同人用語の基礎知識

腐女子/ Fujyoshi

トップ 同人用語 項目一覧 腐女子/ Fujyoshi

腐ってるにゅ…まだ早すぎたんだにゅ ← 腐女子と関係ありません…

 「腐女子」(ふじょし) とは やおいBL/ ボーイズラブ)や ショタ 作品の作家や ファン など、同人・おたく系の女性のうち、男性同性愛モノを活動の ジャンル としている人たちに自称もしくは侮蔑的な云い回しの俗称です。 略して 「腐」、あるいは 「フジヨシ」「スラッシャー」(後述します) などとも呼びます。

腐女子

 男性に対して使う おたく が部外者によって命名され、また差別語として自分以外の誰か別の相手に使うケースが非常に多いのに対して、対象となっている (であろう) 本人自らが、他でもない自分自身に対して自嘲・自虐的 に使うケースが非常に多いのが、こうした言葉の中でも際立った特徴のひとつです。

 腐女子という言葉自体は、綾しい などと同じ ネット (時期的に パソコン通信 の時代) などでの 誤変換当て字 がルーツだと思われがちですが、「婦女子ではなく腐った女子 (腐れ女子) だから腐女子だ」 と女性漫画家が作品中で自称したのが語源やルーツの一つとされていて、細かい定義はともかく、言葉というか文字列自体は多くのネット発の誤変換用語よりずっと古かったりします。

 こうした言い回しは他の漫画家なども自作品の単行本化の際、雑誌掲載時に広告スペースであったマンガの余白に書き足す フリートーク で使ったり、雑誌の投稿欄や同人誌中で雑文に使うケースもあり、徐々に定義が定まり広く使われるようになったようです。 個別の作家さんに思い当たる節はあるものの、言葉の構造自体は単純なダジャレでもあり、定義や文脈はともかくこの文字列自体はその前後に使っていた人がいたとの話もありますし (情報ありがとうございます)、折を見て深掘りしたいと考えています。

 おたく (元々は男性を指すケースが多かったけれど、後には性別を選ばなくなった) という言葉が一般に広まる中で、こうした女の子や女性たちは長らく 「おたく女」 とか 「女おたく」「同人女」「根暗 同人女」 みたいな呼ばれ方をされていました。 その後ネットの普及で 「腐女子」 なる言葉は非おたく系の 一般人 にも広まり、現在は自称だけでなく他人が差別語として使うケースも増えています。 前後して若い世代からは 「自虐が過ぎるのではないか」 とか 「文字のイメージが良くない」 などで、別の言葉への言い換えの提案などがされてもいますが、あまり定着はしていないようです (後述します)。

 ただ腐女子は語源がそうであったように 「自認する概念」 なので、ことさらに彼女らを揶揄目的で腐女子だと呼んでもあまり意味がないような気はします。

「腐女子」 と 「おたく」、女と男の感覚の違い…

 それにしても、見た目完璧な 「おたく」 でも、他人から 「おたくキモイ」「きんもーっ☆」 なんて云われると落ち込んだり強く反論したりするのが男性の おたく ですが、女性の場合、「この腐女子が!」 と罵倒されても、「はぁ? 腐女子ですが何か?」 と平然と云ってしまえる 雰囲気 があるのはすごいです (あたしの周りにそんな女の子が多かったせいもあるんでしょうけど、そういう受け答えをしそうな気がすごくします)。 んで 筆者 個人としては、潔くて凄みも感じられて、こういう姿勢、かなり好きですw

 ちなみに多くの女性同人作家が男性同性愛作品、いわゆる 「やおい」 をメインジャンルとして選び、活躍していることもあり、女性同人作家を やおい女 とか やおい作家、ヤオラー、ヤオイスキー などと呼ぶケースもあります。

 男性の同人作家でも、特定のジャンルの作品ばかり執筆している場合は 「萌え絵師」 とか 「エロパロ作家」「アニパロ作家」、はたまた おっぱい星人 などと呼びますが、これらの呼び名はある程度同人のことがわかってないとさっぱり意味不明でしょうから、やっぱり世間的には おたく・腐女子 なのかも知れません。

時代は下り、いろいろなバリエーションが… 「貴腐人」、そして 「汚超腐人」

 なお腐女子が高齢となり結婚やら子育てやらを通じて独特のオーラを持った場合は 貴腐人 (既腐人、腐レディー とも)、さらにそれが極限まで醗酵しつくし 汚超腐人 (麻婆豆腐 とも)、さらにさらに最終進化形態として 腐ェニックス などとも呼ばれます。 また貪欲なまでに腐を求める人を 腐食獣、┌(┌^o^)┐ホモォ…、男性で 「やおい」 が好きなファンは 腐男子・腐兄 と呼ぶこともあるようです。

 「発酵系」 と呼ぶこともありますが、いずれにせよ「腐」 という文字のせいもあるんでしょうが、このあたりも言葉遊び、自虐的 ネタ とはいえ、やはり自称する概念ならではだと思いますね。 ただ 「貴腐人」 の場合、高級ワインに 「貴腐ワイン」 ってのがありますし、ブルジョアな響きがあるのは偶然とはいえすごいです。 ちなみに腐女子を卒業した人のことは、一般人 のほかに 腐治さん などと呼ぶ場合もあります。

 逆に、中学生や高校生などの若年層の場合、高校生は 「腐女子高生」、中学生は 「腐女子中生」 などと呼ぶ (自称する) 場合もあります。 もしくは 「汚女」(おとめ) とも。 中高生サークル などもありますので、腐の道への第一歩は、かなり早いんですね。 もっともマンガ制作なんてものは音楽や舞踊、スポーツなどと同様、小学生くらいから将来をある程度意識して描き始めないと、なかなか技術的に 「ものにできない」 場合もあるので、これは当然なんでしょう。

 こうした若年層のごく一部にありがちな、腐的な同人マナー、暗黙の お約束 を守れず大騒ぎして周囲に迷惑を振りまく人たちを、あるいはそうしたことを通じて腐女子全般を悪しざまに表現するものに 「ゴキ腐リ」 などもあります。 筆者的には大嫌いな言葉のひとつなのですが、ネットを中心に一時期急速に広まったこともあります。

池袋に乙女ロード出現、腐女子呼称の言い換え模索なども

腐女子の聖地 乙女ロードのある池袋
腐女子の聖地 乙女ロードのある池袋

 東京都豊島区、池袋駅東口から徒歩7分、サンシャイン60の西側 (東池袋中央公園のはす向かいで、アムラックスとの間)、首都高速5号池袋線をくぐってすぐの通りを、俗に 乙女ロード と呼ぶようになりました。

 同人系を含む漫画情報誌、「ぱふ」(雑草社) の2004年5月号にて、それまではコミックストリートとかオタクロードとか腐女子ストリートなどと呼ばれていた同通りを、「乙女ロード」 と表記。 翌 2005年11月16日に毎日新聞が 「オタク女性のメッカ池袋」 と題して乙女ロードの記事を夕刊に掲載、前後してテレビ (「出没!アド街ック天国」 ほか) など他のメディアも大きく報じ、一般にもその名が広まりました。

 秋葉原 に集うことが多い おたく が後に 「アキバ系」「A-BOY」 などと呼ばれるようにもなったので、今後 「腐女子」 も 「乙女系」 と呼ばれるようになるんでしょうか? 実際、BL系の同人や 商業 マンガ、あるいはそれらが好きな女性を 「乙女系」 と呼称し始めているマスコミや関係者、一般人も増えてきているようです。

 おたく やアキバ系が、本人たちではなく部外者から蔑称として名づけられたのに対し、腐女子とか乙女系とかは、当の本人たちが自称し、あるいはシニカルなギャグとしての意味もあって 「乙女」 と云う美しい言葉 (元々乙女系は、女性が 主人公 の少女漫画的な異性愛を扱うもので、腐女子とは異なる概念として使われてきた言葉です) を当てはめているような気がするのは、やっぱり男女との意識の違いとして面白い現象だなと思ったりします。

 ただ当初は 「やおい」 の カテゴリ に過ぎなかったボーイズラブ (BL) が、むしろ 「やおい」 の新しい呼び方として意味を拡散しながら広まっている点を考えると、彼女らの側 (とりわけ若い層) では、余りに自虐的な呼び方はなじまない方向に行っているのかなと云う感じはします。 確かに 「ヤオイが好きな腐」 より、「BLが好きな乙女系」 の方が、はるかに語感が良いですものね。

 また 「腐」 という字を平仮名にした 「ふ女子」 なんて表記にしたり、カップリング を英語で 「スラッシュ」(Slash) と呼ぶことから、「スラッシャー」 といった言い方も提案されています。 腐女子の第一世代が高齢化する中、若い女性たちが 「私たちはあの人たちとは違う」 との、世代的に新しいのだとの明確な主張を始めているのかも知れません。

 このあたりは、おたくにおける若い世代や ぬるオタ の側の言葉の言い換え模索などとも似た感じですね。 2010年代以降はおたくという言葉にさほど差別的ニュアンスが感じられなくなり、むしろ 「おたくキモイ、ダサい」 という価値観こそが昭和や平成初期っぽい古臭いものみたいなイメージになってきて、すっかり別の呼称に言い換えようという空気はなくなりました。 腐女子も別の言葉に言い換えるのが良いのか、言葉はそのままで意味やイメージを良いものに塗り替えるのが良いのかは、時間や時代が解決していくものなのかも知れません。

取りあえず 「腐」(ふ) さえ、ついていれば…

 なお腐テイストの イラスト を 「腐絵」、文章を 「腐文」、腐的なものの見方を 「腐視線」、腐女子スピリッツ溢れる マンガアニメゲーム をそれぞれ 「腐漫画」「腐本」「腐アニメ」「腐ゲーム(腐ゲー)」、さらには心意気を 「腐根性」「腐気分」 などとも呼びます。 また自分より上級者 (レベル が高い人) などを、「腐り度が高い」 とか、「腐レベルが高い」「より醗酵している」 などと表現したりもします。 取りあえず 「腐」 さえつければ概念やニュアンスが伝わるという汎用性の高さが、腐女子という言葉が廃れず愛されてもいるひとつの理由なのかもしれませんね。

 それはそれとして、どうでもいいですが カラオケ でEPOの 「う・ふ・ふ・ふ」 の替え歌で 「う腐っ腐っ腐っ カプしたくなる」 とか歌うのは死活問題ですやめてください!><。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2000年9月7日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター