同人用語の基礎知識

脊髄反射レス

トップ 同人用語 項目一覧 レス 脊髄反射レス

脳みそを使わず神経だけで激怒・反論 「脊髄反射レス」

 「脊髄反射レス」 とは、ネット掲示板 などで、自分宛か自分宛だと思い込んだ他人の 書き込み をちゃんと読まず、理解もせず、目に入った語句や些細な言い回しだけに着目して逆上し、勝手に批判されたと判断して感情を爆発させ、勢いで勘違いや見当違いのヒステリーじみた反論の レス をすることです。

 脊髄反射とは、人や脊椎のある生物が何らかの刺激を受けて反射行動を取る際に、脳を介さず脊髄内だけで反射が完結する反応のことです。 緊急時に脳へ情報を伝達し判断していては間に合わない場合に、とっさに身を守るために行われます。 例えば火や熱湯などに触れると無意識に手を引っ込める、座った状態で膝頭を叩くと足がピクンと跳ねるなどがそれにあたります。 これが転じて、「脳みそを使わずに脊髄反射だけで書き込みをしている」 との意味で 「脊髄反射レス」 や単に 「脊髄反射」 と呼ぶようになりました。

 こうしたレスをする人は、元々話が通じないタイプの人の場合もありますが、イライラが募っているとか頭に血が上って興奮し、一時的にそうした状態になっているだけの場合もあります。 話が通じないタイプはどうしようもありませんが、一時的に興奮している場合などは、「ついカッとなって 思わず手が出たみたいなレス」 といったニュアンスの ネットスラング となります。 もし自分のレスに 「脊髄反射」 とレスが付いた場合は、一度冷静になって相手の文章を読み返す方が良いでしょう。

 パソ通 時代ならいざ知らず、何かとスピードアップしている インターネット の時代にはそぐわない考え方だとは思いますが、腹に据えかねる意見に反論する場合は即レスはせず、一晩置いて冷静になってから書き込むかどうか判断する方が良いかもしれません。 実際、怒りに任せて即レスをしようとして踏みとどまり、改めて相手の文章を見たらこちらの勘違いだった…レスする前で良かった…なんてことは、長くネットをやってるといくらでもあるものです。

 一方で、文意が伝わりにくい長文や無駄にひねったレトリックそのものが、ネットでは誤解や脊髄反射を招く悪文だとして批判される部分もあります。 とくに掲示板では、3行を超えるような長文は読むのも面倒なため、「長い」「短くまとめろ」 との苦情がでる場合も少なくありません。

掲示板の外でも…迷惑な脊髄反射による怒りや拡散

 掲示板のレス以外でも、ネット上で迷惑な脊髄反射をする人は結構います。 例えば ツイッター などで、事実関係を調べずに他人の恣意的な要約を読んだだけで激怒し誤った情報を RT などで拡散する人、全体の意味や文脈を見ずに特定のキーワードだけに過剰反応して頭に血が上ってしまう人、ニュース記事などで 本文 を確認せずに不正確な記事タイトルだけを見て罵詈雑言を浴びせるような人たちです。

 掲示板で脊髄反射するだけなら本人が赤っ恥をかいて終わりですが、悪意のある切り抜きを怒りに任せて広めたり、勘違いやデマに踊らされて怒っている人と一緒になって誰かに石を投げるような行為は、デマを広め他者へ危害を及ぼしかねない脊髄反射でしょう。 場合によっては強い党派性の元に、デマや不確かな情報だとわかった上で、意図的に脊髄反射のふりをして拡散する人もいます (後でそれを批判されても 「RT は必ずしも賛同ではない」「私も騙された」 と被害者ぶることができるかなり悪質なやり方です)。

 大手メディアだって誤報することがありますし、世間話をする程度の感覚で SNS を使っている人がいちいち事実関係の確認などしてられないという気持ちは分かりますが、誰か特定個人を悪しざまに表現している個人の ツイート などを安易に拡散するのは避けた方が無難でしょう。

 確かにこうしたツイートは社会正義の側に立って悪を叩くようなものが多く、拡散したくなるのは分かりますが、デマや不正確な情報を拡散して人を追い詰める可能性がありますし、最初にそれを目にするのは他ならぬ自分の フォロワー や友人知人だという点は、自戒も込めて忘れないようにしたいものです。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2000年10月9日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター