同人用語の基礎知識

鬼女/ 既婚女性

トップ 同人用語 項目一覧 鬼女/ 既婚女性

ネット界・同人界 最強軍団… 「鬼女」

 「鬼女」(きじょ) とは、掲示板 の名称を語源とする、「既婚女性」(既女) の当て字による表現です。

既婚女性@2ch掲示板
不敗伝説に彩られた 「既婚女性@2ch掲示板」

 広義では 「主婦」「奥様」「母親」 といった意味ですが、掲示板 2ちゃんねる の雑談系の カテゴリ に属する板 「既婚女性板」(主婦のための掲示板) の略語、「既女」 の 誤変換当て字 の俗称が由来となっていて、狭義には、この板の住人 (利用者/ 可愛い奥様/ 可奥) を指す言葉となります。

 俗に主婦・お嫁さんを称して 「鬼嫁」 なんて言葉もありますが、この言葉 「鬼女」 自体にはあまり侮蔑・罵倒のような意味はなく、むしろ畏怖の対象、ある種の尊称のような趣もあります。

 あまりに強い武将を 「鬼神」、海外では、「人間技とも思えない優れた美術や建築」 あるいは人間離れした天才などを、神業とか神の化身のほかに、尊敬とある種の恐れをこめて 「悪魔の手」 などと呼びますが、これに近いニュアンスの言葉となりましょうか。 腐女子 などと違い、あまり本人が自称する言葉ではありません (当然といや当然ですが、こういう表現を嫌う人もかなり多いです)。 よりストレートに尊敬の意味を込めて、「輝女」 あるいは 「鬼婦神」 と記述する場合もあります。

 なお妻や主婦、母親と云えば、夫との夫婦関係や嫁姑問題、育児や教育などの問題もあり、ネット 上の話題としてもポピュラーですが、それぞれの家庭環境や立場によって考え方が違い、争いや対立が絶えないため、それぞれのコアな話題は育児板や家庭板などに誘導されるケースが多く (そうでない場合もある)、元々雑談系の話題の多い板だということもあり、ニュース系の板のように、芸能の ネタ や政治ネタ、ネットで話題となっている 「お祭りネタ」 などが多く見られる傾向があります。 鬼女が牙を剥くのは、こうしたものの当事者がいきおい多くなっています。

 ちなみに似たような当て字表現では、「喪男」(もてない男)、「喪女」(もてない女)、「毒男」(独身男性)、「毒女」(独身女性) なんてのもあります。 鬼女に対する既婚男性の場合は、「気団」 となります。 いずれも上記 「鬼女」 と同様、掲示板名の俗称が 元ネタ となっています。

いくたの無敵・無敗・最強伝説に彩られた鬼女という存在

 ことさらに鬼女という言葉が畏怖の意味で使われるのは、例えば極めて大規模な お祭り と呼ばれるネット内での個人・団体などへの強硬な 叩き (バッシング) に対し、いくつかの震源地となったのが鬼女板 (既婚女性板) であったことに由来します。

 またそれと同時に、他の追随を許さない圧倒的な行動力 (ネット内の 書き込みメール だけでなく、例えば苦情電話 (電凸スポンサー問合せ) やビラ配り (配布だけではなく、配布の許可が得られない場所に うっかり 置き忘れてきたり)、署名、FAX送信、不買、商品送り返し、各種女性団体との連携など) と、一時のブーム、一過性に流されない、年単位の長期間・執拗な追及 (しばしば外部から 「強い 粘着性」 などと評される) が特徴として挙げられます。 とりわけ抜きんでた調査能力は他を寄せ付けないものがあり、いわゆる 「特定班」(わずかな手がかりから様々な情報を引き出して特定する) の主力を担っているとの話もあります。

 さらに皇室関係、在日外国人関係など一般にはタブーとされているような対象に対しても果敢に切り込んでいったり、胆の据わった思い切りの良さ、住民が多く重なっているオカルト板 (オカ板) や801板 (数字板)、同人 関係の掲示板や mixi などの SNS や各種リアルコミュニティとの連携が密であったり、その一方、ネット上では無駄な 馴れ合い をせず、原則スタンドアローンで怒りをリアル行動に移せるなど、その破壊力はまさに 「最強」 のタイトルを冠するに相応しいと思われます (俗に 「軍隊アリ」 とか 「執念深いゲリラ兵」「赤目のオーム」(風の谷のナウシカに登場する腐海の王、王蟲が、怒りで我を忘れて全てを踏み潰す戦闘態勢になっている状態)、「最高戦力」(ワンピースに登場する作中最強格の海軍本部大将) にも例えられます)。

 しかも、こうした攻撃力・破壊力の高さもさることながら、いざ反撃を受けた時には、女性特有とも思われるある種の厚かましさや開き直りの発揮でとぼけてみせたり、か弱い女性として弱者を演じて反撃に転じるなどの狡猾さをも防御力として巧みに利用し、それを効果的にアピールする術にも長けています。 まさに攻守最強だとも云えるでしょう。

 筆者 の場合、年齢的に友人知人の女性はほとんどが主婦ですし、またネットなどでの鬼女の行動の主な考え方に、いつもだいたい近い考え方を持っていることもあり、怖いというより頼もしいと感じることがしきりですが、万が一敵に回すようなことになったら…火傷をする前に白旗を上げるのが賢いかと思ったりもします。

 なお一般的な 「女性団体」 の多くが、思想的あるいは政治的にある種の傾向を持っているのに対し、鬼女の場合は、ほとんどそういった組織的な裏づけや背景を持っていない (というか、意図的になるべく排除する) 傾向があるのは面白い点です。 決して群れず、そのつど 「同じ考えを持つものでゆるやかに集まる (個々が自分の考え、良心に従ってバラバラに行動し、その結果を淡々と報告する)」 というスタンスが徹底していて、掲示板の利用法や付き合い方も、手馴れたものがあります。

 集合しなければ、すなわち解散も分裂もなしって感じですか。

赫々たる戦歴、「鬼女が来るぞ〜」

フジテレビ偏向放送問題では、スポンサーである花王本社前で大規模なデモ行進を実施
フジテレビ偏向放送問題では、
スポンサーである花王本社前で
大規模なデモ行進を実施
(2011年9月16日/ 東京茅場町)

 ネットで話題となった大きなお祭りでは、「毎日変態記事騒動」(毎日新聞英語版ニュースサイト 「Mainichi Daily News」 が、週刊誌の性的なゴシップ記事をさも事実であるかのように世界中に配信していた事件、2008年) や、タレント倖田來未さんのラジオでの発言が元となる 「35歳で羊水が腐る発言騒動」(2008年)、首都大学東京の学生らによる 「ドブス写真集騒動」(2010年)、「フジテレビ偏向放送問題」(2011年) などが広く知られています。

 いずれのケースでも、ターゲットとされた人物や団体はネット 界隈 でイメージの悪化が進むなどと云った生易しい ダメージ ではなく、経済的、社会的に壊滅的な打撃を受け、フジテレビ偏向報道問題以外の全てで全面謝罪の状態となっています。 他にも非常識な言動を行った一般人 (個人) や企業をターゲットとした 「お祭り」 などは、鬼女板が設置されて以来ものすごい数があり、枚挙にいとまがない状態です。

 こうした状況から、ネットでは 「鬼女が来るぞ〜」「鬼女が来たぞ〜」 などと書き込むことも流行 (◯◯が来るぞ〜)。 これは鬼女板の住人が食いつきそうな話題で、「そんな話をしていると、恐ろしい鬼女板住人が来るぞ」 と煽って盛り上げる意味があります。

 こうした云いまわしの元ネタは、山岳・白兵・ゲリラ戦に長け勇猛果敢で敵から鬼神のごとく恐れられた戦闘集団、「グルカ兵」(ゴルカ兵/ ネパールの山岳民族からなるイギリス軍の傭兵旅団) の逸話からとなります。 この逸話によると、戦争の際、グルカ兵旅団が 「グルカが来るぞ」 と歌いながらやってくると、敵兵が恐怖のあまり戦意を喪失させ戦わずして総崩れ、そのまま逃げ出したと伝わります。

 ただし、三国志・曹魏の武将、勇猛果敢で知られた張遼にも、泣く子に困る親が泣き止ませるために 「遼来遼来」(張遼が来るぞ) と言ったとの逸話もありますし (似たような逸話は他にもたくさんあります)、これらが一体となった言い回しではあるのでしょう。

「ヒゲの生えた奥様」「ヒゲの鬼女」 とは…?

 ヒゲの生えた奥様、ヒゲの鬼女 (ヒゲ奥、ヒゲ鬼女) とは、既婚女性以外は書き込みをしないのがルールの既婚女性板に、男性でありながら女性のフリをして書き込みを行う人のことです。 いわゆる ネカマ の一種とも云えますが、攻撃力・破壊力の極めて高い鬼女の戦闘力を頼ったり利用するために、鬼女のフリをして書き込みを行い、議論を誘導したり炊きつけようとしている訳ですね。

 こうした書き込みを行っている男性がどのくらいの割合で存在するのかは不明ですが、ちょっとした言葉の使い方や書き込み頻度、書き込み時間帯などであっさり男性であるのが発覚し、「巣にお帰りください」 と叩き出されているケースも見かけます。

パソコン通信の時代から、ネット上ではかなりの規模を誇る圧力勢力のひとつ

                             |
                             |
       {    !      _,, -ェェュ、   |
ィ彡三ミヽ  `ヽ     ,ィハミミミミミミミミミヽ、|
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ililハilミilミliliミliliミliliミ|
     ヾ、        /iiiiイ!ヾヾミ、ミニ=ー-ミ|
  _    `ー―' i!ハ:.:.\\_::::::::::::::/:.| このスレは
彡三ミミヽ        i! ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠|
彡'   ヾ、    _ノ i!::: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,| 鬼女に
      `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"|
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ`" 彡' 〈     | 監視されて
彡'      ` ̄       `\   ー-=ェっ |
      _  __ ノ  {ミ;ヽ、   ⌒   | います
   ,ィ彡'   ̄        ヾミミミミト-- '  |
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::|
       ィニニ=- '     / i   `ー-(二つ
     ,ィ彡'         { ミi      (二⊃
   //        /  l ミii       ト、二)
 彡'       __,ノ   | ミソ     :..`ト-'
        /          | ミ{     :.:.:..:|
            ノ / ヾ\i、   :.:.:.:.:|
      ィニ=-- '"  /  ヾヾiiヽ、 :.:.:.:.::::|
    /     /  `/ ̄ ̄7ハヾヾ : .:.:.|
   ノ     _/   /   /  |:. :.:.:.:.:.:.:|
このスレは鬼女に監視されています 「AA」

 ネットというと、「男性が多い」 と勘違いしている方も多いのですが、実際は パソコン通信 の時代から、女性は想像以上の割合で存在していました (オフィスのOA化で、事務員などとして真っ先にパソコンに触れたのが女性であったのが、かなり影響しています)。 インターネット 時代には、最初期を除き常に女性の方が利用者数が多い状態が続いています。

 こうした人たちの中には、ソーシャル系のコミュニティや なまもの同人 などで人間トラブルに巻き込まれたりするケースも多かったのでしょう、ありえない 「煽り耐性」(掲示板などで反対派、アンチ から 煽られ て挑発されてもそれに乗らず レス も返さず、淡々と必要な情報だけを書き込んで参加する) や スルー (そういった発言などを雑音として一切無視する) ができるのがすごいところです。

 そのあまりの煽り耐性の高さから、しばしば 「要塞」 とも例えられる既婚女性板の雰囲気ですが、こういったところも、外から見ていて 「怖い」 と感じるポイントなんでしょうね。 なお掲示板だけにとどまらず、企業などにとっても主婦は 「家の財布を握っている存在」 であるだけに、昔からクレーム対応などにも細心の注意を払わざるを得ない、手ごわく恐ろしい対象のようです。

 ちなみに掲示板などに 「この スレ は鬼女に監視されています」 という言葉とともに、鬼のような形相をした女性が壁からこちらの様子を伺っている AA (アスキーアート) がよく貼られますが、あれは 「森よしき君のお母さんに怒られた事」 という漫画家 清野とおるさん作のトラウマを誘う マンガ が元ネタとなっています。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2002年3月12日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター