同人用語の基礎知識

レベル

トップ 同人用語 項目一覧 ゲーム レベル

ゲーム中キャラの成長をシミュレート 「レベル」

 「レベル」(Level) とは、主に RPG (ロールプレイングゲーム) において、キャラクター やユニット、装備品アイテム などの強さや性能、能力値を ゲーム のルールに基づいて総合的もしくは個別の 要素 ごとに段階で設けた数値や 設定 のことです。 略して 「lv」 と表現することもあります。

 ゲームを進める中で、ゲーム中のキャラの経験を積むことによる成長をシミュレーションするもので、通常はプレイヤーが操作してキャラが行った 行為を判定 する中で、行為の種類や 難易度 ごとに定められて付与される 経験値 を蓄積し、それがある一定の基準に達するとレベルが上がる (レベルアップ/ 成長する) ことになります。

 レベルが上がると、それに伴ってキャラやユニットの能力値 (パラメータステータス) が上昇し、その分キャラやユニットが強くなります。 こうしたゲームの仕組みは経験値ともども テーブルトークRPG (TRPG) によって提唱され、その後はコンピュータゲームの RPG でも、ほぼそのままの形と名称で継承されています。

「Lv.1 = ド素人」 といった使われ方も

 一般的には数値が大きい方がよりレベルが高く優れているという扱いで、最低ランクは Lv.1 (もしくは Lv.0)、最高ランク (レベル上限) はゲームによって異なりますが、一般にイメージしやすいのは Lv.99 や Lv.100 といった数値でしょう。

 これが転じて 「Lv.1 = ド素人」「Lv.100 = 玄人・プロフェッショナル、あるいは廃人・依存症」 といった使い方をする場合もあります。 なおレベルの上限はキャップと呼び、その段階に至りあらゆる能力値が上限に達した状態は Lv.MAX、あるいは カンスト と呼びます。

 一方、単に レアリティ (等級やランク) の代替表現として使われる場合もあります。 ランクやランキングは、順位を決めたりその順位に合わせて並べることを指す普通の言葉なので、その他様々なシーンで異なる意味で使われることもあります。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2000年9月23日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター