら今回の日本代表、期待できそうです。 暫く前からW杯一色になりつつあるテレビですが、地元開催だし、どんどん盛り上がりそうなのは素朴にわくわくしてきますね。 所詮 うっ! は、ミーハーなんだなぁ…と改めて認識 (^-^;)。

■ '02年6月1日〜
 はふぅ…。 なにやらもう、ヘロヘロでし…。

 前から遮光器型土偶がやってくると思ったら、横幅のやたらある、どすこい女子高生のミニスカート&ルーズソックス姿でした。 もう夏ですなぁ…。 向こうからはリックドムもやって来ます…。 いやな夏になりそうですw

■ '02年5月29日〜
  月末の支払いラッシュとなっているド月末な今日ですが、どうやら今月、支払いきれそうもない気がしてきました…。 6年前の事実上のフリーランス業務のみでの生活からの撤退、5年前の我が人生初の具体的な返済目処の立たない借金の申込み (死守してきた銀行定期の解約も…)、3年前から現在に至る、日雇いアルバイトをも辞さない身銭獲得の決意、昨年からの綱渡り生活と、どんどん後退してゆく僕の経済情勢ですが、とうとう行くところ・落ちるところまで行ききったって感じがします…。

 i-MODE ホームページ関連の仕事が決まれば、かなり決定的な財政状況改善が図れそうなんですが…ぜんぜん目処すら立たず。 こゆ成り行きだとお流れになるケースが多いんで、あんまり期待出来ませんね…。 あううぅ。

■ '02年5月28日〜
 と云うわけで、サークル 《ぱら☆あみ》、夏コミ当選したようです。 参加日、スペースは、8月9日 (金) 東地区 “コ” 32 b 、思いっきり平日なのがあれですけど…むむ、準備どうしようかな… (^-^;)。

■ '02年5月27日〜
  レイの i-MODE ホームページの仕事の関係で、ライターの知人と高田馬場で待ち合わせ。 居酒屋であれやこれやと、今後の事を話し合いました。

■ '02年5月26日〜
  この7日からやっている、人材派遣の新規倉庫作業マニュアル作りの仕事、その関係の打ち合わせを、渋谷で行いました…いや、行うつもりだったんですが…寝坊しました (^-^;)。 ぬぬ、待ち合わせ時間は 11時だったんですが…起きてみたらばアラ不思議、時計の針は 10時 55分を指しています。 あうう、起きあがると太ももの内側がえらい痛いし、どうやら昨日のバイク乗り、随分と体にこたえていたようです… (^-^;)。

 打ち合わせは2時間くらいの予定だったんですが、その時間からどう急いでも、渋谷までは1時間半はかかるので、ほぼ出席は不可能状態。 お詫びの電話を入れて、また布団にもぐり込みました。 なんか、この仕事、どうでもよくなってきました…。 夜、かねてから制作中のゲーム PSO 関係の試作サイトをアップロード。 
こちら なんですが…こんなこと、やっている場合では…。

■ '02年5月25日〜
  17年振りくらいに、バイクを運転しました。 っても、原チャリなんですけど、とにかく余りに久しぶりの運転で、ちょっと出だしはおっかなびっくり…な感じでした。 仕事で出かけていった埼玉県は川越で、その職場の近所をいくつか回る必要があって、足にどうぞと借りたんですが、ううむ、しかしいくら久々とは云え、昔はサンザ ブィブィいわしていましたし(笑)、1時間も経つと普通に運転出来ていたのはちと嬉しかったですね。

 折しも川越は初夏を思わせる、い〜いお天気。 観光地でもある同地は風を切って走るにも楽しく、結局仕事ほとんど終わった後も夕方くらいまで、いろいろ乗り回してしまいました。 ちなみに川越、かつて《ぱら☆あみ》内部で行われたグッズ漁りツアーの標的に選ばれただけあって、いろいろマニア的な楽しみもある場所なんですが、当然のごとく、「アニメ○ト」やら 「おもちゃの玉○」やらは、回りましたです。 あうう…仕事おっぽらかして原チャ乗り回してそんなトコ行くなんて…こんな社会人、いるんだろうか…。

■ '02年5月20日〜
  ここ1ヶ月ばかり、週に1〜2度のペースで行っていた、某大手銀行本店の移行に伴うパソコン環境の調査と再構築のお手伝い。 今日はちょっとびびりました。 印章判定機とかの調査で証券部に入ったんですが、大手銀の本店の証券部だけに、もの凄い額面の有価証券がそこかしこに。 調査の際には机の周りをスタッフで囲んで行うので、行員さんには一時離席してもらうのですが、行員さんがどいた後の机の上には0が何個もついた小切手や手形が山積み。

 興味半分にちょっとみると…2億8千万円だの3億6千万だの、すさまじい金額が (^-^;)。 スタッフは偉い人が5人と僕と同じアルバイトみたいなのが5人の計10人なんですが、一応アルバイトのリーダーとして仕事に入っていましたし、この時には周りのスタッフ全てに指示を出せる権限を持っていたので、魔が差したらあるいは…どうなっていたかわかりません(笑)。

 それにしても、防犯カメラは一応頭上に設置されているものの、調査の仕事で書類を多数かかえ、それを机の上に載せたりどかしたり…で作業していますし、2枚や3枚書類に重ねてちょろまかして持ち出しても、数時間はばれない気がします。 少なくとも近所の駄菓子屋からビックリマンチョコを万引きするよりは楽なような…。

 発覚する前に銀行から出て (入行証と腕章貰っているので、顔パス状態で出入り出来ました)、誰かに手渡してから戻れば、疑われるかも知れませんが、しらばっくれ通せる気もします。 僕が換金したらばれますが、誰か善意の第三者を絡めれば、手形の割り引きなんていくらでも合法的かつ簡単に出来ますしね (状況が状況だけに、秘密裏に銀行が買い取ってくれる気がします (^-^;)。

 まぁ実際は、犯罪に手を染める勇気も気力もあんまりないので、そんな事をあれこれ頭の中で考えてみて、ちょっとしたスリルだけを味わう小市民だったのでした…。

■ '02年5月18日〜
 新宿あたりを歩いていると、回転寿司屋で、例の 「さかな さかな さかな〜 さかなを食べると〜」 な、「おさかな天国」 の音楽がガンガンかかってますね。 サビの部分だけのループ演奏みたいになっていて、「口ずさみたいけど、別のパートがわからん…」 状態になっていて、思わず CD に手を出しそうです。 全国漁業協同組合連合会が魚食の普及を目的に 1991年に制作、スーパーの鮮魚売り場などで流されている同曲ですが、CD が大ヒットしている原因は、案外こんなところにあったりして (^-^;)。

 そいや 「おさかな天国」 グッズが、この 20日から売り出されるらしいですね。 発売元は…云わずと知れたバンダイちゃ!、なんですが…。 「だんご三兄弟」 グッズでこけた教訓が、まったく生きていない様ですな… (^-^;)。
▲このページの先頭に戻っちゃう ▼末尾に飛んでみる


■ '02年5月16日〜
  若社長から仕事の依頼。 …んが、ドタキャンで今日は一日休みに。 実は若社長からの仕事って、ドタキャンになるケースが多いんですよね。 日雇いバイト先があるんで、前日の昼くらいにキャンセルならなんとでもなるんですが、こうドタキャンが続くと、う〜ん、ちと信頼が持てなくなりますね。 若社長のせい…ってより、その上のクライアントが適当な事ばかりいってるところだからなんで、仕方ないっちゃ〜仕方ないんですけどねぇ…。

 それにしてもこの日記ページ、ここまで個人的な事ばっかり書いてて、良いのだろうか… (^-^;)。 知人で熱心に読んでくれている人がいるのは知っているんですが、それ以外に読んでいる人、どのくらいいるのかなぁ…。 ううむ。

■ '02年5月15日〜
 家庭用ゲーム機 X-box の希望小売価格が、34,800円から1万円下げて24,800円に。 PlayStation 2 が16日からオープン価格による実質値下げに踏み切りましたから、その対抗策なんでしょうけど、随分とまた早い値下げでしたね。 思ったより売れなかったので (ってか、個人的には思ったより大健闘しているんですけど (^-^;)、もう必死って感じですね。

 旧価格で買った人にはゲームソフトの無料配布みたいな還元サービスをするらしいですけど、末端の社員さんはディスク傷の欠陥への対応と云い、大変な事になっているんだろなぁ…と同情してしまいます。 もっとも大人気の PlayStation 2 の方も、鳴り物入りで登場したブロードバントユニットが、音楽CDの再生できず! なんて情けない状況らしいですが…。 ま、未だに Dreamcast で遊んでいる うっ!家 では、いずれにせよ無関係の遠いお話…でしねぇ (;_;)

 昨年 2001年4月から放映開始した 「ココリコミラクルタイプ」、毎週水曜夜11時からの放映でしたが、知らない間にゴールデンに進出してたんですね。 視聴者からの投書をミニドラマ化するこの番組、パッとみ視聴者投書の内容自体はレベルが低いなぁと思うんですが、それに対する脚色と出演者のキレた演技が出色の出来で、いつも面白く観ています。 出演者では、八嶋智人さんがいい味出していて うっ!的には一押し。 この番組観るまで知らなかった役者さんですが、あちこちで活躍していた人なのかなぁ。 松下由樹さん、坂井真紀さんもさすがの演技をしてくれています。 肝心のココリコがあんまり面白くないのが困りモノですが…。

■ '02年5月14日〜
  瀋陽事件の調査結果を川口順子外相が釈明会見で。 言い訳だらけで聞いていて疲れますね。 「知らなかった」 「そうとは思わなかった」 って、うそだとしても、もう少し信憑性のあるうそをついて欲しいものです。 亡命事件なんて頻発しているのは国内のニュース見ているあたしらだって知っているし、門にしがみついて泣き叫ぶ母と子を見て 「ビザの申請に来た人だと思った」 なんて、そんなバカな。

 そういや外務省って、鈴木宗男やら田中真紀子がらみで噴出したここ数ヶ月のスキャンダルもさる事ながら、捕鯨問題もめたときは水産庁と食い違った意見云ってたし、サンマの時は韓国の味方につくし、日米貿易摩擦の時は通産省の邪魔してるし、ほんとに訳わからんなぁ。 こういうみっともない対応が外国から付け込まれる原因だって理解して欲しいよ。

 このぶんじゃ、日本海呼称問題でも何を云い出すやら。 役人だから…ってひとくくりにするのもあれですが、例えば公務員やってる僕の友達も、あんな仕事ぶりなのかしらん。 そうだとは思わないけど、思い当たる奴もいるなぁ(笑)。 ん〜、困ったものですな。

■ '02年5月12日〜
 某大手銀のパソコン関係の仕事ですが、僕の直属の部下として赴任してきた人が (というか、使えそうなんで無理いって指名しちゃったんですが (^-^;) 、ちょっと前まで某同人系大手書店のサークル担当営業責任者をやっていたというのが発覚しました(笑)。 ちなみにアキバはもちろん、池袋やらにもあるあの書店で、たぶんここ読んでる人なら全員知っている書店なんですが、う〜ん、いろいろ業界内輪話が聞けて、昼飯時は楽しい時間となっています。

 まぁ、いわゆる大手サークルの人気同人作家さん…なんかには、あんまり知り合いもいないし近づこうとも思わないし、そこらへんのオフレコ話は聞き流し状態なんですが、おたくの現場に近い…と云うか、爆心地近辺を、保護服も着ずにネクタイ一本ぶら下げて苦戦するサラリーマンの姿は悲哀に満ちていると云うか、ちょっとした短編マンガの1本も描ける興味深さです。

 うちは書店委託はやってないんですが、やっている人は、汗だくで働く書店の営業さんには、少し優しく接してあげてもいいのでは…なんて、思ってしまいました (^-^;)。 でもちょっとした救いは、彼が同人の世界について、仕事を辞めるに至った現在でも、恨みつらみのセリフが全く出てこないところですかね (辞めたのは、職場の直属上司の現場無理解が原因だそう)。 同人もコミケも全く知らない状態で就職、2年近くに渡ってサークル営業一筋だった彼が、異世界に戸惑いながらも染まって行くさまは、うぬぬ、やはりマンガ1本描ける面白さですね(笑)。

■ '02年5月11日〜
  ここんとこパソコン関係の業務が増えて、本業の物書き業が激減している うっ!ですが、ちょっとした小遣い稼ぎに…と、知人が仕事を振ってきてくれました。

 内容は、ある大手出会い系サイトが男性会員の携帯に配信しているメルマガがあるんですが、そこに掲載される 「ちょっとエッチな体験談」を量産して欲しい…と云うもの。 20 代前半の素人女性が投稿してきたような文章を装って欲しいらしく、稿料は 200 字1本で千円、それが 20 本との事。 なんか、かなりトホホな仕事です… (^-^;)。 まぁ、これをキッカケに後々の発展を考えての受注だったらしいんですけどね。

 詳細は追ってメールでくれたらしいですが、ちょうど僕のメール環境壊滅中ですし、上手く受信出来ずに、締め切り過ぎてしまいました。 どうしようか迷っていたんで、ま、これはこれで、仕方ないかな…って感じですね。 半日ほどで2万なんで、アルバイトとしては割がいいような気もしていたんですが…。

 ちなみにこの話を振ってきてくれた知人は、本業はゲームのシナリオライターさんで、つい最近、その仕事だけで仲間 10 人が1年は生活できる規模の仕事がポシャッたばかりと云う不幸な人。 うちのとこも大変ですが、あっちの業界も大変なのねん。 たぶん、夜明けは近い…お互い頑張りましょう… (^-^;)。

■ '02年5月10日〜
  盗撮、のぞきに続き、今年2月は覚せい剤取締法違反で懲役2年、執行猶予3年の判決を受けた田代まさしさんが、なにやらビデオ映画の監督として仕事復帰すると記者会見で。 昔テレビに出ていた頃と比べると、またずいぶんと痩せたねぇ…。 記者の質問はたいして厳しくはなかったんですが、田代っちは目がうつろに泳いで返答もぎこちない。 姿勢もずいぶんと小さくて、おどおどしている様がありあり…自業自得とは云え、ちょっとかわいそうに見えましたね。

 そういや以前、この田代っちをニュースキャスターとして雇っていたテレビ局がありましたが、それを見たときは 「島田紳助の2匹目のドジョウ狙ってるのかも知れんけど、そりゃ無理だぞ?」 と強い違和感を感じたものですが (コメディアンとしても、田代って全然つまんないしねぇ…)、テレビ朝日の報道局の偉い人って、ほんとに人を見る目がないのねん。 まぁ実物のイメージは、ずいぶんとまた違っていたんでしょうけど (頭がいい人って定評あったものなぁ…まぁ誰かに入れ知恵されたとかいう例の 「耳にタコ」 発言で、すっかり消し飛びましたが… (^-^;)。

 せめて逮捕が、最初の1回だけだったら (その割りにインパクト強すぎましたが、あれ)、また世間の見方も違ったんでしょうけど、シャネルズの時代から数えて、何回同じような罪で捕まっているんだろ。 田代砲 がらみでネットで執拗に虐められているのはかわいそうな気もしますが、やっぱり自業自得な気がしますね。

■ '02年5月9日〜
  7、8、今日の9日と3日間、ちょっと新しい仕事で新宿は新井薬師前近辺に行きました。 内容は、ある人材派遣業者が新規事業に入る為の準備とその業務マニュアル作りで、まぁここんとこ何年かやってる仕事と同じような内容のやつでした。 んで、業務の流れをフローチャートにすべく実際に作業をやってみている訳ですが (内容は倉庫管理でし)、主な作業担当スタッフに女性を想定しているだけに、僕が4人の女の子を引き連れる事になってしまっています。

 男は僕1人で、あとは全員女の子…。 人によってはハーレム桃源郷的環境ですが、20代前半の女の子と朝から晩まで一緒ってのは、かなり疲れます。 出勤時、駅で待ち合わせして現場に向かうまでとか、あるいは作業中なんかはまぁいいんですが、休憩時間とか昼飯の時とか、あるいは仕事終わって駅まで帰る時なんかは、めちゃくちゃ疎外感があってトホホです。 気の良い女の子ばかりで、あれこれお菓子だのくれたり話しかけてくれたりはあるんですが、それも却って疎外感を深めると云うか…。 こりゃあたし、帝國華撃団の司令官にはなれなさそうです… (^-^;)。

 一応来週水曜にたたき台を提出する段取りなんですが、全てが確定するまでにはもうちょい時間がかかりそうで、下手すると1ヶ月とかこの状況が続きそうな勢いです。 週に3日だけの予定なんですが、場合によっては月〜金全部になりそうな話もあり、ここ暫くは嬉しいような気が重いような、微妙な日々が続くようです…。

 ちなみに今同時進行している仕事に、某大手銀行本店の移行に伴うパソコン環境の調査と再構築のお手伝いってのも、あるんですよね (残念ながら、某みず○銀行ではありません)。 こちらも別の意味で神経使うので、これまたちょっと、トホホでし…。

■ '02年5月8日〜
  中国・瀋陽の日本総領事館に亡命希望の住民が駆け込み、それを追って中国の武装警察官が領事館内に不法に侵入、住民を連行した事件について、日本側が中国側に対し抗議しているとのニュース。 家に帰ってテレビみたらば、報道関係の番組はトップでこれを報じていまいした。 それにしても隠し撮りされたとかゆ〜画像を見ると、総領事館職員の緊張感まるでなし…と云うか、そのあまりに間抜けな対応に、怒り通り越して呆れ…も通り越して、ひたすら顔から火が出るって感触を味わいました。 あれみた普通の日本人は、みな恥ずかしい思いをしたんではないでしょうか…。

 人権と主権に対する考えのなさ、危機管理能力と想像力のなさ。 顔がしっかり映ってましたから、あの対応をした総領事館職員3名は、いずれ名前経歴顔写真付きで週刊誌あたりでつるし上げをくらうんでしょうけど、各国の中でも比較的緊張感が求められるであろう中国の総領事館職員であれですから、他は推して知るべしって云うか、あんま期待出来そうもないですね。 っていうか、今回の件なんか、まだましな部類に入るのかも知れん…。

 せめてその後の対応が同じであっても、中国の武装警察官の帽子をていねいに拾う前に、泣いている女の子を抱き上げるなり手を差し伸べるなりしていればねぇ…。 亡命事件の根本原因に北朝鮮の無法ぶりがあるのをおおっぴらに云えず、亡命事件の当事者になっても毅然として跳ね除けるでもなく、受け入れるでもなく。 どうしてこんなに中途半端なんだろう。

 それにしても、同じ日、時刻に、アメリカ総領事館にも駆け込みがあって、こちらはそれまでの同類の事件と同じく無事に亡命住民が保護されているんですから (もちろんこうした行動が、人権を尊重する自国の立場を鮮明にし、亡命元の国に対する政治カードに使う明確な意思も持っている)、なお一層、日本側の対応のまずさと中国側の日本に対する対応の違いを際だたせていて、腹立たしいですね。 60年前なら、場合によってはこれだけで戦争が起こってるくらいの事件なのに、日本政府の対応ものんびりした感じですし。 税金払うのがばかばかしくなります。

■ '02年5月7日〜
  仕事で都内に。 知人と別れて小雨の降る夜9時半台の新宿・歌舞伎町近辺を歩いていると、何やらけたたましいサイレンの音が。 そういえばさっきから鼻には焦げ臭いにおいが…。 か・火事でごじゃりまするがな〜もしかしてっ。 とっとと家に帰りたかったので野次馬するのはやめにしましたが、朝からずっと雨だったってのに、人混みの新宿で火事起こすなんて、器用な人もいたもんですねぇ…。

■ '02年5月6日〜
  あわわ、ギョ〜ルデン・ウィィ〜クも、今日で終わりなのねん…。 またしても休みなしのギョ〜○ン・ウィo〜クでした (何故に伏せ字?)。 GW前に振込予定だったギャラは間に合わず。 ぬぅ、みずほ銀行許すまじ。 わしを兵糧攻めにするつもりかなもし〜 (T-T)。

■ '02年5月5日〜
  暑い日が続きますね〜。 さすがに今日は、出勤前に服装で悩む事はありませんでした。 トレーナー脱ぎ捨て、Tシャツで Go! です。 仕事も夕方には終わり、ちょい早めの帰宅となりました。

 日曜と云う事で、久々に NHK 大河ドラマ 「利家とまつ」 を視聴 (第 18 回 「越前府中入城」) しました。 ここ1ヶ月程見逃してばっかりなので、いまいちのめり込んで見れませんでしたが、期待していた前田慶次郎も見れ (役者さんは及川光博さん)、まぁ45分間は飽きずに楽しめました。

 それにしても 「利家とまつ」 、大いに期待していたんですが、どうにも展開がイマイチですねぇ。 謀略渦巻く戦国乱世をダイナミックに描く!…みたいなノリが好きな うっ!としては、元々大河のノリはちょっと物足りない感想を持つケースが多いんですが、利家だけでなく、その妻 まつ をも取り上げたダブル主役劇とも云うべき今回の作品、2人の絆ばかりを強調していて、ただの恋愛ドラマっぽくなってしまっているのが残念です。 織田信長も、「で、あるか」 しか、云わんしなぁ… (ちなみに、あたしの廻りでは、わりと流行ってます、“で、あるか” (笑)。

 話は前後しますが、大河ドラマと云えば、歴代最高視聴率を叩き出した昭和62年放映 「独眼竜政宗」 の主役だった俳優の北大路欣也さんを夕方頃、仕事で立ち寄った麻布十番近辺で目撃! ぬぬぅ、ベンツ SL に颯爽と乗り込む姿は、やぱかっこよかったです。

■ '02年5月3日〜
  ぐわわっ、仕事終わらね〜。 ぬぬぬ、連日終電ギリだの徹夜だので頑張ってはいるんですが…。 しまいにゃ、日頃から慕ってくれている若いスタッフに恨みのこもった目で 「終電時間ごまかして帰ったら許しませんよ!」とか云われる始末…。 田舎住まいで悪かったねぇ、くすん。 なんか、全然自分の時間が取れません…。 今日はちと家にものを取りに行かねばならんかったので、電車内で熟睡しつつ帰りました。 休み欲しいでし…。

■ '02年5月2日〜
  急遽アルバイトを。 ある大手家電メーカによる発注で、ビデオ録画などを携帯電話による遠隔操作で行えるようにするシステムを構築するってんで、そのお手伝い…って感じです。 場所は新宿住友ビル内の 39 階。 この手の仕事絡みで高いビルはいろいろ登っているんですが、新宿高層ビル群内での仕事はこの日が初めてで、ちょっと嬉しかったです。 夜景も堪能出来ましたし…ってか、堪能したくなかったんですが、全然終わらず、堪能しつくすハメに。 最近、地上 100 メートルとかで朝日を見る事が増えました…。


■ '02年5月1日〜
  キヨスクで見かけては即ゲット、うっ!の通勤時の心のオアシスとなっていた お気に入りのおやつ 「おしゃぶり昆布 浜風」 が、暫く前から全く見かけなくなっています。

 ちょい固めで、薄い塩味のついた乾燥昆布の切れっ端が 10 グラム分だけ入っているこのおやつ、ボリボリとかみ砕くもよし、商品名の通りしゃぶってダシ味を楽しむもよし。 また、少し食べると喉も乾いて飲物が美味しいし、消化しにくい昆布だけに、量の割りに腹持ちもかなりなもので、もう日に1袋は開ける勢いで愛食していただけに、非常に残念でなりません。

おしゃぶり昆布 浜風 昆布は完食後の為画像作成したものです…食欲をそそるパッケージも、今やもの悲しく…  美味しいだけでなく、昆布の寸法に合った袋のサイズ、加えてリップつまみを引くだけで食べやすい穴があくなどパッケージも凝っていて、駅で車内で携行して食べるのにとても便利だったんですよね、「おしゃぶり昆布 浜風」。 たまに売り切れの時もあったりして、それなりに人気定番商品だったハズなんですが、一体どうしちゃったんでしょうか…。

 一斉にどこの駅でも見かけなくなっているので、おかしいな…と思っていましたら、今日原因が分かりました。 なにやら 「こだわり亭珍味 おしゃぶり 浜風」 とかゆ〜似て非なる昆布菓子と入れ替わっていたのでした。 ちなみにオリジナル浜風の製造元は中野物産、類似品の方は北東キヨスクサービスとやらで、どうやら駅でオリジナルを見かけなくなってしまった原因は、ここらあたりにありそうです (そら、キヨスクサービスが昆布菓子作り出したら、JR 駅売店でヨソのメーカが入り込む余地ないわな…)。

 類似品の方は味はほとんどオリジナルと同じっぽいんですが (てか、何か関連ありそうなんですが)、しかし、昆布の厚みが薄くて食べ応えがややなく、また一連の珍味シリーズのパッケージと同じ妙に縦長の袋を使っているので、非常に食べにくいです (何度も指を入れないと昆布が取れないでし… (;_;) ぬぬぬ…、こっ・こんなことが、許されていいんでしょうか、国民のみなさんっ!

 ここんとこ JR ではなく西武線を使う事が多くなっているので、今はまだ我慢出来ますが (西武線の売店では、元々 「おしゃぶり昆布 浜風」 は扱ってないでし)、また JR を使うようになったら、イライラが募りそうです。 駅売店じゃなくどっかの店では買うことが出来るんでしょうけど、駅でちょいと買って食べるのが、良かったんですけどねぇ…。 愛食していた食商品がなくなるのって、やぱ寂しいものです。
▲このページの先頭に戻っちゃう ▼末尾に飛んでみる


■ '02年4月29日〜
  うわ…なにやら2ちゃんと米 TIME 誌サイトが、凄い事になっていますね… (^-^;)。 そういや昨日の NHK スペシャル 「奇跡の詩人」 がらみの話題もえらいことになってますね。 というか、ありえないだろ、あの映像は…。

■ '02年4月27日〜
  新車で購入してから7年に渡って乗ってきた HONDA シビックを廃車。 ディーラーさんに取りに来てもらいました。 購入時につけたアルミホイールやハンドル、CD コンポの類は一応外してとっとこうかな…とか思いましたが、まぁ今さら7年前のパーツ使うとも思えないし、小型車また買う予定もないので、そのままディーラーさんへ。 何だかんだ云って随分と足代わりに乗っていた車だったんで、ちと寂しいものがありますね。

 ところでディーラー引き取りに先立ち、トランク内などの荷物整理をしていたら、印刷屋さんの段ボール箱が。 中見たら…ああう、完売したと思っていた 《ぱら☆あみ》本 Vol.3 の在庫が…(って、10 冊くらいですけどね(笑)。 次のイベントの時にもっていこうかな (^-^;)。

■ '02年4月26日〜
  痴漢冤罪事件が話題になってますね (って、のっけから冤罪扱いですが… (^-^;)。 自称被害者の女子高生は、この1年の間に何件もの痴漢被害の届けを出している人で、それぞれから多額の慰謝料をもらっているらしいし、証言も矛盾だらけ。 対して今回加害者とされている男性は、まったく見に覚えのない罪で会社はやめにゃならんし、生活はめちゃくちゃ…。 「痴漢」 なんて、世間の目といい、ほとんど社会的死刑判決に近いですからねぇ…ひどいもんです。

 知人とそんな話をちょっとしていたらば、知人の知人の弁護士が痴漢犯罪で男性が採るべき対応を教えてくれたそう。 いわく、自分がもし痴漢をしたのなら、反省して素直にお縄につくべし。 もしやってないのに痴漢呼ばわりされたのなら…走って逃げてとにかく逃げきるべし、だそう。 うぬぅ…やっぱ、そうなのねん (^-^;)。 でも逃げて捕まったら、「やってないヤツがなぜ逃げる、犯人決定!」 になるんだろな…。

 僕は電車に乗る時は、両手を必ずつり革にかけるようにしているんですが (昔からの癖で意味はないんですが)、これなら痴漢冤罪に巻き込まれる心配はないかな…とか思ったら、何やら最近では、「腰を擦り付けてきた」 …はまだ理解出来るとして、「肘を…」、「膝を…」、「背中を…」 と、要するにどっかしらの部位が女性の体に接触して相手が痴漢されたと思ったら、こっちは痴漢にされてしまうようなのね。 うぬぅ…どうすりゃいいのかねぇ。 「痴漢っぽく見えない容姿」 にするしかないんだろか… (中年男性って時点でアウトな気もしますが… (;_;)

 そういや、僕が以前お世話になっていた編集プロの社長が、だいぶ前に痴漢に間違われた事があったそうな。 その時の対応は…「この人痴漢です」 と相手が濡れ衣を着せてきたと同時に、「誰がお前みたいなドブスを触るかこのバカッ!」 っと、仁王立ちしつつ耳もつんざくばかりの大声で怒鳴りつけたんだそう。 相手は呆気にとられて、そのまま脱力し黙ってしまったので、その社長はゆうゆうとその場を離れたらしい…。 こそこそせず胸を張って大声を出すのがポイントかなと予想しますが、う〜む…自分の身を守る方法は、これだな(笑)。 いや、そう上手くいくかどうか、分かりませんが…。

■ '02年4月24日〜
  は〜、しばらく神奈川県は横浜桜木町でアルバイトでし。 朝早くて辛いなぁ…。

■ '02年4月18日〜
 若社長の仕事、ドタキャン。 こんな時期にドタキャンなんて、計画狂うでし。 ぬぬ…。 入社依頼をあやふやにしている腹いせか? たぶん、そんな事はないハズなんですけど… (^-^;)。

■ '02年4月17日〜
  セーラーマーズ、火野レイちゃん、お誕生日おめでと〜 (^-^)。 最近は仕事やら「PSO」やらで、ここの更新も止まりがちだなぁ…。 なんとか更新らしい事をしているのはこの日記と、「同人用語の基礎知識」 くらいか…。 どっちも全然、メインコンテンツじゃないわな。 ううっ…見捨てないで下さい(;_☆)

■ '02年4月14日〜
  今年の1月19日 に初仕事してから何度となく仕事に誘ってもらい、ご一緒させて貰っている若社長から、かなり熱心な入社依頼を受けました。 かねてから何度もその手の話は受けていたんですが、今回のはかなり強い調子のもので、ぬぬ、なにやら三顧の礼を受けているような感じです(笑)。

 昨年2月に某 IT 関連の仕事辞めてからは、一応就職活動中でもあるし、この就職難な時代に渡りに船って感じではあるんですが、待遇面でちょっと。 借金だらけの僕の場合、月給 30万やら 40万やら程度の金額じゃ、全くもってどうにもならんのですよ…。 若社長の会社の仕事って、僕がこれまでやってきた本業・アルバイトの総決算ってな感じの業務内容で、我ながら打ってつけって感じはするんですけどね…。 のらりくらりとかわし続けるのも悪いし、どうしたものか…って感じです…。

■ '02年4月12日〜
  仕事の取引先への顔出しに高田馬場へ。 都内に寄ったついでに秋葉原に寄り道、調子の悪い 「PSO」 ゲームディスクの買い直しと、ドリキャス用メモリーカード、その他のお買い物をしました。 自宅に帰って早速ドリキャスに新しいディスクを挿入。 さぁ起動…と電源を入れたところ、古いディスクと同じ症状が! あがが、やっぱりディスクの問題じゃなく、ドリキャス本体の故障なのねん…。 やはり、修理に出すしかないのかなぁ、くすん。

 面倒だから、壊れたドリキャス本体はそれはそれで修理に出して、また新しいのを買おうかなぁ。 「PSO」はセーブデータの取り扱いが特殊なんで、新しいのを買っても、そのままそれまでのデータは使えないらしいんですが、完全にお店から在庫が消える前に、予備は欲しかったんですよね。 どうせアキバに行ったんだから、ついでに買っておけば良かったです。 にしても、あたしってようアキバいくな。 所詮 アキバ系 か… (´`lll)。

■ '02年4月11日〜
  ドリキャスの調子が悪いです。 主に遊んでいる 「PSO」 のディスクを、読み込んでくれないんですよね。 ディスク表面には、若干のキズ、うむむ、これが原因なのかなぁ。 それ以外のゲームディスクや音楽 CD はちゃんと読み込むので、本体の故障ではないような気がするんですが、そうだと良いんですけどね。 明日都内に出るので、ちと新しいディスクでも、買いに行こうかな。

■ '02年4月10日〜
  若社長から仕事の依頼。 来週は数日間明けておいて欲しいとの事。 広島行きもなさそうだから、丁度良かったです (ってか、押しつけました (^-^;)。 せっかく遠くへの仕事パスしたんだから、これもあんまり遠くじゃなければ、良いんだけどなぁ。

■ '02年4月9日〜
  ほぼ日刊イトイ新聞の鳥越俊太郎さんのコラム 「鳥越俊太郎の「あのくさ こればい!」 にて、辻元清美嬢の名義貸しによる公金横領について 「あまりにも日本のメディアが辻元・元議員のことを大罪を犯したかのように連日伝えているのでなんだろうな、これは?」「辻元さんのやったとされていることに対して何の被害感もないんですね」「形式的なルール違反でさも悪らつな犯罪者のごとくに言い募る日本のメディアの情けなさ、貧困さに私は心から悲しいね」 と全力擁護 (第760回)。 まぁそりゃ別にいいんですがw、1年半前に、同じような給与流用をやった民主党の山本譲司の時 (第235回) には 「税金で支えている我々国民は一体どうすりゃいいんだ」「逮捕許諾請求」が出て、山本議員逮捕となるところですよ、これは」「そのくらい罪は重いね」 と完全に犯罪者扱いで猛バッシングしてたんですが、この1年半の間に、何があったんでしょうか? それとも辻元さんや社民党の議員さんだけは、何をやっても犯罪者にならないのかな。

■ '02年4月8日〜
  何やらこの12日から半月ばかり、広島・岡山近辺に、仕事で行かなくてはならなくなりそうです。 社内パソコンのソフト類の入れ替えの手伝いって感じの仕事なので、めちゃくちゃ楽そうですが、う〜む、2週間も家を空けるのはいやだなぁ。 いちおう別の人に振ってちょうだい、てな感じで、打ち合わせしました。 誰かが行かなくてはならないんですけど、どうせなら、名古屋か大阪、神戸あたりだったら、友達も多いし、楽しくなりそうねんですけどねぇ。

 テレビによると、加藤紘一議員が元秘書の脱税事件やら自らの政治資金流用疑惑やらの責任をとって議員辞職を表明。 一時は総理の最有力候補と云われていた紘一ちゃ!、個人的に割と好きな議員さんだったので、自業自得とは云え少々可哀想に感じました。 所詮はただの、おぼっちゃん、だったんでしょうねぇ…。

■ '02年4月7日〜
  仕事が不規則だったりゲームにはまったり、で、すっかり更新の止まっているここ 《ぱら☆あみ》 HP、内容の更新にまで踏み込む時間はなかなか取れないものの、せめてリンクページのリンクチェックくらいはせねば…と、帰宅後夜4時くらいまで、ちょこちょことチェックしてみました。 あうぅ、辿れないリンクがたくさんあるでごじゃりまする… (;_;)

Universe  一番ひどい状態だろうなぁ…と予想していた 美少女ゲーム会社リンク集 が、ぼろぼろの有り様だったのはまぁいいとして (2割近くのリンクに、バナー表示がおかしいなどの異常がありました)、相手の顔が見える個人ページへのリンクにも、かなりアクセス不良となっているもののあるのは、ショックでした。 やはりこまめにチェックと更新していないと、すぐ荒れてしまいますね、リンクページって…。

 ただこまめにチェックしていると逆に見えてこない大きなジャンルの栄枯盛衰と云うか、久々のチェックで見えてくる大きな流れってのも、ありますね。 あるアニメジャンルのリンクが全滅していた…なんてのは、その端的なレイです (^-^;)。 また相互リンクしていたサイトが、内容がまるで変わって一方的にリンク切られていたりとか (申し込んで来たのはそっちなのに… (^-^;)、ちょっと哀しい発見もありました。 まぁ相互リンクに関する考え方はサイト管理者さまによって様々なので、一口で正しい間違ってるってアレコレ云える問題ではないんですけどね (相互リンクしてるだけで、互いの行き来がまるでない…ってもの、それはそれで寂しいですしね…)。

 さて、かような訳でかなりのページで変更や更新、削除が続いたんですが、実は登録件数がそこそこあるジャンルであるにも関わらず、ほとんど変更のなかったジャンルもあるのを、発見しました。 それは…セラミュのキャストさんに関するファンサイト関係です(笑)。 ううむ、タレントさんのファンサイトって、対象となるタレントさんが存在している…しかも大抵は、それなりの許可を取って運営している…だからそう簡単に閉鎖は出来ない…って事もあるんでしょうけど、更新頻度も高いトコが多くて、ちょっとビックリしました。 情熱がなによりサイト運営の一番の要素ですが、ファンサイト、侮れないパワーがあります(笑)。

■ '02年4月6日〜
  仕事が早く引けたので、職場の友人と、仕事場そばの有楽町ソフマップに。 お目当てはセラムン DVD のゲット、だったんですが、残念ながらちと見あたりませんでした。 やむなくゲームコーナーに友人を誘い込んでの 「PSO」 買え買え攻撃を繰り出しましたが、こちらもあえなく不調。 ぬぬ…と帰り支度を始めたところ、レジそばに、ガシャポンのコーナーがあるのを発見しました。 どれどれ…と見てみたら、左端に噂のセラムン HG シリーズのものがあるのが目に飛び込んで来ました!

 暫く前にここ 《ぱら☆あみ》 掲示板に情報を書き込んで下さった方もいましたし、早くゲットしなきゃな〜とは思っていたんですが、なかなか普段の行動範囲には見あたらず、「ぬぅ、そのうちどっかのグッズ専門店でセット売りされているヤツでも、買うかなぁ…」と思っていたんですが、思わぬチャンスにちょっと小躍りしてしまいました。

 早速手持ちの小銭で引いてみたところ、まこちゃんが出てきました。 「ぬぬ、まこちゃんも好きだけど、出来れば うさちゃ!が欲しいなぁ」と、もう一度ポケットを漁ると、100円玉は1枚もなし。 やむなく、レジで千円札を両替して臨むと、今度はブラックレディが。 ブラックレディも是が非でも欲しいと思っていたので嬉しいんですが、やはり うさちゃ!も、ともう一度チャレンジすると、今度は亜美ちゃん。 もう一度、と引くと、やっと待望の うさちゃ!が出てきました。

 しかしあれですな、ここまで来ると残りはレイちゃ!、美奈ちゃ!の2体のみ。 もはや有り金全部はたいても、全6種ゲットしないではいられない勢いになってしまうってのは、呪われたセラ人の宿命。 前世からの光に導かれるままに 「えいや、えいや」 と引いてみたらば、なんと、そのままレイちゃ!、美奈ちゃ!が出て、だぶりなしでコンプリートしてしまいました (^-^;)。 すまぬ、いい年をこいた大人がこゆ事を云うのは、さすがにはばかられると承知はしているんですが、めちゃくちゃ嬉しかったです (ひい)。 人間、たまには、良いこともあるんですね (笑)。

 ちなみに今日の仕事場所は、第一生命の本社ビル内。 歴史ドキュメンタリー番組とかで、旧 GHQ 司令部として使われていた模様をサンザ見ていたので、いろいろ興味深く内部を見て回りました。 役得役得。

■ '02年4月4日〜
  ここんとこ、仕事 → 「PSO」 → 睡眠…ってな日が続いているなぁ…。 変化のない日々の積み重ねって、僕の一番忌むところなんですが…うぅむ…。

■ '02年4月3日〜
  なんか一昨日あたりから、みずほグループの ATM を始めとした業務システムが、えらい混乱・誤作動しているようですね。 カード決済の2重引き落としとかされているらしいですが、残高に関するエラーが出るなんて、銀行としては致命的な気がするんですが、どうなんでしょう。 こりゃ新しい船出の早々、トップが替わる事にでもなりそうですね…。

■ '02年4月2日〜
  昨日海に行って気分が切り替わったから…って訳でもないんですが、今日は今年初めて、上着を脱いで仕事に出かけました。 昼間はともかく、朝や夜はちと寒いかな…とも思ったんですが、全然上着なんていらないですね。 ちょっと寄る辺ない心細い気もしますが、季節が動いているなぁ…と実感してしまいます。

■ '02年4月1日〜
  数日前から仕事で神奈川県は磯子のそばに通っているんですが、今日は仕事内容がのんびりした感じでしたし、またなんてったって天気が良かったので、ちと遠いんですが、お昼休みに海岸まで、足を延ばしてみました。 磯子の中でもかなり南より、鳥浜の方へと歩いて行くと、そのまま横浜港に突きだしたウォーターフロント部に。 地名が鳥浜とはいえ完全に埋め立て地になっているんですが、先端部分には流行のショッピングモールが出来ていたりして、結構きれいな感じです。 どんなトコか、少し気になっていたんですよね、ここ。

 ショッピングモールに近づくと、手前のテトラポットの組まれた海岸に目が。 モールよりよっぽどそっちの方が面白そうと歩み寄ると、たまらない潮の匂いと心地よい風がフワリ。 初夏なみの気候も手伝ってめちゃくちゃ気持ちいいですね。 足元にはカニやフジツボ、いろいろな貝、なまこ、クラゲもいたりして、つい童心に帰って2時間ばかり、遊び呆けてしまいました。 やっぱり海はいいなぁ。 ヒトデがいなかったのは残念でしたが、また夏にでもなったら、改めて遊びに行きたいですね。
▲このページの先頭に戻っちゃう ▼末尾に飛んでみる


■ '02年3月28日〜
  一時期 「ポパイ」 誌と若者のバイブル雑誌の座を争っていたホットドッグプレス (Hot・Dog PRESS/ HDP) が5月末に発売する6月10日号をもって休刊するらしい。 完全になくなるのではなく、3ヶ月休んで9月からリニューアルして再創刊となるらしいけど、まぁ雑誌業界でリニューアルってのは、廃刊の一歩手前と相場が決まっているので (休刊も事実上の廃刊だしねぇ)、持ってせいぜい後1〜2年ってところじゃないでしょうかね (ちなみにあたしがかかわった雑誌では、リニュ後にほぼ全てが半年持たなかったです)。

 「女の子のココロとカラダ」 特集で童貞かそれに近い若者の性欲を煽るだけ煽って、その欲求を満たすためには 「オンナのコ」 の 「視線」 を奪って 「機嫌を取りまくる」。 軽薄短小の権化もついに堕ちますか…。 業界スジではあまり評判のよろしくない雑誌でしたし、あたしも仕事したことない雑誌なんで、どうでもいいっちゃどうでもいいんですが、これも時代の流れなんでしょうかねぇ。 どうでもいいけどあたし、この雑誌に出たことがあるよ… (もちろん童貞Aクン、とか、そんなんじゃない(;_;)

■ '02年3月27日〜
 あららん、「ちっちゃな雪使いシュガー」、終わっちゃったのねん…。 たま〜にテレビをダラダラつけている時に観ていましたが、割とあちこちでうわさ話も出ていたし、面白いアニメだったのかなぁ…。 画風的に、うちのサークル内で人気出そうな感じだったんですけどね (^-^;)。

■ '02年3月26日〜
  社民党の辻元清美議員が辞職の記者会見。 ちょっと粘ったような気もするけれど、宗男っちや紘一ちゃ!に比べると、議員辞職 早っ!! …って感じが、やっぱりありますね。 主義主張にはあんまり共感出来なかったし、議員になる前、ピースボート主催者として、例えば “朝まで生テレビ” とかに論客として出演していた頃から、あの金切り声にはちとウンザリしていた方なんですが、こうなっちゃうと、そのあまりの打たれ弱さに同情すると云うか、もうちょい上手く立ち回れば良いのに…と歯がゆく感じてしまいます。 疑惑が出た時期といい現在の政局といい、敵対勢力からの意図的な情報リークによる報道って感じがプンプンしますが、政治ってのは元々そういうもんなんですけどね…。

■ '02年3月24日〜
  ニュースによると、北朝鮮の拉致事件で よど号グループが計画・実行し、自らも関わったとの証言が数日前に。 いよいよ具体的な証拠が出てきました。 まだマスコミ的にはタブー視するむきもあるこの事件ですが、少しでもこれで進展すればいいですね。 っていうか、どう考えても怪しすぎるだろうに、あの国。 いったい何の遠慮があるんだか。

 配慮といえば、韓国で在韓日本人に参政権を認めるのか認めないのかでもめていた韓国国会ですが、今月の頭にあっさり否決、削除されたようですね。 そもそも日本にいる出稼ぎの韓国朝鮮の人とその子供たち60万人に対し、韓国にいる日本人はわずか数百人。 それで 「相互に参政権を認め合おう」 ってのもあまりにアンバランスな話ですが、云い出しっぺの韓国はそれすらも認めたくない様子。 それでいて日本には 「認めろ」 ってのも凄い話だなぁ。 日本じゃ国民主権の憲法に違反するってんで、成立のメドも立たない外国人参政権ですが、求めている側が日ごろ護憲を訴えている側なのも頭が痛い。 こんなバカなもんを成立させて世界の笑いものにならないで欲しいですね。

■ '02年3月23日〜
  仕事帰りコンビニで晩ご飯を。 飲物とおかし、主食はお弁当に美味しそうなのがないので、大盛りご飯のパックにホテイの焼鳥缶詰、あとお新香セットをチョイス。 ぬぅ、金額的には下手なベント買うよりよっぽど高いんですが、妙〜にビンボったらしい夕食ですね (^-^;)。 でも うっ!は、ご飯+缶詰やら瓶詰めやらお新香やら…みたいな食事の選び方、よくするんですよね。 今日は缶詰とお新香の2品があるだけ、ちょっと豪華って感じです。

 ご飯は温めてもらい、その間にお金を払ってさぁ買った物の袋詰め…となったところで、おやや?、レジのお兄さんがちょっとかわった入れ方をしているのに気づきました。 飲物とおかし、お新香を袋に詰めておきながら、缶詰だけを、袋に入れてないんです。 温めたご飯は別の袋に入れるとして、缶詰だけ入れないのはあまりに不自然。 さては入れ忘れかな…と思ってみていると、ご飯を熱物袋に入れた後、その上に載せるように、缶詰を入れました。

 これって要するに、ご飯の余熱で缶詰を温めよう…としてくれているんでしょうけど、この業務マニュアルには絶対載ってなさそうな機転の効いたサービス(?)には、正直云ってこの うっ!、ちょっと久々に感動してしまいました (^-^;)。 レジ係はいかにも学生っぽいハタチくらいの茶髪の男の子だったんですが、自分も同じような粗末な食事ばかり採っていて慣れているから…かどうかは知りませんけど、こうした種類の気の利かせ方は、普通はなかなか出来ないもの。 卒業後就職したら、立派な社会人になれそうです(笑)。

■ '02年3月21日〜
  春分の日って事で、全日本的にお休み〜な本日ですが、ええ、あたしになんか、休みは来ませんですよ、ええ、え(;_;) でもすっかり桜は咲いているし、ちょっと早めの春の到来と共に、気分も明るくなって来ますね。 この 24日、神戸から始まるセラミュ公演観劇は、スケジュール的にちぃ〜と厳しくなってきました…(東京公演、よりによって月末のわずか5日間ってのが、きっつ〜な感じでし。 ぐすん)。

■ '02年3月17日〜
  夜、いつもの通りオンラインゲーム “PHANTASY STAR ONLINE (PSO)” で遊ぼうと、サーバに接続、いつもの仲間とだべっていると、ちとショッキングな出来事が。 ある長年連れ添ったゲーム上での友人が、今日でゲーム引退してしまうとの事。 発売から1年以上ともなると、ゲーム開始初期に知り合った友人知人の多くが、もはやオンライン上では会えない状況になっていて、1人、また1人と去って行く事にも慣れてはいたんですが、いろいろな意味での好敵手として連日一緒に励んでいた人の、しかも引退宣言つきの引退は、ハンマーで頭殴られるくらいのショックがありました… (;_;)

 この友人、駆け出しの漫画家さんでして、この5月からは少年マガジンの別冊にデビュー作となる作品の連載も決まっていて (“復活師レオン”ってタイトルでし)、まぁその関連もあって、「こんなに長時間遊べるのも、あともう少しだけだね」なんて話をしていたんですね。 なので、ちょっとした心の準備はあったりしたんですが、いざとなると過去の様々な出来事を思い出したりして、随分としんみりしてしまいました。

 ちなみにこの友人の 「PSO」 引退、仕事が忙しくなると云う理由もさることながら、あと1ヶ月程で発売される、オンライン版ファイナルファンタジーに興味があるってのも、理由の一つだったんですが、で、集まった仲間達がそれぞれお別れや激励の言葉を彼に伝える中、うち1人が、「FFでも素敵な出会いを」 と云っていたのが、とても印象に残りました。 仲間が去る寂しさは、僕と同じハズなのに、こうした言葉をかけてあげられるって、凄い事だと思います。 つくづく、良い仲間に恵まれた…と思ってしまいました。

 ちなみに彼がゲーム上のキャラに使っていた名前は、彼の作品上でのメインキャラクターの名前と同じでして、デビュー作のヒロインの名前として登場もするとの事。 今度は誌面で会えるのを、楽しみにしようかな(笑)。

■ '02年3月15日〜
  渦中の鈴木宗男議員が涙の記者会見。 議員辞職するのかと思いきや、自民党を離党するだけなのねん。 にしても、男泣きの姿を見てもあんまり同情心が湧かないし、マスコミの論調も依然容赦ない。 ここまで嫌われるってのも、ある意味凄いですね (^-^;)。 しかし宗男ネタも、もういい加減飽きてきた気がしますねぇ。

 確定申告書の提出は、友人に一緒に出して来てもらいました (おまけに、自宅まで取りに来てもらいました(笑)。 らくちんらくちん、です。

■ '02年3月14日〜
  明日の提出期限を目前に、確定申告書の作成に手間取ってます。 今年から、申告書の体裁が大きく変わったからなんですが、紙が変わっただけならともかく、僕のような “一般的でない” 納税者にとって、取り扱いが微妙な各種科目類の呼び名が変わってしまっているってのが、戸惑う大きな原因となっていますね。

 例えば僕の所得の内訳は、一部給与所得を除いては、全て 「その他の事業」 としていたんですが、今年からそれが消えてしまい、「雑所得の中のその他」 になるのか、あるいは別の何かにあたるのか、さっぱり分かりませんでした (結局、税務署の人と話をした結果、「事業の中の営業等」になりました)。 ここんとこ、手引き書の体裁が大きくなったりと、いろいろ変更点のある申告書ですが、また来年も変更があったら面倒だなぁ、ふう。

 …それにしても、昨年度のあたしの総所得… 低っ!! 前年の半分だわ、こら (笑)。 仕事やめてアルバイトとかばかりしてましたからねぇ。 ゲームにもうつつを抜かしておったし。 うぬぬ、今年は頑張らねばのぉ、ぬぬぅ。

 ところで話はかなり飛びますが、知人に聞いた話では、斉藤レイさんのヌード写真集がもうすぐ出るんですね (ウェブ上に書く以上、確認済みです、一応 (^-^;)。 うぅむ、ちと複雑です(笑)。
▲このページの先頭に戻っちゃう ▼末尾に飛んでみる


■ '02年3月10日〜
  久々にのんびりと自宅で仕事でした。 大河ドラマ “利家とまつ 加賀百万石物語”も放映を直接見ることが出来、今日は 「妻への小袖」の回でしたが、なかなか楽しめました。 まつ役の松嶋菜々子さんはともかく、利家役の唐沢寿明さん、信長役の反町隆史さんはどうにもイメージじゃなかったんですが、まぁ3月放映の回ともなるとそれなりに演じる方も見る方も慣れてきて、先に対する期待も高まって来ますね。 昨年の “北条時宗”、最後の最後まで、和泉元彌さんや渡部篤郎さんにピンと来なかったので、その反動でもあるんですが…。

 大河定番の人気者と云えば、信長、秀吉、家康ですが、その3代に渡って全ての政権で重要な位置を占めていた前田利家、戦国時代を駆け足で見て回れそうで楽しみです。 ただその後の史実が史実ですからストーリー進行上仕方ないんでしょうけど、秀吉 (香川照之さん)があまりに悪人っぽく描かれているのは、ちと可哀想です(笑)。

 まぁ、親利家であり、一方反秀吉で後に争う佐々成政 (山口祐一郎さん)や柴田勝家 (松平健さん)は、取りあえず良い人に描いておかなければ後々の “苦渋の選択”とか “ギリギリの決断”とかが生きてきませんからこれで良い様な気もしますが、配役、とくに勝家役の松平健さんを見た時点で、先行きがなんとなく見えてしまうのはどうかなぁと思います。

 ちなみにちょい前から登場した明智光秀役は、ちょっと意外 (?)な萩原健一さん。 3年前の大河 “元禄繚乱” でも切れた演技で魅せてくれましたが、今回もやはり、なかなかのデキ…です(笑)。

■ '02年3月8日〜
 MS のゲーム機 X-box で、ゲームソフト (DVD ディスク) を再生するとディスク外周部などに傷がつく欠陥が。 この件では数日前に 「傷は自然に発生したもので購入者が乱暴に扱ったのが原因ではないか」、「ソフト再生上なんら問題ない」 とか強気の発表していましたが、昨日になって機器本体の欠陥による傷があったと認め、ホームページ上で陳謝したらしい。

 それにしても先日の発表、原因に関するコメントはさておき、「ソフト再生上なんら問題ない」 ってのは、凄い云い草ですね (^-^;)。 例え再生上問題がなくたって、中古ソフトとして売れなくなるし、ソフトはお金を払ってユーザが購入したもの。 例えばクリーニング屋が 「預かったワイシャツに多少シミをつけてしまったけど着衣上問題ない」 って客に云い放つようなもので、こら大迷惑な欠陥だと思うんですが…。

■ '02年3月7日〜
  今日明日の2日は、知人 (若社長) の仕事のお手伝い。 場所は東浦和だったんですが、昼頃には都着する予定が、別の仕事で押してしまって、駅に到着したのは夕方になってしまいました。 即タクシーに乗り込んで仕事先に向かいましたが、タクシー助手席にノートパソコンがあって、ちとびっくり。 地図ソフトが入っていて、こちらが云った住所を検索、一発で場所を確認して走り出しました。

 いわゆるカーナビの類を装備しているタクシーはわりと見かけますが、んでそっちの方が便利だろうとは思うのですが、タクシーの中にノートパソって取り合わせが妙に新鮮で、ちょっとした時代を感じてしまいました。 滅多にタクシーなんて使いませんけど、わりとこういうスタイルって、普及しているんでしょうかね。

 料金 1,220円分走った後、現地に到着、若社長と合流しましたが、到着後5分ほどして仕事は終了 (^-^;)。 あぐあぐ、行っても意味なかったのねん(笑)。 そのままタクシーでまた東浦和駅まで帰って、駅前のマクドナルドで2時間程今後の仕事の打ち合わせ。 これで交通費全額はもちろん、一日稼働分の給料はくれるらしいので、ううむ、なんか悪い事をしてしまいました。

■ '02年3月6日〜
 仕事帰りちょいとアキバに寄ってみたらば、あらビックリ、馴染みのゲーム屋さんで、1フロアまるまる X-box の売場になってる。 ぬぬぅ、この2月22日から売り出された Microsoft の新ゲームハード X-box (34,800円税別)、絶対にコケる!…と約2年前の仕様発表時に占っていたのですが (こちら です(笑)、ひょっとして化けるかもしれんなぁ。 もしかしたら、「PC-FX」 や 「3DO」より普及しちゃうカモ…。 ピピンと良い勝負くらいだと思っていたが、う〜む。

 冗談はともかく、でもさ正直、これほどソフトが出るとは思いませんでしたよ。 まだ10タイトルかそこらなんで、多いとも云えませんけど、もうほんっと〜に、全く出ないかも…くらいに思っていたので (^-^;)。 デモ機はよく 「NOW LOADING...」 のままフリーズしちゃってるらしいですが…(笑)。

■ '02年3月1日〜
  今月はセラミュ 「10th Anniversary Festival」 の公演がありますね。 セーラームーン10周年を祝う今公演、またしてもチケットゲットを逃した うっ!ですが、なんとか仕事に都合つけて、ANZAさん、森野文子さん、岩名美紗子さんらがゲスト出演する千秋楽 31日だけでも、観に行きたいですね。 それにしても、前回公演でいくらかセラミュへの情熱が蘇りつつある昨今、でもそれ以前に比べると 「死んでも行くぞ!」てな意欲が湧かないのは、いかんともしがたいです。 エナジーためないとなぁ…ふう。

 そういや、明後日3日には、セラムンオンリーイベント、「LADY'S MELODY 3」 が浅草橋文具共和会館で開催されますね。 これも行けそうにないなぁ…。 段々とセラムンが遠のいて行く感じで(;_;)

■ '02年2月24日〜
  この9日からアメリカ・ユタ州で開催中のソルトレーク冬季オリンピックですが、つまんないっすね (^-^;)。 別に必ずしも日本選手が活躍しないと面白く感じないって訳ではないんですが、やたらアメリカ選手ばかりはしゃいじゃって、どうにもつまらなさすぎです。 職場でもほとんど話題に上りませんし、テレビを始め、マスコミ報道もあんまり活発じゃないような気がするし、興味持って観ている人って、どのくらいいるんでしょうか。

 まぁ前回が国内長野での開催でしたし、また日本選手が結構活躍したので印象が強く、その反動って事なのかも知れませんけど、ショートトラックやらフィギュアなど判定問題も大会を大いにつまらなくしてしまっています。 明日で終わってしまいますが、これくらいテレビ中継見なかった五輪も珍しかったなぁ…。

■ '02年2月22日〜
  一世を風靡し、一般へのフィギュアブームの先駆けともなった 「チョコエッグ」 消えてしまうようですね。 フルタ製菓のお家騒動はさておき、海洋堂の苦渋の判断とそれまでのいきさつが痛ましい。 つうか、あの海洋堂がここまで判断を保留していたのは、やっぱり莫大な売り上げがある同シリーズを企業として失いたくなかったってのがあったんでしょうけど、それも限界に来たってことでしょうか。

 おまけフィギュアブームはまだ暫く続きそうだし、バンダイやらタカラやら似たような商品展開をしている企業がフルタと縁の切れた海洋堂と提携するであろうことは容易に想像できます (まぁバンダイはバンダイで、お家騒動の種がある会社ですけどw)。 ちっぽけな模型屋だとフルタ側も舐めてかかっていたのかも知れませんけど、金の卵を産むニワトリを手放すとは、とんだ無能をさらけ出してますね。 フルタといや 「セコイヤチョコレート」 ですが (^-^;)、やることがセコかったんでしょうか。 どちらもそれなりに思い入れのある会社だったので、こんなことになったのは残念ですね。

■ '02年2月16日〜
  なんか 「ゆとり教育」 とやらで、教科書の内容がばっさり切られるようですね。 週休二日制の導入などで授業時間数そのものが減っているんで、そら内容も減るのは当然なんでしょうけど、小数点以下2桁の掛け算に電卓を使うとか、台形の面積の求め方がなくなるとか、円周率が 3.14 から 3になるなど、基礎的な発展系の内容がごっそりなくなるのはすごいな。 学力低下が叫ばれている昨今、絶対失敗する試みだと思うのですが…。

 しばらく前、仕事で文部省に行ったことがあるんですが、地下の談話室みたいなところに、「グーテンバーガー」 の自販機があるんですよね。 あれ見たとき、「うむっ、日本の教育行政は磐石・万全じゃ」 と思ったもんですが…大丈夫なんでしょうか?

■ '02年2月14日〜
 
コミケ 申込みした後だから…って訳でもないんですが、たまには絵が描きたいなぁ…とつくづく思いますね。 仕事趣味問わず、4〜5年前までは日常的に絵を描いていたのに、最近はどうしちゃったんだろ、ううむぅ…。 暇が欲しいよ。 まとまった時間が取れないから、ついゲームとかに走っちゃうんだよなぁ…(そ、そうだろうか… (^-^;)。 このページの更新ともども、何とかせねばのぉ…。
▲このページの先頭に戻っちゃう ▼末尾に飛んでみる


■ '02年2月12日〜
  今日は、この夏開催されるコミケ 62 のサークル申込書送付期限の日。 昼、職場をちょいと抜けて、郵便局に出しに行きました。 昨年末の冬コミでは残念な結果になってしまった我がサークルですが、この夏はどうなるでしょうね。 もはや新刊をオフセで…とか、前向き…と云うよりは無謀 (^-^;) な事は、うちではなかなか出来ないような気がしますが、会いたい人もいますし在庫もあるし、再起のキッカケとしてもぜひスペースを確保したいところです。 セラムン同人に対して、やり残したと思うこともあるので、頑張りたいんですけどねぇ。 ここをお読みの皆さんは、申込み、無事に済みましたか?

■ '02年2月9日〜
  テレ朝系の朝番組 「スーパーモーニング」、キャスターの蟹瀬誠一って降板するのねん。 でも後任が前田吟ってあなた… (^-^;)。 まぁ蟹瀬は前々から好きじゃなかったんで (一昨年12月4日の新宿歌舞伎町ビデオ店爆発事件での、マンガ 「トライガン・マキシマム」 についてのコメントなど (当日の日記は こちら)、あぁこれでやっとせーせーするって感じですが、1年半以上キャスターやってたのか…そっちの方がびっくりです。

 しっかし硬派のジャーナリスト気取りはいいんだけど、それがあからさまに顔に出て、芸能ネタは小バカにしたような態度を堂々と取っていたし (そういう番組なんだから、やる以上プロに徹しろよ)、梨元勝氏やら須藤甚一郎氏やらといっつも仲悪そうなプチ口論してたものなぁ…。 ずっと前に TBS 系の 「報道特集」 で現場取材に駆け回っていた頃は、別段普通の報道記者って感じだったんですが、そうしたフィールドを極める道を、歩んで欲しかったですねぇ…。

 それにしても次のキャスター前田吟って、ただの人情派の人の良いおっさん…ってな印象しかないけど、余計なコメント連発して自爆せず、まったりと続けたらひょっとしたら化けるのかな? にしても、テレ朝系の報道情報番組のキャスター選考基準って、さっぱり分かりませんね… (田代まさしとか水前寺清子とか (^-^;)。 でも蟹瀬が去って政治ネタ激減-芸能スキャンダルばっかり…になったら、それはそれで哀しいな…。

■ '02年2月5日〜
 職場に少年サンデーが。 なにげに読んで放り出しておいたらば、20台前半の同僚が読み始めました。 パラパラとページをめくる指先を何となく目で追っていたらば、高橋留美子さんの人気マンガ 「犬夜叉」 を、すっぽりと読み飛ばしているのを発見。 おやや? と思い、「犬夜叉 読まないの?」 と訊ねたら、「うん、読んでない」 との返事。 なお理由を尋ねて食い下がると、「だって絵が古いじゃないですか?」。 ちょっとしたショックを感じました。

 確かに今現在主流となっている画風と比べればやや古い印象はありますが、それなりに新しい画風も採り入れている気がするし、読み飛ばす程致命的な気はしません。 ってか、画風なんて好みの問題なんですけど、その点、十分普遍的な魅力にあふれている画風に見えるんですけどねぇ。 物語の面白さは折り紙付きですし。 まぁ20歳そこそこの彼にとっては、ただの過去の大家の作品に、見えてしまうのかも知れませんね。

 でもさぁ、ハッキリいって少年サンデー手にとっておきながら 「犬夜叉」 を読まないなんて、例えば甘エビ食べて尻尾をまるまる残すようなもの、と云うか、すっごいもったいない事だと思うんですけど…。 まぁマンガを読めと命令しても仕方ありませんけどねぇ。 …え? お気に入りのキャラですか? (訊いてない、誰も訊いてないぞ)、もちろん 「珊瑚」 でし。 華奢な身体に合わない巨大ブーメラン・飛来骨ってのがかっこいいし、あぁ…憂いのある黒髪の美少女って最高ですわ。

■ '02年2月1日〜
  ビデオないと不便なんで、新しいのを買ってきました。 aiwa の何とかって安いやつ。 元々ビデオやらオーディオやらは趣味として好きなので、新しい機材買うときは大抵その店で一番高いヤツを買ってくるぐらいの勢いだったこの うっ!、貧乏こじらせているとは云え、S-VHS でもデジタルでもないフツ〜のビデオを、しかもちょっとイメージ的にアレなメーカーのを買うとは、我ながらトホホです… (;_;)

 でもまぁ Hi-Fi ステレオだし S-VHS の簡易再生は出来るし (うちのビデオテープは大抵 S 録画してるので、これがないとどうにもならんのです…)、これで2万切る値段なら、つなぎとしては十分ですね。 …てか、いざ開梱して使ってみたら、かなりいい感じです(笑)。 うむむ、今まで無駄金使ってきたのかも知れん…。 ぬぅ。

■ '02年1月27日〜
  仕事で夜遅く帰宅。 あぐぅ、NHK の大河ドラマ “利家とまつ”(公式ページは
こちら )、また見逃してしまいまし(;_;) 今日は桶狭間なんだよなぁ、ううむ。 前田利家の生涯的にはそれほどでもないにしろ、織田家的には序盤のクライマックスである桶狭間、絶対見たいなと思っていたのに…。 ビデオデッキ、新しいの買おうかな、ううむぅ…。

 そ云や今日はセーラーウラヌス、天王はるかっちのお誕生日なのよねん。 おめでと〜 (o^-^)。

■ '02年1月19日〜
  知り合いの紹介で、広告代理店っぽい会社へ仕事で。 ある大手補修剤メーカーの店頭ポップとパンフレット制作のお手伝いだったんですが、使用機材は Mac G4 が不調とかで、Windows パソ + Win 版 Photoshop Ver.5.5。 自宅の環境とほぼ同じで、らっき☆ って感じです。

 パソコンによる仕事では、テキストデータ以外の制作実務経験はあんまりないんですが、趣味や同人誌作りでさんざ使い慣れている環境だけに、先方が予定していた作業全てを時間内に終了する事が出来ました。 パンフレット作りなんて、本業中の本業ですし、画像処理も、メイン機材が不調って事でかなり不自由な感じだったんですが (例えば文字類加工のプラグインとか、ぜんぜんないのだ…)、手動による加工・装飾なんてお手の物なので、先方の若社長がしきりに感心してくれました。 何が身を助けるか、わかりませんねぇ (^-^;)。

 それにしても、絵を描く仕事もそうですが、好きで趣味としてやってきた事が仕事となり、それなりの報酬を伴って取り組めるってのは、つくづく幸せな事ですね。 メイン機材の不調とデザイナーの多忙、切迫する締め切りって事で呼ばれたイレギュラーな依頼でしたが、よその会社に行ってのこうした作業ってのも、たまには良いものです。 ちなみにこうした仕事をするオフィスって、最近は禁煙のトコが多いんですが、灰皿持ち込みOK、喫煙仕事OKだったのは、嬉しいです。 画像処理中に一服出来なきゃ、僕の場合、作業になりませんので(笑)。

■ '02年1月13日〜
 ああ…仕事はそれなりに忙しいものの、月末の各種締め切りやら支払いやらもなく、のんびりとした心持ちで生活出来る月の半ばは、平和で心穏やかな幸せを感じますね。 
「同人用語の基礎知識」 とこの日記あたりをのんびり更新しつつ、新しい年への暖機運転を続けているところです。

■ '02年1月10日〜
  小銭が溜まって仕方ありません。 1円玉や5円玉、10円玉くらいまでは、細長い筒状の貯金箱にまとめて放り込んでいるんですが、そろそろ限界になって来ました…。 いつも入り切らなくなると、行きつけの信用金庫で札に両替するんですが (一杯の状態で5千円くらいになります)、受付のお姉さんも面倒くさそうな顔するし、持って行くのも重いし時間ないし、困ったなぁ…って感じです。

 聞いた話では、最近の若い人は、1円玉とかのおつりは、そのまま捨てたり (!)、あるいはレジ横の募金箱の類に投げ入れてしまうのだそう。 捨てるのはちょっと僕には無理ですが (^-^;)、募金箱への投入は、考えてみてもいいかなぁ…。 いちお、職場の若い子に 「小銭どうします?」 と聞いてみたらば、「レジで細かく渡すので、溜まった事ないですよ」 との返事。 うむむ、その手もあるか…。 でもこれも、面倒くさがり屋の僕には、無理そうです(笑)。 皆さんは小銭、どうしてますか?

■ '02年1月6日〜
  セーラーサターン、土萠ほたるちゃん、お誕生日おめでと〜 (o^-^)。

■ '02年1月3日〜
  元旦から始まって三が日まるまる仕事でした。 麻布十番、氷川神社への絵馬奉納、今年も出来なさそうです…。 あああ、良い年になって欲しいなぁ…ううむ。

■ '02年1月1日〜
  毎年同じご挨拶になってしまっていますが、《ぱら☆あみ》Homepage にお越しの皆様、明けましておめでと〜ございます〜 (^-^)/。 ここんとこ、余りに更新がされなくて、各方面にご迷惑を掛けまくってしまっているこの うっ!ですが、ううむ、皆さんにとってこの1年が素晴らしいものになりますよう、せめてお祈りだけさせて下さいぃいぃ…。

 ちなみに1日から仕事〜なのも、この うっ!の毎年恒例のお約束。 ぬぬ、と云うわけで、この元旦も、てか、三が日いっぱい、仕事先に行ってまいりますでし。 ううむぅ、この1年も、うっ!には、幸せがどんどん遠のいて行くイメージです。 ぐすん。

戻ろ2009年4〜6月2009年1〜3月2008年9〜12月2008年7〜9月2008年4〜6月2008年1〜3月
2007年下半期2007年上半期 2006年下半期2006年上半期 2005年下半期 2005年上半期
2004年下半期 2004年上半期 2003年下半期 2003年上半期 2002年下半期 2002年上半期
2001年下半期2001年上半期 2000年下半期2000年上半期1999年下半期1999年上半期
1998年以前〜

▲このページの先頭に飛ぼ
スペース
皿洗いの間へ戻るぱら☆あみトップへ